銀座の高級クラブで働くなら東京の都心5区へ引越しをオススメ!

【PR】

銀座に通いやすい地域に引っ越すメリット

銀座の高級クラブを含めナイトワークの仕事をしたい女性の応募は近年ますます増加しています。しかしお住まいが遠方であれば働けるお店は限定されてしまうかもしれません。

銀座に来るのに片道1時間もかけて通勤している女性の方も普通にいることでしょうが往復だと2時間になります。この2時間という時間は実際かなり大きな時間です。

未経験の銀座講座‐住居編 でも同様のことを掲載していますが移動時間が短縮できれば1日の生産性は各段にUPするはずです。

効率の良い生活リズムを整備することは一番最初に着手すべき仕事かもしれません。是非東京都心5区(渋谷区・港区・中央区・新宿区・千代田区)などへ転居をお奨めします。

時間に余裕があるっていいことですね。

ゆっくりと丹念に自分の愛する髪のお手入れ・・・
女性にとってこの時間って実はすごく大切なんです。

銀座のミニクラブで働いているH子さんは終電上がりで帰るホステスさん。自宅に到着するのはだいたい1時20分前後で就寝時間が2時20分前後。起床時間は午前6時30分。

睡眠不足に悩まされることもしばしばあったという。平均睡眠時間が4時間前後では長期的にみれば体はもたない。

H子さんはなんとかこういった環境を改善しようと思いきって港区へ転居。今では5時間半位の睡眠が取れるという。「ワンメーターで帰れる距離ですし本当にラクになりました!」とH子さんは引っ越してでも銀座で働くことにこだわった理由はお客様がみんな優しいからだという。いまH子さんは将来の目標の為に銀座で修行中だ。

東京都練馬区から東京都港区へ転居 24才H子さん

以前はゆったりとした時間がご褒美だったけど今はそれが普通です。

毎日アワアワなお風呂・・・
女性にとって寛げるひとときなんです。
シャワーだけでは・・・

六本木の高級クラブで働いていたN未さんはお店にルックスや仕事っぷりを評価されなんと青梅市まで送りが出ていました。

しかし送りの金額は1日5000円。家に到着するのはだいたい深夜4時前後。レギュラー出勤で5000円×20日だと10万円の送り代金となる。

時間がかかるうえに高額な交通費。10万円の送り代金をそのまま家賃に使ったらどうかと提案したところ。わずか2週間で転居を実現したN未さん。今ではアロマを炊きながら半身浴をするのが日課だそうだ。現在は銀座の高級クラブで活躍中である。

東京都青梅市から東京都中央区へ転居 26才N未さん

送りの車の中で寝ると肩がこるんですが今はありえませんね。

仕事のペースじゃなく・・・
大事なのは自分のペース。

銀座高級クラブで働きたいのに帰る手段を考慮し送りが出るニュークラブへ入店。しかし車の中であの独特の揺れで必ず睡魔が襲ってくる(笑)。

もちろんお酒が入っているし仕事での疲れもある。当然座席にもたれ掛かり眠ってしまうのだが自宅に到着すると必ず肩がこっていたり首が寝違えたりでしばしばショボンな気持ちになっていたそうである。こんな気持ちになりたくない!という理由から引越しを決意。

決意から実際引越しできるのには約3ヵ月半かかったが、S恵さんは今極上の眠りを手に入れているという。現在は六本木の高級クラブで頑張っている。

東京都八王子市から東京渋谷区へ転居 22才S恵さん

今は自分のことを可愛がれる時間がとても好きです。

美しさは指の先から・・・
自分のことを愛しているかどうかがわかります。
いつも時間に余裕がなくお店への出勤でも遅刻ぎみだったY佳さん。遅刻をするとその分の時給分は差し引かれてしまい月間トータルで計算するとかなりの額に。

しかも遅刻を繰り返しているうちに仕事に対する姿勢も周囲やスタッフからの評価は低くなりY佳さんはどんどん気分が沈みがちになっていたという。

練馬からわざわざ銀座に通う理由としては「やはり銀座は特別だから」とY佳さん。銀座の並木通りを歩いているとなんとも清清しい気持ちになれるのだという。それならいっそ中央区へ引っ越してみては?と提案。

しかし「引っ越すのは難しい・・」と重い一言。しかし2ヵ月後になんと突然Y佳さんから「わたし引っ越しました」と報告が!現在銀座高級クラブで遅刻をせず周囲の評価は上々だ。

東京都練馬区から東京都中央区へ転居 28才Y佳さん

急に同伴に誘われても準備して銀座に着くのに2時間以上はかかるからいつも断ることに・・・。

なんでもかんでも急いでいませんか・・・
今貴女はゆっくりと林檎の皮むきをできていますか?

お客さんにアフターを誘われたときに「M香ちゃんは家が遠いから早く帰してあげなさいよ。

とママがお客さんに冗談を交えて話していてもお客さんはそれを聞いてわたしをアフターに誘うのを躊躇しているのをなんとなく感じて・・・」こんな悩みを打ち明けてくれました。誘われる方も誘うほうも、なんとなく女性の自宅が遠いと気分が軽くならないんですね。

まもなく中央区へ引っ越してきたM香さん。今は銀座から徒歩で帰れる距離で毎朝大好きな料理も欠かしていないという。移動時間は大切だが自宅での寛ぐ時間はもっと大切だ。現在銀座の高級クラブで成績をどんどんあげている。

