【売上者の移籍】のアイキャッチ画像

ホステスの移籍について・注意点|移籍の前に知っておきたい8つのポイント

要約・どんな内容?何を伝えたいの?

この記事は、ホステスが銀座の高級クラブに移籍する際の注意点を説明しています。移籍には慎重な準備が必要で、自分のお客様が新しいお店に来てくれるか、そして「係り」としての地位を確保できるかが重要です。お店の雰囲気やスタッフの対応、サービス品質も移籍の成功を左右します。銀座の高級クラブは他のナイトワークとは異なり、顧客管理や高品質な接客が求められます。信頼関係の構築や高いサービス力が必要で、移籍のタイミングと戦略を慎重に考えることが成功の鍵です。

自分が働いている店に嫌気がさして移籍をしたいと考える女性もいるでしょう。キャリアアップを目指して移籍をしたいと思う女性もいるでしょう。

ただ、銀座の高級クラブは、安易に考えることができません。自分の持っているお客様との関係など、考えなくてはいけないことが山積みです。

この記事では、本業ホステスさんが他の店に移る場合の注意点について説明をしていきます。

本業ホステスさんの銀座の高級クラブへ移る場合に気をつけるべき注意点

銀座のクラブでは、数多くの来客人数を誇ることの出来る売上者を募集しています。そして、今この瞬間にも、貴女との奇跡の出会いを望んでいるクラブのオーナーがいます。

随時ママ候補・チーママ候補などもご相談承っています。

貴女がこれまでに努力してきた証を銀座で発揮してはいかがでしょうか。

契約金

小計200~300くらいになりますと、契約金のお話も視野に入ってきます。慎重にお話を進めてゆくことが可能です。あなたの名前は出さずに水面下で、オーナーとの橋渡しも慎重に行います。ゆっくりと手順を踏み行っています。1つのきっかけが大きな発展に繋がるケースが多々ありました。

グリーンカラーのドレスを着ている女性

この記事では、ホステスさんの移籍について気をつけないといけない内容を説明しています。


わたしたちは、どういった移籍が成功しどういった内容の移籍が失敗するのかを、これまで数多くの移籍の経験を重ねて、大切なポイントを熟知しています。現在のお店の実際の営業内容や、評判や口コミ等も参考にし、的確な移籍に関係しているアドバイスを提供致します。

関連記事
読み込み中...読み込み中...
ゴールドのリップを塗った女性

移籍先のクラブで係(担当者)になれるか

あなたが主役となり、お客様を担当する立場、つまり「係り」になります。お客様をあなたの固定客にするかが重要です。また、次にあなたが勤める店にも彼らがついてきてくれるかもしれません。

ただし、もしそのお客様がすでに、そのお店で「係り」がいた場合、あなたがそのお客様を担当することはできません。

例えば、常連のお客様であるAさん。Aさんは私の転籍先のお店にも来店してくれると約束してくださっています。

しかし、Aさんはそのお店のママと親しく、ボトルも入れていらっしゃるとのこと。もし私がそのお店に移籍した場合、Aさんのお会計は既に担当している「係り」の売上となってしまい、私の努力は水の泡となってしまいます。

今のお店でどれだけのお客様に愛され、信頼関係を築いていたとしても、「係り」になれなければ、高級クラブでは売上を上げることができないという厳しい現実が存在するのです。

関連記事
image
【銀座のクラブ】働く前の重要項目!新店と老舗高級クラブを比較する銀座の高級クラブで働こうとしている貴女は、新店と老舗店のどちらを選ぶかで悩んでいませんか?一口に「銀座のクラブ」……
淡いピンクのドレスを着ている女性

自分のお客様が移籍先のお店を気に入ってくれるか

売上を増やすことで貴女自身は高額な収入を手に入れることになります。しかし実際は気をつけないとならないことが多くあります。

例えば貴女が六本木の高級クラブで培ってきた経験を活かし、銀座という新たなステージで更なる飛躍を夢見るホステスも多いでしょう。

お客様はお店の好みがあるため、お店が都合が悪いと来店を拒まれる可能性もあります。また、既に他の担当者がいるお客様には売上がつながらないこともあります。

なによりも貴女がメイン(大口のお客樣)としているお客様に、既に「係り」がいる場合は貴女の売上にはなりません。お店選びは貴女の利益に関わる大きな一大プロジェクトとも言えそうです。

関連記事
読み込み中...読み込み中...
白いスカートの女性

自分がお店にどのようなカタチで貢献できるか

銀座エージェントに相談に来られる女性の約50%が、数ヶ月前から移籍を検討しているというデータがあります。慎重に、事前に時間をかけて移籍を検討していた女性は、ほぼスムーズに移籍を成功させている一方、唐突に移籍を余儀なくされた女性は焦りから失敗してしまう例も見られます。

お客様を抱えているホステスさんが移籍する上で、主に失敗する例としては、移籍後に働いている過程で、

  • お客様とのトラブル
  • 成績不振
  • 実はそのクラブに係りがいた

ですので、実際は突発的な移籍はあまりオススメできません。特にお客様の好みのリサーチと日頃の貴女への理解は、努力を欠かさないでおきましょう。貴女が売上者としてお店に貢献すれば、自然とお店と良好な関係になります。また、ヘルプとしてのお仕事も積極的にこなせるようであれば、お店への貢献度がさらに高くなります。

もし理想どおりの移籍にならない場合は、以前在籍していたお店よりも、お給料が少なくなってしまうこともあるでしょう。

関連記事
読み込み中...読み込み中...

