西麻布の高級ラウンジから銀座の高級クラブに移る絶妙なタイミング

【PR】

高級ラウンジ・クラブの比較

近年、高級ラウンジから

銀座の高級クラブへ移籍希望者が増加しています。

そして移籍を希望する女性の中には移籍が成功する女性と移籍が失敗する女性にわかれます。

失敗する女性には主な原因はあるのでしょうか。

銀座エージェントは

これまで多くの移籍希望者の相談に乗ってまいりました。ご要望通りにお応えするために皆様に是非知っておいていただきたいことがあり移籍の際の参考にしていただければと思います。

これまでの経験を頼りに主な注意点を考察してみました。

そして、なぜ近年銀座の高級クラブに移籍をする女性が増加傾向にあるのかもリサーチをしてみました。

圧倒的ハイクオリティの夜の世界が銀座の会員制高級クラブ・・・。そのことに早期に気がつけること!
【PR】

ハイクオリティーを望む頃、銀座の高級クラブに移籍する最上のタイミングか

遊びの意識でナイトワークに踏み出したが、いつしか本職として始めたいなら銀座に辿りつく

ナイトワークを遊び感覚で認識してゆくのか。それとも職業として認識してゆくのか。それはあなた自身に左右されると言うことも出来ると考えられます。

とかく、銀座の高級クラブでの接客業をメインの仕事として日々を取り組んでいる女性が数多くいらっしゃるのは事実です。

高度な顧客管理に加え、来店されているお客様達が手掛ける会社はCMで馴染みある大企業だったりもします。

また、銀座も含め高級クラブはお中元お歳暮時期には、日頃からお世話になっているお客様の企業に欠かさず挨拶周りをする徹底ぶりでも知られています。

つまり、お客様達からしてみれば、銀座の高級クラブは単なる飲み屋の1つとかではなく、一企業としての認識でもあるのです。

これが、他ならぬ一般的なナイトワークとは異なる点とも言えるでしょう。

来店されるお客様の来店目的は遊び要素も少なからず含まれつつも、あくまでも仕事の延長上としての要素も多分にあり、大人の紳士達が集まる高級な社交場でもあるのです。

それは異業種交流の一種とも言えるかもしれません。

ときには、顔なじみのお客様同士が、様々な情報交流をするような会話に発展することもあるようです。

これらの一見些細な会話のやり取り一つで、会社の年商を100億以上増やしたというお客様からの逸話もあるほどです。

エリート達が集まる銀座。

なるほど高額な飲食代の理由がわかるような気がします。

こういう銀座の高級クラブの上質性と可能性に注目することができた女性が近年多くなっているのです。

誠にお目が高いとも言えましょうか。

ところで、西麻布や恵比寿にある会員制高級ラウンジは、初めてのナイトワークを始めるにあたりとても優れていることは間違いありません。

なぜなら、同年代の学生さんも多いことから気兼ねなく働けるようですし、銀座の高級クラブよりも敷居そのものは高くなく、ナイトワークそのものを始めやすいことは確かです。

飲酒も決して必須ではないことから、翌日に学校や会社勤務のある女の子にも人気の理由なのではないでしょうか。

一方、銀座の会員制高級クラブは一元さんお断りであることで、お店全体の品位を保つことに成功しています。肩書き社会と言われる銀座ならでは。
客層の上質さについては申し分ないことは間違いありません。

しかし勤務上のルールに関しては、シフトが自由にならないことがあったり、自由に休みを取ることができない場合もあるなど、高級ラウンジと比較すれば気楽に働ける職場環境ではないことは間違いありません。

本人の出勤日はもとより出勤時間も厳格に定められており、ヘアメイクはほぼ必須。お洋服も高級クラブふさわしいお洋服を求められ、身なりは働く上でとても大切とされています。

由緒ある高級社交場として品位を保つには、働く女性の身だしなみは最も重要であると考えられ、高額なお給料に見合ったお洋服が求められます。

そのため、お洋服をはじめみすぼらしく見えたり、安価なお洋服だとわかればNG(お洋服の着替え)を宣告されることもあります。

こういった銀座の高級クラブで求められる数々の要素は、学生さん達からしてみれば、多くの面で働くのに敷居が高く感じることでしょう。

しかし、こういった格差があるからこそ、銀座の高級クラブが特別な高級クラブとして君臨し続けていられることは間違いないとも言えるのではないでしょうか。

学生さんのノリで、OLさんなら学生さんの延長線上のように気楽な姿勢で働ける環境はちょっとした息抜きにも繋がるかもしれません。
そういうライトな気持ちで働けるのが高級ラウンジとも言えそうです。

