銀座の高級クラブを知った女性のエピソード

PR

高級クラブへ移籍をしてなにが良かったのか

昨今、銀座の並木通り周辺にあるナイトワークが注目されていることをご存知ですか?

注目の理由は一流と名高い有名な高級クラブがあるからです。

その高級クラブがなぜ一流とよばれるのか。

1つ確か理由としては、
日本経済界を支える重鎮とよばれるリーダーたる者達が訪れているお店であるからと言えましょう。

彼らは各業界のカリスマ的存在として有名であることがほとんどで、その上経済的にも磐石で億万長者であることも。
また代々に渡って富裕層家系であることも。

これらの限られた人々が訪れる高級クラブは、まさに彼らに選ばれたお店でもあると断言できます。

こういった高級クラブはいつしか、ナイトワークというカテゴリーには収まらず、特別ともいうべきまさに別格の存在となっていったのです。
ナイトワークという言葉一つで表すことのできない特別性が、銀座の高級クラブにはあり、もはやブランド力の高いお店とも言えるのです。

まさしく特別な者達の、特別な者による、特別な者達が訪れる会員制高級クラブ。

こうした高級クラブで働くことが出来る女性は決して多くなく、働くことができた女性が得られる恩恵は決して小さくはありません。

この経験1つが活きた財産となる可能性は非常に高く、大袈裟に思えるかもしれませんが人生の過程において分岐点となる人もいるほどです。

一方、恩恵を受けられない女性もいます。
それは、間違ったお店選びをしてしまうことです。
たとえば、相性が合わずそのお店で自分の魅力をPRできなかったり、活かせない場合はこれに当たります。

ある女性によると、長年働いていたお店が名だたる高級クラブだと思っていたのに実は違った・・・ということもあるようです。

そして、なんと言っても人気商売ゆえさまざまに注目されなければ、自身が思い描いていた最良の経験とならない場合もあります。

今回はナイトワーク及び多職業分野から銀座の高級クラブで働いた女性から伝えられたエピソードをご紹介致します。

これから銀座の高級クラブで働くことを検討している女性の皆様方にとって、参考にしていただけましたら幸いです。

銀座エージェント・銀座の高級クラブは高額なお給料!

お給料が高くて仕事のモチベーションアップ

キャバクラから移ってきたAさん
kao

売上げや指名本数だけじゃなく総合力で判断してくれるから、基本ベースのお給料が下がりにくいし、かといって良い部分も評価してくれて基本ベースのお給料も上がったので私には高級クラブが合っていると思いました。

それまで、キャバクラで働いていたAさんはルックスに自信はあるものの、指名本数だけで評価されてしまいお給料自体は高くなかったという。
つまり、積極的に本指名を狙いにいけない性格もあってか座る席はヘルプとしてばかりで、本指名には結びつかないことがほとんどだったとか。

当然、お店のスタッフ側からしてみれば成績が振るわない女性として見られていたというのです。

ところでキャバクラ特有のシステムである、ポイントスライド制は、入店時の1~2ヶ月間は保証期間があるため時給こそは良いが、保証期間をすぎればポイントで時給が決定するため、入店当初にルックスが評価はされたとしても、実際に本指名数が少なければ時給が下がってしまうことになります。

しかも、キャバクラはお客さんが本指名を毎回自由に変更できるフリー指名制であることがほとんどで、たとえ本指名を貰っても長きに渡って本指名を継続できず、働いていて気持ちが沈むこともあったという。

そんなときに、銀座の高級クラブのシステムに興味を持ち、ほどなく移籍へ。
今では、システム面もそうだがお給料にもかなり満足しているというAさん。

いったいなぜお給料に満足できたのか。

高級クラブも本指名を重要視されることは確かではある。
では売上げ者と呼ばれるベテランのお姉さん方だけがお給料が高いのでしょうか?

