真実の銀座の会員制高級クラブ・体験入店の考察

真実の銀座の会員制高級クラブ・体験入店の考察

体験入店のあれこれ・徹底考察

近年、銀座の会員制高級クラブに限らず、ナイトワークの「体験入店」は一般的なものとなっており、入店をする上でのルーティンであり、マストでありましょう。

そんな体験入店ですが、数年の過去に遡ってみると、銀座の会員制高級クラブでは体験入店というものが一般的なものではなく、どちらかと言えば、体験入店を快く思わない風潮がありました。

しかし、こういった風潮が、時代と共に払拭され、いまでは体験入店制度があたりまえとなりました。当時は一般的ではなかった体験入店が、まずはキャバクラやニュークラブが積極的に導入しはじめ、徐々に高級クラブが後に続き今日に至ります。

今ではこの体験入店なるものは、一部の大企業でも「体験入社」として導入されていたりもします。

以前、これらの体験入店制度は、どちらかというと働く側にとって有利でした。

どういうことかというと

お店側からしてみれば、その女性に働いてほしい理由から「体験入店だけでもどうですか?」というのが、一種のセールストークのように使われたことが多かったからです。

「体験入店だけでも」とお願いされることで、働く側の女性からしてみれば、「1日くらいなら」と安心して体験入店をすることができたわけです。

当時は「体験入店」=「採用」=「お店で働いてほしい」という意味合いが強かったわけです。

ところが、時代の流れとともに「体験入店」の意味合いと、用いられ方が変化していきました。

どういうことかというと

「体験入店」があたりまえのものとなったことで、「体験入店だけでも」というキャッチセールスはほとんど価値を帯びなくなっていったのと、「体験入店」=「採用するかどうかの判断材料」という意味合いが強くなり、「体験入店」が採用プロセスの一環として用いられることが一般的になりました。

むろん、応募者様全体の約2割程度は「体験入店」=「採用」=「お店で働いてほしい」という意味合いで「是非体験入店をしてほしい」とお願いされるケースもあるにはあるのですが、残りの約8割程度の応募者様は「体験入店」=「採用するかどうかの判断材料」というような見方をされることが多く、採用可否の判断のためにまずは「体験入店をしてくださいね」という流れに。

kao
AGENT
つまり、以前は「採用されたから体験入店」という意味合いが強かったのに対して、現在は「採用かどうかを判断するための体験入店」という意味合いが強くなっていったわけですね。

近年ナイトワーク業界への人気によって、応募者数が増加したことで、お店側は

  • 面接だけでは判断付かないので、ひとまず体験入店をして見させてもらう
  • 当日の出勤人数が少ないので、「体験入店」をしてもらうのは理に叶っている
  • とりあえず、さまざまな事情によって、やむをえず体験入店だけでもしてもらう
  • 是非とも体験入店を!なんなら体験入店をせずとも、うちで働いてもらいたい

などなど、「体験入店」の意図は状況や、当人に応じて変化することもあって、体験入店をする側からしてみれば、「体験入店を薦められた理由」が非常にわかりにくくなっています。

そのため、たとえ「体験入店」を奨められても油断ができないことが大半です。

ちなみに、体験入店で落ちる、いわゆる「タイニュウ落ち」をすると、実際のところ精神的ショックが大きく感じるようです。「体験入店」について正しい理解を持つことで、予想外の「タイニュウ落ち」を防げるかもしれません。

関連記事
image
真実の銀座の会員制高級クラブのオンライン面接の考察オンライン面接は必要なの?AGENT銀座エージェントは、貴女がご希望であればオンライン面接に対応致します。し……
体験入店の2つのケース

体験入店の2つのケース

ナイトワーク全般にいえる「体験入店」の場合

お店側の採用戦略は、大きく分けて2つのケースに分かれます。

  • 採用を前提とした体験入店
  • 体験入店次第で採用可否が決まる体験入店

採用を前提とした体験入店とは?

面接の段階で概ね本採用が決まっており、「体験入店」をして当店で働いてほしいという気持ちが強いというケース。

一方で

体験入店次第で採用可否が決まる体験入店とは?

