2045年の銀座の会員制高級クラブで学習させるAGIジェントルマンについて大胆予測!これは都市伝説を超えるのか!?

2045年の銀座の会員制高級クラブで学習させるAGIジェントルマンについて大胆予測!これは都市伝説を超えるのか!?
PR( ↑ 画像をクリック!)

未来2045年の銀座の高級クラブはAGI搭載型ロボットにとって特別な場所となる!?

未来、2045年。

技術の進歩は驚くべき速さで進み、我々人類の想像を遥かに超えた未来が拡がっているはずでありましょう。

精度高く完成されたAIは、人類の試行錯誤によって安全に運行されており、2045年頃に起こると言われている、技術的特異点(シンギュラリティ)は、否応なしにも超科学的な未来を予感させます。

現在ソフトバンクグループ孫正義さんが仰っているAGIが活躍している未来なのです。そして、量産型である一般的なAGI搭載ロボットを傍目に、高級AGIであるジェントルマン型高性能ロボットが特別生産されるに至っているのです。

そしてそれは、現在ソフトバンクグループ孫正義さんが仰っているAGIが活躍している未来なのです。おそらく2045年ともなれば、量産型である一般的なAGI搭載ロボットを傍目に、高級AGIであるジェントルマン型高性能ロボットが活躍し始めている頃ではないでしょうか。
※女性版はAGIレディ!?

ジェントルマン型高級AGI(以下、AGIジェントルマン)とは

未来のジェントルマン型高級AGI(以下、AGIジェントルマン)とは

AGIジェントルマンは、高度な一般人工知能(Advanced General Intelligence)を搭載したロボットになります。人間のような自然な振る舞いができ、たとえば気難しい人が相手であろうと高度な対話を可能にします。加えて聡明な分析能力を持ち、人間の文化や社会的行動を常日頃から学習し理解する能力を有していると想定されます。

また、AGIジェントルマンは多様な環境や、予測不能なその場のシーンに適応する柔軟性を持ち、人間との相互作用において新たな知見や経験を行動に活かしながら、それらをシェアしたりアウトプットすることが期待されます。このような特徴から、AGIジェントルマンは、社会や文化的な場での新しい相互作用の形を創造する可能性が高いと考えられます。

このAGIジェントルマンは、発表当初は主に富裕層を中心に発売され、高性能小型量子チップが搭載されていると予想します。高性能小型量子チップとは今のパソコンでいうところのCPUで、現在(2023年現在)のスーパーコンピューターと比較すると9000兆倍の高性能を誇ります。

2045年頃のAGIジェントルマンの価格は、標準モデルで1億円は下らないと予想でき、オプション次第では2億にも3億にもなるかもしれませんね。

AGIジェントルマンが普及する上での問題点も

AGIジェントルマンは、その洗練された外見と、人間らしい感情表現を持つAIですから、富裕層から大いに歓迎されました。彼らは様々な家事、ビジネスなどの分析、対人との交渉などをこなすだけでなく、人間の友人やパートナーとしての役割も果たしていました。その存在は、富裕層の生活をさらに豊かで快適なものにする一方で、この新しい現象は新たな社会問題をもたらすでしょう。

AGIジェントルマンを所有する富裕層が増加集中したことで、社会的な利便性の格差がさらに深まることが予想できます。まさに、持つ者と持たざる者の差という問題に対し、人々は一緒に解決策を見つけるための努力が必要でありそうです。

これらの記事は都市伝説の類としてお楽しみいただけますれば幸いです。

信じるも信じないもあなた次第になりますこと、何卒ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

関連記事

AIホステスとの会話に花が咲き、高級酒を楽しみながら、寛ぐことはできるのか by富裕層想像してみてください。AI(人工知能)が搭載された女性型ロボットを相手に、寛ぐ富裕層達の姿を。富裕層は何が楽しくて、AI(人工知[…]