東京都町田市から東京都中央区へ転居 25才M香さん

ゆとりがあることで、多くのことが克服できた!喜びの体験談

ゆとりがあるからこそダイエットにも力を入れることができるんですよね。と語ってくれたM子さん。

フィットネスクラブに通ったりジョギングしたり。

ゆとりの中からでしか生み出せないことがあります。

少し太り気味な体型を気にしていたM子さん。

ダイエットを奨められて、その時はヤル気になってはみたもののなかなか行動に移せないということが悩みの種だという。

本人は精神論や単にヤル気の問題かと思っていたようですがどうやら1日の活動時間を1週間単位で計算してみると自由な時間がほとんどないことがわかったようです。

その理由は通勤時間に往復徒歩を含み3時間以上かかっていることにあったとのことです。

住み慣れた地域から引っ越すのは大変だと苦笑いをしていたM子さんが半年後にはイキイキとスリムになったM子さんに移籍の相談が。

よゆうある満面の笑みが印象的でした。

東京都府中市から東京都中央区へ転居 24才M子さん 

自宅から勤務先が近いことで生活リズムがガラッと変化!驚きの体験談

なんで今まであんなに遠くからわざわざ通ってたのかしら・・・
引越しが面倒くさいって思ってたけど実際は遠いところから通う方が面倒なことなのに。と語ってくれたS織さん。

若いんだから・・・
もっとフットワークが軽くたっていいんです。

某銀座高級クラブで特例23時半上がりで働いているS織さんは「引っ越そうと思ってるんです」が口癖。


ママやお客さん、同僚ホステスさん達に引越しを奨められてもついつい相槌で口走ってしまう言葉なんだそうです。

しかし実際内心では引越しをする気は全くなかったS織さん。

そんなとき友人に「ずっと通ってるんでしょ?S織、よくめんどくさいことできるよね。わたし尊敬しちゃう」の一言に刺激されたという。

すぐには引っ越すことはできなかったが港区へ引っ越してきたS織さんは、現在はアフターもバリバリこなす某高級クラブの主力メンバーに昇格し頑張っている。

東京都あきる野市から東京都港区へ転居 28才S織さん 

通勤時間の短縮って1日の時間が増えるみたいで本当に嬉しい!喜びの感想

家でゆっくりすることが、こんなにもお肌に良いことだってもっと早く気がつきたかったです。と語ってくれたY美さん。

仕事は大切ですが、
女性ならお肌はもっと大切です。

どうしても銀座で働きたいといってはみたものの終電時間があまりにも早い為始発で帰れるお店しか選択肢がなくなんとかならなものかと相談にこられたY美さん。

当時は新橋のキャバクラで働いていたものの引越しの為の貯金がなかなかできず・・・「本当に引越しがしたければお金は貯められるはずです」と厳しめの忠告にもとれるアドバイスを差し上げたところ「・・・わかりました」とあきらめ顔でつぶやくY美さん。

2ヶ月後・・・「引越しました」と吉報を届けてくれたY美さんは現在高級クラブで楽しそうに働いている。

埼玉県春日部市から東京都港区へ転居 30才Y美さん 

会員制高級クラブで働くのだからお客様に疲れた顔は見せたくない!と意気込み

お店に出勤する前にゆっくりと一息つける・・・。あたりまえのことだったんだ・・・。と語ってくれたE奈さん。

心身ともにリラックス・・・
仕事前の一杯のカフェタイムが仕事の成果に関係する。

いつもギリギリお店に滑り込みセーフ。

あと1分、2分のギリギリの戦い。

間に合わなければペナルティ。わかってはいてもどうしても余裕を持って出勤ができない。

そんな状態で銀座に通うE奈さんはいつも余裕の無い表情。しかもその余裕の無い表情であることに本人は気がついていない。

余裕のない表情を本人が見慣れている為に気がつくことができない。こんな状態ではどんなアドバイスや提案も通用はしないだろう。


とある日、同僚のホステスさんと出勤前にカフェタイムをすることになったE奈さんは同僚の余裕のある行動や態度に羨ましく感じたという。


どんな言葉やアドバイスも通用しない。

本人が知ろうとし、刺激を受け、気がつかないと。

間もなくE奈さんは東京都中央区へ引越してきました。

現在は銀座の会員制高級クラブから六本木高級クラブに移籍をして活躍中である。

神奈川県綾瀬市から東京都中央区へ転居 27才E奈さん 

銀座の高級クラブで働くY生さんを変えるお客様の些細な一言

いつもあくせくしてたら私らしくなくなってゆく感じで耐えがたい苦痛。職場から近くに引っ越せて良かった。と語ってくれたY生さん。

ゆったりズム・・・
余裕のある表情が豊かな知性を感じさせることも。

1日は24時間もあると感じる女性。

1日は24時間しかないと感じる女性。

どう感じようとも人それぞれだ。

Y生さんは、とある日お客様に「急いでいる女性は滑稽」という話をされふと自分のことだと思ったという。

そのお客様は決してY生さんのことを指摘したわけではないという。

余裕はどうやってつくるのか。

それは普段の生活からつくられる。

じっくりと自分と向き合い勇気を出して実家から引っ越してきたY生さんは現在最も高級と名高いクラブで真剣に働いている。

東京都久留米市から東京都渋谷区へ転居 23才Y生さん 

まとめ

貴女が銀座の高級クラブで働くのなら間違いなく何かを求め何かを掴むために働くはずです。

それはお金なのか。

経験という財産なのか。

人脈なのか。

それとも洗練された自分自身なのか。

しかしこれらを真に手に入れるためには時間は必要不可欠です。

銀座に来るのに片道1時間もかけて通勤している女性の方も普通にいることでしょうが往復だと2時間になります。

この2時間という時間は実際かなり大きな時間です。

移動時間が短縮できれば1日の生産性は各段にUPするはずです。

貴女の本当のリズムに合った生活を手に入れる為には最初に着手すべき取り組みかもしれません。