特集・銀座エージェントの高級クラブ紹介に関する辛口レポート 2019年版

【PR】

私たちは銀座の高級クラブで働くことこそが、貴女の魅力が活かされる価値があると考えています

仕事とは多岐にわたるもの。
そして職種は、その人の才能を活かせる環境であることが望ましい。

むろん、その仕事が好きだったり、憧れだったりと、理由はさまざまですが、「なんだかおもしろそう」「わたしでもできるのでは?」ということも。
単純に興味から、その仕事を始めることもあるでしょうし、そもそも気がつけばその仕事を長年続けていた。

ということもあるでしょう。

しかし、なんにせよ自分が携わる仕事で収入が多ければ多いほど、自分を活かしていることを実感できるのではないでしょうか。

活かされ活躍している実感を持てて自信に繋がるでしょうし。

ところで、
「仕事は楽しいけれど収入が少なく将来を不安に感じる」

一方
「お給料は良いんだけど辛いから続けてゆけるか不安」

どうやら、「お給料」と「楽しさ」は車両でたとえるなら両輪といったところでしょうか。

両輪がしっかりとバランス良く回ることが重要でありそうです。

しかし、昨今この両輪とも正常に動作しきれていない女性をお見受けする機会が多くなったように思えます。

では、「お給料」と「楽しさ」を満たせば良いのでしょうか?

私たち銀座エージェントは「お給料」「楽しさ」とさらに「人脈」と「将来性」が重要であると考えています。

たしかに、収入が多いことで、生活水準は各段と上がるでしょう。

楽しければ、続けてゆくモチベーションにも繋がりやすいでしょう…。

少し収入が多くなることのメリットを挙げてみましょう。

収入が増えることで、日々の生活リズムに活気が沸き起こり、豊かさを実感できるでしょう。

食生活も変わるでしょうし、きっと休日の過ごし方も変わるでしょう。

成功されている女性に
よく聞くのはお洋服のセンスが変わることです。

考え方も変わるようです。
心が豊かになり、相手に余裕のある雰囲気を与えることができ、好感を持たれることに繋がるのだと思います。

ザッと挙げるとこんな感じです。

そこで
収入の高いお仕事を選ぶなら、銀座の高級クラブ以外にもさまざまあります。
ナイトワークなら都心以外にも繁華街はあります。

たとえば
貴女が類まれな高いIQを持っているなら、新技術を開発できる技術者のトップとして活躍できるかもしれません。

もしかすれば、大学教授にでもなり博士号を狙えるかもしれません。

一流企業の営業で高い成績を認められ、要職を任せられるかもしれません。

収入の多い仕事はたくさんありますし、世の中には、高い収入を期待できる分野はおおいにあるでしょう。

しかしチャンスは真に望む者に拓かれているように見えて、そもそもこれらの仕事に興味を持てなかった場合はどうするのでしょうか。

これらの仕事に楽しさを見出せることができなかった場合はどうでしょう。

OLさんであれば

  • 出社してPCとにらめっこするために生まれてきたことに疑問を持った女性もいます。

銀座の会員制高級クラブでの接客業は、「お給料」「楽しさ」と「人脈」「将来性」が得られる可能性が非常に高いのが特徴なのです。

むろん、ラクして手に入るほど単純なものではありません。

  • お金
  • 楽しさ
  • 人脈
  • 将来性

この4つは銀座の高級クラブで働く以外でもあるかもしれませんが、もし貴女が接客業が好きなら?

そして、類まれな魅力をお持ちなら?
さらに言えば貴女が20才代であれば?

銀座の一流有名会員制高級クラブで働くという選択肢が見えてくるでしょう。

たとえば
人脈を活用して、将来さまざまな可能性を実現する女性もいます。

1つたしかなことは、もし貴女が接客業を極めたいのなら、銀座の高級クラブでの接客業は、可能性に満ち溢れる職種と断言できます。

しかし、競争の世界ですから誰にでも等しく可能性が満ち溢れているわけではありません。
(このセリフは銀座エージェントをお知りの方はもうご存知ですよね)

人気商売と言われるだけあって、人気を示すことができなければお給料は上がることはないでしょうし、成績が悪ければ、社内等で隅に追いやられるのはどの業種にも同様のことが言えるでしょう。

貴女が、銀座の高級クラブで働くことこそが、
貴女の魅力を活かす価値があるかもしれません。

ナイトワークを始めたいならスタートはできるだけ早い時期が有利なのです。時期が遅いとお給料にも差があるばかりか、求められる仕事量、望まれる接客の品質も格段に上がります。20才代後半あたりから年齢的に人生の先輩としてみられてしまいます。

