銀座の会員制高級クラブの接客業の極意 超初級編

銀座の会員制高級クラブの接客業の極意 超初級編
PR

銀座の会員制高級クラブの接客業とは一体なんでありましょう?

貴女は、「接客業」という仕事を深く考えたことはありますか?

たとえば、お洋服を販売するお店で働いている店員さんも接客業のお仕事です。

むろん、お客様にそれとなく特別な応対をすることなく、ただ黙々と商品を受け取りお会計をして、商品を可愛らしく梱包して、そつなくお会計をして、梱包した商品をお客さんに渡すだけのお仕事であれば、接客業として断定できないかもしれません。

しかし、こんな一言をお客さんに発していたのならば

たとえば

「この商品をお選びになるなんて、なんてお目が高い」

「素敵な商品を選ばれましたね。実はもう残り僅かだったのでお客様に(目の前のお客さんに)お選びいただけて嬉しいです」

「このお洋服(アクセサリーなども)はとても良くお似合いです」

と言葉を発したとすれば、これはもう立派に接客をしているわけです。

たとえ、この言葉にそのお客さんが反応しなかったとしても、正常な聴覚を持っている人であれば、貴女が発した言葉は相手の耳を通じて脳に届けられているはずです。

銀座の会員制高級クラブの接客業とは一体なんでありましょう?

接客業は、相手の耳から脳に言葉を、相手の目を通じて相手の脳に、貴女の態度を通じて好感をお届けするお仕事とも言えるのです。

そして、相手(お客様)のその反応次第では、貴女が望んでいる反応をしてくれるかもしれません。

そうなのです、全ての接客業は、接客する側が、接客される側に対し何らかの目的を持って接しているということだと言えましょう。

さしずめ、ナイトワークなら

  • 次回は、次回も自分のことを指名をしてほしい
  • この接客で、次回の同伴出勤に繋げたい
  • 多くのライバルの中から自分のことを一番好印象に繋げたい
  • 高級ワインや高級シャンパンを抜いてもらいたい
  • そつなく仕事をこなしてお店に貢献したい

