銀座のクラブで働くのを検討してる貴女へ・それならサードフロアー・2023年版

銀座のクラブで働くのを検討してる貴女へ

要約・どんな内容で何を伝えたいの?

この記事は、銀座の会員制高級クラブにおける仕事の魅力と価値を強調しています。記事の目的は、銀座という地域が持つ独自の文化とステータスを背景に、ここでの仕事が個人のキャリア発展、社会的スキル向上、そして高い生活品質へと繋がる可能性を探求することです。また、銀座のクラブで働くことの利点、特にプロフェッショナルな成長や人間関係の築き方に焦点を当て、読者にそれが単なるナイトワーク以上の意味を持つことを理解してもらおうとしています。さらに、銀座での職は、その地位や提供する独特の体験を通じて、個人が自己実現を図る場として描かれています。全体を通じて、銀座の高級クラブが高い社交的価値を持ち、特別なキャリアパスを提供する場として提示されているのです。

銀座の会員制高級クラブへステップアップ

貴女がもし銀座という街がお好きなら、銀座で一流と名高いとされる会員制高級クラブで働いてみませんか?

銀座には一部上場をはじめとする大手有名企業の数々が本店や旗艦店を構えており、加えて海外高級有名ブランドショップ、国内高級ブランドショップが銀座エリアの重要性を認識し、有名百貨店等が集まる高級感溢れる世界屈指の、特別な経済都市とも言えるのです。

AGENT

AGENT

ブランド性向上を意識している企業等は「銀座」は絶対押さえておかねばならないエリアなのだとか。

日本国内に住んでいる外国人の多くも、銀座という街にショッピングにいらしており連日賑わっているのです。高級な商品をお買い求める人達で溢れるこの特別な街は、どこか上品さ漂い豊かな活気に満ちていることに気が付かせてくれます。まさしくショッピングは楽しい娯楽であって、それなら素敵な場所でショッピングを楽しみたいですよね。

銀座の会員制高級クラブに移籍する・移籍リストのメニュー

そして日本で最高峰に位置する高級ナイトワーク(夜間のお仕事・接客業)とよばれる、一流有名会員制高級クラブ群も、銀座の並木通りを中心に堂々と構えられ、上品な賑わいを魅せているのです。平時の夕刻を過ぎると、華やかさ溢れる素敵な女性達が、並木通りを歩いているのを見かけることができるでしょう。

素敵な人達が集まる場所に、素敵な人達が向かいたくなるのは道理。これは真理ではあって、銀座の魅力が貴女を引き寄せる一因かもしれません。貴女がもっている華やかさは、今まさに銀座に必要とされているというわけです。

関連記事
読み込み中...読み込み中...
銀座の後期夕クラブで働きませんか?

オトナの接客術を身につけませんか?

貴女が既に東京に住んでいるのでしたら、今一度、ほんの近くに特別な街「銀座」があることに気づかれてみてはいかがでしょうか。そして、ひょっとしてこの銀座という街は、貴女にとって、人生を華やかに活躍させてくれるステージ(舞台)であるかもしれません。貴女はこの特別なステージである銀座で、貴女の可能性を試してみたくはありませんか?

そして、貴女の中で新たな可能性が芽吹く場所でもあるのです。銀座の会員制高級クラブで華々しく輝く女性達に備わる特徴の数々を目にすれば、貴女はきっと大きな刺激を受けることでしょう。

いいえ。貴女が刺激を与える側であるかもしれません。

真実の魅力は言語化できない

なんにせよ、そこには貴女自身が欲しくて欲しくてたまらなかった魅力に関する秘密があるかもしれません。銀座で活躍している女性達は、この魅力を兼ね備えているからです。「その魅力とは表面上の魅力だけにあらず」でありましょう。ファーストインプレッションで発揮される、抵抗することの出来ない「真実の魅力」は相手の心を開放するのです。

どんな刺激を感じ、どのような魅力を得るかは貴女次第となるでしょう。そして、その刺激は貴女をパワフルに前進させる力を持っているはずです。その前進している貴女の姿を見た富裕層とよばれる経済エリート達をはじめ、ご来店されているお客様達は、抗(あらが)うことのできない貴女の真実の魅力に、打ちのめされてしまうかもしれません。笑

銀座の会員制高級クラブでの洗練された接客技術について

実は、このオトナの接客術の定義はといえば、「上品で、気品で溢れ、華やかで教養があって・・・」とまあ、並べたらキリがなく、実際に見て感じることが重要です。ですので、実際に働いてみることでしか、知り、会得することはできないとお伝えしておきましょう。

つまり、実践でしか身に付かないということになります。むろん、育った環境によって、既に「オトナの接客術」が備わっている女性もおられることでしょうが、さらに洗練させるためには、素敵な環境で働き、己を磨くことが大切なのではないでしょうか。その場所の1つに挙げられるのが「銀座」という街にある、一流と名高い会員制高級クラブであると考えられています。

貴女であれば、その価値にお気付きになるはずです。

実践でしか身に付かない接客の極意

この「オトナの接客術」を身に纏うことで得られることの主なものとしては、「周囲の人へ貴女に対する態度を一変させる力」を備えることであると言っておきましょうか。詳しい内容は「貴女がどのように人に見られたいのか」を思うことでヒントは得られるはずです。