大切なのは「貴女の魅力」という資産の運用時期

少し、まわりくどい言い方をさせていただきますと

たとえば、サラリーマンが大学を卒業して平均月収20数万円で頑張って働いている一方、銀座の高級クラブに限らず20才代の新人ホステスさんが、月収60万円どころか100万円に近い収入があることも珍しくなかったりします。

これは一般サラリーマンと魅力ある新人ホステスさんの月収を比較してみたものです。

そして、こういう格差は銀座の高級クラブの中でも見られることです。

銀座の高級クラブの新人のウェーターさんが、月収26万円~30万円で働いている一方、やはり同様に20才代の新人ホステスさんが月収60万円どころか100万円に近い収入があることも珍しくなかったりします。

しかし、男性(女性オーナーもいます)であれば店舗オーナー及び、代表取締役ともなれば月収500万円ともなるかもしれません。

もしくはそれ以上も。
それ以下もあるでしょうが、共通して言えることは、とかくホステス職以外でこの高収入ポジションに到達するのに、ほとんどの場合長い年月を必要とするでしょうから、平均して40歳代~60歳頃ともなるかもしれません。

とりわけ、先に述べたこの20才代の新人ホステスさんの魅力が高いことは、なんとなくお察しいただけると思います。

ホステス職…
銀座の接客業のお給料の高さには本当に驚かされると思いませんか?

つまり、女性であれば、年齢が若ければ若いほど、とかく接客業に関して言えば、一般男性サラリーマンの月給を遥かに凌駕するお給料をいただける可能性が高いということを申し上げたいのです。

「そんなことは知っている」という声も聞こえてきそうですが、あえて伝えたいことは、この記事を読まれる頃、既に貴女の年齢が30才代であれば、少しガッカリさせてしまうかもしれないということです。

なぜなら数年前までは
30才代でナイトワークの経験がなくても銀座の高級クラブでは最適な年齢と考えられてきました。

しかし、昨今は銀座の高級クラブ業界の目覚しい人気によって、採用の基準で最適とされる年齢帯が少しずつ下がってきたことが挙げられるからです。

つまり「30才代が若い」という認識が崩れつつあるということです。

ですので、30才代がまだまだ若いという認識でいれば、思わぬ現実を突きつけられるかもしれないのです。

「銀座の高級クラブで高いお給料で働きたい」と思っている30才代の女性に、もっと早く読まれてほしかった…

と心から願うばかりなのです。

30才代でナイトワークが未経験。
銀座の高級クラブで働けるかどうか。
(厳密に言えば30代中盤)

と、問われれば
昨今なかなか採用されにくくなってきています。
とお答えしなければならない状況に心苦しい思いを馳せています。

ですので、貴女の年齢が今現在20才代だとして、その類まれな魅力を30才代まで大事に使わずに取っておこうと考えておられるならお止め願いたいのです。

万一その品質を長年保てたとしても、昨今の年齢事情のせいで厳しい風向きとなっています。
(さらに詳しい年齢に関することは後述致します)

もし貴女が20才代であれば、その魅力こそが貴女にとって資産となり、それは適切な時期に活用されるべきです。
そしてその適切な時期が今であると断言致します。

なによりも20才代でスタートされた方が断然働きやすいのです。

重ねて申しますが
「貴女の魅力」という資産の適切な活用時期こそが、20才代の前半~後半位迄です。

この年齢帯であれば、ナイトワークが未経験であっても

  • 働きやすいお店
  • 居心地良く働けるお店

といったご要望にお応えできます。

何度も言います。
「貴女の魅力」 という資産は

  • 適切な時期に(年齢)
  • 適切な場所で(銀座等の高級店)
  • 適切な方法で(希望条件や待遇面・お店のシステム)

運用されることが重要なのです。

むろん、その魅力を最大限に運用してゆくのは魅力の保持者。
つまりオーナーである貴女なのです。

確実に花開く運用場所の選定は銀座エージェントにお任せください。

ヘルプとして活用されやすい年代は、相手を魅了しやすい年代でもあります。年齢が高いとヘルプとして扱いにくいと思う人とそうでない人の意見がわかれています。

魅力こそが相手を魅了することができる装置

ここに2つの席があるとしましょう。
魅力溢れると感じさせられる男性が座っている席と、一切魅力を感じることのできない男性の席とでは、貴女はどちらの男性の席の隣に座りたいですか?

答えは明白です。

つまり、人は魅力を計る物差し(基準)を生まれたときから標準搭載されているのです。

これに異論を唱えられる人はいるでしょうか?

