2022年版・貴女にもできる銀座の高級クラブで一流の人脈形成術を会得!

2022年版・貴女にもできる銀座の高級クラブで一流の人脈形成術を会得!

真実!銀座のクラブは人の宝庫

貴女は一流の人に会いたいですか?

一流とはいったいなんでしょう?

なにやら、一流と聞けば、凄いような気がしますが、一流とはたった1日でできあがるものではないということを、なんとなく感じませんか?

長い期間において、同じことや業種などを、一筋(ひとすじ)に、才能の向上に取り組み続け、一筋(ひとすじ)に自分を磨き、洗練する活動をおこない続けてきた者のことを指しているのではないでしょうか。

そしていつしか、その極意を会得する者が一流と呼ばれ始めるのではないでしょうか。

長く気の遠くなるようなことに集中している中で、人は気持ちを落ち込ませたり、成功したかと思えば失敗したり、大きな試練を乗り越えたり、打ちのめされたり。

それでも、ときに踏ん張り続け、自分の意思を継続し続けることは、周囲に偉大な存在だと言わしめることができましょう。

なぜでしょうか?

答えは簡単です。

あまりにも1つのことを、一筋に貫き続ける人が少ないからです。

貴女はどう思いますか?

ひたむきに、一途にその何かを追求し続けた結果からでしか、その何かを極めることはできないのではないでしょうか?

もし短時間で運よく極めることができたとしても、その極めたことに対して大きな喜びと価値を見出すことはできないのではないでしょうか。

なぜなら、長く続けてきたことでしか備わることのない、格別とされる自負心を感じることができないからです。

簡単に一流になる人もいるようですが…真実はいかに?

ところで、その道の一流と名高いのなら、それに見合った「お人柄」も大切だと思いませんか?

人脈とは

人脈とは

銀座エージェントが考える「人脈」の定義とは

貴女を中心として、貴女が知人レベル以上に関わっていく人であり、その人達から派生していく人達の系譜。

たとえば1つの出会いが運命的な出会いもあり、1つの出会いが奇跡的なチャンスを運んでくれることもあります。

貴女の1つの行動が、多方面にいろんな影響を及ぼしていると考えたときに、人脈とは貴女を中心とした人の流れだということを意識できるはずです。

近年流行とされるSNS等で繋がっていたとしても、知人レベルの浅い関係では、到底人脈とは言えないのではないでしょうか。

むろん、それをきっかけに仲が深くなっていく可能性があることを否定は致しません。

ですが、本物の人脈とよべる条件として、お互いが同レベル以上に認識し合う「信頼関係」が不可欠ではないでしょうか。

たとえば
AさんはBさんのことを人脈の1人として認識していても、BさんにとってはAさんのことは、その他大勢の中の一(いち)知人という認識であるかもしれません。

これでは、人脈を活かしきるというアイディンティもイザというときに限って全く役にたたないかもしれません。

「信頼関係」を築かれていく要素の1つは、なんといってもコミュニケーションであることは間違いありませんが、それなら電話やメール、LINEなどのやりとりでの終始で良いのか?
と問われれば、答えは明白です。

決め手とはならない確率は非常に高いと言わねばなりません。

ではどうするのか?

多くの解の中の1つは

貴女が「いつもそこにいる」というパフォーマンスが有効です。

たとえば

  • そのお店にいつも「貴女」が居る。
  • その会社にいつも「貴女」が居る。
  • そのオフィスにいつも「貴女」が居る。

つまり

貴女は、時間をかけて、相手にとって「馴染み深い」存在となることです。

日々、顔を合わしているうちに、意識せずに「信頼関係」を築こうとしなくても自然とそれは形成されていきます。

「あの人は日々そこにいる」

中には、貴女のことを、いつも見かけることで「仕事は真面目だから信用できる」と感じさせることができるかもしれません。

銀座の会員制高級クラブFの天上人の1人は

「私は休んだことがない」

と語ってくださいました。

人々は、日々の姿勢(行動)をリアル(実際に)でみて、その整合性を確認できなければ、相手に対して真の信頼には到らない傾向が高いのです。

「あの女性はいつもそこにいる」

「あの子はいつも挨拶してくれる、感じいいなあ」

小さな挨拶の繰り返しが、深い「信頼関係」を育むことがあって、自然に高品質の人脈形成へと発展した事例を何度も何度も確認してまいりました。

そういうきっかけを生む環境の1つに、銀座の会員制高級クラブがあるということを申し上げておきましょう。

お金の量(保有量)が多い=一流人脈?

お金の量(保有量)が多い=一流人脈?

お金をたくさん持っているから一流ですか?

お金をたくさん持っていても、性格のわるい人はいますし、お金をたくさんもっていてもイケないことをしている人もいます。

お金の量が多い=一流の人

と決め付けるのは、どうかなと思いませんか?

