銀座の高級クラブを引退したけど、復帰した!

銀座高級クラブを引退!復帰!卒業!辞めた後の体験談

要約・どんな内容?何を伝えたいの?

ナイトワークを引退した女性が、様々な理由で復帰を考えるケースが多いです。復帰には戸惑いや不安が伴いますが、銀座の高級クラブは、充実した職場環境を提供し、成功への道をサポートします。名刺や連絡先を大切に保管し、お客様との関係を維持することが重要です。また、復帰を考えるなら20代のうちに戻ることが望ましいです。30代では採用基準が厳しくなり、若い頃のような待遇を期待するのは難しいため、早めの復帰が推奨されます。銀座エージェントは、復帰を目指す女性を全力でサポートします。

意外と多い!引退してやむなく復帰!

ナイトワークから確実に引退したはずが・・・

意外と多いのですが、ナイトワークからの引退後、やむを得ず再び職場に戻る女性が少なくありません。しかし、完全に辞めた後も、上手く復帰できる方もいますが、復帰後にすぐにまた辞めてしまう方もいるのです。

ママや、スタッフ。お客様にも、しっかりと別れの挨拶をした手前、どうにも復帰しにくいと思っていたり。しかし様々な諸事情によって、復帰しなくてはならなくなった女性の方は意外と多いようです!

復帰する際には戸惑いや葛藤、不安を感じることも少なくありません。

銀座エージェントには数年前に引退はしたが復帰したい!という女性の方の相談も数多く寄せられています。

もし復帰を考えているなら、銀座の高級クラブで充実した職場環境を提供できることをお勧めします。

名刺は捨てずにとっておく

名刺は捨てずにとっておくべきです。「一期一会」という言葉があるように、名刺との別れも自然の一部かもしれません。過去のことを振り返っても始まりません。大切なのは、決めたら行動に移すことです。

水商売の引退は、楽しく充実した仕事をしてきた女性にとっては、未練を残さずに清々しくお別れすることが多いです。Rさんもそういった女性の1人だったわけです。

復帰の理由はさまざまな諸事情ですが、以前のお客様の名刺がなくても、また一から頑張ればよいのです。ただし、一からと言っても、実際にはスキルが多少鈍っているかもしれません。

ですので勘を取り戻すことであの頃のようにまた活躍できるようになるはずです。Rさんのように未だ27才という若さだからこそ気軽には復帰できるはずです。

お客様がいない状態での再入店を「ゼロヘルスタート(0ヘルプ)」と呼びますが、明るく元気に接客すれば、必ず名刺は増えていくでしょう。じっくりと努力を重ねていただきたいと思います。

名刺ファイルは
捨てずに保管

ウインクしている女性
AGENT

銀座で知り合ったお客様や、築いてきた人間関係は、貴女の人生の中でそのまま大切な人脈になるケースが非常に高く、貴女が人生経験を積むことで過去に形成された人脈の中に貴女自身がなんらかの形で貢献できることもあります。今後のビジネスや、貴女が困ったことがあった場合、頼れるエキスパートになることも少なくはないはずです。

酒場で知り合った人だからと言ってそれまで築いてきた人間関係や出会いのきっかけを簡単にフイにしてしまっては銀座で働いた意味がなくなってしまいます。銀座は特別な社交場なのですから。名刺はイザというときの為に大切に保管しておくことをお奨め致します。

連絡は取っておく


ほとんどの場合、女性がナイトワークから引退するとき、将来的に復帰することを前提にしているわけではありません。

銀座の高級クラブから離れることで、お客様との関係も自然と疎遠になりがちですが、その点についてはお客様も理解を示してくれるでしょう。

例えば、某有名広告代理店に奇跡的に採用されたKさんは、銀座の高級クラブを引退しました。しかし、数年後には社会の仕組みや社内のシステムが明確に理解できるようになり、それまでの人生の目標と現在の仕事との間に微妙なズレが生じ、将来的にはそのズレが大きくなると予見し、5年間勤めた会社を退職しました。

何事も、綺麗な要素しか見えないうちは気持ちよく働けるものですが、ネガティブな要素が見え始めると、今までの努力が無駄に思えてくることもあります。Kさんはそのような気持ちを素直に打ち明けてくれました。

しかし、どんな経験も、そこから得た力や知識は今後のために自分のものとして活用すべきです。先のことはある程度は予想できても実際は予想外のことも多いはずですので前向きに乗り越えてきたことでどんなことにも柔軟に対応できるはです。

だからこそ、リセットして一から努力する価値はあると思います。一から頑張ってみられてはと思うのです。

その後、Kさんは「5年前によくしてくれたお客様と偶然、並木通りで再会しました。懐かしさからカフェで盛り上がり、そのまま一緒に過ごしたんです」と話してくれました。持っている女性は、偶然をもチャンスに変える力を持っています。

イザというときに
連絡するかも!と伝えておけば?

