上京&引越をして銀座のクラブで働きます

上京・引越をして銀座のクラブで働く

上京&遠方から近くに引っ越すメリット
目次

上京者は、増加しております

コロナ禍で「東京はもうダメ」「わざわざ東京で働く意味はない」「東京に行くのはリスクしかない」このような類の声が多く挙がっていましたが、全くそんなことはなく、上京者が続々増加しています。

貴女もこの機会に東京へ来てみませんか?

東京に引っ越して、銀座の会員制高級クラブで働きませんか?

AGENT

AGENT

もし貴女が上京をしようかどうかを迷われているのなら、いまその瞬間に転機が訪れているのかもしれませんよ。

港区、中央区でも初期費用0円のお部屋もあります!?

時期によりけりで初期費用0円も

東京都心エリアの賃貸物件で敷金礼金がなく初期費用がリーズナブルなお部屋をご紹介致します。

東京都内をはじめ埼玉、神奈川、千葉など日本全国の賃貸情報ネットワークを使って家賃相場、初期費用相場を照らし合わせながらリーズナブルな初期費用を実現できるよう提案致します。銀座エージェントでは、これまで築いてきたコネクションによって、非常にリーズナブルな金額で入居できるお部屋を優先的に確保できる体制をとっています。自社管理物件を所有している不動産管理会社と長年に渡って交渉を続けてきたことで実現できた初期費用が10万円でしかも築浅の貴女に気に入ってもらえるような綺麗なマンションをご提案致します。

初期費用の分割

まとまった金額がなくて引越ができない!
まとまった金額がなくて上京ができなくて困っているのなら、銀座エージェントは自社管理物件を所有している不動産管理会社との長年に渡る信頼関係によって、初期費用の分割払いをご提案致します。

ハイグレード賃貸マンションの審査

一般的に月額のお家賃が15万円を超えてきますと、保証会社の審査難易度が高くなることで知られているのではないでしょうか。ここでは詳しい記述は致しませんが、解決手段の提案は幾つかございます。
デメリットとしては、選ばれる物件によっては対応できかねる場合があることです。

銀座の繁華街で働くのなら、銀座から相当遠くに住むのではなく、銀座の近く住む有利性をお知りください

銀座の歓楽街で働くのなら、銀座から相当遠くに住むのではなく、銀座の近く住む有利性をお知りください

銀座エージェントは、これまでに、遠方から銀座に通っているホステスさんと、銀座の近くに住んでいるホステスさんを比較して、総合的にどちらの立場のホステスさんが厚遇されやすかったかを答え合わせしてまいりました。結論から言えば、銀座の近くにお住まいの人が圧倒的に「厚遇されやすく」「期待されやすく」「安心されやすい」傾向を確認致しております。

すなわち多くのメリットあったわけです。まず面接の際には、銀座エリアに近いエリアに住んでいることで、面接官に「近くていいですね」という好印象を与えることができ「出勤するにあたって負担はさほどないだろう」と思わせることができるでしょう。加えて、同伴出勤の場合は、場合にもよりますが、早いと17時~、遅くとも18時半には銀座にインするホステスさんが大半です。移動時間が長ければ長いほど、負担が大きくなることを熟練の面接官は把握していますから「しっかり同伴できるかな?」と不安視されてしまうことも。

また過去から現在までの統計によりますと、遠方から通っている女性は、「移動距離による移動時間」が負担となりやすいことがわかっており、ストレスの要因となってしまうと心配され「今回は見送らせていただきます」という結果に繋がりやすいわけです。このような背景には、銀座エリアから近い都心に住んでいるホステスさんが多いことも挙げられます。

関連記事
読み込み中...読み込み中...

