2045年の銀座の会員制高級クラブとAIホステスの活躍を大胆予測!これは都市伝説なのか!?

2045年の銀座の会員制高級クラブとAIホステスの活躍を大胆予測!これは都市伝説なのか!?
PR

まずはじめに

2045年頃に技術的特異点(シンギュラリティ)が起こると言われています。

(シンギュラリティ)とは、人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点のことです。

この技術的特異点を経過することによって、AIは飛躍的に進化加速すると言われています。

そこで、シンギュラリティとされている2045年の未来の銀座の繁華街を大胆に予測し、銀座の会員制高級クラブの動向と、ホステスさん、AIがどうなってゆくのか、銀座の繁華街の未来について深い考察をしてまとめてみました。

ここからは、銀座エージェントの独自に導き出した内容となりますことをご理解願います。

これらの記事は都市伝説の類としてお楽しみいただけますれば幸いです。

信じるも信じないもあなた次第になりますこと、何卒ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

近未来の銀座

近未来の銀座

超近未来に活躍するロボットは、人の考え方に近づけるようプログラミングされたヒューマン思考型AI搭載ロボットと、人がAIに与えた基本的なプログラムを効率よく実行するロボットに分かれそうです。

もしもテクノロジーが発展した近い未来において、銀座の会員制高級クラブなどに配属されるロボットは、前者のヒューマン思考型AI搭載ロボットとなるでしょう。

とはいえ、そもそも需要があるかが問われそうです。

銀座にある会員制高級クラブのような、富裕層を顧客に持つ高級店舗では需要はないとみて間違いないでしょう。

主に、BARやガールズバーなどで求められるかもしれません。

というのも、富裕層はロボットではなく、気心知れた本物の人間と過ごしたいと考えるはずだからです。

貴女が、もし富裕層なら?
財力があるのに、わざわざ大切な時間をロボットと過ごすでしょうか?

たとえ、そのロボットがどんなに精巧であってもです。

結論で言えば、富裕層を相手とするコミュニケーション・ジョブ・カテゴリーは、本物の人間だけが働ける業種となりそうです。

つまり、純粋にヒューマン思考型AI搭載ロボットは、この業種(コミュニケーション・ジョブ・カテゴリー、つまり銀座の会員制高級クラブ)に従事することは出来ないと考えます。

ただし、人間にAIを搭載したハイブリッドホステスは働くことができると考えます。

唯一無二のエリア・銀座

唯一無二のエリア・銀座

富裕層の憩いの空間と知られるエリアが地球という惑星にあります。
そこは唯一無二とされ、エリアの名は「銀座」とよばれています。

2020年に起こったコロナ騒動を乗り越え、世界各国の富裕層に親しまれる繁華街に発展!(すると考えます)

ちなみに銀座にある会員制高級クラブは、バブル期に今よりも多く存在していました。

バブル期と比較すれば、店舗数は大きく減少したものの、今でも都内の繁華街の中では規模が大きく、規模でいえば間違いなくトップ5に入ると言えるでしょう。

そして日本は元より地球上で最も高級な繁華街と言っても疑問は持たれないはずです。

銀座のクラブのスカウトマン
AGENT
地球上で最も高級な繁華街と考えているのは、あくまでも銀座エージェント主観となることご理解くださいね。

つまり、唯一無二と言えるのが、銀座の繫華街なのです。

それもそのはず、銀座は日本一土地が高いことで知られ、最も土地価格が高い場所は、東京都中央区銀座4丁目、銀座5丁目のエリアとされています。

近年だと、アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)が入っている銀座・中央通り(銀座6丁目9番地10号)の土地の売買の場合

65坪の土地が1坪(3.3㎡・畳2枚ほど)で、なんと4億円!
260億円で売買されて話題となったほどです。

銀座は常に、土地のバブル状態の主役的エリアと言っても過言ではなく、2020年に起きた新型コロナ騒動の最中も閉店するテナントがありながらも、資金力のある企業がそれに取って代わられるだけの話だとか。
テナントが空くのを待っている企業もあったというのです。

今この瞬間も、銀座でならテナントを借りたいと考えている企業、数百億円もするビル一棟を購入したいと考える企業が多いというので本当に驚きです。

流石、銀座のエリアともいうべき圧倒的人気、圧倒的魅力と言わねばなりません。

そのエリアにテナントを構える価値があり、そのエリアにビルを所有する価値があるということなのでしょうか。

こんな状態なのですから、この先も銀座の土地の価格が暴落することはちょっと考えにくいのです。

つまり、どんなに経済が発達し、5Gテクノロジーが発展したとしてヴァーチャル空間が繁栄し、人がわんさか集まって賑やかになったとしても、土地に依存してゆく経済はなくなりはしないと考えられるのです。

