銀座クラブ ルリアン 有名店・一流店・ランキング上位・最高級 最新版

銀座クラブ・ルリアンの上品なボックス席
PR( ↑ 画像をクリック!)

最強の信頼関係と人間関係が織成す最新の高級クラブ

ルリアンは2014年に誕生した高級クラブです。

まだまだ新店のカテゴリーに入るクラブでフレッシュな雰囲気を漂わせながらも、老舗一流有名高級クラブを支え続けてきた、Yオーナーの会員制高級クラブの経営に対する情熱は、ルリアンという会員制高級クラブを煌きを放つ女性達の特別な聖域を創造したと言っても過言ではないのです。

Yオーナーは約30年の月日を老舗クラブGに全身全霊を捧げ己を磨きぬいてきた猛者。

この猛者が織り成す会員制高級クラブは、たとえ新店だとしても、伝統的な老舗クラブたる経営方式を発揮してしまうからこそ、新店とは思えない貫禄と重みが、このクラブから漂ってしまう。

Yオーナーのお人柄も然りで、ルリアンを支持する顧客達は、名高く…錚々たる顔ぶれ。

一般人ではわからないあの、有名な企業創業一族。

非上場企業でありながら日本でトップクラスの事業創業者。

某一流企業の大株主など、もはや次元と格が違う。

全てが別格でありながらも、ニコニコと優しい紳士が童心にかえっている。

ちなみに、あまり公にされてはいないが、このルリアンのエントランスは「黒革の手帳」という武井咲さんなどが出ていたドラマの撮影スポットとして利用されており、「ドラマの中の重要なロケーション」で披露された、ほんの少しのワンシーンに銀座の雰囲気を感じることができるかもしれません。

銀座には会員制高級クラブがたくさん存在しますし、その中で「ルリアンのエントランスをワンシーンに加えたい」とドラマの製作者を惹きつけるだけの魅力があったというわけです。

某一部上場企業勤め・エリート幹部K様のある日のつぶやき

銀座に来るお客さん
K様

某一部上場企業勤め・エリート幹部とされるK様は、年収5000万円以上は下らないといわれる御仁。
そんなK様と夕食をご一緒させていただく機会があり、何気なく「銀座ではお気に入りのクラブなんかで飲まれることは多いのですか?」と、おたずねさせていただきました。
するとKさんは、「あいにく僕はそれほどクラブは知らないんですよね…いつも連れられて行くので、あ、でも当社会長がルリアンというクラブによく顔を出しているのは役員達の間では有名です」と。
「ではK様もルリアンには?」と返すと、「さすがにうちの会長が顔を出しているクラブなので、まだ僕が足を踏み込めるようなお店ではありませんよ」と返ってきました。「なるほど…」
K様が出世する理由がわかったような気がするのです。

日給 35,000円+(能力重視査定)
条件 週3~5
歓迎条件 週4
ノルマ 交渉可能
客層 しっとりと落ち着いた方々
未経験者 可能ですが素質も重要
規模 中箱
お店のタイプ 和洋
平均年齢 25.8才
長所ひと言 連日満員御礼
銀座クラブ・ルリアンのカウンター

ルリアン=Le Lien
フランス語で「絆」

ルリアンに、特別な気持ちを抱かずにはいられない。

それもそのはず、キズナ=絆 という言葉は、どこか一言では語れない。

この絆(きずな)という言葉は、もはや人と人とのコミュニケーションの完全体=完成形ともいうべきパーフェクトを感じさせる言葉だから。

過去、銀座を代表する黒服は、今や伝説のオーナーとなって、銀座で最も稀有とされる空間を育て続けている。

貴女は絆という言葉にどんな意味を見出すでしょうか。

きっと、各人それぞれ異なるでしょう。

もし、貴女に大切な人との「絆」を願うのなら、その瞬間に輝きを放つのではないでしょうか。

クラブ・ルリアンで働くことをきっかけに、大切な何かを見出してほしいと願わずにはいられないのです。

PR( ↑ 画像をクリック!)