たとえば

  • なんとなく惹かれてしまう。
  • なんとなく忘れられない。
  • できれば、友達になりたい…。

こんな感情が芽生えるなら、標準搭載されている装置が正常に動作している証拠です。

つまり、銀座の高級クラブ、さまざまな高級店を含めてですが、世に中にある繁華街などにあるナイトワークを営んでいるお店で、人気のあるホステスさんに高額なお給料が支払われるのは、この原理にあるのです。

この魅了によって、一部のお客様は「行ってもいいかな」「なんとなく足を運んでもよいかな」という気持ちにさせられるとのことです。

ついでにハッキリ申し上げておきましょう。
この魅了によって(厳密に言えば魅了されることによって)、お客様は足を運ぶことに正当性を見出すことができるとのことです。

いわゆる、お店に足を運ぶことが最良であり正しいこと!
と思うのです。

これはもはや洗脳でしょうか?
いいえ、関連性がないとも言い切れませんが魅了によるものです。

むろん、銀座の高級クラブも含め、繁華街に通われる理由としては、「おもてなし」「しんらい」「きずな」などと言った人間関係に由来されたものであることは間違いないでしょうし、単純に「楽しい」「気分が良い」「酒が飲みたい」「仕事でしかたなく」といったこともあるでしょう。

しかし「おもてなし」「しんらい」「きずな」が理由で通われているのなら、はたして女性の魅力は必要ないと言えるのでしょうか?

ですが、それでも、そういった有名店には魅力のあふれる女性達が多く在籍していることは明白でもあります。

なぜでしょう?
これには、日本古来からの風習ともされる「建前社会」というのにヒントがありそうです。

詳しくは述べることは致しませんが
店内の景色に関係していることは確かと言えましょう。

古来より英雄は、女性の美にこだわるといいます。

つまり、先に英雄と申しましたが、実際男性は、女性を見る目に美の選り好みがあり、最も美を持つとされる女性に好みが偏るのです。

いわば、これらの女性を見る選定眼の物差しは、その男性が成功を重ねるごとに精度が高くなってゆく代物なのです。

これは女性にも同様のことが言えます。
慧眼を所有している銀座の高級クラブのオーナーママは、そのお客様がどれほど成功しているか、これから成功するのか、器の大きさを鋭く見抜くことができるからです。

ところで、これらの成功された英雄達が好む地域が銀座とも言えるでしょう。

日本の首都にある伝統格式ある銀座のほんの一角に、集中して営まれている会員制高級クラブなのです。

貴女が、もし銀座の会員制高級クラブに興味を持ちはじめたなら、それは必然であるかもしれません。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、貴女の魂がそれを望んだのでしょう。

であるならば、貴女は人を魅了するほどの魅力を兼ね備えているやもしれぬのです。

ヘルプとしての有用性に疑問を持たれると、お客様を呼んで売上げをつくっていただけないとお店は不利益と考えます。必要出勤数も厳格にされ、期待値による高額の日給査定は望めなくなるばかりか、ノルマ等の優遇も難しくなってきます。

銀座エージェントでさえ年齢という壁は越えることができない

銀座の高級クラブで働いていたのが20才代前半。

30才前半にさしかかり、再度、銀座で働こうと考えイザ面接など行動に移してみたものの、当時のようにお店からの歓迎ムードは一切なかった…。

こういったガッカリした気持ちを抱きながら吐露されている女性もおられるようです。

「過去とのギャップを感じることは女性にとって宿命ではあるまいか…。」
そんな想いを抱かずにはいられないと語ったエージェントもいます。

特に、銀座の繁華街も含め全国のナイトワーク業界全体に影響を与えた、2008年9月のリーマンショック(大手投資会社リーマン・ブラザーズが経営破たん)以降は、当時の採用基準と比較をすると、約2,5倍は厳しくなったのではないかと言う高級クラブ関係者の声も。

当時スタート日給50,000円で働くことのできる魅力を所有した女性が、現在では40,000円にしかならないことも。

これらは決して年齢だけではなく、日本の経済事情にも理由はありそうです。
それは時代の流れでもありましょう。

ところで、年齢は若ければ良いのかと問われれば決してそうではありません。

というのも、20才になった間もない時期だと、社会経験も浅く、一見大人としての落ち着いた容姿を備えていても、実際はまだ幼い気持ちや、幼い思考方法だったりすることもあります。

たとえば、お客様に対する会話の引き出しが少ないことで、会話に幅がなく、ベテランホステスさんに手助けしてもらわないと仕事が成り立たないこともあります。

ですので、年齢は決して若ければ良い訳ではありません。

ただ、若い時期から経験を積める環境にあって、既に大人じみた女性もいることはいます。

ですが、不思議とそこは、お客様やベテランホステスさんに年齢相応としての振る舞いを望まれることも多く、いまの年齢よりも高い年齢の振る舞いをしていると、無理に背伸びをしていることで、なにかと勘違いされやすいこともあります。

中には、変に大人じみて可愛くないと言われることもあると聞いています。

特に銀座の高級クラブでは、20才という年齢は「若くて可愛いんだけど」というもやもやした時期を過ごすかもしれません。

ですが、この時期にこういった、ちょっと辛い時期を乗り越えておくと、いろんなことを乗り越える方法を身につける機会に恵まれ、のちのちこの経験が大きく活きることになります。

乗り越える方法を知り、実践できる力を身につけることこそが、人生の最大の財産だとは思いませんか?

