銀座の高級クラブの面接でお給料の金額がどのように決定するのか徹底考察

銀座の高級クラブの面接でお給料の金額がどのように決定するのか徹底考察
PR

高いお給料、平均的なお給料、低いお給料

数年前、お給料は高ければ高いほど良い!
この考え方は誠に正義であり、長い間あたりまえとされてきました。

しかし昨今、事情は様変わりしてきたのです。

わかりやすく説明致しますと

  • 数年前は日給40,000円で4回の同伴を望まれる
  • 昨今は日給40,000円で6回の同伴を望まれる

これはあくまでも例です。

つまり、昨今はその日給金額によって求められる仕事量が増加したということです。

ですので
高すぎるお給料のせいで、大変な思いをしている女性もおられるようです。

そこで、昨今の事情を考慮して
あえて少し控えめなお給料にすることで、自分の今の実力で気持ち軽く働けている女性もおられます。

どちらが正しいのかは、ご本人達に決めてもらうしかありません。

一見高いお給料は嬉しいですし、仕事のヤル気を高めてくれることは確かです。

しかし自分の能力以上の仕事を求められた場合はどうなるでしょうか?

そして、大きく期待をかけられて平均よりも高い日給を提示されたらどうでしょう?

その日給金額は貴女にとって嬉しい金額であるかもしれません。

しかしその期待に応えられなかったらどうでしょう?

そして応えられない自分に引け目に感じてしまう自分がいるのではないでしょうか。

一方、低いお給料であればモチベーション高く仕事に励めないかもしれません。

ですが、ゆっくりと成長をしながら働くことができるかもしれないのです。

自分の求めている職場環境を手に入れることができないことで、時間の無駄遣いをするのではなく

自分に合った職場環境を見定めることはとても大切になってきます。
適切なお給料で心身ともに良好な状態で働くことで、心の余裕を保ち良質な仕事へと繋げられる女性がいるのです。

貴女はいかがでしょうか?

高いお給料からスタート

銀座の高級クラブ・高いお給料

S美さんのポジティブなケース

  • 在籍期間 1年以上
  • 同伴回数 月間6~8回
  • 出勤数 月間16日
  • 抱えているお客様の組数 2組
  • アフター頻度 週2~3
  • お給料 日給42,000円

お給料は高ければ高いほど良いし、高いにこしたことはないと思います。
私は何よりもお給料が高いお店で働きたいです。
仕事はある程度、これくらいやっておけば大丈夫というのはなんとなくわかるので、そのくらいはやっています。

Y香さんのネガティブなケース

  • 在籍期間 6ヶ月
  • 同伴回数 月間1~3回
  • 出勤数 月間12日
  • 抱えているお客様の組数 0組
  • アフター頻度 週0
  • お給料 日給45,000円

以前、比較してたお店の中でお給料が一番良かったお店で働きましたが、1ヶ月でお給料が下がってしまいました。
後から考えれば、あの金額は自分には高すぎるお給料だったと思いました。出勤調整もされているホステスさんもいるようで不安です。

エージェントから一言

少し向井理に似てる男性
AGENT
相場と考えられているお給料の金額よりも高いお給料で働ければ、嬉しく思うのは当然でしょう。
大きなモチベーションも得られますし、仕事のヤル気を促進してくれるはずです。
しかし、そのお店の営業方針、営業風土、お客様の層、働いているホステスさんのタイプ傾向、自分のタイプ等に合わなければ、そのお店で自分を活かしきれずしてお店を去らなければならないことも。
お給料が高いことで毎日のアフターが必須であったり、同伴ノルマに厳格だったりと、自分自身に適切に合う仕事のポテンシャルを知らなければ、どんなにお給料が高くても大変な思いをしてしまうことも。

密かに蓄えていた自信も消滅してしまうかもしれません。
お給料が良すぎるのもどうでしょう?

平均的なお給料からスタート

銀座の高級クラブ・平均的なお給料

H恵さんのポジティブなケース

  • 在籍期間 1年以上
  • 同伴回数 月間3~5回
  • 出勤数 月間20日
  • 抱えているお客様の組数 0組
  • アフター頻度 週1~3
  • お給料 日給33,000円

OLをやっていたときよりもお給料は良いですし、水商売の経験もほとんどなく、このお給料で働けるのは正直とてもありがたいです。

今のところ特に不満もなく働けています。

同伴のノルマももちろんあります。
できない月もありましたがペナルティを引かれたことはありません。
いつも担当のスタッフさんに優しく励まされてるお陰もあって、頑張れてるんだなあと思います。

E佳さんのネガティブなケース

  • 在籍期間 6ヶ月以上
  • 同伴回数 月間4回
  • 出勤数 月間12日
  • 抱えているお客様の組数 1組
  • アフター頻度 週1~2
  • お給料 日給30,000円