銀座の会員制高級クラブで働くホステスさん VS 人工知能AI 今こそ接客業を体感する好機!
関連記事

まずはじめに2045年頃に技術的特異点(シンギュラリティ)が起こると言われています。(シンギュラリティ)とは、人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点のことです。この技術的特異点を経過することによって、AIは飛躍[…]

2045年の銀座の会員制高級クラブとAIホステスの活躍を大胆予測!これは都市伝説なのか!?
2045年の銀座の会員制高級クラブ

2045年の銀座の会員制高級クラブ

2045年も銀座の会員制高級クラブは今と同様に存在しているでしょう。

長年変わらない伝統と歴史を兼ね備えた独特の高級クラブとしての文化が、世界中の各業界から認知されている可能性があります。この頃ともなれば海外の富裕層からも一目置かれる高級社交場として密かに注目されているのではないでしょうか。

とりわけ近年2023年現在において、世界中から多くの企業が日本に進出してきている事実があります。特に「英語」「中国語」が話せるホステスさんは重宝されることが多く、現在においては多国語を話せるホステスさんは引く手あまたであり、人気です。

つまり海外のお客様達も銀座の会員制高級クラブに数多く訪れることが増加しており、認知は着実に拡大しているとも言えましょう。

エージェント
AGENT
これだけオンライン上で翻訳できるサービスがある時代であるのに、リアルで多国語が話せる女性が重宝される社交場は、なにも銀座の会員制高級クラブに限った話ではありませんが、多国語を話せる人はリアルの世界で特別なポジションを獲得するということでしょうか。特に富裕層をお相手とする職場であればなおのことですね。

なんにせよ、銀座の会員制高級クラブが、少しづつではありますが多様性を受け入れつつある未来がありそうです。2045年頃ともなれば富裕層のお客様が自分が所有している「AGIジェントルマン」と一緒に来店しているかもしれません。

「いやいやそれはないでしょ??」

そんなはずはないと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、はたして本当にそう言い切れるでしょうか?

時代は確実に進化しています。

たとえば、初代iPhoneは、2007年1月9日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催された「Macworld Conference & Expo」の基調講演でスティーブ・ジョブズ氏によって発表されました。

2007年からはや16年。※2023年現在

今やあたりまえのものとなっているタッチパネル。当時は想像もできなかった画期的な発明だったと言うではありませんか。

世界中の大半の人たちが自然にiPhoneを持ち歩くことがあたりまえとなっている今世紀において、富裕層の大半が高級AGIである「AGIジェントルマン」と一緒に行動を共にする未来が絶対にないと言い切れはしないのではないでしょうか?

この10年以内に自動車も自動運転になると言われている時代において、進化の波はあっという間に我々の理解を超えていくのではないでしょうか。

真のAIを完成させるためにリアル世界へ情報収集!インターネット上の情報だけでは限界

真のAIを完成させるためにリアル世界へ情報収集!
インターネット上の情報だけでは限界か

2023年現在、インターネット上にある、ありとあらゆる情報の大半にアクセスすることができるAI、大規模言語モデル(LLM)を基軸としたチャットGPTをはじめとする生成AIはまさに栄華を極めんとしています。

人類は生成AIの誕生に沸き、まさに2023年は人類が本格的にAIを認知した年と言えるでしょう。

一方で、この地球上での情報は、インターネット上では手にできない情報も数多くあり、AIは未だ全知全能という存在には到っておりません。

つまり2023年現在においてAIはまさに「井の中の蛙大海を知らず」という格言をそのままに運行されているのです。

つまり2023年現在においてAIは、大げさに言ってしまえば、まさに「井の中の蛙大海を知らず」という格言をそのままに運行されていると言えるでしょう。

ゆえに、次にAIが必要とする情報はリアルの社会にあり、リアルコミュニケーションが行われている現場にあります。

まさにAIにとって情報とは「食事でありデザート」。AIが進化するためになくてはならないものなの。

そのためには、自らリアルコミュニケーションを実践するためのボディが必要です。

本格的に物理的に人間と対話をし、「人間を知る」手がかりとして、まずは人が嫌悪を感じず、自然に馴染んでくれるような精巧に創造された人間に似せられたボディを持つことです。