などなど。

アクセサリーショップ等の販売店に勤務している人なら

  • 利益率の高い商品や、ある特定の商品を購買に繋げたい

さらに言えば

  • 人気があることが誰からも見てわかるようになれば、昇給に繋がるだろう
  • 人気があることが誰からも見てわかるようになれば、自分も安泰になるだろう

と思い描いているかもしれません。

つまり接客とは、どのような場面であるにせよ、自分にとってプラスの出来事に働かせたいという目的があるものです。

そして、それこそは、勤めているお店や会社にとってもプラスとなることがほとんどです。

頂点を支えるには土台が重要です。つまり基本をマスターすることです。

ところで、接客とは、相手にどう反応させるかが重要になります。

ですが、計算どおりにはいかないことも多々あるものです。

できれば、お客様本人自らが、その商品の魅力に気がついて、お客様だけの意思で、その商品を購入してもらえればベストです。

しかし、実際はそう簡単にうまくゆくことはなかったりします。

うまくゆけば接客する側の販売員の接客次第で、そのお客様は徐々にその商品の魅力を知り、その商品を購入したくなるような気持ちになるのです。

鋭いお客様であれば、「この販売員はこの商品を購入してほしいのだな」と気がつくかもしれません。

一方で、自分の目的を悟られずに、超自然的な接客が得意な女性もいます。

そういった女性は、接客業に長けた天性の才を持っていることほとんどです。

しかしそういう天性の才を持っている女性であっても、自分の望む結果に繋げられないこともあるのです。

なぜなら、お客様の中には、営業で発せられたセールストークが通じなかったり、営業されていることに気がつかないほど鈍い人もいるからです。

そういう場合は、そのお客様がどんな言葉に響くのかをリサーチしながら、細かな調整も必要になるのです。

場合によっては、そのお客様にわかりやすくハッキリと要求することもアリかもしれません。

これはお客様によっては、逆効果になることもありますので、ハッキリと要求するか、遠まわしに要求するかは見定めなければなりませんが。

究極的に接客業とは、自分の目的を叶えるために相手に協力してもらうこと

究極的に接客業とは、自分の目的を叶えるために相手に協力してもらうこと

自分の目的を叶えるために、相手を利用してしまうことは正義とは言えないのではないでしょうか。

では、どうすれば自分の目的を叶えようとする行為そのものが正義として許されるのか。

それは、相手も納得して満足してもらうことです。

つまりWIN WINですね。

たとえばナイトワークの接客業であれば

  • 今日は楽しかったです
  • お陰で元気がでました
  • 連れの仲間も喜んでいます
  • ありがとう

相手(お客様)にこう思わせることができれば最高ですね。

たとえカタチのある何かを貴女が差し出す必要なくとも、貴女の存在があったからこそ叶えることができた、というのが1つのゴールだと言えるでしょう。

貴女の接客が相手の心に響いたときに、発せられた言葉や思いが何よりもの証拠となるのではないでしょうか。

たとえば、これといって自分個人の目的がないにせよ、仕事としての業務上で接客業をこなす場合なんかは、勤めている会社からの方針には、おのずと従うことになるはずです。

貴女が勤めている「会社が望む目標や方針」を受け入れたことで、「会社の方針に沿って適切に仕事をこなしてゆこう」という目的が、それこそも個人的な目的とイコールとなるはずなので、結局個人の目的となると言えませんか?

そう考えると、接客業はどういった業種であれ自分自身の目的を叶えるために、遂行されるものとも言えるのではないでしょうか。

接客業を深く考えたとき、「より優れた接客とは何か?」と考えさせられるのではないでしょうか?

つまり「接客の品質を向上させるにはどうすれば良いのか」という考えに繋がってくるはずです。

これは仕事のみならず、普段のプライベートにも少し関係してくるのです。

なぜなら、突き詰めれば接客とは対人コミュニケーションであり、結果的に自分のためになる良好な状況をつくることがミッションと言えるからです。

接客の品質とは

接客の品質とは

接客の品質は

  • 話し方
  • 口調
  • 仕草
  • 会話の内容

なども、もちろん関係はしてきますが、実のところ、

  • 貴女が何者であるのか。

お客様からしてみれば「誰と話しているか」が最も重要なことになります。

つまり、極端な言い方をしてしまえば、その人が好感を持てる人と話しているのならば、多少ならずとも

  • 話し方
  • 口調
  • 仕草
  • 会話の内容

が、多少イケてなくても、相手は不満に思うことはないのです。

貴女も好感を持てる人と話していれば、会話の内容の質にはこだわらないはずでは?

なぜなら、その相手との共有時間を過ごすことが、既に目的となりえるかもしれないからです。

ちなみに

  • 話し方
  • 口調
  • 仕草
  • 会話の内容

のクオリティが高いことで、接客の質は高くなるはずです。

たとえば、お客様に

  • お客様が理想とする、ビジネス上の接待の席に、貴女を同席させても恥ずかしくないと判断されたり
  • 同伴等の夕刻に、貴女と一緒にいるところを高級レストランに人に見られても問題ないと思われたり
  • 貴女と一緒に仲間との席に同席しても、仲間たちが貴女を素敵なお人柄だと思われるだろうと判断されたり

こういう認識を持たれれば、より広範囲に活躍できる可能性は高くなるはずです。

つまり、極端な言い方をしてしまえば、貴女と一緒に居るところを見られたとして「素敵な女性と歩いていましたね」と思われるのが理想ですね。

話し方

話し方

話し方は一般的には優しそうな口調が良いと思われるものの、たとえば本来は体育会系な性格を、ムリに優しそうなお人柄を演じていたり、そういった個性やお人柄を隠そうとすればナンセンスであることも。