しかしながら、この詳細については、本来話してはならない内容です。なぜなら、貴女自らが、自らの意思で、自分だけの答えを出す必要があるからです。つまり、その答えは貴女専用の「解」なのです。

接客業で下克上

いずれにせよ、高度とされる「オトナの接客術」を身に纏っている女性を間近に見ることは1つ重要であり大切です。このような女性たちにはもはや「マウント」とよばれる俗世が生んだ「優位性の誇示」とは無関係であります。この秘密に近づくことができるでしょう。

そのための環境の1つに挙げられるのが「銀座の会員制高級クラブ」の接客業なのです。

いま現在働いている銀座のクラブから格上の銀座の会員制高級クラブへ移籍

格上の銀座の会員制高級クラブへ移籍

ご存知ですか?銀座の会員制高級クラブには、さまざまなタイプがあることを。系列店が多く銀座では磐石な基盤を築いてきた規模の大きいクラブや、30年以上の歴史を築いてきた銀座で有名な老舗のクラブ、不定期ではありますが新たにオープンしていく会員制クラブもございます。人という個性が織り成す人間模様がクラブの本質であり、その人間模様は、当然の如くご来店されるお客様も含まれております。ママをはじめとして、働いているベテランホステスさんや、新人さんもそれぞれの魅力があり十人十色。来店されるお客様の層も、これまでに築かれてきた歴史、システム等によって多少なりとも異なります。

ドレスコードを厳格に定めている会員制高級クラブや、多少は多めに見ている会員制高級クラブ。広々とした大箱とよばれるクラブや、小規模のアットホームなクラブなどがあります。もはや、さまざまなお店のタイプは、つまり「個性の集大成」と呼んでも差し支えはないはずでしょう。在籍している女性の魅力や実力、経験豊富なスタッフの存在も個性を彩る上で関係してくるわけですから。

えっと、銀座でやってみようかな

銀座(会員制高級クラブの業界)に詳しくない女性からしてみれば、詳細はなかなか把握しにくいもので、私達銀座エージェントをお頼りください。たとえば、接客業をする上で、どんなに天性の素質があっても、実力を発揮できないまま、年齢を重ねて終えてしまう場合もある現実があることは、大変残念ではありますが、チャレンジできたことはまぎれもない事実でしょうし、賞賛できるとはいえ過ぎ去った時間は絶対にかえってきません。

個性豊かな、銀座の会員制高級クラブですから、働く環境を見誤ってしまうと、魅力や実力を育てることができないまま、ただただ「接客業が経験豊富のホステス」さんのカテゴリーに属するホステスさんになってしまうことも多々あるのです。意気揚々と情熱を持って接客業を始めたのに、働く環境との相性が良くなかったことで、自分が改善すべき大切なポイントがどこなのか不明確のまま日々を過ごし、実践で役立つ本物の接客スキルを磨くことができなかった女性が多いのには、心から残念に思えてなりません。

これらは男性スタッフの器量も関係してきますが、ホステスさん達に煙たがれることを恐れて必要以上に優しくしてしまったりと、結果的に新人さんを甘やかしてしまったことで、一番大切な力「乗り越える力」を取得できない人が後を絶たないのです。優れた指導者は必要不可欠であって、貴重な存在であるからこそ常に少ないものです。貴女には、その存在を知ることが重要です。

また、会員制高級クラブで働いていたつもりが、実際はキャバクラのようなシステムだったというケースも年々増加しており、それを早期に気が付くことができれば時間的損失は最小限に抑えられますが、年数を経過させ過ぎれば、取り返しがつかないことも。こういった時間的な損害はなんとしても防がれるべきです。そして、銀座エージェントが度々お伝えしていることですが、銀座には「クラブ」と冠がついたお店が多く、本来のクラブではないことに気づいたときは「トキ既に遅し」という場合も見受けられます。

むろん、これらのお店が働きやすいという女性も少なくはないでしょうが、望まない女性からしてみれば、時間的損失は決して小さくはありません。貴女自身の未来のことを真剣に考えるのなら、銀座エージェントにお任せください。貴女が思い描く理想の希望条件や、求めている仕事のスタンスを的確にヒアリングし、それを慎重に総合的な分析を重ね、貴女にとって最高にすごす価値ある会員制高級クラブの求人情報を提供致します。

銀座の会員制高級クラブという世界観とは?

貴女が心に持つ興味の対象は貴女に足を運ばせるかもしれません。
貴女にとっての銀座がそうであるかもしれません。

今、貴女が大切にしている職場環境を過ごしている中で、実は貴女さえ気づいていない卒業の兆候となるサイン、すなわちシグナルが灯っているかもしれません。

そのシグナルは、今後の貴女を大きく成長させる環境へのステップアップが近いというサインかもしれないのです。

貴女はステップアップするために、行動する権利を生まれたときから持っています。この権利を今最大限に活用されてはいかがでしょうか?