移籍の前に知っておきたい8つのポイント

※項目※※実際に観なくてはならない観点※
お店の客単価は?現在のお店と客単価が同等かどうか、実際の飲食代金を把握するべきです。
客層と客質は?客層などは同等か、もしくはそれ以上の客層かどうか。どのようなお客が来店傾向にあるのかを把握するべきです。
ヘルプのホステスは?ヘルプのホステスさんが少ないのか、多いのかを把握するべきです。
貴女のお給料は?お店には基本となる日給設定があります。提示されるお給料が適切かどうかを把握するべきです。
担当スタッフは?スタッフの経験が浅いと、頼りにくいということが生じます。これから担当になるスタッフのお仕事の質や人間性等は実際に把握しておくべきです。
お店の客入りは?実際に繁盛しているかどうかを把握しておくべきです。
来店してくれる顧客は?どのくらいの人数が来てくれるのかを、把握しておくべきです。
お店のシステムは?お店のシステムの違いはあるかどうかを把握しておくべきです。
関連記事
読み込み中...読み込み中...
魅惑のブラックカラーのドレスを着ている女性

高い売上が見込める場合は、さらに入念な準備を

貴女がもし小計50万円以上の売上が見込めそうだと考えている場合は、慎重に準備をする必要があります。お客様は貴女を信頼して来店してくれますが、お店選びを間違えるとお客様が居心地が悪くなり、楽しみではなく義理での来店になる可能性もあります。

もし大切な商談に関係する接待が合った場合、お店側でしっかり接待ができるホステスさんを準備できなかったり、接待に関係しているインテリジェンス性の低いホステスさんばかりのお店だったり、または接待をサポートするスタッフの熟練度が低い場合は、お客が考えていた理想の結果にならないこともございます。

その結果、お客様は二度と来店しないかもしれません。お客様のビジネスの成功をアシストできなければ、貴女自身が在籍するお店にお客様が多額の支払いをする可能性も低くなります。このような事態は、貴女だけでなくお客様にとっても不利益になるでしょう。

関連記事
読み込み中...読み込み中...
巻きおろしのヘアスタイルが似合うホステスさん

高いサービス力を提供できるお店かどうか

例えば、あなたが今20人のお客様がいるとします。新しいお店でもこれらのお客様に引き続き来店してもらえるよう努力するでしょう。そんな中で、あなたのお客様であるAさんが、友人のBさんを連れて店に来たとします。そしてAさんがBさんに「このお店を気に入ってほしい、常連になってほしい」と推薦したとしましょう。

こういったきっかけでBさんは単独で来店するようになりますが、Aさんのお客様として貴女が担当することになります。こういった好循環を作るには、お店側の高いサービス力も必要です。どんなに貴女が頑張っていても、お店のサービスが悪かったり、スタッフが教育不足だったり、ヘルプのホステスさんが接客に不慣れであれば、満足いく結果になりません。

関連記事
読み込み中...読み込み中...
ブラックカラーのドレスを着用したホステスさん

信頼関係を構築できる環境であるかどうか

信頼関係は、他者が貴女を特別視することと同等です。人間関係には常に優先順位があります。もし貴女に50人の友達が居るとしましょう。その中の10人がお腹を空かしていました。貴女はパンを1個持っています。一口分しかなくちぎって分け与えることができません。

貴女は誰か1人を指名することになります。10人の中から1人だけを選ばなくてはならない状況は日常茶飯事です。当然貴女が働いているお店にもあるのです。

この優先順位は複雑であり、多くの場合は先着順でありながら、信頼関係の度合いによって、多少の優先順位が変わることもあるのです。優先順位をあげてゆく方法は、日頃の信頼関係の構築への努力と、お店への貢献度も複雑に絡んでくる要素でもあります。

日頃からの信頼関係の構築によって、得られる恩恵は小さくないかもしれません。

まとめ

最後にもう1つ現実的なお話をしましょう。

貴女のお客様に、女性のタイプについて神経質なお客様のAさんがいるとしましょう。Aさんは、高額のお会計を簡単に支払うことが可能なほどの経済的エリートだとしましょう。たまたまそのAさんのタイプの女性が、席の脇を通りAさんの目にとまりました。Aさんは「あの子と挨拶をさせてください」と貴女に小声でささやきました。

貴女はメンバー(女性をつけまわす担当者)にあの子に挨拶をしてもらうよう要求します。しかし、既にその女性は他の席からも挨拶の要求があり、順番があるためすぐには席につくことはできない状況だったのです。人気のあるヘルプのホステスさんはどの席でもオファーがある傾向があり、既に順番待ちや優先順位が決まっていることもあります。

しかし、Aさんの申し出を上手にこなすことができるクラブであれば、Aさんも、貴女も、そのヘルプにとって素晴らしい結末になるのです。

移籍は簡単に考えるべき問題ではないのです。

TOP