AGENT

AGENT

移動の負担がストレスに繋がりやすく、そのストレスを抱えたままの表情をぶら下げている女性の魅力が半減しやすいことは言わずもがなではないでしょうか。

つまり、銀座の近くに、お住まいであれば

ママいわく
「銀座から近くにお住まいなのね。それなら銀座に通いやすわよね」

面接担当者いわく
「家が近くていいですね」

というプラス要素の印象をもたれやすいことは確かなのです。

昨今は、遠方というだけで採用されないという場合も多く確認でき、銀座に近いエリアに住んでいる女性は、それだけで採用される可能性はぐ~んと上昇することは確かなのです。

一番の課題は、銀座の会員制高級クラブに限らず、仕事でどれだけの収入を見込めるのか

上京者

上京者

意外と東京に出てきたらなんとかなっちゃうものなんです?と思っている人も多いのだとか。

一番の課題は、銀座の会員制高級クラブに限らず、仕事でどれだけの収入を見込めるのか

どんなに家賃が高くても、それ以上に収入が多ければ、そもそも家賃の心配事が生じないことは明白です。ですので、月間の収入が安定するかどうかが、最重要課題であり、成功を維持する上で鍵であることは間違いありません。つまり、成績を向上させ続けることができるかということも重要なポイントであると言えそうです。

銀座エージェントがこれまでに担当してきた女性で、上京して3年前後の傾向を見た結果、売上ゼロのヘルプのホステスさんでも、コンスタントに同伴出勤ができており、リクエストされるよう尽力していたり、また、オーナーやママ等に信頼され、お客様の係りとして認められたり。

このような仕事が軌道に乗ったホステスさんに限っては、お家賃15万円~30万円も問題ありませんでしたが、会員制高級クラブで働いた経験が浅いヘルプの立場のホステスさんだと、そうもいかないことがほとんどです。日給保証の高いヘルプのホステスさんの場合も、評価の指標が同伴やリクエストに頼るしかなく、毎月の成績を維持する安定性に欠けます。ですので、上京当初は、大幅に家賃の高いお部屋に住むのはオススメ致しません。ある程度の期間を様子を見て、それからグレードアップすることを強くオススメ致します。

AGENT

AGENT

ハイグレードマンションに住むことでヤル気MAXを持続できるというのなら、費用対効果という観点から見ればア、あながち間違いではありませんが。

銀座の会員制高級クラブで採用されにくい傾向のタイプをもつ女性が、銀座エリアに近いお部屋を借りました。わざわざ、銀座エリアの近くにお部屋を借りたのはいいものの、イザ銀座のお店に面接にいくと採用されなかった。これなら、違うエリアにお部屋を借りても良かったかもしれない。

AGENT

AGENT

自分が会員制高級クラブで採用されるかどうかがわからない場合は、先に銀座エージェントにご相談していただいた方が良い場合もあります。

多少遠方でも送迎で帰れればよいと考え、家賃が低くて広いお部屋で決めました。しかしイザ面接にいくと、どのお店も送りが出ないと言われてしまい、結局銀座では働くことができませんでした。また白タクを使って帰るとしても代金が高く費用対効果が見込めない。

AGENT

AGENT

せっかく、銀座の会員制高級クラブから歓迎されやすいタイプの女性であったのに、送迎がでないことが理由で働けなかったり、採用されて働いているうちに、往復2時間の通勤時間は、時間だけではなく交通費も奪われます。目的によって、住むエリアを慎重に決めることが重要だと言えるでしょう。なんにせよ先に銀座エージェントにご相談していただいた方が良い場合もあります。

家賃が安いと聞いていたので、気軽な気持ちでシェアハウスを借りたが、実際に住みはじめているうちに、微妙にストレスが蓄積していることに気がついた。仕事が終わったあと、誰にも気を使うことのない、気兼ねなく帰れるお部屋が必要だと思った。

AGENT

AGENT

シェアハウスが初期費用&お家賃、共にリーズナブルであることは否定致しませんが、ときには1人の時間は心身のために必要だと考えます。シェアハウス自体が決して良い悪いではありませんが、そもそも家賃という経費を削減したいのなら、上京そのものは大きな経費だとも言えそうで、「上京自体がデメリット」だという結論もありえそうですね。

2022年コロナ以降から急増中!?フライング上京&引越

フライング上京&引越とは?

