西麻布の高級ラウンジから銀座の高級クラブに移る絶妙なタイミング

【PR】

高級ラウンジ・クラブの比較

近年、高級ラウンジから

銀座の高級クラブへ移籍希望者が増加しています。

そして移籍を希望する女性の中には移籍が成功する女性と移籍が失敗する女性にわかれます。

失敗する女性には主な原因はあるのでしょうか。


銀座エージェントは
これまで多くの移籍希望者の相談に乗ってまいりました。ご要望通りにお応えするために皆様に是非知っておいていただきたいことがあり移籍の際の参考にしていただければと思います。

これまでの経験を頼りに主な注意点を考察してみました。

仕事意識が大切
【PR】

銀座は真剣に仕事をしている人が95%

実際高級ラウンジと銀座高級クラブの仕事の内容は多くの点で異なります。

もちろん接客という点では似通った仕事ではありますが、銀座高級クラブはお客様の会社接待、ママや売上者に対する気配りや連絡事項の報告なども含め組織的な対応が求められる要素も多く、高度な接客品質とされる仕事に慣れるのには経験を必要とされます。

また、高級ラウンジでの接客は多少の受身姿勢でも問題ないことが多いですが、銀座高級クラブでは場の空気を読み、常に最適で柔軟な接客スタイルが求められます。

いわゆる、トキには受身の対応ではなく、自らお客様に問いかけたり、あらゆる最善とされる回答を提案したり、会話のキャッチボールが上手に成り立つ流れを作り出すことです。

貴女がもし、このように会話の流れを作り出すことに長けているのなら、銀座の高級クラブで大いに力を示すことが可能であるに違いありません。

実際に銀座高級クラブで働いた経験がなくともスムーズに仕事ができる女性はいますがほんの極一部であり稀(レア)と言えるでしょう。

銀座高級クラブで通用する仕事をこなせるようになるためには、経験という下地づくりが必要となる可能性が高く、下地作りとなる経験に要する時間は各々異なります。


実際高級ラウンジでの仕事の経験は役に立ちますが、仕事内容の性質が異なるため、高級ラウンジの仕事に慣れすぎていれば、銀座高級クラブで求められる仕事の質と仕事量の違いに驚くかもしれません。

30代じゃ遅い

クラブに移るなら27才くらいまで

高級ラウンジは多少気楽に働ける要素があるでしょう。

ですので仕事がラクだと感じることがあるでしょう。

そういう理由から高級ラウンジで働くことも含めお店での居心地は良いものとなるはずです。

貴女が職場環境を居心地の良いものと感じることは実際は非常に良いことではあります。お店で活躍をしているのであればなおさら居心地は良いものとなるでしょう。

しかしそれが未来の貴女にとってはマイナス要素となるかもしれません。ほとんどの場合、その職場環境に居心地が良ければ良いほど、その職場環境を大切にするばかりか、その職場環境から離れたくなくなるからです。


こういった状況の場合、「高級ラウンジで働くことを年齢ギリギリ、ルックスギリギリまでしがみついてしまいがち」となるケースもあり、それから銀座高級クラブに移籍をしようとしてもほとんど失敗に終わるでしょう。



先を見据えた考え方ができれば何事にも頃合というものがあり、高級ラウンジでのメリットを享受できる時期は決して長くないことに気がつけるはずです。

【PR】

高級ラウンジでお役ご免となってから次の職場を銀座高級クラブとするならば貴女は最高の待遇で働くことができないばかりか、採用さえもままならないかもしれません。

個人差にもよりますが銀座エージェントのこれまでの統計によると高級ラウンジから銀座高級クラブに移籍する最終的な年齢のタイミングは27歳~29歳であることがほとんどです。この年齢でのタイミングはギリギリだと言えるでしょう。

(推薦年齢は26才前後です)

重ね重ね申しますが銀座高級クラブの仕事は高級ラウンジとは全く別なものと言えるでしょう。

「なにせ高級ラウンジに来店するお客様は常に流動的で開放感に満ちているからです。」率直に言えば、「高級ラウンジに来店するお客様は担当女性を変更する頻度が高い傾向にある」ということです。

これらがどうゆう結果をもたらすのか貴女ならわかるはずです。

貴女がもしこの先もナイトワークにメリットを感じ恩恵を得ることを望むのならば、移籍先を銀座高級クラブにすることは間違いないとして、移籍するタイミングは遅くならないうちにおこなうのが良いでしょう。

【PR】