面接の段階では採用とはなっておらず、「体験入店」の際に接客の状況等を見て判断するというケース。

このように体験入店は2つのケースにわかれ、体験入店をする時点で、女性側が有利な立場で入店する状況であるかどうかの把握に努めておくことで、最終的にお店を決める上で最適解の結果に繋がりやすくなるはずです。

銀座エージェントにお任せください。

銀座の会員制高級クラブで近年増加傾向にある「タイニュウ落ち」いわゆる体験入店で不採用

銀座の会員制高級クラブで近年増加傾向にある「タイニュウ落ち」いわゆる体験入店で不採用

「あの子がタイニュウ落ち!?」

エージェント同士の井戸端会議で「あるある」の会話の1つです。

女性側からの視点で見ると、「体験入店」は大きく分けて3つのケースに分かれます。

  • 採用確率が低く、チャレンジ傾向の強い体験入店
  • 概ね採用の方向性が堅い体験入店
  • 体験入店をせずとも採用が決まっており、カタチ上だけの体験入店

単独の面接だと、どういった傾向の体験入店かを知らないままに臨むことが大半でありましょう。

手堅くお店を決めたいのなら、

  • 概ね採用の方向性が堅い体験入店
  • 体験入店をせずとも採用が決まっており、カタチ上だけの体験入店

であるべきでしょう。

ただし、どうしても、そのお店に特別なお気持ちがあるのでしたら

100%不採用になると決まったわけではありませんので

  • 採用確率が低く、チャレンジ傾向の強い体験入店

をされることもよいかもしれません。

コロナ禍以降は、「体験入店はできましたが採用されませんでした」という人が増加しているとのことですから、できれば採用されやすいお店で体験入店をすることが望ましいでしょう。

一方で、ご本人のチャンレンジ精神は大切でもありましょう。

どの高級クラブからも採用される女性の場合

銀座の大半の高級クラブから採用される女性の場合

どのお店からも採用になる女性の場合は、これまた最適解をご自身で判断することが難しいケースの1つです。

なにせ、そういう女性は、どのお店でも引っ張りだこだからです。

そうなると日給の価格競争となることが大半で、「金額面」を判断材料にすると、ハズレを引くかもしれません。

貴女にとって適切なお店が一番高い日給になるのが理想ですが、現実はそうはなりにくいようです。

銀座エージェントにお任せください。

タイニュウ落ちをどう防ぐのか

タイニュウ落ちをどう防ぐのか

銀座エージェントでは、女性の魅力は財産であることを、これまでに再三に渡ってお伝えしてまいりました。

そして、この財産を真に活かすためには

  • 自信

が必要になります。

「面接落ち」や、「体験入店落ち」が重なると、ショックが大きくなっていくことが、これまでの過去の傾向からわかっています。

つまり、「タイニュウ落ち」は、自分が思い描いていたストーリーの旗色が悪くなるというわけで、同時にご本人の顔色も次第に悪くなっていくというわけです。

こうなると、気持ちは、次の「体験入店」どころではなくなってくるかもしれません。

焦りのある状態は表情をこわばらせ、真のポテンシャルを発揮できない状態となることが多いようです。

そうならないためにも、応募者様によっては、いわゆる就職活動の際でおなじみの「滑り止め」は準備しておくことが最適解であるケースもあります。

ですから、「体験入店」の順番が重要視される場合もあります。

加えて、「体験入店」をするお店の選定も大切です。

銀座エージェントにお任せください。

どっちの「是非」かを見抜けますか?

どっちの「是非」かを見抜けますか?

面接で「是非とも体験入店を!」と言われたと致しましょう。

この「是非」という言葉が「是非」ではないことも。

実はこの「是非」の意図を知らずに受け取ると、厄介である場合があります。

本来は「是が非でも」というように、相手に何かを強くお願いする際に、特に強調する表現を示すために「是非」という言葉が使われることが多い言葉です。

そして、この「是非」という言葉が面接の際に「体験入店」を薦められた際に使われることもあります。

一見すると、貴女に対して、強く「体験入店」をしていただきたいというように思わせてくれる言葉です。あたかも歓迎しているかのように思わせてくれるように。

しかし、実はそうでない場合があるのです。

いわゆる「リップサービス」の一環ですね。

面接をしている女性の中には、「是非とも」と言われたことで、気を良くして、既に採用されたものと理解してしまうケースがあります。

これは、大きな勘違いに繋がる場合もあり、要注意です。

つまり、「是非」と言われようとも、決して油断はできないというわけです。

ちなみに、採用されたものと思っていたのに「不採用」となった場合は、ショックは2倍、いやそれ以上になることも。

貴女は、真の「是非」の意味を見抜くことができるでしょうか?

銀座エージェントにお任せください。

1日だけの体験入店ではわからない、よくあるケース

1日だけの体験入店ではわからない、よくあるケース

近年、ナイトワークに限らず多くの業界で「体験入店」「体験入社」「体験入園」といった体験制度が導入されているようです。

とても便利な制度のようでありながら、実際は「1日だけではわからない」「1回だけではわからない」という声も数多く挙がっているのだとか。

以下に挙げられる点については、銀座のお店に限らずではありますが、よく見受けられる状況であるのだとか。

体験入店をしたその日が

  • その日、たまたま忙しかった
  • その日、たまたまヒマだった
  • その日、たまたま着く席が少なかった
  • その日、たまたま着く席が多かった
  • その日、たまたま変わった客層が多かった
  • その日、たまたま客層が良かった