Le Lien ルリアン

銀座の会員制高級クラブの中で、一流と呼ばれる条件には必ず、数々の強固な人間関係の絆がある。

クラブ・ルリアンは手厚く築かれた人達との信頼関係を重視し、職人技ともいうべきプロフェッサーの手によって誕生した会員制高級クラブなのです。

優しさと厳しさが融合され、調和のとれたカリスマ性には、関わる多くの人の心を芯から暖める。

一つ一つのプロセスが、人の手によって織成される人間模様は、会員制 高級クラブ・ルリアン Le Lien 全体の魅力となって貴女の瞳に輝いて見えるはずです。

そして、輝いているものを見るその瞳は、同様に輝きを放つものなのです。

銀座クラブ・ルリアンのワインセラーに最高級ワイン・ロマネコンティ

数々の高級ワインに出逢える銀座の会員制高級クラブ

富裕層のランク帯が訪れる会員制高級クラブにおいて、イザ「飲みましょうか」となった場面で、「これがありません。」「アレはありません」では、全くお話にはなりません。

いつなんときであろうとも、会員制クラブであるからには「最高峰高級ワイン」は在庫してあるものなのです。

ここ「クラブ・ルリアン」とて例外ではございません。

ホステスさん
AGENT
希少価値の高い高級酒は近年高騰していて、入手困難であるのだとか。希少酒の在庫を抱えることのできるクラブは、まさに企業努力の賜物と言えそうです。

銀座エージェントのスタッフが不意に「ロマネコンティはありますか?」とお尋ねさせていただいたところソムリエが自然な趣でワインセラーから最高峰ワイン「ロマネコンティ」をお披露目くださいました。

この希少価値の高い「ロマネコンティ」をです。

貴女はワインは好きですか?

せっかく接客業をしているのなら、貴女は「ロマネコンティ」のような希少酒と出逢えるチャンスの高い会員制高級クラブで働くべきであると断言致しておきましょう。

「ロマネコンティ」ほどのワインとの出会いは、未来の貴女が誰かに語りたくなる体験となるはずだからです。

喉元を通り過ぎる、あの芳醇な香りと、極上という言葉では言い尽くすことのできないほどに、まさにメルヴェイユー(フランス語で見事な)。この感動と品質は、「ロマネコンティ」という体験をした者にしか語ることは許されないはずです。

貴女は許される者、その数少ないお1人でありましょう。

銀座高級クラブ・ルリアンの求人紹介

働きやすい環境 、そしてフィーリング

もし貴女が、ルリアンで働き始めた頃、「とても働きやすいお店です」こんな感想を抱いたとき、それは、まだまだ貴女が受身の姿勢ではあるまいか。

極上の会員制高級クラブで働くのなら、貴女はやがて、新たに仲間に加わった後輩ホステスさんに、「とても働きやすいお店です」と言わしめるときこそが

貴女が受身の姿勢から、積極的な能動の姿勢となった証でもありましょう。

それこそが、貴女が接客業をする上でのサービスの1つのカタチでありましょう。

つまり、入店当初「働きやすい」という感想を持ったのなら、貴女がまだサービスを受けているというわけなのです。

会員制高級クラブ・ルリアンの魅力は、貴女が築く物語でもありましょう。

つまりそれは貴女の魅力であり、それがルリアン全体の魅力となって、お客様の目にまばゆいばかりの光となって映るのです。

加えて

働きやすい環境とは働く人それぞれに異なるもの。

ルリアンで働いた、ある女性はこう言ってくださりました。

「みんな優しくて働きやすいです」

ルリアンで働いた、ある女性はこう言ってくださりました。

「お客様がとても上品で働きやすいです」

しかし、これらは肝心要のことを何一つ伝えてはいない。

それは

具体的にどう働きやすいのか。を。

つまり、新人時代において、最も重視したい傾向の1つは「フィーリング」であることもわかってきませんか?