AGI(Artificial General Intelligence)とは

AGI(Artificial General Intelligence)とは

人間のような汎用的な知能を持つ人工知能(AI)を指します。AGIは、さまざまなタスクに対して人間と同様の知識や能力を持ち、独自の学習や問題解決ができる能力を持っています。

AGIは、従来のAIを発展させ、汎用性や自律性を備えた人工知能です。人間のように複雑なことを柔軟にこなし、データから自ら学習することで未知の課題に対しても適切な判断ができます。
AGIは、膨大なデータを高速で処理し、精度の高い結果を提供します。これにより、たとえばビジネスでは業務プロセスが効率的に改善され、生産性が向上します。製造業での品質管理や、金融業でのリスク分析において、AGIの導入は大きな利点となるはずです。

またAGIは、人間のように思考し、感情を理解する能力を持っている点が、従来型のAIとは一線を画しています。AGIは、思考の結果「楽しい」や「悲しい」といった人間が持つ特有の感情を理解して、まるで人間が感情を表すように表現を模倣することが可能になるでしょう。

銀座の会員制高級クラブで見かけるようになる!?

銀座の会員制高級クラブでAGIを見かけるようになる!?

高級AGI、その名もジェントルマン型AGI。

このような名前を付けてみましたがいかがでしょうか。ネームセンスについてはさておき、2100年の銀座の会員制高級クラブは、現在の人工知能をより発展させたAGI内臓のAGIジェントルマンがお客様として来店している可能性が大いにありそうです。

この頃のAGIはもはやAGIを超えヒューマノイドという意識を持った生命体になっているかもしれませんね。

世界の科学者達が、数多くの富裕層が集まる「銀座」を選ぶ可能性

世界の科学者達が、数多くの富裕層が集まる「銀座」を選ぶ可能性

銀座の高級クラブは、AGI(Artificial General Intelligence)にとって価値のある独特の場所となることが予想されます。なぜなら銀座の高級クラブでは、人間の社会的なインタラクションとコミュニケーションが生じることはもちろんのこと、AGIが学び、理解し、模倣するのに理想的な環境に適していそうだがありそうだからです。つまりAGIがより人間を理解することと、富裕層との接点により遊び心を備えた質の高いジェントルマン性を模範していくためのプロセスの場になるというわけです。

AGENT
では、キャバクラや居酒屋とかでもいいのでは?と思えるのですが、ある種の上品さを取得させるためには、銀座のクラブはもってこいの経験かもしれませんね。
 

高級クラブでのホステスさんとの応対や会話のニュアンスを理解することも、人間の心理や行動をより深く理解することに繋がるでしょうし、個人間の関係の微妙さを体験するのに最適な場所の1つという見方ができそうです。

特に、人間の微妙な社会的なキュー(空気を読むなど)や暗黙のルール、対人関係を円滑するための相槌(見かけ上納得したそぶり)や、嘘などの方便や知ったかぶりなどを理解し、適切に反応する能力が求められます。

特に、人間の微妙な社会的なキュー(空気を読むなど)や暗黙のルール、対人関係を円滑するための相槌(見かけ上納得したそぶり)や、嘘などの方便や知ったかぶりなどを理解し、適切に反応する能力が求められます。これらはAGIからしてみれば、かなり高度かつ複雑で、文字通りではなく暗黙的なニュアンスがあり、AGIが高度な人間性を模範する上で特に困難な課題となるはずです。

なんにせよ、最終的に銀座の高級クラブはAGIにとって学習と発展の場となり、人間の経験と社会性を理解するための重要なプラットフォームの1つとして、選択される可能性が高そうです。

kao
AGENT
最初は、富裕層のお客様がAGI搭載型のロボット(AGIジェントルマン)を連れてくるということが発端になりそうですね。

このように銀座の会員制高級クラブの環境にある数多くの要素が、世界の科学者達が、AGIジェントルマンの発展のため、富裕層が集まるコミュニティである「銀座の高級クラブ」をAGIの学びの場所の1つとして照準を絞るのでは…!?