その世界で一流とよばれる人自身が一流として見合うほどの人間性や性格を持ち合わせているのかといえば、そうでもない場合も見受けられたりします。

貴女には「お人柄」「人間性」についても、一流とよばれるにふさわしい人が、どういう人であるのかを知ってもらいたいですし、そういう人を見極められるような観察術を身につけてもらいたいと思います。

銀座の会員制高級クラブという環境であれば、それが可能であるかもしれません。

著名人・有名=一流人脈?

著名人・有名=一流人脈?

世間で多くの人から名が知られている人物であるなら一流ですか?

世間に勇名をとどろかし、リーダーのように振舞っている人でも、品行方正に欠ける人や目を疑うような行動で世間をガッカリさせてしまう著名人がいます。

著名人・有名=一流の人

と決め付けてしまうのは、どうかと思いませんか?

どんなに才能や能力があっても、その「お人柄」が本人を台無しにしている場合がありましょう。

やはり、前章でお伝えしたとおり、才能や能力は一流と認められたとしても、その人自身が一流として見合うほどの人間性や性格を持ち合わせているのかといえば、そうでもない人は存在しているのです。

貴女には、人間性も一流と認められるほどの人がどういう人であるのかを、間近で知ってもらいたいですし、そういう人を見極められるような人観察眼を会得するべきだと考えます。

優しい人・ムードづくりの上手な人=一流人脈?

優しい人・ムードづくりの上手な人=一流人脈?

貴女に対しても周りの人にも優しい人は一流ですか?

たとえば貴女に向けられる、その優しさは、どういう意図を以って表現された優しさですか?

一時的な優しさですか?

それとも、恒久的な優しさですか?

演じられた優しさですか?

それとも、本人が漂わせる素の優しさになりますか?

優しさにも種類があるのです。

厳しく指摘することが、相手の為への「優しさ」や「思いやり」だと定義している人もいます。

一方で

「相手の心が自分から離れてしまうことを恐れ」厳しく指摘することを封印している人もいます。

多角的視野で人を見ていく習慣こそが、人を見る目を養ってくれます。

このような思考&視点に基づいて形成されていく人脈に貴女は興味はありませんか?

リアル人脈 VS SNS人脈

リアル人脈かSNS人脈か

貴女はリアル派ですか?

昨今では、SNSで繋がっている人も人脈とよぶ人がいるようです。

繋がっていれば人脈と呼べるのでしょうか?

どうやら人によって意見は分かれそうです。

銀座のクラブで知り合うことのできる人脈の一部

銀座のクラブで知り合うことのできる人脈の一部

一部上場企業役員優良投資家
芸能人有名作家
各業界の著名人有名アーティスト
企業家起業オーナー
芸術家弁護士
政治家外資系企業役員
有名スポーツ選手資産家
有名企業会長オーナー海外資産家
有名レーサー芸能プロ関係者
有名出版社編集長有名デザイナー
人脈の運用方法

人脈の運用方法

お互いが貢献しあえる関係

人を動かすためには単に命令するだけでは動かないですよね。

全ての人には感情があり、当然主義主張が違うからです。

相手のことを考えない一方的な要求は対立を生み出してしまいます。

貴女の考え方や、貴女の志を相手に上手に伝え、そのうえで貴女の要求することが相手の為(利益)に繋がることなのか、もしくは相手の為(利益)になることを提供できるのか、お互いがWINWIN(ウィンウィン)であるかどうかを意識できることは、とても大切なことです。

「WINWIN」とは交換行為の成立であると言えるでしょう。

「くれくれ」と欲しがってばかりでは、そのうち「お人柄」を疑われ、次第に飽きられてしまうでしょう。

貴女がもし銀座で働いていたり、これから銀座で働きたいと考えているのなら、きっとお客さんに対してこう考えているのかもしれません。

「容姿や魅力に魅了されて私の為にお金を使ってほしい」と。

この考え方は、数多くの中の動機の中の1つとして数えられるでしょうし、間違っているわけでもありません。いや、むしろ正しいでしょう。

そんな中で、もし貴女が容姿を磨くことだけに力を注いでいれば、最も大切なことを磨くことのないまま、後で気がつくかもしれません。

「このままでは、私の容姿がタイプでない人は、私にお金を使ってくれない」と。

どうやら、お客様から貴女のことを「優れた人脈」として判断されたいのなら、表面上だけではなく内面も磨く必要がありそうです。

ではどう磨くのか。こういう疑問に対して意識することから始めてみてはどうでしょう。

人脈の種類

人脈の種類

貴女が思い描く人脈とは

この社会には、さまざまな人たちがいて、そしてそのさまざまな人の中に貴女も含まれています。

もし貴女が単にパトロン候補との出会いを考えているのなら、たとえ出会ったとしても、その関係は短命に終わる可能性が高いと断言致しましょう。

なぜなら貴女が単に自分のご都合で物事を考えているのなら相手もご都合で考えるでしょうし、目的が達成されれば、お互い必要とする目的が相違し、自然にギクシャクする関係となるのは時間の問題と言えるからです。