当初、お給料が良いと思って働き始めたのですが、後からもっとお給料の高いホステスさんがいることを知り、少し考えてしまいました。

働きやすいと思うし、これといって不満もないのですが、なんだかしっくりこなくて、もっと上のお店で働きたいと思いはじめました。

エージェントから一言

エージェント
AGENT
平均的なお給料で働く方が比較的、心身のプレッシャーを感じずに働くことができるはずです。
もちろん、仕事は日々の切磋琢磨が欠かすことはできないのですが、経験が浅いうちはゆとりを感じながら働くことはとても大切です。
ある程度仕事に慣れてくれば、少しずつ自分にプレッシャーを与えてみるのは効果があるかもしれません。

成長を急かされる職場環境は刺激的でもありますが、個人個人によって向き不向きはあるでしょう。

低いお給料からスタート

銀座の高級クラブ・低いお給料

H恵さんのポジティブなケース

  • 在籍期間 2年以上
  • 同伴回数 月間2回程度
  • 出勤数 月間16日
  • 抱えているお客様の組数 3組
  • アフター頻度 週2程度
  • お給料 日給28,000円

ユルいお店、ラクなお店、気楽に働ける高級クラブを探していました。
その条件だと多少お給料が低くなると言われていましたが、「たしかに」と納得して働き始めました。

結果は良かったと思っています。
厳しいことを言われずにぬくぬく働ける環境が私には合っています。

M紀さんのネガティブなケース

  • 在籍期間 3ヶ月以上
  • 同伴回数 月間6~8回程度
  • 出勤数 月間20日
  • 抱えているお客様の組数 6組
  • アフター頻度 週3~4程度
  • お給料 日給30,000円

ナイトワークの経験が浅かったということもあり、比較的初心者向けの高級クラブからスタートすることにしました。

入って2ヶ月も経たないうちに、同伴もこなせるようになったり、明らかに私の営業によって来店してくださったお客様達も増えたような気がしました。

仕事を難しく考えて、あえて優しいお店を選びましたが、こんなに簡単な仕事なら最初からもう少しグレードの高いクラブで働いても良かったのかなあと思っています。

エージェントからの一言

美意識高めな女性
AGENT
自分のことを過小評価していたりする女性は、希望するお給料の金額が低いことが多々ございます。
私たち銀座エージェントでは、向き不向き、その本人の個性や、お人柄を含め総合的なポテンシャルを知ることができます。

銀座エージェントは、最適なお店、最適なお給料を算出、万全の状態でお仕事をしていただくよう努めさせていただいています。

銀座のお給料形態

5大要素で採用がどうかが決定され、おおよそのお給料の金額が決まります

面接での印象と面接官が抱く安心感の傾向でお給料の金額が上下することがあります。
お給料の金額が決まる判断方法として挙げられるのは多岐にわたります。

実はさらに詳しい要素もありますが、今回は大きくわけて5つの要素になります。

PR

出勤数(週3以上)

出勤数は多ければ多いほど、その仕事に対するヤル気を示せることに繋がります。

昨今週2日の出勤希望は認められにくい状況が続いています。

ほとんどの高級店が週3出勤はマストになりつつあり、仮に週3日出勤でも採用見合わせは多々あります。

週3日であっても採用に到らないことがある理由の1つは、

・かけもち、ダブルワークによって夜のお仕事に支障をきたすのではないか

・夜のお仕事にあまり力を入れてくれないのではないか

・仕事が終わる定時が遅く、イザ同伴をお願いする場合、時間の確保が難しいのではないか

・本業が急がしそうでシフトを守れないのではないか

と思われる可能性があります。

銀座の高級クラブの面接でお給料の金額がどのように決定するのか徹底考察

売上げ(お客様の組数、人数、予想できる売上げ金額)

売上げがどのくらいありそうかどうか等を考慮され、おおよその売上げ見込みによってお給料の金額が設定される場合があります。

また、売上げの見込みがある場合で、最初から高いお給料で働き始めたい場合は、【打ち込み】といって、
予めつくれる売上げをノルマとして課すことで、通常よりも高い日給でスタートできます。

しかし近年は、採用時にお店の方から【打ち込み】をしてもらえるのなら希望日給で採用しますと提案されることが多いようです。

つまり、本当に売上げが作れるのなら、売上げができることを前提でお給料のお話を進めましょう!
となるのです。

たとえば

通常40000円スタートを

打ち込み小計20万円で45000円スタートとすることができる場合もあります。

その代わりリスクもあります。

達成できないと小計10万円につき4000円が引かれてしまいます。
つまり、20万円達成できなければ8000円が引かれてしまうのです。

こういうお給料設定を好む女性は、ストイックにプレッシャーを与えたい女性の場合に限るでしょう。
最近ではあまり見かけることはできません。

自信がなければ、打ち込みゼロスタートを希望するでしょう。

この自信があるかないかの動向を見ることで、面接官は「本当にお客様がいるかどうか」を鋭く見抜こうとしてくる場合もあります。

ところで、打ち込みゼロスタートの場合は

通常38000円のゼロスタート
この場合は、小計10万円の売上げをつくることで、翌月の日給の38000円に2000円が加算されます。
つまり、小計50万円を達成すれば、38000円+10000円となり、仮に20日出勤であれば
48000円×20日出勤=960,000円となります。

