高級ニュークラブやキャバクラから銀座の会員制高級クラブへ・親和性が高い業界からの移籍2

高級ニュークラブやキャバクラから銀座の会員制高級クラブへ・親和性が高い業界からの移籍2

常時ナンバークラスのベテランキャストの未来の進化系は「銀座の会員制高級クラブ」にある!?

お客様の飲食代金が平均的に高額であることに加え、都心の知名度抜群のニュークラブで働いていた女性が、銀座の会員制高級クラブで活躍できる割合が高いことは、これまでの移籍のビフォーアフターを精査してわかっていることなのです。

ニュークラブから銀座の会員制高級クラブへの移籍は、今や一般的な流れになりつつあります。

理由は、ある特定のニュークラブには、銀座の会員制高級クラブに足を運ばれている富裕層達が来店しているからで、こういったお客様を移籍と一緒に連れて行ける可能性が高いからです。

このようなニュークラブで、毎月ナンバークラスの席を競い合い、上位ポジションを獲得し続けているキャストさんともなると、当然のことながら毎月の売上を安定させる技術に長け、粘り強い競争力も身に付けていることから、銀座の会員制高級クラブへ移籍後もスムーズに上位ポジションを獲得できる確率は高いと言えるでしょう。

ただし、銀座の会員制高級クラブへ移籍をして恩恵を得られるキャストさんと、恩恵を得られにくいキャストさんに分かれます。

たとえば売上金額が拮抗している2名キャストさんがいたとしましょう。

キャストAさんの場合

  • お客様の組数は少ないけれどフトキャク(太客)が多い

どれほど高額な飲食代金にも眉1つ動かさずに、爽やかに支払うことのできる富裕層の顧客や、中堅以上の企業を経営しているお客様が複数人おり、かつ極めて短い間隔で定期的に通ってくださっている。

キャストBさんの場合

  • お客様の組数は多いけれど・・・

地方からの出張で不定期にご来店してくださるお客様が多い上、接待などの目的でご来店が多いサラリーマンなど、いわゆるフトキャク(太客)とよばれるお客様の割合が少ないが、ご来店される組数が多いことで売上ができている。

このように、同じ売上金額であっても、かかえているお客様の層の違いによって、移籍後の銀座の会員制高級クラブでの活躍傾向が変わってきます。

ただし、キャストBさんに移籍をオススメできないというわけではありません。
あくまでも、有利性の見解として参考事例となります。

また、お客様を銀座の会員制高級クラブにお連れするうえで、最低限のドレスコードや、立ち振舞いが備わっているお客様であることが求められ、品行方正に欠けるような非ジェントルマン的なお客様だと、歓迎されないことがありますので注意も必要です。

加えて、銀座のクラブでお飲みになったことのないお客様だと、ニュークラブと銀座の会員制高級クラブの文化性、性質等の違いにより、居心地の良さを感じてもらえない場合もございます。

念の為お伝え致しますが、応援してくださるお客様が全くいなくても、銀座の会員制高級クラブで「ヘルプとして」働くことができるのでご安心いただければと思います。

ところで、移籍先の面接で、自身のニュークラブでの勤続年数の長さを誇っておきながら、移籍後に連れていけるお客様が皆無というのなら、ニュークラブ時代の接客に「何かしら問題があるのでは?」と疑問を持たれかねませんので注意が必要です。

この場合は、勤続年数の長さは誇らず、素直に潔く「一から頑張りたい」とお伝えするべきですね。

なんにせよ、移籍後にお客様を導入できるキャストさんは実入りは大であるとお伝えしておきましょう。

このように、高級ニュークラブで働いた経験を活かしながら、お客様も導入することができれば、銀座の会員制高級クラブの接客業との親和性は非常に高く、ニュークラブの上位者は移籍後に有利なポジションを獲得できるのです。