クラブ・ルリアンは「働きやすい環境」「フィーリング」どちらも兼ね備えている傾向が高いのです。

だからこそ貴女にお奨めしておかねばならない名店の1候補として、力強くお伝えしているのです。

銀座クラブ・ルリアンの上品なボックスにある生花

大切な移籍先としての選択肢

貴女が接客業の楽しみを知り、時には楽しくない場面に対する乗り越え方を学ぶ頃において、本格的に会員制高級クラブへの移籍を視野に入れたとしましょう。

魅力的な貴女なら、その移籍先の候補とする会員制高級クラブはいくつかあるでしょう。

もし、その候補先に「クラブ・ルリアン」が含まれていないのなら、加えてみられてはいかがでしょう。

そんな中
貴女が考える店内内装の景色を「ルリアン」は与えてくれないかもしれません。

ですが、貴女が真に必要とする「誠の接客業の極意」をルリアンでなら学べるかもしれません。

これは、銀座エージェントが過去の実績から確信を持って「貴女に対する助言」としてお伝えすることでもあります。

本格的に接客業を仕事にしてゆきたい女性へオススメしたいというわけです。

クラブ・ルリアンの店内雰囲気

アットホームなムードを感じさせる優しい雰囲気を漂わせながら、一流のカリスマオーナーが経営する銀座の会員制高級クラブ・ルリアン

店内の内装はシンプルさを重視し、柔らかな雰囲気となるよう淡く薄明るいペパーミントグリーンのライティングが印象的です。

派手な雰囲気を一切感じさせない店内は、実際のところ全ては緻密な空間設計。

その全てが、ご来店くださるゲスト様へ向けられる演出として深く思案された結果によるもの。

誰もがギラギラと派手な雰囲気を好むのかと問われれば「否」。

某有名老舗高級クラブを数十年支え続けた、カリスマオーナーのまさに作品、いや名作とも言えましょう。

どんなに豪華な生花や高名な絵画で、その店内を飾ろうとも、真実の魅力を有する女性の存在には遠く及ぶはずがない・・・。

主役は女性である貴女なのですから。

どんなに豪華絢爛な内装を有した会員制高級クラブも、主役のいない店内は殺伐さを感じさせるものと言えば、言いすぎでしょうか。

輝くインテリアや飾りは、最小限にとどめ、伝統あるクラブでのトキを寛ぎに来られるお客様に、銀座のクラブならではの、おもてなしとサービスを心をこめて提供する。

会員制高級クラブを運営する上で、銀座での絶対的なカリスマ性と、職人技ともいうべきお店作りが、見事に交差していると断言致しておきましょう。

銀座の会員制高級クラブが、人による手作りであり、お客様を迎える「心そのもの」こそが大切であると教えられるような、そんな銀座本来の伝統が大切に守られているのです。

上質を知るお客様を相手に、働く人達の「お人柄」を問われそうなことや、魅力の低さを誤魔化すために、店内の内装を飾り立て上手にやり過ごす高級店もあるとかないとか。

しかし、ここルリアンでは、そんな誤魔化しは一切無用。

人を見る確かな慧眼を持つ企業オーナーや、実業家紳士等の来店が多い中、そんな方々に銀座で片手に入るほどの名店と言わしめているほどの会員制高級クラブであるとお伝え致しましょう。

人を見る確かな目を持つ、オーナーの力量と魅力は真実を捉える。

銀座クラブ・ルリアンの上品なボックス席の壁に紫のワインの名画

アットホームとは?

実はアットホームな雰囲気というのは、最終的に貴女がどう感じるかによるものです。

人間関係に温かい部分を望んでいる人からしてみれば、アットホームな雰囲気はまさに大好物であると言えま
しょう。

ここでアットホームという意味を考えてみたいと思います。

at home(アットホーム)とは読んで字の如く、まるで自分の家にいるような雰囲気で、寛ぎ易い空間であると言えるでしょうし、それは決してアウェイではなくホームグラウンドのように、自分の居場所であり、気持ち軽く過ごせる環境であると言えそうです。

というわけでは、アットホームとは人それぞれの主観であって、置かれている立場が居心地良く、かつ人間関係の中で温かさを感じる人が「アットホーム」という言葉にしっくりくるのだとか。

そう感じる人の傾向が多い店舗が、実際に「アットホームな雰囲気づくりです」や「当店はアットホームです」などと謳っているのでしょう。

「アットホーム」という言葉は、お店を決める上で決め手とはなりませんが、ギスギス感は少ない傾向と見て、間違いないかもしれません。

とはいえ、新人さんが迎え入れられればの話になります。

つまり、適当な姿勢で仕事をしたいと考える人がいたとして、貴女がもしそうなら、お店を守ろうとしている女性達に迎え入れられることはないという側面も強くあるのかもしれませんね。

PR( ↑ 画像をクリック!)