ここ最近ですと自分自身の「接客業的適性」を見誤る女性も一定数見受けられるようです。特に銀座の高級クラブのような接客業に詳しくない人が、「銀座周辺」のハイグレード賃貸に引越を済ませたあとに、「お店探し」をしている女性もおられます。その中には「お店探し」が難航しているケースが確認できています。自分に合う適切なお店を見つけておらず、月収金額がどの程度の金額帯になるかを把握しないまま、闇雲にハイグレード賃貸マンションを契約してしまうことを、銀座エージェントでは、まずはわかりやすく「フライング上京&引越」とお伝えしておきましょうか。

月額20万円を超える高額家賃

順調に銀座の会員制高級クラブに勤めることができて、安定した出勤ができるのであれば、お家賃20万円も全くの無問題でしょう。しかし、自分を過信してしまうことは、己の実力を見誤ることに繋がっています。どうか、古代ギリシャの哲学者ソクラテスから伝わる「汝自身を知れ」という言葉に重きをおいていただきたく思います。

月額20万円を超える高額賃貸マンションに住むことがいけないわけではございません。一定の蓄えがある場合であれば何も心配することはありますまい。実際にハイグレード賃貸マンションに住むことは、とても清清しいことです。又は、自分のヤル気を滾らせるために自らを追い込む「背水の陣」というのなら誠に天晴れでありましょう。

しかし、銀座の会員制高級クラブで働いた収入をアテにしているのなら、かなり事情は変わってくるのではないでしょうか。地に足をつけた行動を実践したいのなら、まずは貴女自身の「月間の収入金額」を知ることが重要です。それは月間のアベレージで見ておく必要もあります。それでも、どうしても月額20万円を超えるハイグレード賃貸マンションに住みたいというのであればお店探しを「運任せ(うんまかせ)」にするのではなく、先を見据え堅実にお店探しを進められるべきでしょう。

地方で接客の慣れているひとに要注意!地方と都心の接客感覚が異なることが大半

地方で接客に慣れている!?気をつけて!

東京23区外のキャバクラなどで感じる接客感覚と、銀座や六本木のような都心のクラブで感じる接客感覚は、働く人にもよりますが、その感覚はかなり異なると聞き及んでおり、注意喚起の意味合いも含めお伝えしておく必要があると考えました。東京意外の接客業で慣れているともなれば、ここ銀座で働いて違和感を大きく感じるかももしれません。というわけで、人によっては都心の接客感覚に慣れるウォーミングアップの時間を必要とするわけです。

別な言い方をしてしまえば、地元では順調に営業成績を収めていたのに、ここ東京、銀座では「不調」や「スランプ」に陥ることもあるのだとか。特に、来店されているお客様は「都心」の高級店での飲み方と「地方」での飲み方が異なる傾向であり、お客様によってはリップサービスも飛び交うことから、そのリップサービスを鵜呑みにして精神的打撃を受けてしまう人がいるとの報告も幾つか挙がっております。ですので、ありていに言えば「地元のキャバクラで自信をつけたからといって過信は禁物」というわけなのです。銀座エージェントでは、ご本人に沿った適切な内容のアドバイスを差し上げております。ホームページには決して掲載できない内容も多くございますゆえ、本気で成功を目指し上京されるのでしたらお任せください。

自分の魅力を過信

地元で働いていた頃は「接客するお客さんは自分の思い通りになった」このような経験を自信にしてきた女性の中には、いざ上京して銀座や六本木を含む都心のクラブで働いたものの、思っていたような成果を出せない人がいるのだとか。地元では通用したはずの「自分の接客スタイル」「自分の魅力」が音を立てて崩れさるわけです。このように書けば、銀座エージェントはなんてネガティブなんだ!とお叱りを受けるかもしれません。しかし安全のためにお伝えしておかなければなりません。
せっかく上京しても、お店探しを繰り返していれば、生活が大変になるケースも見てきたからです。

上京したからには成功の一択のみ

人が上を目指すことは、これ人がもつ習性か、それとも性(さが)といいましょうか。地元での接客業への成長が頭打ちとなったものと考え、上京という選択を明確に見据える女性もおられます。綺麗事を言わせてもらえば、成長のための学びというのはどこにいようともあるはずでありましょう。しかしながら、銀座というエリアは東京にしか存在しておらず、この地点を目標にして自分自身を磨いてきたというのであれば、その場所を目指し到達を果たすべきでしょう。やはり真実をお伝えするとすれば、銀座でしか経験できないプロセスというものは存在致します。