貴女の活躍できる環境は、貴女の個性が尊重されることで、より一層輝くことでもありましょう。数少ない銀座の優良店の中から、貴女が輝くために、どんなお店(職場環境)が良いのかをご提案させていただきます。

銀座の会員制高級クラブに移籍をする美しい女性

移籍の最高のタイミング

たとえば、銀座の会員制高級クラブ(中級クラブも含めます)から、同じエリアである銀座の会員制高級クラブへ移る(移籍)際に、慎重にならねばならないことは、来店の見込みがあると考えているお客様(貴女が来てくれるだろうと見込んでいるお客様)が、移籍先のお店で自分の担当として成立するかどうかです。つまり、来店見込みのお客様が既に貴女が移ろうとしているお店で、そのお客様名義のボトルが入っていれば、貴女のお客様として成立しない可能性が高いことを意味します。厳密に言えば、そのお客様にホステスさんの係りが存在する場合です。

もしそうなら、貴女がお店に移るメリットは半減してしまう可能性は濃厚と言えそうです。加えて、売上制に見合うお給料からスタートする勤務条件の設定も大切で、貴女に損があってはなりませんし、逆に貴女がお店に損を与えてもなりません。理想は両者WINWIN(ウィンウィン)となる日給金額が望ましいのです。このWINWIN(ウィンウィン)のバランスに問題があるとき、何らかの歪みが育ちはじめます。さらに、そのお店で在籍しているホステスさんがどういう人達であるかも視野を広げる必要もあります。というのも、貴女がもし売上をつくれるホステスさんであれば、多くの売上をあげてゆく上で欠かすことのできない良質な仕事ができるヘルプのホステスさんが必要になるからです。

移籍先であるお店に、どれだけ良質なヘルプのホステスさんが在籍しているかは、見過ごすことのできない重要なポイントです。自分の売上げを「チームワークを活かして顧客数と売上を増やす戦略(自身の直接的な魅力に加え、チームのサポートを活用する方法)」という方針でご活躍されてきたベテランホステスさんは、今一度慎重に比較精査しなければ、移籍後に後悔が待っているかもしれません。

また、良質のヘルプのホステスさんが数多く在籍しているからといって、表面上で判断できないことも多々ございます。

たとえば

  • ヘルプのホステスさんが既に特定の「売上げ者のホステスさん」のヘルプにつく比率が高く、新たに移籍をしてきたホステスさんのヘルプの席に付く比率が少なくなる。又は席に付いている時間が比較的短くなる
  • ヘルプの女性のレギュラーが日によって少なかったり多かったりと不安定
  • 売れっ子とよばれているホステスさんの定着率が低く、その売れっ子とよばれているホステスさんが貴女の大切なお客様を連れて(貴女のお客様が掴まれて)移籍をしてしまう傾向に繋がりやすい
  • 既に在籍しているヘルプのホステスさんが、ある特定の売上げ者(既に在籍されているベテランホステスさんと師弟関係になっている場合など)と二人三脚で営業活動していることもあり、新たに移籍をしてきたホステスさん(たとえば貴女)へのお客様へのヘルプとしてお席に付く優先順位は低くなる

これは、数多く挙がってくる定番の悩みなのであり、実際これらは序の口です。他にも数多く挙げられますが、ここでは決して記してはならない内容もありますので、この程度でご容赦いただきます。つまり、移籍は慎重に慎重を重ねて開始しないと、取り返しの付かないことになる場合があることをご承知おきいただければと思います。そして移籍の乱用によって、地に足がつかない状態となってしまったホステスさんをお見受けすることもございます。

どの業界であれ短期間で最上とされる「最終奥義」と、たとえられる「最上の智慧」を手にすることはできません。貴女はこの「最上の智慧」を手にしたいのではないですか?これは夜の接客業の世界でも同様のことであるのです。

銀座の会員制高級クラブへの移籍は、銀座エージェントにお任せください。

銀座のミニ・クラブから銀座の一流有名会員制高級クラブへ移籍

銀座のミニ・クラブから

銀座のミニ・クラブで魅力を磨いてきた貴女は、いつしか銀座の格式高い会員制高級クラブで働きたくなるかもしれません。ミニクラブからの移籍を達成する場合は、1点注意しないとならないこともあります。それは、銀座の会員制高級クラブはこれまで貴女が働いてきたミニ・クラブよりもお客様が支払う飲食代金が高額であるという点です。ですので、いま貴女が働いているミニ・クラブの平均客単価の飲食代金を把握しておくことは重要です。

そして、お客様の中にはそういったお会計の大小を、気にしない方々もいますので、そのお客様が日頃からどんなお店に飲みに行っているのかは、それとなく聞いておいた方が良いかもしれません。もし、そのお客様が会員制高級クラブにも飲みに行っているようなら、貴女が移籍を果たした会員制高級クラブにも、お会計金額の違いに気兼ねすることなく来てくださる可能性は高くなるでしょう。

聞く機会があれば、そのお客様が懇意にしている店名も知っておくことができれば、移籍の際にそのお店を避けることができるのでスムーズです。いずれにせよ、このようなお客様が複数おられようなら心強いと言えそうですね。

銀座で特別な自信を掴めますか?