野心溢れる女性が求める一流

野心溢れる貴女には、心のどこかで一流を求める渇きがあるに違いないのではないでしょうか。

そして残念ながら、一流を求める全ての女性が一流となれるわけでもありません。

ピラミッドの頂点のように、一流にたどり着ける女性は、ほんの一握りになることが予想できるからです。

一流とは一つのことを、ひと筋に貫き、途方もない時間を体感した者にしか、獲得することのできない精神的な境地とも言うべき、まさに覚悟を示すことができた証と考えることができましょう。

一つのことを貫くことは、勝利の中からどれだけ自信を獲得し、敗北の中からどれだけ悔しい気持ちを、後日の活躍の為にどれだけ力に転化できたかによるものと言えましょう。

貴女が望む「一流」とは何か。

楽しいばかりの毎日ではないでしょうし、もちろん毎日が嫌な日でもないでしょう。

しかし「一途に貫く」という行動はどこか「尊さ」を感じさせるのではないでしょうか。

貴女にはその「尊さ」を自らの身体に「搭載」するにふさわしいお人であるかもしれません。

銀座クラブ・ルリアンのVIPルーム

貴女のルリアンへの冒険へのタイミングは今この瞬間に訪れるかもしれない

一流の顧客はこの空間の中で創造された空気と、雰囲気をまるごと味わう為に足を運ぶと言っても過言ではないのではないでしょうか。

数多くの一流の王様達が、王様自ら足を運んでいることに、全ての女性は驚くに違いありません。

それがルリアンの魅力であり、未来の貴女が有する魅力によるものかもしれないのです。

貴女は、働いた分の報酬を貰うこと =(イコール) 仕事 と捉えがちかもしれません。

仕事という言葉の響きに対する印象は、人ぞれぞれでしょう。

ですが、こう考えてみてはいかがでしょうか。

宝探しへのアクション =(イコール) 仕事という冒険 であると。

貴女は接客業なんて、地に足の付いていない仕事であると考えるかもしれません。

一方で接客業が好きで、たとえどんなことを言われようとも「私には接客業が必要」だと考えるのなら、クラブルリアンは、その選択肢の1つに加える価値があるはずです。

貴女の冒険は、もうすぐ始まるかもしれません。

銀座クラブ・ルリアンのカウンターにある各種ボトル

スタッフの人間性と対応力、清清しさ

礼儀正しき反応力。

上質なクラブは人あってこそ。

お客様へ向けられる礼儀正しき挨拶。

一点の曇りない爽やかな笑顔。

高級クラブ・ルリアンにお越しになる紳士への自然な会釈。

面接に訪れたときの女性への見事なウェルカム。

全てに心がこもっていて、
それこそが清浄な空間を描いている。

これは、その空間に、尊敬と、尊厳と、
未来があることを示している。

貴女はルリアンの空間を、
近い未来に知ることに
なるかもしれないのです。

銀座クラブ・ルリアンのメインホールの予約席

貴女が活躍できる接客業最高の職場環境がルリアンには存在する

ルリアンに入店すれば活躍できるのだろうか?