これは貴女自身がその身をもってお知りいただくことでありましょう。ところで、負けられない戦いというのは、どういうものでありましょう。ある地域においては、上京することはとてつもなく凄いことであるのだとか。応援してくださる人達に背中を押され上京後、成功を掴んだ女性もおられました。また、地元の知人に「君が東京に?君は東京では通用しないだろうね」などの辛らつな言葉を見事に跳ね返し、上京して成功した女性もおられました。

東京の引越・上京秘話の感想をお届け

上京者

上京者

20代前半くらいだと気軽に東京に出てくる女性が多いみたいね。
20代後半あたりからは、地元の人間関係や、いろんなしがらみが出来ていたりで、上京には勇気がいるようね。

限られた予算の中で引越をするのなら、出来る限り敷金礼金を大幅に少なく

敷金礼金を大幅価格交渉が可能なことも!

賃貸不動産会社に行く前に事前に敷金礼金がないお部屋をリストにして情報提供できます。もしくはインターネットなどで気に入ったお部屋の見積もりなども事前に行うことも可能です。

フリーレント付き物件1~2ヶ月の家賃が無料
仲介手数料なし物件仲介手数料がない物件
敷金礼金なし初期費用がリーズナブル
ウィークリーマンション
(家具付き)
冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの電化製品が完備されている
引越しシーズンを避ける3~4月のシーズンをはずすことで交渉の余地があります
家賃交渉地域性を考慮した場合の家賃が下がるか提案検討
大手不動産会社の中には、初期費用が割高である場合も

大手不動産会社の中には、初期費用が割高である場合も

本当は1ヶ月の礼金のところを2ヶ月の礼金に設定したりと自由に価格設定をしていることもあります。東京都内の初期費用の相場を知らないとムダに多く初期費用を払ってしまうことも少なくありません。とはいえ、現在はネットの情報が均一である傾向ですので、どの不動産サイトの見積もりも、そう大きく変わることはないのではないでしょうか。

しかし人気物件をわざわざ料金を安くしない場合も多々あるようで、特に新築、駅近、築浅の物件はすぐに入居者が決まるため、強気の価格帯であると聞き及んでおります。人気物件だからこそ、割引は一切しないということですね。なんにせよ、不動産会社によって料金は異なることがあり、総額の比較はしておくべきかと考えます。

お部屋を借りる場合の審査

銀座エージェントでは、過去さまざまなホステスさんのお部屋の住み替えに尽力してまいりました。やはり綺麗で素敵なお部屋に住みたいのが人情というもの。私達銀座エージェントは過去、保証会社の審査に通らず、希望のお部屋に住めずガッカリされた女性を幾度か見てまいりました。その教訓から「創意工夫」で審査を乗り切る賃貸不動産会社との取引に努めてきました。

このような力のある賃貸不動産会社とは、ただ貴女の希望条件の物件を提案して見積もりを作り当然のように「じゃあ審査してみて合格すれば決まりですね」というようなドライな不動産会社ではなく、確実に貴女の希望通りのお部屋を決めることをミッションにして「貴女との想いを共有」できる賃貸不動産会社のことです。

このようなミッションを重視している賃貸不動産会社は現在ものすごく少なくなったような思いです。また昨今では、仲介を専門とする不動産会社もめっきり減少したことで、一手間二手間かかる仕事を引き受けたがらないのが現状なのだとか。私達銀座エージェントは賃貸不動産ではなくマンションオーナーとさらに近い存在である不動産管理会社との提携による恩恵を得られるよう工夫をしています。

賃貸不動産の審査は年々厳しくなっています

賃貸不動産の審査は年々厳しくなっています

現在の審査状況

現在、新しいマンションの建設で賑わっています。現在は、まさに不動産バブルともいうべきでしょうか。そんな中、入居に関する審査だけは厳しくなり続けています。一説によると、現在建設されている大半のマンションの中には、外国人エリートが住むためのマンションであるとかないとか。つまり、現在建設されているマンションは、日本人が住むためのものではないのだとか!?お金はあってもハイグレード賃貸マンションにに引っ越せないという賃貸難民なるものが少なからず存在している理由も頷けます。このように今後ますます賃貸難民は増加の一途を辿ると予想されているのです。その理由は保証会社の存在があげられます。保証会社の審査が年々厳しくなっており、一部上場企業の役員クラスでも審査不合格があるのだとか。