美意識高めな女性
AGENT

銀座の高級クラブに限ったことではありませんがお客様はお客様としての立場を理解しているものです。
ホステスさんが当初は仕事の一環としてどのような言葉や態度を以てしても来客等を目的として些細な営業をかけてきている事実をお客さんは知っています。

ナイトワークを引退したからといって急にお客様達に連絡をしなくなればお客様達もハッと目が覚めてしまうでしょう。

当然貴女の人間性を判断される瞬間となります。それまでになんら連絡をしていなかったのに貴女がイザ復帰したからといって連絡をしたとしても都合よく足を運んでくれることはほぼないでしょう。ですから、できれば知り合ったお客様の仕事がどのようなものかを把握し、どのようなことに社会的に貢献しているのかを日頃から学んでおくべきでしょう。

そうすればきっと仕事の話題を通じて酒場を越えた社会的な人間関係を築いてゆけるはずです。
それこそが人脈であり銀座高級クラブで働く醍醐味なのですから。「おまえ、かわいいやつだな。
しっかり連絡してくれるもんな」となるはずです。

可愛いドレスは保管しておく

引退してから復帰する期間にもよりますが、お洋服は最新モデルのものを着られた方が働いていてすこぶる気分は良いと思います。

ですから全て廃棄して正解だと思います。

高級素材で作られたドレスや洋服は長持ちするため、一概に廃棄をおすすめするわけではありません。もちろん捨てないで大切に取っておく女性にとってはそれも正解です。

新しい洋服を揃えることは確かに経費がかかりますが、これを単なる経費と考えず、未来への投資として捉えることが大切です。素敵な洋服は、まるで鎧のようにあなたを守ってくれます。

引退時には、多くの女性が店内で使用していたヒールやドレスを処分することが一般的です。これは、完全に「卒業」したいという心境から来るものです。

ですが、Yさんが言うように、当時の選択が正しかったとしても、今は新しい一歩を踏み出す時です。

ちなみに銀座には、品質が良くてもリーズナブルなレンタルドレス店が数多く存在します。さまざまなサイズに対応していて17時半すぎあたりから働く女性達で賑わっています。

店内で着るお洋服はなにも金額が高ければ良いというわけでもありません。

店内で着る服は、必ずしも高価である必要はありませんが、高級感を感じさせるものであるべきです。お客様にさわやかな印象を与えることができる服を選ぶことが、正解となります。

ひとまずお洋服類は
譲らず取っておかれては?

少し向井理に似てる男性
AGENT

銀座の高級クラブ全般になりますと店内には貸衣装等はありません。働いているみなさんはそれぞれ自前でコーディネートしています。

クラブで通用するお洋服の少ない女性達からしてみれば銀座の高級クラブで働くのはそれだけハードルも高くなりますが是非とも創意工夫で挑まれてほしいものです。

ナイトワークを引退する場合は戦闘服ともよべるお洋服(衣装)とは潔くお別れとなることが多いと思いますが主力となった戦闘力の高いメインのお洋服なんかは良い思い出として大切に保管していただくのもアリだと思います。イザというときに思い出以上の働きをしてくれるかもしれませんから。

20代のうちに戻る

ナイトワーク全般を含め銀座の高級クラブで働くのなら20代をお奨めしています。なぜならおおよそ30代からの新規採用や復帰は、一般的に厳しい採用基準に直面するからです。

37才Oさんも数組のお客様と繋がっていたおかげも手伝い高級クラブに復帰となりましたが20代の頃とは違い厳しい緊張感の毎日とのことでした。復帰初期は、お客様を呼べないと席に着く機会も限られ、心持ちの良くない日々を過ごしていたそうです。

30代での復帰は、特に周囲に20代の若い女性が多いため、何かと気を遣う必要があるとOさんは真剣に話してくれました。

銀座エージェントでは30代中頃からは極力復帰はお奨めしてはいません。なぜなら一度引退したからには二度と戻るべきではないと考えるからです。

フリダシとまでは言いません。しかし辞めたときの決意は正しかったはずですので・・・。

もし30代で復帰する場合は、辛口ですが、一から頑張る覚悟で取り組むべきだと考えています。Oさんはその覚悟を決めて復帰し、現在は徐々に活躍の場が増えているとのことで、大変嬉しく思います。