このような関係では、とても信頼関係など形成できるはずはありません。

現代社会においては、薄い「知人レベル」の関係でも「友人」「親友」と言い合っている方々は少なくありません。

私ども銀座エージェントが考える人脈とは、「男性 対 女性」の関係を基本とするパートナーシップなんかではなく、「人 対 人」の関係を重視するパートナーシップこそが人脈の基本と考えています。

貴女に築いていただきたい人脈とは人数ではなく、見せ掛けのものではなく、良質な「信頼関係」の数なのです。

人脈の育成

人脈の育成

人脈育成してゆくという観点も

パーフェクトな存在はいると思いますか?

貴女は何事にもパーフェクトですか?

人はパーフェクトじゃないからこそ自分の理想像を思い描き、切磋琢磨という努力ができるものだと思いませんか?

つまり、今は出世していなくても、これから出世しそうな人を見極めることができれば最高だと思いませんか?

銀座の会員制高級クラブには、将来性を買われ、富裕層や上司に連れられてくるお客様もおられます。

まだメジャーではないダイヤの原石ともいうべき存在かもしれません。

言い方を変えてみれば、貴女には「人脈という木」から派生する枝を、育成することができるのです。

加えて

新しい人間関係づくりに終始ししがちで、これまでの人間関係の継続を怠ると「人脈という木」の成長を遅らせることになるでしょう。

たとえば

「その人のことが嫌だから」という理由は正しい理由でありましょうが、簡単に人間関係をリセットし「新しい人間関係を築く」ために新しい出会いばかりを繰り返していれば、遂に信頼関係の最奥に辿り着くことができないまま、本来得られるはずだった恩恵を手にしないまま、余生を過ごすことになるかもしれません。

むろん、嫌な人や相性の悪い人とムリに関係を続けなさいと言いたいわけではありません。

貴女に、お伝えしたいことは
長きに渡って、継続していく価値のある人間関係があるということを知っておくべきだということと、良縁を見抜く慧眼を会得することです。

そうすれば、あとで人間関係をリセットしなくても済むからです。

バランスのよい人脈構築の着手

バランスのよい人脈構築の着手

理想は、ほどよいバランスで今まで継続してきた人脈にも注目しながら、新しい人脈の可能性にも着目していけること

新しい人間関係の構築への着手は「新鮮さ」「ワクワク感」を伴うことが多く、ついつい新しい人との出会いばかりに注目してしまう人は少なくはないのではないでしょうか。

ですが、バランスをよく考えないと、今までお世話になっている人たちへの配慮に欠けてしまっていることに気がつかないかもしれません。

せっかく有望な人脈が育っていく可能性がある人を、自ら疎かにしてしまっている場合もあります。

これから接客業で働くのであれば、人脈構築は、ほどよいバランスが重要であることを知っておいて損はないでしょう。

人間関係を長く継続できることで得られるメリットは確実にあります。

たとえば、旧友をはじめとし、

  • 以前からお世話になっている人
  • 師匠やメンターと呼べる人
  • 応援してくれている人
  • 親身になってくれる上司
  • いつも、自分のことを気にかけてくれるお客さん
  • 仕事仲間
  • 取引先の人

などなど

貴女の中でバランスよく「人脈という木」を育てることができるのが理想ですね。

想定外の人脈

想定外の人脈

思いもよらなかった人が人脈になることも

自分のブレーンだと思っていた人が、ぜんぜんアテにできなかったり、縁遠いと思っていた人が、実は相性抜群の無二の親友候補だったり、協力的だったり。

ほんの些細な一言が相手の心に大きく響き、貴女に対する見方を360度変えてしまったり、その逆も然り。

意気投合によって「だれか得意な人を紹介してあげようか?」と運命の友達を紹介してくれることも、これこそ人脈の育成と言えそうです。

人脈を長期視野で

人間関係の妙

自分を知ってもらうこと

人間関係には理屈では説明できない要素が多く、関係に時間をかけたからといって当初思い描いていたような良好な関係を築けるとは限りません。

また、完成するわけでもありません。

むろん、多くの時間をかけたからこそ、人間関係が強固となる場合もあります。

また、自動的に生成されていく人脈もあります。

具体的には、

  • その場所に、いつもいる
  • ある特定の役職を堅持または、ある特定の立場に君臨している
  • 特定の場所のリーダー的存在、またはそのリーダー達を支えるスタッフ達