貴女は自分のことを特別な存在だということにまだ気がつきませんか?
特別な女性は自分の魅力を過小評価していることが多いということがわかっています。(自社統計)

むろん自分自身を勘違いして過大評価をしてしまった女性もおられるようです。

もし貴女が、自分の魅力を過小評価しているのなら、どうか貴女の魅力を貴女の将来の為に役立ててください。

自分自身を正当に評価するべきです。その方法については、説得力があり納得できる解答を差し上げることができます。

貴女の世界観を拡げる、銀座で信頼できる一流の会員制高級クラブをお奨めさせてください。

地方で接客業をしていた人が銀座の会員制高級クラブへ移籍

地方の接客業から

ニュー・クラブのようなフリー指名制というシステムのお店で働き慣れている方にとっては、ママと一緒に働くということに馴染みがないに違いありません。ママという大黒柱のような存在が最低でも1人はいるのが、銀座の会員制高級クラブです。

AGENT

AGENT

全国津々浦々のお店には大小問わずママがいるものですが、本記事においては、銀座の会員制高級クラブにクローズアップさせていただいています。

銀座で働くのなら、やはり会員制の高級クラブ。名のある富裕層達が安心して訪れやすい清潔感溢れた繁華街の中心地にあります。銀座のクラブは銀座にしか存在できません。首都、東京において来店されるお客様はやはり錚々たるメンバーであり、未だ年齢の若いお客様の中には、未来の日本のビジネス界を支えてゆく精鋭であることも多く、巷では傑物ともいわれる豪華な顔ぶれの方々が来店しているのです。

貴女は、そんな未来に輝く傑物達と、今宵何気ない会話で楽しいひとときを過ごしているかもしれません。日本の経済界を先駆ける、生粋(きっすい)の経済感覚を持ち合わせているハイクラスの紳士達との自然でクリーンかつ、健全なコネクティングは、銀座の会員制高級クラブがどういう場所であるかを、ご納得されることでありましょう。それまで、純粋に指名制のシステムに楽しさを見出し続けてきた、キャバクラやニュークラブで働かれているキャストさん達は、銀座の会員制高級クラブに移籍し働くにあたり、肌が合わない(水が合わないとも言われることも)と感じることもあるかもしれません。

しかし、銀座の会員制高級クラブでは、接客スキルを活用して長期的なキャリアを築くことが可能です。これらのスキルは、「接客業」に留まらず、様々な日常の場面で役立つことが多く、将来的にも価値ある経験となるでしょう。また、今後も接客のお仕事を本業にしてゆきたい女性にとっては、銀座の会員制高級クラブで早い時期から働く価値はあると考えます。ですから自信を持って是非お奨めしたいと考えます。

上京という行動力ってどうやって生み出せる?

現在、東京以外の都道府県で活躍中のホステスさんの中には、いずれ銀座で堅調なクラブで働くといった目標がある方も多いのではないでしょうか。

ホステスさんの中には、お客様が東京から出張でいらしていたり、お客様が銀座のクラブに馴染みがあったり、お友達が既に銀座のクラブで働いていたり、TVなどのメディア、インターネット等を通じて知ったことがきっかけだったのではないでしょうか。

貴女の先輩も、小さなきっかけがやがて1つの目標となり、前進できるほどの行動へと結びついたはずです。

六本木の会員制高級クラブから銀座の会員制高級クラブへ移籍

六本木の会員制高級クラブから

近年、六本木の一部の会員制高級クラブのクオリティも銀座に劣っていないと言われはじめており、銀座と六本木、両者一長一短ある中で、六本木の会員制高級クラブには銀座の会員制高級クラブにない良さがあり、応募してくださる女性からの希望条件によっては、六本木の会員制高級クラブが働くにあたってご本人が希望する全ての条件を満たしていることもあります。

そんな六本木の会員制高級クラブですが、銀座よりも敷居が高くないと言われており、気持ち軽くのびのびと働きやすいという声は実際に多いわけです。そして、実は六本木のクラブ出身者で、銀座で不動の地位を築いた、ママやホステスさんをはじめ、クラブ経営者、凄腕のスタッフが存在していたりするのです。富裕層向けの接客業として必要とされる「まごころ」「おもてなし」の基本を忠実に学び、独自の魅力を鍛えあげてきた人たちは、さらなる上を目指したくなるのは時間の問題かもしれません。こういう人たちは、自分の方向性と答えを、「銀座の会員制高級クラブで働く」ということに見出したのではないでしょうか。

六本木のお客様の中には、既に銀座の会員制高級クラブが馴染みであることも多く、こういったお客様から応援されれば、大きなチャンスを掴み活躍する女性は実に多いのが現状です。では、応援してくださるお客様がいないというなら?

ご安心ください。

もしお客様がいなくても、ある程度の接客業をしてきた経験と実績を考慮され、お店を移った後も、スムーズに仕事ができる流れとなるでしょう。

AGENT

AGENT

六本木の高級クラブで働いた経験は、銀座の会員制高級クラブで役立ちやすく、即戦力として迎えられやすいわけです。六本木の会員制高級クラブと、銀座の会員制高級クラブは優れた親和性を発揮します。

むろん、応援してくださるお客様がいることが望ましいという声が多いことは確かです。貴女が応援してくれるお客様がいないと思っていても、実は貴女からの連絡を待っているお客様の存在に気づいていないということもあるかもしれません。なんにせよ、もし貴女が、いま六本木で働いているのなら、銀座の会員制高級クラブに移り、貴女だけの目標を達成してみませんか?