残念ながら銀座の高級クラブでは、そういう気楽な姿勢では働くことはできないでしょう。

ところが、これほどまでにハードルが高い銀座の高級クラブ業界において、気楽に働ける高級ラウンジを辞めて、銀座の高級クラブに移籍を希望する女性が多くなってきているのには、やはりそれなりに確固とした理由があるようです。

理由を聞くとこんな声が聞こえてきました。
  • 自分を学生さん達と同列として見られたくない。

  • 大人の女性達と同列に加わりたい。

  • インテリジェンス性の低い学生さん達と一緒に席に座りたくない。

  • 同じ席でノリについていけないことがある。

  • 深夜帯に働きたくない。

  • ハイブランドのお洋服を着ても違和感を持たれないお店を希望。

  • 上品なお客様が来店するクラブを求めたため。

当社に、応募された女性の皆さんに理由を尋ねたところ、まだまだ多くの声がありました。

公には明かすことのできない声もありました。

一つ確かなことは、女性は年齢を重ねてゆくことによって、自分が目指すポジションが変わってゆくというもの。

しかし、これは男女限らず人としては当然のこととも言えるのではないでしょうか。

ですので、そのお店に合う合わないというのはごく自然なのことなのかもしれませんね。

いずれにせよ、これらのことを踏まえたとき、数ヵ月後に貴女に合うナイトワークが銀座の高級クラブになるかもしれません。

もし貴女が高級ラウンジの独特のノリが合わないなあと感じた頃・・・、銀座の高級クラブが見えてくるのではないでしょうか。

加えて言わせてもらえば
ナイトワークが未経験でも銀座の高級クラブで働くことに向いている女性もいます。
貴女がそうかもしれません!

ワンランク上を目指した瞬間
【PR】

まわりの女の子と差をつけたい!だからこそワンランク上を目指したい瞬間

銀座の高級クラブに注目する女性が急増 !
高級ラウンジといえば圧倒的に西麻布が有名!

この西麻布から派生して現在では各地域に拡がり、有名なエリアとしては ・六本木・恵比寿・表参道 でしょうか。

これらの高級ラウンジに上質なお客様が訪れていることは間違いありません。

そしてなんといっても店内デザインは有名デザイナーが手がけていたりで、お洒落な雰囲気に包まれています。

それが一部の女子大生やOLさん等から人気を集めている理由でもあります。

さらに言えば、シフト調整が融通が利きやすかったり、休みを取るのも簡単とも。

ペナルティがなかったり、ノルマとも無縁。

そして、自由にシフトが決めることができて気楽に仕事ができるのです。

お洋服も女子大生にウケの良いお洋服でかまわないという気楽さも人気の理由の1つです。

ヘアスタイルも自由。
出勤も自由。
そしてお給料も良いというのなら働くことに迷う必要はありませんよね?

アルバイトなら高級ラウンジ一直線!

と思われるでしょう?

ところが、なぜこういった高級ラウンジを辞めて銀座の高級クラブに移りたいという女性もいるのでしょうか。

銀座の高級クラブには 厳格さがあり、大人の女性が働くワンランク上のナイトワーク。
そういう品位ある業界で働きたいうという上昇志向の高い女性のハートを掴むというのです。

これは本当なのでしょうか?

本当です。

銀座の高級クラブは敷居が高くハードルが高い。
何よりも厳しい面があります。

しかし、だからこそ、そこに惹かれるというのです。

いったいどういうことでしょう?

気楽で簡単で、誰でも働ける職場の方が魅力を感じるのではないでしょうか?