つまり、20才は試練の連続ですが、信頼されれば可愛がられて楽しく仕事ができる時期でもあります。
ただし有頂天になり天狗になるのは禁物です。
必ず容赦ない災いに恵まれる確率が大です。

「元気さ=魅力」に関連しています。つまり体力が年齢とともに低下してゆきます。タフさも要求される業界です。

しかし、22才~26才ともなれば、多少社会経験が積まれた年代だけあって、仕事にも安定感が見られるようになるのではないでしょうか。

外見の大人らしさ、女性らしさと、内面の精神性とがシンクロし始めてゆく年齢帯でもあります。

つまり全ての自分が一心同体となり、大きな存在感を相手に感じさせてことができるようになります。

20歳代後半~30才代ともなるとベテランさんとして見られるようになります。

そして、しっかりとした出勤日数を望まれることになります。

つまり、

  • 望まれる仕事量が20才代前半の新人さんよりも格段と多くなるのです。

この年齢帯でお客様を抱えていないと、かなり苦労することになりそうです。

というのも、この年齢帯は先輩格としての風格を備えている人も多いことも理由にあるからです。

この風格や風貌の理由は、これまで積んでこられた人生経験が挙げられるでしょう。

これまでのさまざまな成功体験や、さまざまな障害を乗り越えてきた自負心やプライドもあり、大人の女性としての貫禄を帯びてくることも一因でしょう。

だからこそ、ナイトワーク業界では、その貫禄が既に多くのお客様を抱えているような雰囲気と錯覚され、なのにお客様を抱えらていないことで、ちぐはぐした印象のギャップを生じさせることに繋がるのです。

この年齢帯から銀座の高級クラブで新人さんとして働くことをスタートするからには、一から働く気持ちを持つことが優先されるでしょう。

辛めに言わせてもらえば、これまでに勤めてきた会社や業種での成功体験や、培ったプライドや、誇り、学歴、職歴を役に立たせられないかもしれません。

これは貴女にとってとても辛く感じるかもしれません。

ですが、初心の気持ちで立ち振る舞えば必ず奇跡を起こせるはずです。

自然と周囲が優しく迎え入れてくれるようになるのです。

貴女ならできるはずです。

この年齢の壁は私たち銀座エージェントであってもどうすることができないものです。

貴女が乗り越えるしかありません。

たとえば22才からナイトワークを始めた女性が、よちよち歩きの新人期間を越え、5年間をしっかりと働いた結果、お金は必ずついてきます。そればかりかベテランホステスとして安泰と呼べるポジションで不動の地位をすごすことになります。これはお客様との信頼作りにも大きく影響します。つまり不動の信頼関係は「友好関係×期間=信頼関係」を計算が成り立ちます。

あとがき

私たち銀座エージェントは、長年銀座の各高級店(一流有名高級クラブ)へ一線級の女性をご紹介してまいりました。

それは、さまざまな想いを抱きながら、お越しになる女性の皆様のご要望に応えてゆく活動でもあるのです。

たとえば、私たちは

  • Aさんが思い描く理想のお給料にどうすれば近づけることができるのかを考えること。
  • Bさんのご要望である精神的に負担の少ない労働環境がどのお店であるのかを考えること。
  • Cさんが目指している、売上げ500万円に向けて、どのお店が現実的な着地点となり得るのかを示せること。
  • Dさんが抱えているお客様達に適切とされる接客レベルを兼ね備えている高級クラブとの縁をつくること。
  • Eさんが、考えている理想のヘルプの女性が多数在籍しているお店への紹介
  • Fさんが、銀座の高級クラブで働くことができるようなプロセスを含めたプランを提案できること。
  • Gさんが、活躍できるお店をアドバイスをできること。

などでもあります。

一方お店側の利益を考えてゆくことも
私たち銀座エージェントの活動の1つです。

たとえば

  • お店側が考える理想のホステス像にマッチした女性をお店にエスコートできること。

実際、理想とされるホステスさんはお店によって多岐に渡るものです。

こういった活動経験の中から

  • 私たちなら可能なこと。
  • 私たちでも不可能なこと。

この2つの線引きを、ある程度定めています。

むろん、どんなことにも可能か不可能かを、瞬時に決めつけてばかりもいられません。

特に年齢だけでは全く判断できないことが多々ありますゆえ、35才くらい迄でしたら可能性があるものと認識しています。

しかるべくチャレンジしてゆく精神(スピリッツ)は持ち合わせなければなりません。

これからも銀座エージェントは時代の潮流を見抜き、最善を尽くせるよう尽力したいと考えています。