決してそうではないのが高級クラブなのです。
なぜなら本指名(売上げ)メインで成績を求められるベテランさん達は、それらのお客様の席に魅力的なヘルプの女性が必要不可欠だからです。

つまり、キャバクラみたく自らが本指名をとって成績を取らなければ評価されないところを、高級クラブではヘルプ性としての価値もしっかりと評価されるのです。

このヘルプ性の価値は、表立って数値化はされることはありませんが、確実にお給料に反映されることとなります。

たとえば本指名(売上げ)をメインで成績を求められているベテランのお姉さん達や、ママからの日頃の仕事っぷりや、お客様からの評判も考慮して、店舗責任者や店舗オーナーにお給料UPの口添えをしてくれることもあります。

無論、お客様から好感を持たれる接客が必須であることは言うまでもありませんが、お客様を抱えていなくても、ワンチャンヘルプとして大きく評価され売上げ者と匹敵するお給料を手にする新人さんもいるほどです。

これなら経験が浅いホステスさんにとっても、お給料に期待ができますね!

銀座の高級クラブは完全に実力主義とされ多くのお客様を抱え売上げをつくれるベテランホステスさんが有利な世界でもあるかのように見えます。しかし実際のところは魅力的なヘルプの女性達が支えている要素も多分にあるのです。

クオリティ高い接客ができ、お人柄も良しとされれば、立派にヘルプとしての役目を全うできます。
こういうホステスさんの存在は各銀座の高級クラブでは欠かすことができません。

つまり、Aさんは本指名本数で勝負をしなければならないキャバクラは彼女にとって苦手分野であったと言っても過言ではないのではないでしょうか。

しかし、銀座の高級クラブでは逆に本指名本数を必要としないヘルプ性としての価値を高く評価され、現在銀座の某一流有名高級クラブで活躍中である。

Aさんからのメッセージ

自分の得意なことが活かせて、それが高く評価されるお店で働くことが大事だと思いました。

銀座エージェント・銀座の高級クラブは高級感溢れています

店内が高級感溢れていてとても綺麗

OLをしていたBさん
kao

ドラマや映画で観ていたお店なんかよりも実際はとても豪華。
店内全体から高級感で溢れていて本当に驚きました。
こういうお店でならもっと早くに働けば良かったです。

当時大手不動産会社で働いていたBさんは、一部上場の企業とされながらも都心から離れた数名のみで営業している小規模の支店勤務とのこと。

最初は楽しかった仕事も、だんだん毎日に平凡さが感じられていつしか「これで本当に良いのだろうか」と、自問自答を繰り返す日々が続いていたそうです。

お給料は相場より数千円高めでありながらもボーナスは大幅カットで気持ちはどんどん萎むばかり。
この会社に決めた理由の1つは両親の賛成も大きかったという。

葛藤が続いたという。

そんなとき、ある水商売系をテーマとしたドラマを観ていて次第に興味を持ち始めたBさん。

華やかな雰囲気。
女性の世界。
気になったようです。

最初は全く興味を持てず、どこかドラマや映画の世界だけだと思っていたが、ネットで調べるうちに、次第に現実味を帯び始めそれが実際にあることがわかり、新しい世界を知るのはとても楽しかったとのことです。

興味がどんどん沸き起こり、いつしか実際に働いてみたらどうなのか・・・そう思い銀座エージェントへお問い合わせをしていたとのこと。

そしてイザ当日、Bさんは驚くことになります。

面接と体験入店の約6時間程度。
全ての時間を華やかに過ごし、店内はドラマや映画で観るよりも高級感に満ち溢れ、全てが綺麗だったといいます。

あれから半年間ほどダブルワークをして現在、大手不動産会社を退社して銀座の高級クラブをメインに働いているという。

店内が高級感溢れているというだけで、働くことを決めたのですか?