ワンランク上を目指す女性からしてみれば、 ハードルが高く、敷居が高く採用基準が高いからこそ、働きたいというのです。

ところで、某有名高級ラウンジのトップクラスの女性は

お客さんとお店の話になって

「しょせんラウンジだろ」

という言葉にショックを受けたとか。この言葉がきっかけで銀座の高級クラブを目指したそうです。

そこで、わかったのは銀座の高級クラブで働くということは圧倒的ステータスを手にする可能性があるとのことです。

これはどうしてでしょう。

錚々たる経済界の重鎮達が訪れる銀座の会員制高級クラブで、真のエリート達との会話は貴重な経験の財産にも等しく、後年自分に大きな影響を与えてゆくというのです。

その秘密はママの圧倒的な存在が大きいと言われています。

とあるママは1万人以上の企業オーナーと繋がりを持つとか。
こういうママが君臨している高級クラブはやはり経済的にも磐石で、勘が鋭く魅力ある女性がその安定感のあるお店を抜かりなく見定めてゆきます。
こういったお店は言うまでもなく繁盛しています。

仕事意識が大切
【PR】

銀座は真剣に仕事をしている人が95%

実際高級ラウンジと銀座高級クラブの仕事の内容は多くの点で異なります。

もちろん接客という点では似通った仕事ではありますが、銀座高級クラブはお客様の会社接待、ママや売上者に対する気配りや連絡事項の報告なども含め組織的な対応が求められる要素も多く、高度な接客品質とされる仕事に慣れるのには経験を必要とされます。

また、高級ラウンジでの接客は多少の受身姿勢でも問題ないことが多いですが、銀座高級クラブでは場の空気を読み、常に最適で柔軟な接客スタイルが求められます。

いわゆる、トキには受身の対応ではなく、自らお客様に問いかけたり、あらゆる最善とされる回答を提案したり、会話のキャッチボールが上手に成り立つ流れを作り出すことです。

貴女がもし、このように会話の流れを作り出すことに長けているのなら、銀座の高級クラブで大いに力を示すことが可能であるに違いありません。

実際に銀座高級クラブで働いた経験がなくともスムーズに仕事ができる女性はいますがほんの極一部であり稀(レア)と言えるでしょう。

銀座高級クラブで通用する仕事をこなせるようになるためには、経験という下地づくりが必要となる可能性が高く、下地作りとなる経験に要する時間は各々異なります。


実際高級ラウンジでの仕事の経験は役に立ちますが、仕事内容の性質が異なるため、高級ラウンジの仕事に慣れすぎていれば、銀座高級クラブで求められる仕事の質と仕事量の違いに驚くかもしれません。

30代じゃ遅い

クラブに移るなら27才くらいまで

高級ラウンジは多少気楽に働ける要素があるでしょう。

ですので仕事がラクだと感じることがあるでしょう。

そういう理由から高級ラウンジで働くことも含めお店での居心地は良いものとなるはずです。

貴女が職場環境を居心地の良いものと感じることは実際は非常に良いことではあります。お店で活躍をしているのであればなおさら居心地は良いものとなるでしょう。

しかしそれが未来の貴女にとってはマイナス要素となるかもしれません。ほとんどの場合、その職場環境に居心地が良ければ良いほど、その職場環境を大切にするばかりか、その職場環境から離れたくなくなるからです。


こういった状況の場合、「高級ラウンジで働くことを年齢ギリギリ、ルックスギリギリまでしがみついてしまいがち」となるケースもあり、それから銀座高級クラブに移籍をしようとしてもほとんど失敗に終わるでしょう。



先を見据えた考え方ができれば何事にも頃合というものがあり、高級ラウンジでのメリットを享受できる時期は決して長くないことに気がつけるはずです。

【PR】

高級ラウンジでお役ご免となってから次の職場を銀座高級クラブとするならば貴女は最高の待遇で働くことができないばかりか、採用さえもままならないかもしれません。

個人差にもよりますが銀座エージェントのこれまでの統計によると高級ラウンジから銀座高級クラブに移籍する最終的な年齢のタイミングは27歳~29歳であることがほとんどです。この年齢でのタイミングはギリギリだと言えるでしょう。

(推薦年齢は26才前後です)

重ね重ね申しますが銀座高級クラブの仕事は高級ラウンジとは全く別なものと言えるでしょう。

「なにせ高級ラウンジに来店するお客様は常に流動的で開放感に満ちているからです。」率直に言えば、「高級ラウンジに来店するお客様は担当女性を変更する頻度が高い傾向にある」ということです。

これらがどうゆう結果をもたらすのか貴女ならわかるはずです。

貴女がもしこの先もナイトワークにメリットを感じ恩恵を得ることを望むのならば、移籍先を銀座高級クラブにすることは間違いないとして、移籍するタイミングは遅くならないうちにおこなうのが良いでしょう。

【PR】