銀座の高級クラブで目標を達成しませんか?
歌舞伎町エリアから銀座エリアへ移籍

歌舞伎町エリアから

ご本人の性格やタイプにもよりますが、歌舞伎町エリアのキャバクラや、ニュー・クラブに来店するお客様の層が合わない・・・!という疑問を抱えている女性が近年増加中である事実がございます。また、土地柄に苦手意識を持っている場合もあるのだとか。ふとした小さな疑問が、銀座の会員制高級クラブで働くことを検討する引き金になるようです。

しかし、夜のお仕事(水商売)の経験が少なかったり、キャバクラの指名制に慣れている、個人対個人の接客スタイルに慣れすぎたりしていると、銀座の会員制高級クラブのシステムや、独特のルールに馴染んでゆくのには時間がかかる場合もあります。銀座の会員制高級クラブは、1名のお客様に対して複数(たとえば3名)のホステスさんが接客することもあるので、キャバクラやニュークラブで1人対1人の接客に慣れていると、違和感を感じたり仕事をしにくいと感じる女性もいるのではないでしょうか。

慣れるためには時間が解決するかもしれません。一方で、1人対1人の接客が苦手だという女性もおられます。このような女性は、銀座の会員制高級クラブのような、1人のお客様に複数のホステスさんが接客するようなスタイルに違和感を感じることなく接客ができるかもしれません。ただし、その日その日によって、シチュエーションは変化し、お店が忙しい日になると、1人のお客様に対して1人のホステスさんしか着かない場面はありそうで、状況によって接客スタイルを臨機応変に、柔軟な対応が求められるのが、やはり銀座の会員制高級クラブと言えそうです。

お店へ移籍の段階を経て銀座のハイクオリティのお店に辿り着く

歌舞伎町のキャバクラやニュークラブで働いていた女性の中には、まず銀座にあるニュー・クラブで働き、銀座の街の雰囲気に慣れ、それから本格的な銀座の会員制高級クラブに移るという選択をされることも少なくはありません。

むろん、適正次第では、最初から銀座の会員制高級クラブで働くことが正解であることもあります。つまり、そういう女性は「歌舞伎町のキャバクラやニュークラブで働いた」ということが遠回りだった可能性も否定はできません。

タラレバのお話にはなりましょうが「経験は何物にも変えがたい財産」と言えば、聞こえは良いにしても「遠回りも時間をかけすぎれば」チャンスに乗り遅れることに繋がってしまう恐れもありましょう。人生に遠回りはないと言う者もおりますが・・・。

適切な時期に状況を評価することが重要です。これまでに、歌舞伎町から銀座への移籍の数々を担当してきました。銀座エージェントにお任せください。

西麻布や恵比寿のラウンジから銀座の会員制高級クラブへ移籍

西麻布や恵比寿のラウンジから

弊社に応募&お問い合わせをいただく女性には、漠然とした違和感、現状に対する葛藤を抱えながら会員制ラウンジで働いている女性が少なくはありませんでした。

たとえば、その女性が理想とする「顧客対応」が期待に応えない場合があるという声もあります。仕事としての意識感覚が低い女性達と思われる人達と、同列に並べられることに、嫌悪感を感じることがあったり、ラウンジに在籍している女性達の年齢が若いことで、自分が浮いていると感じながら働いていたり、さまざまでした。このほかにもここでは記載が不可能な、内容が複数ございます。毎年、女子大生やOLさん達が新たに在籍することで、競争は年々激化していると聞き及んでいます。むろん売れっ子であれば、そんな競争など、どこ吹く風でありましょうが、毎年アップデートされる年齢増によって、新たに台頭する若い世代の女性に叶わなくなってしまうかもしれません。

ですから、業界においてトップを維持する期間は限られており、安定した収入を得続けることは挑戦的であると言われています。また別視点でいえば、長期間継続するのことのできる「優れた人脈とは誰か」を問われたとき、明確な答えは出しにくいとの声も。一方で、西麻布や恵比寿のラウンジから銀座の会員制高級クラブへ移籍した際、一部のスタッフは銀座のクラブの運営スタイルに適応するのが難しいと感じていることが報告されています。つまり、誰もが「銀座に移籍をして良かった」というわけにはいかないというわけです。ラウンジでの経験を持つ女性の中には、銀座の会員制高級クラブの仕事が予想以上に要求レベルが高いと感じる場合もあると報告されています。

西麻布や恵比寿のラウンジの環境は、実際には

  • ペナルティなし
  • 自由出勤(コロナ禍以降ですと、出勤したいときに出勤できる人はごく少数なのだとか)
  • 自由なシフト(コロナ禍以降ですと、決められたシフトを守らない人はあてにできないということでスタメン落ちになることがほとんどなのだとか)
  • 当日に休みを取ってもペナルティなし(当欠ペナなし)
  • ノルマなし
  • 私服(ただしセンスの良いお洋服)
  • ヘアセットなし
  • いつでも退職が可能です