近年、ニュークラブで働いていたキャストさんが、銀座の会員制高級クラブへの移籍を成功させ、接客業そのものを、さらに楽しまれています。

親和性とは
物事を組み合わせたときの、相性のよさ。結びつきやすい性質。

引用:goo辞書

高級ラウンジで働いていた女性が、接客業という仕事に目覚め、銀座で王道とよばれる会員制高級クラブで働くことを決意するという流れが潮流になりつつあるのかもしれません。

近年、ニュークラブで働いていたキャストさんが、銀座の会員制高級クラブへの移籍を成功させ、接客業そのものを、さらに楽しまれています。

ニュークラブで知り合ったお客様を銀座の会員制高級クラブに「ご新規様」として、お連れできれば、クラブ特有である永久係制のシステムによって、自分のお客様として在籍している期間において守られ、よっぽどのトラブルがない限り自分以外のホステスさんのお客様に変更されないというわけです。

ニュークラブ時代のフリー指名制のように、自由に指名替えをすることができないのが、銀座に限らず会員制高級クラブの特徴の1つであり、移籍するメリットの1つです。

また、働いている中で、一定水準以上に貢献することができれば、クラブのオーナー、オーナーママから賞賛されるでしょう。場合によっては「貴女はとても頑張ってくれているので、お客様〇〇さんの担当をしてみる? 」と、提案されることも少なくはありません。お店預かりのお客様等を貴女の係りに任せられるというわけです。 

お客様を担当するということは、売上が増えるというわけで、実際にはお給料が増えるというわけで、理想の環境を築いているニュークラブ出身者は多く、まさに「水を得た魚」ともいうべきでしょうか。

貴女がその1人かもしれません。

ニュークラブから銀座の会員制高級クラブの移籍は銀座エージェントにお任せください。

高級ニュークラブで信頼できそうな太い常連さんが複数名できたため銀座の会員制高級クラブへ移りました

例1・高級ニュークラブで信頼できそうな太い常連さんが複数名できたため銀座の会員制高級クラブへ移りました

28才で銀座の会員制高級クラブに移籍に踏み切ったA.Tさんのヒストリー

ニュークラブで働き始めた22才の頃

Aさんは22才のとき、六本木のとある有名なニュークラブで働き始めました。

当時のAさんはもともと色恋じみた接客が苦手で、いわゆる友達営業とよばれるような、あけっらかんとした接客スタイルだったそうです。そういうせいもあってか、指名替えされることもしょっちゅうだったとのこと。

成績の乱高下にさんざん苦しめられたそうで、ヤル気をなくしてポイントが取れず時給の下限を経験したこともあったAさん。それでも、お店を辞めずにやっていけたのは、やり続けていればなんとかなる!と考えていたからなのだとか。

指名は長続きしないけれど、働き続けた24才の頃

仕事のヤル気や、気分にもムラがあるAさんは、意識的に成績が良くても喜ぶことはせず、悪くてもどうも思わないという精神で仕事を続けているうちに、Aさんから指名を外さないお客さんが1人、2人と現われはじめたことで、少しずつ強い自信に繋がっていったそうで、この頃から徐々に成績の乱高下がなくなり、売上が安定しはじめたようです。

26才になってナンバー入り

この時期から、お店の協力もあってかフトキャク(太客)と呼ばれるようなお客さんができはじめたAさん。Aさんは、お店のキャストさんやスタッフから信用されていたのもあり、期待に応えたいと感じながら働いていたそうで、積極的に同伴、アフターなどもこなしていたそうです。

28才になって移籍へ

お店に入って6年。

Aさんは世代交代は避けられない…という思いが日に日に強くなっていったそうです。

「なにせ、まわりを見ればみんな若い子ばかり」

居心地は良いお店なんだけれど、どうも居心地が悪い!笑い 

どっちだーみたいな感じだったそうです。水商売は続けていく気満々だったAさんは、接客業を辞めようという選択は全くなく、自然に銀座で働くことを意識し始めたそうです。

「どうやら銀座のクラブはお客さんがいれば30代、40代でも働けるよ」という情報を頼りに、さっそく行動したAさん。数年前迄は、こんなこと全く考えていなかったので、歳を重ねると考え方や視点が変わるものなんだなと、しみじみと思ったそうです。