38000円の場合と比較すると

38000円×20日出勤=760,000円となります。

200000円アップする計算となります。

入店時にほとんどの面接官が訊く「売上げはありますか?」

それは

「貴女はどうやってお店の売上げに貢献しますか?」

の問いかけと同等とも言えるのです。

PR

容姿&年齢(ルックス)

特に売上げがない=ゼロヘルプと呼ばれるホステスさんはフェイス、スタイル、年齢の基本3原則をクリアすることは最低限必須となります。

身長は低すぎても、高すぎてもNGとなることもあります。

なによりもバランスということでしょうか。

また、最近はインスタなどの影響もあって、外国人の容姿スタイルの美しさが注目されています。

こういった外人体型とも言える美に対する基準が世間でもスタンダード化しており、日本人女性の美しさの標準が高くなったことも挙げられます。

頭部が小さい、小顔であることが美しいバランスとして定着し始めたようです。

年齢は20代が良いとされてはいますが、若すぎれば良いというわけでもなかったりします。

20才だと、社会経験が少ないということもあり、高級クラブでは22歳あたりからが、優れた仕事ができるようになるとも言われています。

また、34才くらいがお客様ゼロのヘルプとしての採用が限界とも言われており、加えて言えば、若々しルックスを持ち合わせていないと採用は

見送られることとなりそうです。

なお、以前は多少ぽっちゃり体型も採用されていた傾向にありましたが、近年ではスリムな体型はマストとなりました。

お給料の金額がどのように決定するの?

ヘルプ性(クラブ等の接客業の総合的な経験に基づく)

「この女性ならどのお客様の席に付いても歓迎されるだろう」

と判断されることが大切です。

つまり、誰からも好かれるだろうとされるお人柄を有している。
加えて言えばルックスも兼ね備えた魅力的な女性となります。

気配りができ、話上手に、聞き上手。
おもてなしができる品格と教養が備わり、明るい笑顔の持ち主。

これでもまだ100点には遠く及ばずの場合も。

PR

期待値

「面接ではよくあるある」で面接官との意気投合。

気が合い、お給料アップというのは都市伝説とかではなく本当にあるお話になります。

また、頑張る意欲を感じさせたり、経験が浅くてもヤル気を買われ採用に到ったりもします。

明るくて前向きな性格だと判断され、通常の日給よりも高めに提示されたりと様々です。

ただしリスクもあります。

大きく期待されていたお陰でお給料が良かったものの、イザ数日働くのを細かく観察され、

  • 思ってたよりも仕事ができない
  • 面接や体験入店時に思ってたのと異なり、お客様からの反応が薄かった
  • 上品だと思っていたのに違った
  • 仕事に積極的な女性だった思って採用したのに違った

などなど

期待ハズレと判断されるケースも多発しています。

大きく期待していたものの、外れたときのショックは大きく、期待通りの働きが感じられなければ最悪の場合、お給料が下がるということもあ

るといいます。

期待されるのはほどほどに?

銀座の高級クラブの面接でお給料の金額がどのように決定するのか徹底考察

面接官が懸念する可能性の高い移籍

銀座の高級クラブの採用を担当する面接官はいくつかの役目にわかれています。

面接は可能だが、採用決定権を持っていない面接官

面接に来る女性の受付を済ませ、最低限の条件を満たす女性であると判断できれば、体験入店日を決めて面接終了。

面接は可能で、同時に採用決定権も持っている面接官

面接に来る女性の面接から採用までの全てを一貫しておこなうことのできる面接官

体験入店を店舗オーナーや、ママが詳しくチェックして、判断する場合も多々あります。

移籍の場合でよくありがちな懸念事項4点をご紹介致します。

PR

既に銀座の高級クラブで働いている場合の移籍

面接官側からすれば、高級クラブでの接客業の質については何ら問題がないだろうと判断される傾向になります。

ただし、クラブでの在籍期間が極端に短いと、しっかりと仕事ができるのか不安視されることもあります。

加えて、移籍をした際に、お店に連いてきてくださるお客様の人数、組数も明確にできることも大切な要素です。

在籍期間が比較的短いと、想定していた組数のお客様が本当に来店するのか不安視されることもあります。

一般的に1つの店舗に1年~3年以上の在籍期間を務めあげて退店移籍となる流れが、最もお客様も付いてきてくださる確率が高いと判断されるようです。

つまり、自己申告で、「お客様がいるのでお給料を高くしてください」という言葉に正当性があるかどうかを鋭く分析されることがあるということです。

在籍期間は重要です。
在籍期間も、移籍後にどの程度のお客様が来店するかを仮説を立てる面接官もいるほどです。
比較的短期間でお店を移る場合、場合によっては戦力として心許ないと判断されることもあるのです。
PR