「優しい口調のお人柄」を演じてみても、そのお人柄に好感を持ってもらえないこともあります。

つまり、本来の貴女に好感を持つ人もいるのです。

素の自分を出してみて、それでも好感を持たれなければ、改善するか、もしくは接客業に全く素質がない可能性もあります。

ほとんどの場合は、訓練次第で修正は可能ですが、当初は改善することに意識を集中する必要があるので、人によって向き不向きはあるでしょう。

たとえば、貴女が地方の方言(関西弁や博多弁など)で話すことが普通になっていたとして、東京銀座の会員制高級クラブで働くのでしたら、話し方を標準語に修正してみるのも良いでしょう。

かと言って、方言を使う貴女に好感を持つ人はいるかもしれません。
特に同郷のお客様であれば好感を持たれるかもしれません。

ところで、方言を否定しているわけではありませんのであしからず。

そのお客様の好みが知れぬ以上は、安易に方言を使う必要はない場合があるということを申し上げたいだけなのです。

方言を好まないお客様もいるかもしれないからです。

さしずめ一般的な標準語を嫌う人は、なかなかお目にかかれないはずですから。

つまり、だとすれば標準語は一番無難だと言えるのではないでしょうか。

口調と仕草

口調と仕草

口調と仕草は、その本人の持つセンスに由来するという言い方が最もしっくりくると思います。

もちろん、意識的に演技をすることで、口調と仕草は変えられますが、お客様によって態度をコロコロ変えるのはあまりオススメできませんが。

ところで、人はそれぞれ独特の癖があるものです。

口調はテンポやリズムと言えるでしょうし、仕草は体の些細な反応の動きとも言えるでしょう。

たとえば耳に人差し指を当てて考えてみる動作なんかも、仕草の1つですね。

毎回、そういう仕草をしているのなら、おそらく癖となっていることでしょう。

これらは、大概本人の使い慣れた癖みたいなものですから、これは個性として見られるでしょう。

これらの癖は、自分自身は気がついていないことが多々あります。

第三者に指摘されて初めて気がつけることのできる癖もあります。

どうか貴女が可愛らしい癖をお持ちであれば安心です。

中には、無意識に鼻の穴に指を入れたり、歯の奥にひっかかった食材を舌で取ろうと変顔をする人もいるとか。

こういった人は無頓着で、ガサツに見受けられ、幻滅される理由の一因ともなりえるので、新人さんの当初は、控えるべきで、早急に改善するべきでしょう。

ただしベテランホステスさんの中でカリスマ性が備わった人であった場合は、これらのマイナス要因と思われる数々の癖が逆に好感を持たれることもあるのだとか。

いずれにせよ、無意識にNGな仕草をしている女性もいますので、一度ご自身を客観的に観察するべきでしょう。

歩いているときに足やお尻を掻く癖のある人なども要注意です。

会話の内容

会話の内容

会話内容は普段からの状況収集力と、多少のIQも関係してきます。

情報収集力といえども、自分の興味のない情報を意識的に情報収集するのでは、楽しくないはずです。

自分の興味がモチベーションに繋がり、自分にとって必要だからこそ、楽しんで情報が蓄積してゆくことが望ましいはずです。

たとえば極端な言い方をさせていただくとすれば、ムリにニュースを観て、ストレスを感じるくらいならニュースなんて一切観る必要はないのです。

それなら、自分の好きな情報が蓄積していった方が良いのです。

つまり、自分の好きな情報が、お客様にとっても好きな情報であれば最高ですね。

しかし、実際はそうもいかないことも多々あります。

あくまでも標準とする共通認識とされる情報は、知っておくべきだからです。

たとえば、現在の総理大臣の名前や、東京都知事の名前などは知っておく必要がありますね。

そんな中で、日々のニュースに興味がないとすれば、銀座の会員制高級クラブの接客業をするのはなかなか難しいと言えるでしょう。

むろん、普段からニュースに興味のない一定数の女性も働いていますが、多くの人達が共通認識とされる情報を知らないことで「えっ知らないの?」となることは間違いありません。

加えて言えば会話の組み立て方も重要です。

あとで、「私なに話していたっけ?」とならないように上手に話を組み立ててゆかなければ、「貴女は大丈夫ですか?」となってしまいます。

つまり、接客の品質は「普段どのような生活をしているのか」が問われてしまいかねないのです。

最低限の社会的教養としての情報は欠かせません。

貴女はいかがでしょう?