決してそうではないというBさん。

それまで水商売という一つの単語にどこか安っぽさを感じていましたし、正直見下していたようです。

Bさんいわく

「遊びに近いようなスタイルで、お酒を飲む仕事なんて到底真面目な仕事とは言えないと思っていたし、第一社会的に認められている仕事なんかではないとさえ思っていました」

「ですが、働いてみて思ったのはそこには秩序があり、働いているホステスさんが真剣に仕事に取り組み、ヘアスタイル、お洋服、いろんなもの全てが一流と感じさせてくれたし、来店されるお客様から手渡された名刺にはCMなどでお馴染みの大企業の名前が。そういった会社のオーナーや創業者などの来店に自分の目を疑いました」

「お給料の良さにも納得でしたが、お給料が高い理由がわかった気もしました」

「仕事前にこれだけ念入りに準備をして努力をしている彼女達が高いお給料を貰うのは当然だと思いました!」

彼女たちには高いお給料を貰う権利があると実感できたとのことです。

Bさんからのメッセージ

銀座の高級クラブはこれまでに私が思っていた水商売とは全く異なるものでした。
正直水商売を馬鹿にしていましたが、そういう見下されるような仕事ではありませんでした。
魅力的な女性にオススメしたいです。
そういう人はきっと凄くお給料が良いと思います!

銀座エージェント・銀座の高級クラブに来店しているお客様は別格

お客様達の経済的なレベルに圧巻

歌舞伎町で働いていたCさん
kao

わずか1時間程度でお会計が200万円ほど。
運転手付きのロールスロイスで颯爽と帰ってゆくのを目の当たりにしてこれはケタが違うと悟りました。

それまで歌舞伎町の某有名ニュークラブでナンバークラスの成績を収めていたCさんは、ナイトワークの頂点が銀座の高級クラブであると聞き、20代後半にさしかかったきっかけで思い切って銀座の某一流有名高級クラブに移籍を果たしました。

それまでは半信半疑だったCさん。

歌舞伎町で有名なニュークラブで働いていたので、来店されるお客様のお会計はそれなりに高額であり、1組のお客様が営業開始から営業終了までのオハヨウからオヤスミまでお店に滞在するのも珍しくなかったという。

そういう滞在時間の長いお客様だからこそ、お会計料金が高額になると思っていたCさんは、短時間でこれほどまでの高額なお会計料金に開いた口が塞がらなかったという。

銀座の高級クラブに移籍をして働いて1ヶ月程度経過したある日のこと、フラッとやってきてみんなでシャンパンを3本を飲み終わったと思ったら即お会計。わずか30分程度の間にお会計が100万円と数十万円。

こういうことが銀座の高級クラブでは日常だと知り、自分自身の金銭感覚も狂いそうで気を引き締めることに意識するよう当時は心がけていたとか。

歌舞伎町では長居するお客様が多い中で、銀座はかなり異質と感じたとのことです。

またこんなエピソードも。
常連のお客様の会社挨拶に同行させてもらったときの話です。
そのお客様は、来店してもお酒を飲まないこともあり、ほとんどの場合お会計はリーズナブルな金額だそうでした。

ある日、そのお客様の会社へ日頃の感謝を伝える為に挨拶へゆくことに。

中央区の一等地にあるその高層オフィスビルにある会社の社長室は全方向景色が見渡せるワンフロアー。おそらく銀座の広いお店が2軒~3軒程度はすっぽり入ってしまうのではと思えるほどの広い空間。