「お店を辞めてお店を移りたい」なぜ辞めたのかを詳しく聞かれることもあります。

  • トラブルがあって辞めたのかどうか
  • お客様とのトラブル
  • 同僚のホステスさんとのトラブル
  • 円満に退店をしたのかどうか
  • 解雇されたのかどうか
  • 出勤調整対象者となったかどうか
  • お店の方針に従うことができない人であったかどうか
  • 問題のある女性であるかどうか
  • お店のルールを厳守できるかどうか
  • 勤怠に問題はなかったかどうか ※遅刻しがち・休みがち

短期間の在籍で、上記の理由に該当した場合は、高級クラブで働くことが向いていないこともあるようです。

PR

ニュークラブ・キャバクラからの移籍の問題点

ニュークラブやキャバクラでの接客は1対1の接客になりがちで、一般的な会員制高級クラブのように複数人数同士の接客経験がない女性もいます。

例えばニュークラブやキャバクラではお客様5人で来店した場合、女性が5名席に座り、1対1の接客となることがほとんどです。

一方、会員制高級クラブの接客は、5名様で来店して場合、この5名同士で会話が盛り上がることがほとんどで、
1対1で話すタイミングは限られることが多いでしょう。

皆で共通の話題をワイワイ話を盛り上がることに慣れていない女性や、
こういった接客スタイルに苦手意識を持っている女性だと、接客評価が低く判断される傾向となるでしょう。

面接では合格したけれど、体験入店で低評価だった典型的なパターンでもあります。

また、お客様への営業方法も、お客様に上からの目線でアイドル営業をしていた女性だと、

銀座の会員制高級クラブに来店しているお客様お傾向では難易度が高いと感じ、接客中に会話が弾まないことも多いようです。

また、銀座などの会員制高級クラブのお客様はほとんどがママや、係りのお姉さんが担当していることがほとんどなので、粗相があったり、クレームに繋がることをタブーとされています。

そのため強気な姿勢での接客をすることができなく、ニュークラブや、キャバクラで培ってきた持ち味を活かせないことも多々あります。

キャバクラでならした接客スタイルが銀座では通用しない!?
キャバクラやニュークラブでは通用した、強気な姿勢の営業(一部ではオラオラ営業とよばれている?)も銀座の会員制高級クラブでは歓迎されないからです。
PR

ニュークラブ、キャバクラからの移籍によくありがちなお給料設定

たとえばこういう事例がありました。

  • 移籍元で働いていたお店の時給が15,000円。

銀座の会員制高級クラブで働くので、4時間の時給として計算で、60,000円からスタートしたい。

「私は以前のお店を辞める際は時給15,000円でした。ですので時給15,000円から宜しくお願いします」

いくらなんでも、これは銀座のクラブでは通用しないことがほとんどです。

移籍元であるお店でのこの時給は、既に成績のスライドによって評価後に成された時給であるはずです。

ですので、これは以前働いていたお店の評価に照らし合わされた時給です。

それなら、今回お店を移籍するわけですから、その移籍先でお客様に来店してもらい売上げを築き正当な評価基準でお給料を上げてください。

ということになります。

その売上げによって正当に評価され、相応のお給料に落ち着くはずです。

むろん

  • 出勤数
  • ルックス
  • 期待値

の評価内容も日給金額がいくらになるかが影響してきます。

PR

歌舞伎町のクラブと銀座の高級クラブは似ていても実は異なり、クラブの経験としてカウントされにくい。

過去にこんなご依頼が

  • 歌舞伎町のクラブで働いていました。
  • 歌舞伎町のクラブの派遣の経験があります。

「ですのでクラブでの経験はあります。」

という女性もおられます。

しかし厳密に言えば、

歌舞伎町のクラブと、銀座のクラブは係り制であることは共通しているとしても、おおよそは異なっています。

  • 来店されるお客様の層
  • システム
  • スタッフの仕事の種類

銀座の高級クラブにほとんど共通しているのは、六本木の高級クラブと、一部の地方の有名高級クラブです。

つまり、歌舞伎町のクラブの経験は、銀座と同等のクラブとしての経験として見られない場合が大半です。

クラブとしての経験がない見方をされることがほとんどなので、仕事の質を問われた場合は不安視される傾向となるでしょう。