保証会社 VS 賃貸不動産仲介会社

保証会社 VS 賃貸不動産仲介会社

ところで、保証会社も審査を通さなければ利益にはなりません。審査保証する代わりに、一般的には家賃の50%程度の手数料が保証会社の収益となります。場合によっては70%以上という場合もあるのだとか。つまり、審査を厳しくすることは収益が少なくなるわけで、平たく言えば自分たちの首を絞めることに繋がるわけです。とはいえ、契約者が家賃未納をすればその家賃を大家に肩代わりするのが保証会社の役目ですから、おいそれと簡単に審査を通すわけにもまいりません。

また賃貸不動産仲介の会社も実際問題として審査に合格してくれた方が契約がスムーズに決まり利益が発生しますから、保証会社について徹底的に研究をしているわけです。そんな保証会社ですが、それぞれの保証会社には独自の審査基準が設けられているのです。

都内数社の大手保証会社の審査基準を熟知

都内数社の大手保証会社の審査基準をリサーチ

繰り返しお伝え致しますが、保証会社は審査基準が一律同基準ではありません。
たとえば

  • 勤務先を重視した保証会社
  • 家族構成を重視した保証会社
  • 過去のクレジット事故の有無などを重視した保証会社

それぞれです。

むろん、勤務先の勤続年数や、年収などは共通して重要視されるのですが、微妙に差異がございます。また、マンションオーナーによっては、保証会社を使う場合とそうでない場合もあります。つまり、ご両親のどちらかの保証人さえ居れば入居を許可してくださるケースもございます。不動産会社によっては、他の不動産会社よりもマンションオーナーと信頼に基づき懇意にしていたり、元々投資用のマンションを購入したことで、不動産会社の提案を承知してくださる場合もあります。むろん、そういうマンションが多くはないものの、時期などによっては全くないわけではありません。

これらは、日頃から情報収集力や、構築されたネットワークによるものが大になります。銀座エージェントは大手不動産会社から、比較的小規模の地域エリアに特化した不動産会社、又は不動産販売会社、マンション管理会社などの数社と、一般的に出てこない情報交換に努めていますので、ご期待に添えることが多いかもしれません。ありていに言えば審査の抜け道とも言うべき方法は存在致します。しかし、その個人個人にあった保証会社を選択することは賢い選択であり、審査合格を目指すための選択です。数多くの最新で、安全な裏技と審査基準の優しい保証会社を、選択することでよりスムーズな賃貸契約を実現するよう尽力致します。

  • 保証会社の審査基準の徹底調査
  • 保証会社との交渉
  • 数々の最新裏テクニック
  • 安全でスムーズな賃貸契約を実現
  • 入居しやすいマンションリスト

不動産業界のほとんどの業者は【物件情報を集中管理した組織】からの情報を頼りに顧客に仲介斡旋をしているため、異なる賃貸不動産仲介会社にお話を聞いても同様の物件を紹介されることが大半となるでしょう。したがって賃貸不動産仲介業者は利益を省みず初期費用を値下げしながら他社に乗り換えられるのを防ぐようにしています。通常利益主義に走りがちな賃貸不動産仲介業者ではADが高い賃貸物権をお客に提案することが多いのだとか。
また、地域に根付いた不動産会社は、地域の不動産オーナーと長年に渡って信頼関係を築いていることも多く、一般には出回っていない賃貸情報を持っていることもあります。そのため、足を運んで探してみると思わぬ良物件に巡り合うこともあるのだとか。
業界用語※AD・バック
賃貸物件を空室にしないために家主が客を付けてくれた業者に支払う金額のことです

自社マンション管理物件、マンション所有の不動産会社と提携

自社マンション管理物件 or マンション所有の不動産会社と提携

自社マンションを管理している不動産会社との提携をしていることで初期費用がほとんどかからないお部屋を紹介できるケースがございます。

自社所有マンションを持つ不動産管理会社は強い

賃貸不動産は1人の顧客と契約を決めて仲介手数料&ADを利益にしてゆくのに対して不動産管理会社は、マンションオーナー、マンション投資家の空いている部屋を、一早く満室にしたいという考え方を持っています。ですので空いている部屋をすぐに埋めることが利益になるのです。したがって自社物件でのマンションに至っては初期費用がものすごく安くすませることが可能になります。