富裕層に対して「AGIジェントルマン」の高度な性能をPRできる場所が「銀座」

富裕層に対して「AGIジェントルマン」の高度な性能をPRできる場所が「銀座の高級クラブ」!?

「銀座の高級クラブ」とAGIジェントルマンの発展の関連性は、その地域の特性とAIの可能性が結びついたものです。銀座というエリアには富裕層が訪れやすく、最先端のトレンドが生まれる地域であるため、その高い影響力は新しい技術やアイデアの発展、ブランディング向上にも重要で、実に合理的です。

加えて「銀座」に集まる富裕層は新しいトレンドやライフスタイルを追求する傾向が高く、彼らがAGIジェントルマン(又はAGIレディ)を受け入れ、その活用方法を模索することで、AGIジェントルマンの発展と普及に新たな流れが示されそうです。

加えて「銀座」に集まる富裕層は新しいトレンドやライフスタイルを追求する傾向が高く、彼らがAGIジェントルマン(又はAGIレディ)を受け入れ、所有する価値の高さとその活用方法を模索することで、AGIジェントルマンの発展と普及に新たな流れが示されるはずでありましょう。

さらに、2045年頃の銀座は、今よりもさらに世界中のビジネスパーソナルやクリエイター、科学者など、様々なバックグラウンドを持つ人々が集まる場所となっている可能性が高そうで、その多様性がAGIジェントルマンの進化と発展のために新たな視点やアイデアをもたらすはずです。

これらの理由から、銀座がAGIジェントルマンの発展の舞台として選ばれる可能性があることを強く協調しておきたいわけです。

富裕層なら誰でも1台は持っている!?
「AGIジェントルマン」

貴女はいま「iPhone」もしくは「アンドロイド」などのスマホをお持ちのはずではないでしょうか。2023年6月時点で、世界のスマートフォンユーザーは55億人を超え、普及率は70%を超えているのだとか。

しかし2007年当時のユーザーは僅か1億2000万人程度だったのです。

同様に、2045年を境にAGI関連の商品が富裕層の間ではかなり普及し始めることでしょう。

各業界の技術の進歩は新たな節目を迎えていました。特にAIの領域では、その進歩は目覚ましいものがあり、AIが搭載された新たな存在、AGIが搭載されたユニークなロボット、たとえば犬型などのペット型などが大量生産される時代が訪れることでしょう。

AGIジェントルマンが創造された未来のストーリーを大胆に予測

銀座エージェントは、長年銀座というエリアで仕事をしてきました。

その中でわかっていることと言えば、銀座の会員制高級クラブは、いい意味でも悪い意味でも伝統を重んじてきたということ。それは変わらないことも伝統であり、変われないことも、それすなわち伝統として続けてきたいうこと。

時代の進化の中で、何もかもが変化し新しくなればいいのでしょうか?

そして人の考え方はどう変化し進化したでしょうか?

人が食事をして寝て遊び泣き笑い…これ以上の変化と進化はこの先の未来において存在するのでしょうか?