Oさんは覚悟を決めて復帰され現在少しづつ活躍の席が増えてきたとお便りがあり大変嬉しく思っています。

復帰するなら
お早めに

メガネをかけている女性
AGENT

若い頃は若さだけで簡単に成立したお仕事も年齢を経てゆくにしたがい難しい仕事になってくる・・・
こういったことはどの仕事にも共通するものではありますが、とにかくナイトワーク関連は顕著にその差が明白となるようです。できれば復帰は早い方がよいと考えます。遅いのなら・・・復帰はしないほうが。

20代の頃の成果のあげやすさと30代の成果のあげにくさはご自身で体験するべきではありません。なぜなら30代からは仕事の質、性質そのものの変革を求められるため20代の頃のヘルプとしての下積みがあって成されることがほとんどだからです。その下積みを経て30代になりさらに20代よりも活躍できる要因となる側面が現在銀座の高級クラブで活躍している30代後半以上の女性達に見られます。

上手にダブルワーク

好きな仕事をしながら、生活してゆけるのが理想ですが実際の経済社会というものはそう単純ではないようです。

例えば、Uさんは昼職の部署変更により勤務環境と時間が大幅に変わり、ナイトワークができなくなりました。この変化を機に、彼は銀座の高級クラブを引退しました。

それが間違っているとも言えない状況です。Uさんはそのような感覚を持ちつつ、現在は昼職と銀座の高級クラブの間でバランス良く仕事をしています。

Uさんのケースから学ぶべき点は多いと言えるでしょう。

お昼のお仕事の1本化は
収入が安定してから

少し向井理に似てる男性
AGENT

若い頃は若さだけで簡単に成立したお仕事も年齢を経てゆくにしたがい難しい仕事になってくる・・・
こういったことはどの仕事にも共通するものではありますが、とにかくナイトワーク関連は顕著にその差が明白となるようです。できれば復帰は早い方がよいと考えます。遅いのなら・・・復帰はしないほうが。

20代の頃の成果のあげやすさと30代の成果のあげにくさはご自身で体験するべきではありません。なぜなら30代からは仕事の質、性質そのものの変革を求められるため20代の頃のヘルプとしての下積みがあって成されることがほとんどだからです。

その下積みを経て30代になりさらに20代よりも活躍できる要因となる側面が現在銀座の高級クラブで活躍している30代後半以上の女性達に見られます。

当時の待遇とはなりません

時代は常に流れゆく・・・あたりまえのことではありますが銀座という街も刻一刻と変わってきています。かつて繁盛していた多くのクラブが閉店し、伝統を守る店もあれば新しいクラブも誕生しています。

当時20歳の頃に1年間だけ銀座の高級クラブで働いていたMさんは学生だったこともありノルマや成績関連のことについてはお店から提示されたことは一切なかったという。

当時の担当スタッフの口癖は「出勤してくれればいいよ」というリラックスしたものだったと言います。
しかし、6年後の27歳で同じクラブに復帰した際、Mさんは銀座の厳しい現実に改めて気付かされました。

しかしよくよく考えてみてほしい・・・。当時20才のMさんが働いていた時代の27才の女性はやはり銀座に厳しい側面があることを理解していたのではなかろうか。

銀座のクラブは年齢と共に対応が変わるようで、同じ時代に20歳だった女性たちもおそらくは、より厳しい扱いを受けているかもしれません。

現在銀座の街全体が多少さまざまな事情が変わっている要素はあるにせよ、一番変わった要素はやはり自分自身です。

復帰を考える女性にとって、この現実は重要な学びです。20歳の時のような厚遇を期待するのではなく、変化した環境に適応し、新たな立場での挑戦を受け入れる心構えが必要です。

復帰をする女性の方には是非知っておいてもらいたいと願います。

年齢が大きく影響してくる
業界なのでお早めに

AGENT

ナイトワーク全般を含め銀座の高級クラブで働いていたとしても引退という卒業は必ずやってきます。それは近いかもしれませんし遠いかもしれません。

それは貴女が引退をしたくなくとも避けられないものです。であるならば、その限りある期間を楽しんでいただきたい!と銀座エージェントは願います。

もちろんホステスから売上者へ。売上者から責任者へ。責任者からオーナーへ。それぞれポジションを上昇変革しながら過ごされている女性の方々もおられます。貴女がどう選ぶのかはやはり貴女次第となります。

TOP