などなど

一方で

体験入店をされることになった女性側からしてみれば

  • その日、たまたま調子が良かった
  • その日、たまたま調子が良くなかった
  • その日、たまたまリクエストをいただく事ができた
  • その日、たまたま顔色が良かった
  • その日、たまたま友達などと喧嘩してしまった

などなど

さらに

  • 天候による影響

天候が良くない日でも満員御礼となるお店はある一方で、天候が良くない日に影響を受けやすいお店があることもわかっています。

  • 社会的状況による影響

コロナによる影響が大きかったのは記憶に新しいのではないでしょうか。その他には国際的なスポーツ大会の開催や、選挙時期なども来客数に影響があるお店があることがわかっています。

  • 曜日による影響

これまで一般的には、(木)(金)が忙しいと言われてきましたが、近年では、(火)(水)が忙しいお店もあれば、(月)が忙しい日もあるといった、曜日を軸にした来客数が予想できないという声が多く挙がっています。

  • 閑散期と繁忙期による影響

ニッパチとよばれる2月(1月と3月も)と8月(7月と9月も)は、閑散時期といわれ、来客数が減少するお店が少なくはありません。

上記に挙げられたことが加味され、実際は1日だけの体験入店では判断が付かないことが多々あるというわけです。

ですので、体験入店をする日が「忙しい日」であろうと、「忙しくない日」であろうと、最終的な決め手にならないケースがあります。

体験入店は、お店との「フィーリング」を確認する役目も!?

体験入店は、お店との「フィーリング」を確認する役目も!?

近年の、ほとんどの体験入店は、お店側がホステスさんの採用可否を決めるプロセスの一環になりますが、働く側のホステスさん側からしてみれば、これから自分が働く可能性のあるお店の内情や、雰囲気を知る上で大切なものです。

お店の社長さんとのフィーリングからはじまり、スタッフとのフィーリング、ホステスさん達とのフィーリングなど、どれも大切なものです。

加えて、来店している傾向のお客様達とのフィーリングも重要です。

しかし、体験入店では全ての人たちとのフィーリングを、確認できるわけではありませんので、概ね平均値を探るほかなさそうです。

働いているホステスさんの中には、シャイな性格の人もいることもあり、そういう人に挨拶をした場合においては、話しかけてもそっけなく返されてしまうこともあるのだとか。

ですからフィーリングを重視したいところではありますが、実は少々決め手には欠けるところがあります。

待機している女性が多いからといって、一概にヒマなお店であると断定できず!?

待機している女性が多いからといって、一概にヒマなお店であると断定できず!?

体験入店をした女性から

「その日は凄くヒマでした」

「待機している女性も凄く多かったです」

と聞くことがあります。

むろん、体験入店をする女性には、忙しい傾向のお店であるか、ヒマなお店の傾向であるかを予めお伝えしておりますが、上記のような報告を受けるとこともあります。

その1つのシーンだけを見れば、確かにヒマだったかもしれませんが、実はそのような状況であっても一概にヒマなお店であるとは限らないお店もあります。

たとえば、お店の規模が大きいのに出勤しているホステスさんの人数が明らかに少ない上で、来客人数も少ないというのなら、そのお店は本当にヒマである確率は高そうです。

しかし、お店の規模が大きい上で、待機しているホステスさんが多いというのなら、月間平均で見ると忙しいお店である場合があります。

なぜなら、普段からお店が忙しいため、女性の在籍数を多くしていることがあるからです。

こういう傾向を目にした日は、当日の出勤数を管理する担当者が、その日のお店の来客状況を読み間違えた可能性があります。

お店の来客状況を読むとは?

大半のお店の役職者、及び当日の出勤人数を管理する担当者は、当日の同伴組数、予約状況、過去の傾向や、社会的状況、天候などを踏まえた上で、当日の出勤数を決めていることがほとんどです。

とはいうものの、理想どおりの出勤数といかないことが多々あり、極端に出勤数が少なくなったり、逆に極端に出勤数が多くなったりすることもあって、いわゆる調整が難しかったというケースもあります。

日頃から忙しいお店になると、普段から、その忙しさに見合う人数のホステスさんに出勤してもらう必要があるため、多少多めに出勤してもらっていることが大半です。

また、曜日や天候を基本にして、当日の出勤人数を決めている担当者だと「今日は忙しい日か」なのか「今日はヒマな日か」を読み間違えたか、出勤人数を少なくしたその日に限って忙しかったり、逆に予想を裏切ってヒマだったりもします。

このように、忙しいと思われた日が、思ってたよりもヒマだったというケースも見受けられます。

つまり、たまたま「体験入店」をした、その日に限ってヒマだったということがあるということも覚えておいてもよいでしょう。

銀座エージェントにお任せください。

TOP

GINZA AGENT