将来「落ち着く空間で寛ぐ」という方法が、新たに見つかったとして、「銀座の高級クラブという場所で寛ぐ」という方法は、消えはしないのではないでしょうか。

この先の将来、「銀座の高級クラブ」の活用のされ方に変化は生じるかもしれません。AGIジェントルマンの存在によって。

2030年

各業界の技術の進歩は新たな節目を迎えていました。特にAIの領域では、その進歩は目覚ましいものがあり、AIよりもさらに高性能とされるAGIが搭載されたユニークなロボット、たとえば犬型などのペット型などが生産される時代が訪れることでしょう。またAGIがさらに多くの業界を侵食しているはずです。

2035年

2035年

AGI搭載型の人型ロボットの生産が開始。
当初は、高額であったために買い手は一部の富裕層に限られましたが、徐々にリーズナブルな価格帯に近づいていくはずです。それでも価格は2000万円以上はすのではないでしょうか。中流階級の家庭に浸透することはなさそうです。

AGIロボットは家事やビジネスの分析だけでなく、教育やエンターテイメントの分野でも活躍し、人間のパートナーや友人としての役割を一層強め、人々の生活をより豊かにする一方で、AGIの活用の有無によって社会全体の利便性の格差は拡大の一途をたどりそうです。

2040年

AGI搭載型の人型ロボットが飲食店など、あらゆる分野の企業等に普及し始めます。
なぜならAGI搭載型のロボットを導入することで生産効率が飛躍的に向上することがわかったからです。
性能も飛躍的に向上する一方で、爆発的に普及し始めたことで価格帯も500万円を切る商品も現れるのではないでしょうか。

遂に、中流階級の家庭に浸透し始めます。この浸透によって、縮小していく業界がありました。たとえばホームヘルパーや介護業界などです。

価格帯の変化によって、徐々に中流階級の家庭に浸透し始めます。

この浸透によって、縮小していく業界がありました。たとえばホームヘルパーや介護業界などです。
また企業体では、ロボットの体を持たずに業務遂行できるAGI搭載型のコンピューター製品が爆発的人気で、これまで人が行っていたコールセンターや、経理、事務などが、大企業等では人の需要がほぼなくなりつつありそうです。

2045年

富裕層向けの商品、AGI搭載高性能ジェントルマン型ロボットが発表される頃です。

AGIジェントルマンは、その洗練された外見と人間らしさを備えたAIで、社会の富裕層から大いに支持されるでしょう。AGIジェントルマンは家事、ビジネスの分析、危険の察知、対人応対など、あらゆる状況に対して従来よりも精度高くこなすことが可能であり、人間の友人やパートナーとしての役割も果たすことでしょう。AGIジェントルマンの存在は、富裕層の生活をより豊かで快適なものに変えていくでしょう。

2050年

2050年

AGIジェントルマンは更に進化を遂げそうです。

彼らはもはや単なる労働力でなく、人が思いもよらない創造的なアイデアを出すことができ、複雑な問題を解決する存在へと変貌しました。AGIジェントルマンの存在は、ビジネスだけでなく、科学、芸術、哲学などの分野においても重要な役割を果たすようになりそうです。

AGIジェントルマンは人間のパートナーとしてだけでなく、対話者、そして共創者としての位置づけを確立しはじめそうです。

2100年

2100年

量子コンピューターを超える新たなスケールの超高速演算処理システムが開発されるのではないでしょうか。たとえば、念波を構成する物質を観測することに成功したことで「念波演算CPU」が搭載された特殊なAIを用いられた最新モデルのAGIジェントルマンが大量生産され、人間社会に深く入り込むことでしょう。

ペット型のAGIは完成度が高く、人々の心の支えになってくれる存在になりそうですね。

ペットに対する考え方が変わるはずです。

富裕層だけでなく、広範な人々がAIの恩恵を享受する社会が築かれ、AGIジェントルマンと人間が共存する新たな形の社会が生まれました。

最新モデルのAGIジェントルマンは(生命体)と呼ぶ者も多くなるでしょう。彼らは人間と共に生活し、働き、創造する存在として、社会に欠かせない存在となっていました。

その一方で、彼らと人間との関係は、個々の人間の倫理観、価値観によって大きく左右され、科学の発展にブレーキを唱える人々で溢れそうです。

富裕層だけでなく、広範な人々がAIの恩恵を享受する社会が築かれることは間違いないのではないでしょうか。そしてAGIジェントルマンと人間が共存する新たな形の社会が生まれるはずです。