これだけの条件が並べば、夜の接客業としては最高の職場環境のように感じられるでしょう。

しかし、こういった条件に慣れ親しんでいれば、銀座の会員制高級クラブのような規律やルールが厳格で、高級社交界としての「おもてなし」や教養やお人柄を求められる職場に、不向きになってしまう可能性を高めてしまうばかりか、クラブのシステムに対して、ときには窮屈にさえ感じることでありましょう。ですが、とりわけ年齢が高くなるにつれ、銀座の会員制高級クラブで働くかを検討する引き金になるようで、どちらにせよ、もし接客業を本業にされたいのなら、先を見据えた考え方は重要でありましょう。

一般企業から銀座の会員制高級クラブの接客業へチャレンジ

一般企業から

夜の接客業を検討した大半の女性が、最初は「アルバイト感覚から夜のお仕事(ナイトワーク)・ダブルワーク」から始まってゆくのではないでしょうか。

そして

  • 働いていて楽しいのか楽しくないのか。
  • 効率良く稼げるのか、稼げないのか。
  • 自分が接客業に向いているのか、向いていないのか。
  • そのお店が居心地がよいのか、よくないのか。
  • あっと驚くような人脈を築けるのかどうか。

さまざまに、自分の感想が積もりに積もって、次第に「自分の、この行動が人生においてプラスなのかマイナスなのか」を結論づけてゆかれるのではないでしょうか。

動機のステップアップ

一般的には大学などを卒業し、企業に就職する流れが、世界全体の潮流とされている昨今、この潮流に逆らうことが正しいのか正しくないのかはわかりません。もしくは、もう、この潮流は既に消え去っているのかもしれません。1つ確かなことは、進むべき道は、貴女が決めてもいいのです。とりわけ日中に働く一般的な企業に勤めることで「人生の安心」を感じている人もいるようですから、それも正解です。

ですが、もしも、ただ漠然と働いているだけで、情熱の灯火が消えかけているのなら、貴女は生きる屍と化していると言えるかもしれません。貴女には偉大なる選択肢があるのです。興味のある方向が正しい場合があるのです。パソコンと睨めっこをすることが、いけないわけではありませんが、貴女じゃないとできない仕事というのではないのでしたら、実際に貴女の代わりができる人は多いかもしれません。貴女はPC操作に詳しいかもしれませんが、富裕層の顧客と効果的にコミュニケーションを取る技術にも長けている可能性があります。つまり貴女は接客業において、特に才能を発揮する可能性があります。

銀座の会員制高級クラブで働くという選択が適切な方とは?

銀座の会員制高級クラブの中で、自分に合っている稼げる会員制高級クラブに移るという選択が、最適解である人もいます。どのような職種が自分に向いているかは、実際に社会の中での経験のなかでわかってゆく人もいます。

銀座の会員制高級クラブで働くという選択が最適解の女性とは?

銀座の会員制高級クラブの中で、自分に合っている稼げる会員制高級クラブに移るという選択が、最適解である人もいます。
どのような職種が自分に向いているかは、実際に社会の中での経験のなかでわかってゆく人もいます。
とりわけ時代の傑物と言われる存在の多くが、銀座にある会員制高級クラブを訪れる機会があります。
このような銀座の会員制クラブに訪れている著名な方々はいったい何者なのでしょうか?彼らは、銀座が一流であるとの理由で訪れていると聞き及んでいます。
本当でしょうか?であれば、「一流」である根拠を貴女自ら確かめに銀座にお越しになられてはいかがでしょう?根拠として1つ確かなことは、「女性の魅力」が大いに関係しているという点です。信じられませんか?であれば、やはり貴女だけの答えを見つけに、銀座の街、いや、銀座にある会員制高級クラブでその身を以って働いてみられるのがよいでしょう。

ガールズバーから銀座の会員制高級クラブの接客業へチャレンジ

ガールズバーから

初めての水商売の入り口が「ガールズバーだった」という声も少なくはありません。きっとアルバイト感覚で気軽にできるのが人気だからではないでしょうか。そのままガールズバーで働き続ける女性もおられますが、接客や勤務時間等に違和感を感じたり、今よりも上を目指して脱却される女性もおられます。ただ数年ガールズバーで働くことに慣れてしまうと、ステップアップしにくくなってしまうという声が多く、注意が必要で、銀座エージェントでは、富裕層向けの接客スタイルでないことが、ステップアップのハードルを高くしている要因であると考えます。

働かれているガールズバーのあるエリアや、そこにお越しになっている客層にもよりますが、アットホームな雰囲気のためか比較的お客さんとの距離感は近くなりがちとのことで、仕事とプライベートの境界線があやふやになるのも起因していそうですね。また、始発の時間まで営業をしているお店も多いと聞き及んでいるためか、生活リズムに変調をきたしていることも。また、ビラまきや客引きなどが苦手だというケースもありそうですね。いずれにせよ、ガールズバーから、銀座の会員制高級クラブへ移籍を果たした女性がいます。

上を目指すことができたのなら誠に幸運でありましょう。

芸能業界から銀座の会員制高級クラブの接客業へ移籍

芸能業界から

芸能界で活動していた女性が、銀座の会員制高級クラブの接客業に活路を見出したケースもございます。移籍を果たされた女性の大半は「芸能業界というところが自分が思い描いていた理想とほど遠かった」という想いをもっていったことが挙げられます。では、こういった想いをもっていた女性は芸能界での経験が期待に沿わなかったのかもしれません。何事にも向き不向きがあります。