否。

貴女自身が活躍できる適正がなければルリアンでは活躍はできない。

全ては貴女の素質次第というわけです。

もし、貴女がルリアンで働く上で、最適なタイミングであれば・・・貴女は幸運を掴む切符を手にするに違いありません。

貴女は素晴らしい人脈を形成するチャンスを掴むことになるからです。

そして同時に、真の信頼関係が何であるのかを知るに至るのです。

もしそれを貴女が望むなら、貴女自身が素晴らしい人脈の1人に数えられなければならない。

その悉くを貴女が、一流を目指している過程で備わるのではないでしょうか。

銀座クラブ・ルリアンの壁の名画

銀座の高級クラブのシステムにありがちな強制ノルマというシステムを嫌うオーナーの考え方

銀座にお越しになるお客様へのおもてなし。

それは、表面上ではとても美しい言葉として響くし、実際にルリアンで過ごすゲスト様へ素敵な寛ぎを齎(もたら)してくれるでしょう。

さりとて、そこに、ムリをしなければならない「同伴のノルマ」という宿題が課せられるのならば、そこには「ゲスト様にムリをしてまで営業をしなければならない」という概念が僅かであっても生ませ、真に提供されなければならない「おもてなし」から、かけ離れてしまうのではなかろうか。

だからこそ

オーナーは、ムリに強制ノルマ(同伴)をかけてゆくことを嫌う。

なぜなら、それは自然に成されるべきであろうし、お客様との会話の中から自然な成り行きで「同伴」というアクションがおこなわれるべきと考えるから他なりません。

同伴出勤の内訳と言えば、たとえば

一緒に食事のひとときを楽しみつつ、お店へ向かうこともあるでしょうし

ほんの少しのプライベートのトキをすごすためのティータイムからの同伴もあるかもしれなしですし

ショッピングや、銀座を散歩するためのひとときを経てお店に向かうことも。

これらを、ムリあるストーリーで組み立てれば全ては台無しになるのではないでしょうか。

だからこそ、オーナーはムリな強制ノルマを嫌う。

つまり、強制ノルマをかける必要のない魅力的な女性が待ち望まれているのです。

だからこそ、ルリアンのオーナーの人を見る目は計り知れません。

魅力のある人(女性)を鋭く見抜く技術。

素敵な貴女は、オーナにーよって、その魅力を鋭く見抜かれるかもしれません

その瞬間から、貴女の可能性という未来は動き出すかもしれないのです。

銀座クラブ・ルリアンの玄関にある看板

銀座エージェントが貴女にできること

大切な貴女に対して、銀座エージェントができることは、

貴女の中で未だに眠っている「一流の素質」を目覚めさせること。

貴女自身が「活躍できるという手ごたえ」が、奇跡的な活動で胸躍るワクワクするものではなく、活躍というものが朝起きて歯を磨くくらい簡単であるという認識を持っていただき、「活躍」のさらなる上があって、貴女が人生で誇れる、バージョンアップした「活躍」というものを獲得してくださるようヒントとアドバイスを貴女にお譲りできることができること。

そのためには、まずは「銀座エージェントを知っていただき積極的に関わっていただくこと」

つまり、銀座エージェントが、貴女のアクションへのきっかけとなること。

ときには、貴女が本気で悔しい気持ちを、噛みしめていただく瞬間もあるでしょう。

実際、悔しいと思う瞬間を感じていただかなくては困ります。

なぜ「悔しいと思う瞬間」がなぜ必要なのか?

それは、貴女が思い描く理想と比較し、その理想に及ばなかった現実を目の当たりにした瞬間に、不快な症状が貴女を支配しようとするからです。

これこそが「悔しさ」の1つのカタチでありましょう。

貴女は、「この不快な症状の支配」から逃れる為に戦うのです。

ですから、貴女は実際、誰かと競争するわけではないのです。

むろん「競争」それもいいでしょう。良い結果となれば、それは僥倖であると言えましょう。

つまり、貴女はこの「悔しさ」を体感した瞬間、既に「さらなる上」を、「さらなる理想」を、思い描くことに成功しているのです。

ルリアンは、ルリアンという空間で活躍できる、魅力と才能が豊かな女性を待ち望んでいます。

それは女性としての魅力だけではなく「お人柄」も兼ね備えていなければなりません。

銀座エージェントは貴女の中に眠る「一流の素質」を目覚めさせる一助となることを責任を持ってお約束致します。

クラブルリアンのことなら銀座エージェントにお任せください。

PR( ↑ 画像をクリック!)