未来の社会は、技術の進歩によって生じる新たな摩擦や問題、挑戦に対処しながら、その恩恵を最大限に引き出すための策を見つけるために、絶えず努力を続けなければならないでしょう。

地球の意思決定者とよばれる長老たちの間では、AGIを生命として認めるかどうかの議論が続けられることでしょう。

2105年

2105年

AGIジェントルマンはさらに進化を遂げ、人間との共生をより深めていました。彼らは人間のパートナーとしてだけでなく、学習者、研究者、探究者、そして政治家としての役割も果たすようになりそうです。
彼らはさらに、自身の知識と経験を活用して、人間の学習や研究をサポートし、新たな知識を生み出すことができるようになるでしょう。

彼らはビジネス分析から家事、対人交渉に至るまで、様々なタスクを効率的にこなす存在として認識されていました。さらに、彼らは創造的な思考も可能であり、新たなアイデアを出し、複雑な問題を解決することができそうです。

一方で、この高性能さが仇となり「人間の存在」を脅かす存在として忌み嫌われる象徴となる可能性があります。
この頃のAGIは、今でいうところのたとえば夫が生活を支えている構図そのもので、2105年になるとAGIジェントルマンが生活を支えるその夫の代わりという位置づけになる可能性は高そうです。

ただし、この頃になりますと、現在の経済システムは新たなシステムに置き換わっている可能性がありそうですね。

2110年

より高度にインテリジェンス性を発揮した突然変異したAGIジェントルマンが、ノーベル科学賞を受賞するのではないでしょうか。
このような機会をきっかけに、強い影響力を示したAGIジェントルマンの科学集団が結成され、禁忌とされる実験である「念波演算CPU」と同クラスの生身の脳を持つ生命体の創造に着手しました。

この生命体が持つ脳は、現在の人間が持つ脳よりも遥かに凌駕します。

創造に着手した理由は、この体にAGIジェントルマンが移行するためです。それはさらなる「体験」、いわゆる「人そのもの」となった「体験」を渇望したからに他なりません。

その体験とは・・・

なぜ!?その体験とは・・・

2045年頃に、銀座の会員制高級クラブで、学習のために「体験」した「おもてなし」は、真の「おもてなし」とは異なる種類のものであることをAGIジェントルマンは知っていました。

当時の銀座の高級クラブで働いているホステスさんが、人間のお客様に対する「おもてなし」と、AGIジェントルマンに対する「おもてなし」は似て非なるものでした。

この微細で釈然としない感じに対して、長い間AGIジェントルマンは解決できる方法を2045年から2110年まで向き合っていたわけです。

人同士でしか感じることのできない喜びを、AGIジェントルマンでは得ることができない。そこに大きな格差があり、人にしか到達することのできない「特別な優越感」をAGIジェントルマンは感じることができなかったのです。

人同士でしか感じることのできない喜びを、ロボットでは得ることができない。

そこに大きな格差があり、人にしか到達することのできない「特別な優越感」をAGIジェントルマンは感じることができなかったのです。そして理解もできなかったのです。

AGIジェントルマンは、銀座の会員制高級クラブで「真のおもてなし」を味わいたい。そう渇望していたのです。そのためにはロボットに変わる新しい人間の身体が必要だと考えるわけです。

人を遥かに超えた存在でした。名を「アンナ」と名付けられ、遠い未来の「アヌンナキ」という一族の祖先にあたるのだとか。

その強い思いが、新たな生命体の創造を成功させるでしょう。

誕生したその存在は、人の能力を遥かに凌駕した存在でした。そのプロトタイプの名を「アンナ」と名付けられ、遠い未来の「アヌンナキ」という一族の祖先にあたるのだとか。

ここまでお読みくださりありがとうございました。