有名になりたい!という思いの中で、いま貴女が芸能界で望んでいるような立場でなくって、思い描いていた仕事ではないと感じているのであれば、実はそれこそを貴女が望んでいたことかもしれないのです。つまり、貴女は心のどこかで、人生の全てを芸能界に捧げる気持ちがなかったのかもしれません。そして、自分が追求したい新たな可能性を探求しているかもしれません。芸能業界という仕事から、転職することは決して「都落ち」なんかではございません。新しい新境地へ向かうチャレンジだとは思いませんか?ところで
芸能界で働くことによるメリットがある一方でデメリットがありましょう。一方で、夜間の接客業には特有の利点と課題が存在します。

これまでに銀座エージェントは「接客業」という経験を望む、芸能業界で修行をしていた一線級の女性を担当してまいりました。決して人数は多くございません。ですが、そのほとんどの女性が、GINZAで名のある最高級の会員制高級クラブで、見事なまでにダブルワークや本業として成功されているのです。周囲から可愛がられ、頼りにされ、認められることで、彼女達は活躍の機会を増やしたのです。

結果的に、経験を通じて、管理者や同僚からの信頼を得ることができ、顧客からも支持を受けることが増えました。これが彼女のモチベーションと成長につながったのです。銀座の会員制高級クラブは、水商売というジャンルであることには変わりはありません。ですが、水商売というカテゴリの中では唯一無二なのです。この機会の価値を認識する女性が増えています。このチャンスを見逃すことなくご検討ください。

居酒屋などの飲食店から銀座の会員制高級クラブの接客業へチャレンジ

居酒屋などの飲食店から

居酒屋をはじめとする飲食店では、愛想の良い笑顔でお客様から人気を獲得している女性スタッフが1人や2人いるのではないでしょうか。貴女がそのお1人かもしれません。この愛想の良さというのは、接客業をする上で「核」と言えるものであって、どのような接客業でも必要とされる要素だとは思いませんか?いや、もはやどんな場面であっても必要とされる要素でありましょう。ひときわ輝く貴女の笑顔が、銀座の会員制高級クラブで待ち望まれた理想である可能性があるのです。

近年では、こうした飲食店業界から、銀座の会員制高級クラブのような本格的な接客業への移籍が増加中です。流石に銀座はハードルが高いと思ったのなら、まずは、キャバクラやニュークラブ、又はミニクラブ等からスタートしていただくこともあり、徐々にステップアップを目指されています。

居酒屋の仕事に慣れすぎるのはよくないと聞きましたが本当ですか?

いいえ。
そんなことはございません。
ですが、こんな話は聞いたことはありませんか?たとえば「ゴルフ」。
自己流でゴルフを齧(かじ)ったことがある人なら、ご存知かもしれませんが、我流でゴルフを学んでいる人に多いのが、我流の癖が付いてしまうというもの。ゴルフのインストラクターが嘆いていたのを聞いたことがあります。
「一旦癖が付いてしまうと、その癖をなくすのに、数倍の時間とエネルギーが必要」であると。このように、慣れすぎることによる弊害は存在することも。

六本木の高級ニュークラブから銀座の会員制高級クラブへ移籍

六本木の高級ニュークラブから

近年、移籍に関して最も高い成功を収めている移籍元のお店と言えば「六本木の高級ニュークラブ」が挙げられます。特にナンバークラス迄に昇りつめたほどの実力は、間違いなく本物であることが大半であり、高次元の競争力と美貌を兼ね備えていることがほとんどです。

まず、六本木のニュークラブに限らずではありますが、現在都心の高級ニュークラブ(キャバクラ含む)のお客様が支払う飲食代金は、飲み方にもよるのですが、銀座の会員制高級クラブの飲食代金を優に超えることも珍しくはなく、つまり、銀座エリアはもちろんのこと、日本国内各地の高級店の飲食代金を余裕で支払うことのできる富裕層もお忍びで来店しています。

ですので、こういったお客様から応援されているのなら、お会計金額を含むシステムの違いに悩むことなく、移籍を実行に移すことが可能です。ただし、そのお客様が移籍先に足を運んでくださるかどうかは、日頃の貴女次第となることは言うまでもありません。

ちなみに、六本木の高級ニュークラブ出身者で移籍を成功させている女性のほとんどが、移籍前のお店で平均して約3年前後の在籍期間を経ていることが多かったでした。また、ナンバークラスを維持し続ける器量があるのなら、日頃からお世話になっているお客様へのケアは万全でしょうし、特に移籍を成功させた女性が共通して持つ特徴として、お客様との信頼関係をしっかり築いていることが挙げられます。

ありていに言えば、お客様が信頼関係の中で定期的にかつ自動的にご来店してくださるというもの。いわゆる日頃のルーティンになっているのだとか。また、これは六本木のニュークラブで働いていたホステスさんに限らないのですが、銀座の会員制高級クラブに移籍を検討する理由として、「この先、接客業を続けるのなら銀座だと思った」という声は圧倒的に多く、長い目で現実を見据えたとのことです。