AGENT

AGENT

コロナ禍(2020年~2021年前期あたり)によって、マンションの退去率は大幅に急増しました。そうした中、入居率が低くなることで、家賃収入が激減したマンションオーナーの大半は、銀行から融資を受けてマンションを購入していることがほとんどで、家賃収入を毎月の返済額の一部にあてているわけです。コロナ禍であっても銀行が支払いを待ってくれることはなく、債務不履行するわけにはいかないマンションオーナーは、敷金礼金なしでも即入居してくれればそれでよかったというエピソードも数多く挙がっているのです。

高級賃貸の初期費用をリーズナブルに

自社物件を所有している不動産会社はどれだけ空室を作らないかを重視しています。そのため初期費用等の仲介手数料収益を大幅に削っても利益に結びつくのが不動産管理会社系の業種です。

コストパフォーマンス重視で喜ばれる

重ねてお伝え致しますが
一般の賃貸仲介業者はお客様にお部屋を斡旋して仲介手数料を収益としています。一方自社物件を所有している不動産管理会社は空室を出さないことが利益としています。したがっていかに空室を出さず、いかに空室を埋めてゆくことに尽力を注いでいます。 この差は非常に大きく、あなたに恩恵をもたらすことは間違いありません。

上京を阻む、最大難所!それはなんと言っても「東京の高い家賃問題」

AGENT

AGENT

なるようになりますって!とは言いません。
慎重に計画を練るためにも、何度か東京に遊びにいらしてはどうでしょう?

上京を阻む、最大難所!それはなんと言っても「東京の高い家賃問題」

東京のお家賃は高い

東京都心に引越しをしたいものの、今現在住んでいる家賃相場と比較して、東京都心の家賃相場は、ぐ~んと上昇する現実に頭を悩ませる人は多いのではないでしょうか?特に、東京都中央区、港区は東京都内の中でも家賃相場を随一を誇り高額であることが多く、地方にお住まいだと、たとえば家賃70000円を出せば、2LDKくらいなら借りることができたのに、東京だと、10万円を出して1K程度の広さのお部屋しか見つからないのが大半です。

AGENT

AGENT

特に、港区と中央区は本当に家賃は下がることはなく、どんなに不況になろうとも家賃は上がってゆくのだとか!

それでも、築年数30年以上で駅から徒歩30分などの物件であれば、もう少し広めのお部屋を借りることはできるかもしれませんが、せっかく東京へ来るのなら、住むエリア、住むお部屋にはこだわりたいのが正直なところですよね。どちらを選択するかは悩ましいところでしょう。むろん、住むエリア、住む場所の両方にこだわりたいはずでしょうが、その場合は、お家賃が高くなることは必然です。つまり、前向きに考えてみれば、お金が全てを解決してくれるのです。これが東京の現実だと言っても過言ではないはずです。さあ、この現実をどう受け止めるかで、今後の方向性が定まるのではないでしょうか。

上京当初は、無難に1Kの広さ、家賃は平均相場で10万円が妥当ラインか

上京当初は、無難に1Kの広さ、家賃は平均相場で10万円が妥当ラインか

月額10万円のお家賃は、クリアしなくてはならない最低ラインであると考えて間違いありません。もちろん、探せば7万円、もしくは6万円というお家賃のお部屋もあるにはあるでしょう。しかし、そういった安いお家賃のお部屋の大半は、

  • かなり狭いお部屋であることも
  • 老築化したマンションやアパート
  • オートロックがないアパートもある
  • 駅から遠いことが大半
  • 都心からかなり離れている場合が大半

こういったお部屋を借りることが決してイケないことではありません。ですがせっかく華やかな気持ちで上京をしたわりには、なんだかとてつもなく苦労が伴ったり、モチベーションが低下してしまうようなお部屋では、マイナスと言える場合もあるようです。

とはいえ「初期費用が高くて引越しが出来ない」と嘆いてばかりいても、何も始まりません。計画を立てて、お金を貯めることも大切なのですから。それと、お部屋を変えて心機一転することはものすごく大事なことなのです。「引っ越したいな」「銀座の近くに引っ越そうかな」そんな気持ちを優先にして大切にしてみられてはいかがでしょう。
銀座エージェントにお任せください。

TOP