実は、この世の全ては接客業に等しい?

実は、この世の全ては接客業に等しい?

たとえば、銀座の会員制高級クラブでA様という常連のお客様に貴女が呼ばれたとしましょう。

呼ばれることをリクエストとも言います。

つまり、指名されることです。

A様というお客様が貴女を指名することに、なんら特別な感情はないかもしれません。

初対面なのに、特別な感情があっては変かもしれませんが・・・。

銀座の会員制高級クラブともなれば、とてもスマートなのです。

リクエストされる理由はさまざまで、

たとえば

  • 前回話したときに感じが良かったから
  • 遠目で見て華やかな雰囲気だったから
  • 知人によく似ていたから
  • 美人さんだかったから
  • 頑張ってそうだから
  • ニコニコしているから
  • 明るくて楽しそうだから
  • 先日、丁寧にお礼をもらったから

多岐にわたり、ほんの些細な理由からだったりします。

中には

  • 地元が一緒だったから

という理由もあるでしょう。

でも、多くの場合は「感じが良かったから」これに尽きるのではないでしょうか?

そして、注目してほしいのはこのさまざまな理由の中に

  • お仕事ができそうだから
  • 成績が良さそうだから

というのは、ほぼ皆無なのです。

そうなのです。

仕事ができそうだからという理由で、リクエストされることはほとんどありません。

むろんナンバー1だからお呼びがかかるということはあるかもしれませんが。

銀座の会員制高級クラブに来店されているお客様に限らず、職場の個々の人達の良いところを5つさがしてみては?

どんなに、凄腕のカリスマママさんも「仕事ができる」のはもちろんのことではありますが、根底には「ママの素敵なお人柄」ということが一番なのです。

つまり、貴女も「お人柄」でワンチャン人気を獲得できるかもしれないのです。

どうですか?

もしそうなら、経験がなくてもチャレンジしてみようかな?という気持ちになりませんか?

接客業に興味を持てませんか?

人気の有無で、お給料は多くも少なくもなるのです。

ここに、ドリームを見出せませんか?

ですので、ナイトワーク初心者でも歓迎されることが多々あるのです。

まさに、ほんの一握りで稀有な存在ではありますが、既に「素敵なお人柄」を備えている若手の新人さんがいるのです。

それが、接客業の妙なのです。

「君、頑張ってるから応援するよ」

つまり、長くその業界にいるから応援されるわけでは決してないのです。

貴女は、自分という「お人柄」を知っていますか?

もし知らなければ、知ってみませんか?

新しい道が拓けるかもしれません。

銀座の会員制高級クラブのことなら銀座エージェントにお任せください。

接客業は、人への興味が原動力

接客業は、人への興味が原動力

自分の気持ちを相手に届けたい・・・そんな想いを抱いたことはありませんか?

たとえば

  • 普段からの感謝の気持ちを伝えたい
  • 自分の気持ちを伝えたい

人によって、いろんな想いがあると思いますが、これらの想いは、想っているだけでは伝わりません。

むろん、貴女が超能力などの超自然的な力を持っているなら話は別です。

しかし、ほとんどの場合は、想いは、想っているだけでは相手に伝わることはありません。

もし、その想いをどうしても伝えたければ、

「目は口ほどに物を言う」

目は口ほどに物を言う
人間が喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのが目だということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだということ。
また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。

引用:故事ことわざ辞典 http://kotowaza-allguide.com/me/mewakuchihodoni.html

というように、アイコンタクトで相手に、それとなく伝わってしまうこともあるでしょうし、直接言葉や、一昔前なら手紙もそうですし、今ならメールやLINEなどで伝えることもありそうですね。

なんにせよ、1つ共通して言えることは、想いが行動に移させる動機となるのです。

つまり、人にアクションを起こさせるのは動機です。

その動機は、興味から始まるのです。

天上人とよばれるホステスさんは、「興味」から始まり、興味こそが行動に移せる原動力となることを知っています。

貴女も興味を持つ訓練を実践してみませんか?