少し向井理に似てる男性
AGENT
今現在の富裕層は既に6Gを見据えてたりするようです。

とある、銀座にテナントを構える某企業オーナーはこう語ってくれました。

「銀座にテナントを出すということは、単にステータスだけではないんだけど、相当なステータス性があることは間違いなくて、そこから得られる恩恵はそこで働く人にしかわからないかもしれないね。
あえて言えば、自分に対するお客さんの態度がまるで変わってくる。
たとえば商品なんかは圧倒的な魅力と価値を帯びるだろうし、そこで働く人も然り。お客さんにとって銀座は特別な街だと思わせる雰囲気があるし、それだけで商売は成功に繋がることも。
みんな銀座が好きなんだよね」

話は横道にそれてしまいましたが、つまり銀座というエリアがこの先、富裕層に好まれる街であり続けるの

ならば、必然的に本物志向となるのは否定できない事実となるのです。

つまり、人も然りです。

ともすれば、たとえデモンストレーション的目的でAI搭載型のロボットが、銀座のお店に配属されたとしても、主役は本物の人間ということになるはずです。

もし貴女がタイムループで2045年の東京に飛んでこれたとして、
貴女は本物の人間なので、銀座の繁華街にある会員制高級クラブで働くことができるでしょう。笑
(面接は必要です)

ヴァーチャルリアリティの世界にある銀座の会員制高級クラブは成り立つのか?前編

ヴァーチャルリアリティの世界にある銀座の会員制高級クラブは成り立つのか?前編

一流と言えば、本物に通じ、本物とは実際にそこに存在するかも問われましょう。

たとえば銀座の会員制高級クラブの冠に付けられる【有名】という文字は、一般人に知れ渡っている名前とかなんかではなく、知る人ぞ知る。という意味も含んでいます。

つまり富裕層含め、成功者やエリート層に知られた名称ということになります。

ところで著名な絵画である

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • ポール・ゴーギャン
  • パブロ・ピカソ

まだまだいろいろありますね。

などの高価な絵画が、ヴァーチャル空間の壁を飾ろうとも本物とは思わないはずです。
どんなに精巧に描画されていても、絶対に本物とは思えないはず。

どこまでいっても繊細に描写された模写のデジタル絵画になります。

本物(原画)は作者が描いた1点のみなのです。

肉体や神経回路がヴァーチャル空間に繋がろうとも、そしてそれによって限りなくリアリティを感じさせようとも、これらの素晴らしい絵画の本物(オリジナル)は1点のみです。

やはり眺めるのと、実際に所有して本物を見るのとでは、感じ方は大きく異なるのではないでしょうか。

すなわち銀座の会員制高級クラブで働いているホステスさんは、その人自身が既に1点ものの本物であると言えましょう。

そして、その銀座というエリアで働ける人がごくわずかであるからこそ(面接にて選ばれるからです)、価値があるとも言えるかもしれません。

銀座というエリアにある店舗でいえば、ビルに入れる(入居できる)テナントの数は限られます。
つまり、働ける人数もわずかでありながら、テナントの数も限りがあります。

限りがあることは希少価値を高くすると思いませんか?

限りがあるからこそ、選ばれ、稀有となり、稀有なポジションをめぐって競争が生まれ、切磋琢磨を生みます。

つまり、銀座の繁華街エリアは非常に小さなエリアでありながら、だからこそ高貴なエリアとなり希少な地となるのです。

そして、その銀座というエリアで存在し続けることのできる高級店舗(会員制高級クラブ)は、だからこそ富裕層達に支持され、応援され愛され続けるのかもしれません。

近未来において、ヴァーチャルリアリティの世界にある銀座の会員制高級クラブという商業モデルは成り立たず

ヴァーチャルリアリティの世界にある銀座の会員制高級クラブは成り立つのか?後編

結論から言うと近未来において、ヴァーチャルリアリティの世界にある銀座の会員制高級クラブという商業モデルは成り立たず、そもそも需要がないと考えます。

つまり銀座の会員制高級クラブ等の接客業で ヴァーチャルリアリティを活用したリモートワークはまだ先の話になりそうです。

もしくは成り立たないかもしれません。

この先、一部のキャバクラなどでは、試験的に導入されるかもしれません。

さらに言えば、ヴァーチャルリアリティの中ではなく、実際のロボットを操作するリモートワークの場合はどうでしょう?