現在30才 銀座のクラブに移ってから

主戦場を銀座に移したAさんいわく

ニュークラブ時代を振り返ってみると「成績が伸び悩んでいる時期に自分の接客スタイルを変えなくて良かった」とのこと。あの頃ムリしてあれこれやってたら、ストレスでこの仕事自体を辞めていたかもしれない。
結局、今の接客スタイルで信頼できる太いお客様ができたし、お客様にムリして合わせるのは、楽しくないだろうし、水商売の良さってそもそも気楽な部分があってのものだと思うので、自分のやり方でなんとかなっちゃうのが理想ですよね。

kao
AGENT
Aさんありがとうございました。
お客様へのケアなど、マメなやりとり、マメな連絡が全く苦とは感じられなく、これらの一連のやりとりが、銀座の会員制高級クラブの係りの仕事と同じであることを知り、それならと考え、銀座の会員制高級クラブへ移りました

例2・お客様へのケアなど、マメなやりとり、マメな連絡が全く苦とは感じられなく、これらの一連のやりとりが、銀座の会員制高級クラブの係りの仕事と同じであることを知り、それならと考え、銀座の会員制高級クラブへ移りました

お客様に対して、魅力を武器に単に「人気を集める」接客を楽しみたい女性、また直感的な接客スタイルを得意として女性は、ニュークラブで働くことを検討してもいいと思います。

そんな中、ニュークラブで働いているキャストさんの中には、細かな顧客管理に興味があるという人もいるのだとか。

たとえば、お客様をさまざまに分析したり、適切な人間関係を築くことに尽力できたり、これらを丸ごと接客業に活かしたいという考えの持ち主もいます。

加えて、信頼できるお姉様達から接客スキルを学びたかったり、お客様と適切な人間関係で成り立つような関係を築くことに興味があったり、それらの過程で「お人柄」を磨くことに意識したいと考えている人も。

このような考えが沸き起こったキャストさんの中には、銀座の会員制高級クラブで働くことを選ぶそうで、まさに最適解であるとお伝えしておきましょう。

銀座の会員制高級クラブに移るのは早ければ早いほどよいと言える!?

近年、銀座の歓楽街で働くホステスさんの年齢帯が若返っており、25才前後でご活躍されているホステスさんで溢れています。そのため30才代で応援してくださるお客様がいない場合は採用確率は低くなってしまいます。

ケースバイケースになりますが、ニュークラブの客層が合わないと感じながら働くのでしたら、潔く早めに見切りをつけることも、あながち間違いではないはずです。

なぜなら、おそくとも20才代中盤前後から銀座の会員制高級クラブで働くことができれば、そこでお知りになったお客様と「信頼関係」を築き続ける時間はまだ残されているからです。

なんにせよ、銀座の会員制高級クラブに来店する傾向のお客様達は、縁を大切にしてくださるジェントルマンである可能性は高いと言えるでしょう。

つまり、ありていに言えば、薄情なお客様が少ないと言えそうで、そのため一度、育まれた「信頼関係」は長続きしやすいのです。

「信頼関係」の構築は、時間という資源を必要とすることがあることがわかっており、短期間で生成された人間関係は薄くなってしまうことがあるというのはなんとなく、わかってくださるのではないでしょうか。ですので必然的に働く期間は長い方が良さそうです。