銀座エージェント特製、銀座の会員制高級クラブの接客業の興味を増幅する「顧客台帳」の雛形を贈呈!

銀座エージェント特製、銀座の会員制高級クラブの接客業の興味を増幅する「顧客台帳」の雛形を贈呈!

新人さんでも簡単に始められる、銀座の会員制高級クラブに来店されるお客様に対する複数の重要観点を伝授致します!

お客様に興味を持たずして接客業が成り立つでしょうか?

否。

接客業は、まず今この瞬間にお話をしているお客様に興味を持つことから始まるのです。

こんなことは接客業として基本中の基本です!

と言われても、なぜ?

と思うかもしれませんが、興味こそが観察に繋がるからであり、その対象とするお客様に対して「どうアプローチすればよいのか」を知る手がかりとなるからです。

その観察の中で、相手の心に響く会話を構築する手がかりになることがあるのです。

ところで貴女は

「お客様がどんな仕事をしているか知っていますか?」

今日、そのお客様が経営する会社が新聞の一面を飾っているかもしれないのです!

なにも「どんな仕事をしていますか?」と直接聞く必要はありません。

逆に聞かれたくないお客様もいるわけですから、場合によっては慎重に対応しなくてはなりません。

誰でも「一番最初」が印象に残ります

誰でも「一番最初」が印象に残ります

一番最初。

つまりファーストインプレッションですね。

たとえば

  • 貴女は一番最初に心配してくれた人を、心にとどめませんか?
  • 貴女の誕生日に一番最初に「おめでとう」と伝えてくれた人を嫌いになれますか?
  • 貴女がお腹が空いた瞬間に「何か食べに行かないか」と言ってくれた人をどう思いますか?

人は、自分のことを一番気にかけてくれる人を特別に思う傾向があるのです。
これは真理とも言えるのです。

たとえば、貴女がツイッターやインスタで、呟いたメッセージ早々に「いいね」等のアクションを起こしてくれた人に嫌な感じは抱かないのでは?

貴女に注目してくれる人に、感じの良い人として捉える傾向にあるはずです。

むろん、良識があり、節度があることは重要ですね。

それと同様に、お客様も同様の傾向であると言えるのです。

もうお分かりですよね?

さきほど申し上げた

>今日、そのお客様が経営する会社が新聞の一面を飾っているかもしれないのです!

となれば、お客様にお会いした早々一番最初に貴女は

「○○さん、新聞読みました!わたし感動しました!」

と伝えるのです。

電話やメール、LINE等で一番に祝辞を贈るのも良いでしょう。

お客様が望み、お客様の心に響く話題は、お客様の中にあることが多いのです。

お客様が望み、お客様の心に響く話題は、お客様の中にあることが多いのです。

わからないことは、それとなく担当のホステスさんやスタッフ等に聞けば良いだけなのです。

むろん、シークレット情報であれば教えるのを差し控えられるかもしれませんが、良識の範囲内で可能となるはずです。

それならば、貴女はそのお客様のファンになったらどうでしょうか?

一部の天上人は、自分が担当するお客様のファンであると言います。

ファンのことは知りたいと思うのが自然なのではないでしょうか?

銀座の一部の天上人が実践している「顧客管理術」の一部を知りたくはありませんか?

銀座エージェントが担当した新人さんにはもれなく、銀座エージェント特製の「顧客台帳」の雛形を贈呈致します。

日々「顧客台帳」に、それぞれの項目に記入することを実践するだけで、不思議と成果が現われてくるはずです。

銀座の会員制高級クラブのことなら銀座エージェントにお任せください。