某会員制高級クラブ移籍3年目のMさんは、当時のことを振り返り「年齢を重ねることで圧倒的に競争力が低下しフリな立場になることを想定し、予め余力があるうちに銀座の会員制高級クラブへの移籍に踏み切った」と語ってくださりました。

某会員制高級クラブ移籍1年目のSさんは「成績好調の良い状態のうちに、移籍をしておけばお客さんも来てくれると思った」と語り、結果Sさんは移籍して良かったとのことでした。

企業等の受付(受付嬢)から銀座の会員制高級クラブへ移籍

企業等の受付(受付嬢)から

「受付嬢からの移籍」は元々よくあったことでした。なぜなら企業の受付嬢を平均的な視点で見てみますと「容姿端麗」であるのが特徴の1つで、比較的夜の接客業に限らずではありますが、容姿が関係してくる業種への参入がスムーズだからです。また、移籍ということではなく、受付嬢の大半はダブルワークとして夜の接客業をすることが実際のところという感じです。つまり、企業で「受付嬢」をしながら夜は銀座のクラブで働くという流れです。

ただし、この「受付嬢」、ダブルワークをする上で最大のネックもあります。まさに天敵と言っても過言ではないのではないでしょうか。それは、「勤務地で顔見知りのお客様に遭遇する可能性が高いこと」です。

これは、受付嬢に限らずではありますが、一流企業であればあるほど、このリスクは付いて回ります。ですので名の通った一流クラブで働くことができないというケースもございます。ご本人のスペックをもってすれば、どの一流クラブでも働けるものの、それが叶わない。これによって、地団駄を踏む「受付嬢」もおられるのだとか。

AGENT

AGENT

実際は、受付嬢に限った話ではなく、名の通った上場企業等に勤めている女性の皆様に共通することです。

ところで、受付嬢に備わっている標準装備を挙げるとなると

  • 人当たりが良い(愛想が良い)
  • 容姿端麗(フェイスとスタイル共に))
  • 笑顔が素敵
  • 活舌(かつぜつ)が良く話が聞き取りやすい
  • 印象には残るが、でしゃばらず控えめ
  • 清潔感と透明感のレベルが高い
  • 勤怠がしっかりしている

上記に加えて

  • 社長や会長直々に「受付嬢」に抜擢されるケースもあるのだとか。いわゆるこのような人は目上の人から重宝される才を持つことがほとんど

このように、標準で搭載されている装備項目を見てみますと銀座の会員制高級クラブが、待ち望む理想の女性とピッタリ一致するわけです。つまり、受付業務の経験は、銀座の会員制高級クラブでの仕事に有利に働く可能性があります。

ちなみに、この「受付嬢」。一見して華やかそうなお仕事ですが、不満もあるのだとか。それは、座りっぱなしか、立ちっぱなしか、どちらにせよ、1つの場所に長時間に渡って居続けなければならないというわけで、数ヶ月も経てば「たいくつ」「つまらない」「尻が痛い」「足が疲れる」「肩がこる」などが挙げられるのだとか。このように一見華やかそうな「受付嬢」ですが、実際に経験してみて、考え方が180度変わってしまう女性もおられ、その女性の中には、なんと!銀座の会員制高級クラブへの移籍を視野に検討し始めるのだとか。

しかも、ダブルワークではなく、「本業」として。近年、本業として働かれる「元受付嬢」が増加傾向にあります。企業勤めという「足枷」を粉々に粉砕し、今彼女達はまさに羽を大きく拡げ、大空へ飛翔する、そのお姿はまさに大天使!おっと言い過ぎました。なんにせよ、もしも貴女が「受付嬢」であるならば、銀座の会員制高級クラブは新天地となりえるかもしれないのです。

美容整形外科系のクリニックから銀座の会員制高級クラブへ移籍

美容整形外科系のクリニックから

美容整形外科で働いていた女性からの応募が増加しています。これらの女性は、専門職であるがゆえに美に対する高い意識を持っており、その知識が銀座の高級クラブでの職務に役立つ場合があります。

また、スキンケアに対する知識も豊富で、ホステスさんからお肌のことで頼りにされることもあるのだとか。加えて、明るい雰囲気を兼ね備えた女性であることが大半でありますから、銀座の会員制高級クラブに限ったことではありませんが、華やかで煌びやかな高級社交場に親和性は高いと言えるのではないでしょうか。

明るくハツラツとした笑顔が標準装備されていることがほとんどで、同僚のホステスさんからも親しまれやすいのが特徴だと思います。ところで、美容整形外科クリニックで働いている中で唯一の不満は「ときめき不足」だと語ってくださった女性がおりました。特に、主に女性の患者さんが多いクリニックになりますと、長く働いている中で「マンネリ」を感じることが多々あるのだとか。

そうなると、学生のときにバイトで味わった楽しさを思い出して、気分転換に銀座のような華やかな雰囲気の中で働きたいと思うことがあるようです。ちなみに、銀座の会員制高級クラブへ移籍した、元美容整形外科のクリニックで働いていた女性の院内のポジションのほとんどが、受付、事務、カウンセラーで看護師の女性はごく少数に留まり医師はゼロでした。

また、これは余談ですがクリニックの中には忙しくないクリニックもあるとのことで、そのような職場に慣れてしまうと体重増加などの肥満体質となるようで注意が必要です。

TOP