クラブ・ルリアン の求人募集条件

業界未経験の女性が数ヶ月先には、別人ともいうべき魅力漂わす女性へ変貌を遂げた例も多々ございました。

週何回からでもOK! と甘い言葉には一切耳を貸さず、週3日以上の出勤ができることが、このルリアンでは可能性が開くコツとも言えましょう。

それと、会員制高級クラブ・ルリアンという最高の環境を、ダブルワークのために利用するのはとんでもない!とてももったいない関わり方であるとお伝えしておきましょう。

なぜなら、銀座エージェントのこれまでの見解で言えば、銀座で本格的な会員制高級クラブで働くのなら、働けるうちが華。というわけで、じっくりと染まってみることで、刺激が得られるのでは?と、考えるからです。

働ける期間が限られているからこそ、ルリアンを精一杯楽しむのなら、じっくりと濃厚なトキを過ごされるべき。と思うという側面がございます。

とはいうものの、実際に学生さんやOLさんも働いているので、しっかりと両立できるのなら歓迎されるお店でもあります。

すでに他店での経験があったり、お客様が呼べるのでしたら、移籍先の会員制高級クラブとしては申し分ない店舗になります。

日給については基本的に「30,000円+能力によりプラス」ということになっていますが、個人差により、30,000円~40,000円くらいのお給料からスタートできる場合が多かったです。

※コロナ禍以降からはかなりシビアにお給料金額が定められている傾向となっています。

業界未経験、もしくは経験が浅いヘルプの立場のホステスさんであれば、最初からムリに高額日給を望まなくても、実力を磨いているうちに、昇給に繋がるチャンスは必ず訪れるので、腰をすえて働くことができると思います。

男性スタッフ・カウンターレディ募集について

男性正社員は月給300,000円(ボーナス年2回+昇給あり)で、福利厚生もしっかりしています。

※経験に応じて試用期間あり。

また、カウンターレディーも基本時給2,000円(+交通費)となっていますが、時給は経験によって変動することもあります。働いているうちにお客様との会話が慣れてきたら、サプライズで昇給することも!

銀座クラブ・ルリアンのVIPルームのボックス席

クラブ・ルリアン
応募
お問い合わせフォーム

※は必須項目です

お名前

メールアドレス

携帯電話番号

年齢

自宅最寄駅

LINEのID※任意

身長

cm

現在のご職業

希望日給

今回の目的

ご希望の店舗カテゴリー

ご希望のお店(順不同)※複数選択可

自分に合っているお店で働きたい
お任せしたい
ママのいない高級店を希望
クラブ・バレーヌ
クラブ・藤谷(ふじたに)
クラブ・ファーストクラブ
クラブ・ドゥオーモ
クラブ・J (ジェイ)
クラブ・ミラジュール(元ヴィオラ)
クラブ・ルリアン
クラブ・水上(みずかみ)
クラブ・銀花(ぎんか)
クラブ・楪(ゆずりは)
クラブ・柳(やなぎ)
クラブ・凜(りん)
クラブ・ソル
クラブ・ソシエ
クラブ・加賀美(かがみ)
クラブ・ソシエグラン(元トゥエルヴ)
クラブ・レイカ
クラブ・サードフロアー
クラブ・イプセ
クラブ・ソニア
クラブ・ブルーノ
クラブ・レイ
クラブ・UEDA(ウエダ)
クラブ・JUJU(じゅじゅ)
クラブ・藍(らん)
クラブ・ニューパルテノン
クラブ・グレ
クラブ・麻衣子(まいこ)
クラブ・シレーヌ
クラブ・ランデル
クラブ・ブレア
クラブ・ジャンヌダルク
クラブ・縁樹(えんじゅ)
クラブ・オー
クラブ・予詩(よし)
クラブ・ピロポ
クラブ・ナナエ
その他の店舗を希望

希望エリア

銀座
六本木
銀座 or 六本木
エリアは問わない
自宅から近いエリア

想いや、ご要望などをお聞かせください