とてもシンプルでありながらリッチで贅沢な空間であることが誰の目からみてもあきらかである。

中心部にデザインソファが左右対称に綺麗に美しく配置されている。

そのソファーに通され、他愛もない話に数十分。

帰り際に「心づくし」と書かれた封筒を手渡され、その封筒の中身を見て驚いたという。

おそらく、普段来店されている際のお会計の料金よりも多い金額。
お客様への挨拶回りは店長と合わせて6名。
6名分の封筒だとすれば、数百万円の金額である。

ふと自分だけがそうなのかと思ったが、皆同じであたっという。

自宅に戻ったとき、お金とはいったいなんなのだろう?と
彼女は思考停止をしてしまったという。

とにかく、銀座の一流有名高級クラブに来店される多くのお客様は知名度の高い会社を経営していたりオーナーだったりで、その上経済観念が突飛しており、考え及ばない人達。

Cさんはこういう人達が来る世界を知ることができ良かったとのことです。
また、外見で人は判断できないことも知ったという。

Cさんからのメッセージ

それまでは歌舞伎町のお店しか知らず、正直歌舞伎町が一番だと思っていました。
しかし銀座で働くことになって上には上があることを知りました。

銀座には凄い人たちが来ることは紛れもない事実です。
銀座の一流有名高級クラブで働くことができるなら働いた方が絶対に良いと思います。

銀座エージェント・銀座の高級クラブに気品とセンスを感じました

お姉さん達のお洋服のセンスの良さに驚きと憧れを持った

某一流アパレル会社で働いていたDさん
kao

一目見てわかるお洋服の着こなしとセンスの良さに、私もこういった女性が働いている会社(お店)で働きたいと感じました。

銀座の各高級クラブの大黒柱。
つまりナンバークラスとも呼ばれるベテランホステスさん達は総じて一流ブランドのお洋服を纏っているものです。

なぜこういった数十万円もするお洋服をわざわざ身に纏う必要があるのか。
理由は、そのお洋服を纏うことで得られる大きな恩恵を知っているから他なりません。

むろん純粋にファッションが好きで磨きをかけている魅力保持者が多いのは確かではあるにせよ、相乗効果によって得られる恩恵は仕事をしている中で感覚でわかるもの。

銀座の某高級クラブのオーナーママの中には

「お給料に見合ったお洋服を着ることも、お客様に対してのおもてなしの1つのカタチ」

と断言。

それもそのはず、自分のボディサイズに合った見事なデザイン、センスの良いお洋服の着用は、
見る人を癒す効果があるばかりか、新鮮さ、気品、可憐な雰囲気を漂わせてくれる。

見る者からしてみれば、どうしても素敵なイメージを感じてしまうものなのだ。

素敵な身だしなみの重要性については、各業界のエリートならば誰しもが知るところ。

目線はあくまでも自分目線ではなく、お客様目線が重要である。

自分が納得するのももちろん必要ではあるでしょうが、お客様の納得も必要なのです。

ところで一流の服飾デザイナーが手がけているお洋服は、やはり何かが違います。
ほんのわずかな曲線が一流と二流の差を生む。

素敵な衣装は、高級クラブで働く上でとても重要であるのです。

もちろん、業界が初めてだったりすれば高価なお洋服はなかなか買えないのもたしか。
そんなときは、センスの良さでカバー。

大切なのことは、自分に合ったお洋服を見つけることのできる確かな目を養えることです。
上質そうなお洋服を見極め選べることがなによりも大切です。

そのためには上質とは何かを知り、
一流とよばれるデザインセンスがどういったお洋服であるのかを知る機会があればいですね。

そのうえで、自分の予算が許す範囲でそういったセンスを感じさせるお洋服に近づけてゆけばよいわけです。

できれば、自分に似合う素敵なお洋服を実際に着てみて、写真などに収めるのが良いでしょう。
次第に、そういったお洋服に近いお洋服に出会えるでしょうし、たとえばお直し屋さんに出す際に、一流有名ブランドのお洋服に近いラインを意識した要望を細かく説明できるようになるかもしれません。

Dさんからのメッセージ

女性であればお洒落ができることもそうですが、センスの良さが溢れる素敵な女性達が働くお店で働きたいと思いませんか?

以前アルバイトをしていたお店のお話ですが、そこで働いている女性達のお洋服のセンスは、到底褒められるようなものではありませんでした。

お客様達にそういう女性達と私が同列に見られるのに違和感を感じ、私はそのお店をすぐに辞めてしまいました。
ですが流石に銀座の会員制高級クラブは一流と言われるだけあって女性達が着ているお洋服は本当に素敵!
もちろんその女性達自身も素敵な人であることは言うまでもありません。