貴女にもできる銀座の高級クラブで一流の人脈形成術を会得!

【PR】

真実!銀座のクラブは人の宝庫

一流の人に会いたいですか?

一流とはいったいなんでしょうか?

一流とはたった1日でできあがるものではないと思いませんか?

長い期間同じことや業種、一筋(ひとすじ)に才能の向上に取り組み続け、一筋(ひとすじ)に自分を磨き、洗練する活動をおこない続けてきた者ではないでしょうか。

そしていつしか極意を会得する者です。

長く気の遠くなるようなことに集中している中で、人は気持ちを落ち込ませたり、成功したかと思えば失敗したり、大きな試練を乗り越えたり、打ちのめされたり。

それでも、ときに踏ん張り続け、自分の意思を継続し続けることは、周囲に偉大な存在だと思わせることができます。

なぜでしょうか?答えは簡単です。あまりにも一筋に貫き続ける人が少ないからです。貴女はいかがでしょうか?

もちろん、簡単に一流になる人もいるようですが真実はいかに?

お金の量(保有量)が多い=一流人脈?

お金をたくさん持っているから一流ですか?

お金をたくさん持っていても、性格のわるい人はいますし、お金をたくさんもっていてもイケないことをしている人もいます。

お金の量が多い=一流の人

と決め付けるのどうかなと思いませんか?

その世界の一流はいますが、その人自身が一流として見合うほどの人間性や、性格を持ち合わせているのかといえば、そうでもなかったりします。

人間性も一流と認められるほどの人を知ってもらいたいですし、そういう人を見極められるような観察術を身につけてもらいたいと思います。

銀座のクラブで知り合うことのできる人脈の一部

一部上場企業役員優良投資家
芸能人有名作家
各業界の著名人有名アーティスト
企業家起業オーナー
芸術家弁護士
政治家外資系企業役員
有名スポーツ選手資産家
有名企業会長オーナー海外資産家
有名レーサー芸能プロ関係者
有名出版社編集長有名デザイナー
人脈とは

貴女を中心とする人の流れ

1つの出会いが運命的な出会いもあり、1つの出会いが奇跡的なチャンスを運んでくれることもあります。貴女の1つの行動が、多方面にいろんな影響を及ぼしていると考えたときに、人脈とは貴女を中心とした人の流れだということを意識できるのではないでしょうか。

人脈の活用方法

お互いが活用される関係

人を動かすためには単に命令するだけでは動かないですよね。全ての人には感情があり、当然主義主張が違うからです。相手のことを考えない一方的な要求は対立を生み出してしまいます。貴女の考え方や志を相手に上手に伝え、そのうえで貴女の要求することが相手の為(利益)に繋がることなのか。もしくは相手の為(利益)になることを提供できるのか。WINWIN(ウィンウィン)であるかどうかは、とても大切な考え方です。

くれくれ、ばかりではそのうち飽きられてしまいます。これは交換行為と言えるでしょう。貴女がもし銀座で働いていたり、これから銀座で働きたいと考えているのならきっとお客さんに対してこう考えているのではないでしょうか。「私の魅力に魅了されて私の為にお金を使ってほしい」と。この考え方はとても正しいです。しかしこれでは貴女のことをタイプとしない人は貴女の為にはお金を使わないでしょう。ではどうすればいいのか。こういう疑問に意識してはどうでしょう。

人脈の種類

貴女が思い描く人脈とは

さまざまな人たちがいます。そしてそのさまざまな人の中に貴女も含まれています。もし貴女が単にパトロンをつかまえようと考えているのならその関係は短命に終わる可能性が高いといえます。

なぜなら貴女が単に自分のご都合で物事を考えているのなら相手もご都合で考えるかもしくはお互い必要とすることが相違しギクシャクする関係となるからです。こんな関係ではとても信頼関係など形成できるはずはありません。

人脈とは単に知り合いの人たちの集合体ではございません。むろんそういう薄い関係でも友人と言い合っている方々は少なくありません。

私ども銀座エージェントが考える人脈とはたとえ人数は少なくても信頼できる男対女の関係を基本とするパートナーシップなんかではなく人対人の関係を重視するパートナーシップこそが人脈の基本と考えています。

人脈の育成

育成してゆくという観点も

パーフェクトな存在はいますか?貴女は何事にもパーフェクトですか?違うはずです。人はパーフェクトじゃないから切磋琢磨、努力ができるのです。

人脈をヤドカリのように変え続ける行為。嫌だから人間関係を辞めるを繰り返していればいつ信頼関係を築いてゆけるのでしょうか。もちろん人間関係は理屈ではない要素もふんだんにあります。

そして人間関係は時間をかけたからといって完成するわけではありません。もし時間をかけることによって人間関係が強固なものとなるのなら一番古い人間関係がある人と結婚してしまうかもしれません。

そんなはずはないはずです。人脈の育て方はお互い主義主張の違う者同士がいかに歩み寄り離別を前提としない論争ができることなのです。

論争を好んでしなさいというわけではありません。しかしこういったお互いの行動の中から信頼関係の築かれるきっかけが生まれる要素があるということを銀座エージェントは長年のコミュニケーションスキルの研究の中から気が付き始めてまいりました。

人脈の必要性

全ての事象は人から与えられる

貴女が今持っている携帯電話や着ているお洋服は貴女が誰かから奪ったものですか?もちろん違うはずです。貴女は労働力等と引き換えにしたお金というチケットを活用して、今持っているほとんどのものを、手にしたはずです。もちろん貰ったものもあると思います。

しかし全てに共通して言えることは必ず人を通じて手に入れたという事実は塗り替えることはできません。

人気も、賞賛も、褒め言葉も、愛の言葉も、時には説教を、時には叱られ、時には悲しまされる。さまざまな言葉、考え方、刺激、これら全ては人からやってくるのです。しかしどうせ人を通じるのなら愛情はやはり自分が愛する人から得たいと考えるでしょうし、人生の中で為になる話は、一流の強い人からの言葉であってほしいだろうし、守られるなら強い人に守られたいと考えるはずです。

そしてお金を使ってくれるのなら経済的に豊かな人であってほしいでしょうし、一緒に銀座で同伴するのなら経済的に成功された方で地位や名誉のある有名人と並木通りを歩いた方が、貴女は鼻が高く感じるはずなのです。

貴女はお洋服をコーディネートするなら、有名ブランドのデザイナーがデザインしたお洋服であるべきです。これらの全ては人なのです。人脈とはこういうミクロ的でもあるのです。

最高の人脈

素晴らしい人たちばかりの人間模様

最高の人脈に囲まれたいですか?貴女が最高の女性であり一流の女性であるとしましょう。

貴女の周囲に三流の男性や三流の女性ばかりがいれば貴女はどう思うでしょうか?

貴女の職場にそういう人ばかりしかいなければ貴女はどう思うでしょうか?

一流の男性は三流の女性に会いに来ているのでしょうか?

もし三流の女性が一流のお店に勤めただけで「私は一流になったの」と聞いたら貴女の開いた口は塞がらないはずです。

貴女は原理原則を知るべきです。「最高の人脈に囲まれたければ貴女が最高の人脈の一部となることです」そう周囲に認められることが大切だということです。