マメなやりとり、マメな連絡が全く苦とは感じられなく

というのなら、銀座の会員制高級クラブに来店しているお客様へのアクションとしては最適です。

むろん、これらはニュークラブでの接客でも役に立つことだと言えるでしょう。

ニュークラブか、それとも銀座のクラブか、どちらで活躍したいかは貴女次第になりますが、ニュークラブからの移籍件数が増加の傾向であることは間違いありません。

1対1の接客が合わないと考え、銀座の会員制高級クラブへ移りました

例3・1対1の接客が合わないと考え、銀座の会員制高級クラブへ移りました

ニュークラブや、キャバクラはお客様と1対1の接客になりがちで、このとき「何を話していいのかわからない」「間が持たない」というキャストさんが少なからずいるようです。

一方で、キャストさんの中には、お客様が1対1になっていることをいいことに、お客様から「口説かれた」となれば、会話内容に乏しい新人時代なら、話を聞いていればいいのでラクだという声も。

水商売は、ラクして稼ぐ!

しょせん、色恋でしょ!

という声があるのも事実であって、否定は致しません。

ですが、このような接客をしているうちに、恋の駆け引きばかりに長けてしまいがちで、これらはニュークラブやキャバクラだけで通用すしやすい接客スキルとなってしまいかねないのです。

ところで、銀座の会員制高級クラブでも1対1の接客になることはよくあることです。

たとえば、特に忙しい時間帯になればホステスさんの人数とお客様の人数が同数に近づいてしまうことがあったり、お連れのお客様がお手洗いに行かれたり、場合によっては係りのホステスさんが、やむを得ず別のお客様へ挨拶のためお席から離れることもあります。

このように、場面によっては1対1の接客を避けることができません。

ですが、ニュークラブで遭遇する1対1の接客と、銀座の会員制高級クラブで遭遇する1対1の接客は、ほとんど異なる傾向であることをお伝えしておきましょうか。

というのも、銀座の会員制高級クラブでは、1対1になってもコソコソと内緒話に発展しづらいものです。

なぜ内緒話になるのかは、ご想像にお任せ致しますけど、一方銀座の会員制高級クラブでは優雅な雰囲気が好きで飲みに来られているお客様が大半で、軽そうな人はあまりいないのだとか。

もともと仕事意識は高い方だと思っていましたが、ニュークラブで働いているうちに、もっと自分を高める目的で銀座の会員制高級クラブへ移った

例4・もともと仕事意識は高い方だと思っていましたが、ニュークラブで働いているうちに、もっと自分を高める目的で銀座の会員制高級クラブへ移った

銀座の会員制高級クラブも「ルックス」に対して相当のこだわりを確認でき、この熾烈な採用基準を突破する女性は、まさに選ばれし者のみと言っても過言ではないほどです。

一方で、歌舞伎町のニュークラブ、六本木のニュークラブの採用基準も今世紀において、最も高い水準を極めている状況で、特に名のある六本木のニュークラブ、一部の歌舞伎町のニュークラブは、銀座の会員制高級クラブの採用基準よりも高いと言っても過言ではない状況下にあるのです。

理由の1つは、激動のコロナ事件による影響も多分に手伝っているはずです。

両者共通して重要なのは「ルックス」ではあるものの、実際は会員制高級クラブと、ニュークラブは似て非なるものです。

たしかに、どちらも人気商売であることに変わりはありませんが、ジェントルマンからの人気を獲得したいのなら、圧倒的に銀座の会員制高級クラブで働くことです。

銀座の会員制高級クラブにご来店されているお客様がハイグレードであるため、ホステスさん達もそのお客様に対してふさわしい「お人柄」「内面」を望まれるため、必然的に各人が自分を磨く必要に迫られます。

これが、銀座の会員制高級クラブで働くホステスさんの仕事意識が高いと言われている理由の1つと言えそうです。

このようにニュークラブで働くキャストさんの中には、さらなる「学びの環境」を追い求めた結果、たどり着く先が銀座の会員制高級クラブでありましょう。

「ニュークラブの上には何がある?」

この答えを貴女なら見つけ出せるかもしれないのです。

ニュークラブから銀座の会員制高級クラブの移籍は銀座エージェントにお任せください。

TOP

GINZA AGENT