上記に挙げられる3点は、訪れた人達が

回数が重なれば重なるほど

  • 安心を感じていたりするものです。

「あのスタッフは頼りになるな」

と思われれば、そのスタッフに対して自然に敬う気持ちが芽生えるかもしれません

加えて

  • その場所が居心地がいい

さらに

  • 歓迎されている

と、思ってくれるような「心配り」によっては

それまで一度も会話したことがなかったとしても、タイミング次第で

「一度ご挨拶したかったんです」

「君、いつも笑顔でがんばっているよね」

「いつも、お見かけしていました」

「貴女がリーダーですか、本当に素敵なお店ですね」

などと、驚くほどに人間関係の距離を縮めることも可能です。

敬愛から始まる人間関係は、最高の人脈へ育つ可能性を高めます。

つまり、コミュニケーションの実践だけではなく、日頃の活躍を見てもらうことです。

また、仕事であれば

成果を積み重ねたことで強固な信頼を築きやすくなるのは明白でありメリットと言えそうです。

たとえば

  • 役職を与えられたり
  • 昇給はもちろんのこと
  • 先輩としての威厳や態度を示すことが許される立場となったり

などなど。

一方で

多くの時間をかけたといって、強固な人間関係が築かれない場合もあります。

相性等の良し悪しによるものや、残念ながら裏切りもあるようですから。

前章でもお伝え致しましたが、極論を言えば人脈構築に着手する前に、精度の高い「人観察眼」は養われておくべきでしょう。

人を見る目がなければ、間違った人と強固な人間関係を作ってしまいかねないからです。

「裏切られることがわかっていれば、決して付き合うことはなかった」

というお話を聞いたことはありませんか?

人脈形成は「受身の姿勢」「流れに身をまかす」などからは、良い結果に繋がらないことがあるので、まずは深呼吸をしながら、観察から始めることも、自分のことを守ることに繋がりそうですね。

人間関係での絆形成の手段の1つ
人間関係での絆形成の手段の1つにお互い主義主張の違う者同士であれば、いかにお互いが歩み寄り、離別を前提としない論争ができること。つまり、言いたいことは言わせてもらうけど、
これは言い争いでも、喧嘩でもないので、喧嘩別れはやめようね。というルールを先に引いておくことも有効です。もちろん、論争を好んでしなさいというわけではありません。銀座エージェントは長年のコミュニケーションスキルの研究の中で上記に挙げたお互いのアクションによって、何らかの合意点、妥協点、着地点を見出せた場合、又は誤解をしっかりと解くことで、お互いの信頼関係が築かれやすいことがわかっています。
人脈の必要性

人脈の必要性

いろんなことは、人から与えられる

貴女が今持っている携帯電話や、着ているお洋服は、貴女の手づくりではないはずです。

貴女は労働力等と引き換えにした「お金」というチケットを有効活用して、今持っているほとんどのものを、手にしてきたはずです。

その中には、プレゼントなど貰ったものもあるでしょう。

全てに共通して言えることは、これらは必ず人を通じて手に入れたという事実を塗り替えることはできないということです。

人気も、賞賛も、褒め言葉も、愛の言葉も、時には説教を、時には叱られ、時には悲しまされる。

さまざまな言葉、考え方、刺激、これら全ては人からやってくるのです。

しかしどうせ人を通じるのなら、たとえば「愛情」なら、やはり自分が愛する人から得たいと考えるでしょうし、人生の中で為になる話は、一流の強い人からの言葉であってほしいだろうし、守られるなら強い人に守られたいと考えるはずです。

そしてお金を使ってくれるのなら経済的に豊かな人であってほしいでしょうし、一緒に銀座で同伴するのなら経済的に成功された方で、地位や名誉のある有名人と並木通りを歩いた方が、貴女は大きな満足感を得られるはずなのです。

貴女はお洋服をコーディネートするなら、有名ブランドのデザイナーがデザインしたお洋服であるべきですし、これらの全てを支えているのは人なのです。

一見「人脈」とは関係なさそうですが、こういうミクロ的な視点を常日頃から意識しておくことで、イザ「人脈形成」を実行する上で役立つのです。

最高の人脈

最高の人脈

素晴らしい人たちばかりの人間模様

貴女は最高の人脈に囲まれたいですか?

貴女が最高の女性であり一流の女性であるとしましょう。

貴女の周囲に、三流の男性や三流の女性ばかりがいれば貴女はどう思うでしょうか?

貴女の職場に、そういう人ばかりしかいなければ貴女はどう思うでしょうか?

一流の男性は三流の女性に会いに来ているのでしょうか?

もし三流の女性が一流のお店に勤めただけで「私は一流になったの」と聞いたら貴女の開いた口は塞がらないはずです。

貴女は原理原則を知るべきです。

「最高の人脈に囲まれたければ貴女が最高の人脈の一部となること」を。

このように周囲に認められることが大切だということを。

TOP

GINZA AGENT