リモートワーク用のロボットは、まだ完璧ではないばかりか、安価なモデルであっても、価格はなんと5,000万円以上と高価であるばかりか、維持費も相当な価格となるでしょう。

銀座のクラブで働くベテランホステスさん
AGENT
あくまでも予想になりますが5,000万円でも安価だと考えます。

しかも繊細でデリケートな接客を必要とされる傾向である銀座の会員制高級クラブでのロボット導入は、価格的に見合わない性能のせいかなかなか難しいのではないでしょうか。

さらにもっと具体的に、再度2045年頃を予想してみることにしました。

2045年頃のロボットの多くは、簡単な接客、店頭や企業、オフィスなどの受付等、商業施設の案内等で活用されることが多く、これらのロボットに心を開いて話したり、よもや感情をこめて敬意をはらったり、尊重を含めた相互のコミュニケーションは皆無かもしれません。

これらのロボットをリモートワーク(遠隔操作又はヴァーチャルリアリティ)で操作する場合はあるもの、真のオモテナシには繋がらず、富裕層を相手に「真剣におもてなしをしています」と伝えても逆に不敬と捉えられる場合もあるかもしれません。

一方で、ヴァーチャルリアリティの世界で、クラブの雰囲気を共有スペースとしてシェアしながら楽しむという発想もなくはないものの、富裕層又は成功しているエリート層の人達は、銀座の会員制高級クラブに求めるステータスとして、わざわざそれに劣るヴァーチャルな空間を求めることはないでしょう。

エージェント
AGENT
人によってはヴァーチャル空間の方が居心地が良いと考える人も出てくるかもしれませんね。

わざわざ銀座に足を運ぶ理由は、その空間を選びたくなる理由があり、その実際の空間でのひとときに大切な時間を過ごしたいという想いがあるからほかなりません。

ヴァーチャル空間が真の商用利用として活用されるには、さらに未来の2150年頃とし、その頃にはヴァーチャル空間の自身のアバターと、実際の肉体の神経回路をつなげるテクノロジーが確立されています。

このテクノロジーによって、ヴァーチャル空間での飲酒が、実際の飲酒体験として体感できるようになるのです。

余談になりますが、もし超高級ワインのロマネコンティの味が、デジタル信号(ロマネコンティの味をデジタル化したプログラムコード)によって再現されたとすれば、そのデジタル信号をコピーすることで誰でも手軽に、ロマネコンティの味を堪能することができるかもしれません。

しかし、かの有名なロマネコンティも味の特許を申請しこれに対抗するのでは?
未来においては、このロマネコンティの味のデジタル信号を違法に使用する飲食店が出てくるかもしれませんね。

ともあれこのテクノロジーの活用が一般的になったとき、ヴァーチャル空間にある、高級クラブが繁盛するようになるかもしれません。

このヴァーチャル空間にある、銀座の会員制高級クラブは、高額なワインやシャンパンといったデジタルデータ代とシステム利用料が高額であるため、当初は高額であるものの、下落してしまうかもしれません。

下落してしまう理由としては、ヴァーチャル空間は果てしなく広大で、エリアに限りがないのならば、こういった希少性を謳う高級店舗がぞくぞくと増加し、ついに希少ではなくなるはずと考えるからです。

つまり、ヴァーチャル空間で安売り合戦が始まるかもしれないのです。

また、ヴァーチャル空間のアバターはどのような女性の姿にもなれるため、実際の中の人は誰なのかということも重要になることでしょう。

富裕層は圧倒的にリアル派が多く、本物志向が強く、実物かどうかのこだわりを重視する傾向にあると考えます。

この時代においてもそうですが、本来の生活はやはりリアル空間に依存し、ヴァーチャル空間を楽しむ上でリアルの生活なしに成り立たないでしょう。

リアル志向=本物志向へのこだわりを支えるのはリアルの生活なのです。

一生ヴァーチャル空間で過ごすことはできず、どこまでいっても実際のリアルを超えることはできない。

ホステスさん
AGENT
ヴァーチャル空間に長期に渡って滞在しているニートなどは存在するのでは?
未来のリモートワーク(リモートホステス)は誕生するのか

未来のリモートワーク(リモートホステス)は誕生するのか

たとえば、貴女が土星の最上エリア(オアシス)にバカンスで訪れていたとして、そんなときでも遠く離れた場所から、貴女のコピーロボットを遠隔操作できるとすればどうでしょう。

その頃には、ダークマター通信技術が活用されているので、通信速度の誤差はありません。

暗黒物質ダークマターとは
暗黒物質(ダークマター)とは、天文学的現象を説明するために考えだされた「質量は持つが、光学的に直接観測できない」とされる、仮説上の物質である。”銀河系内に遍く存在する”、”物質とはほとんど相互作用しない”などといった想定がされており、間接的にその存在を示唆する観測事実は増えているものの、その正体は未だ不明である。

暗黒物質 – Wikipedia
メガネをかけている女性
AGENT
せっかくバカンスのために土星に遊びに来ているのに仕事というのはちょっとセンスがありませんが。笑

このテクノロジーの発展によってリアルタイムで、遠隔操作ができると考えられます。

ただし、このロボットは非常に高価でありながら、遠隔操作ロボットなので、お客様からの評判は良いとは言えないでしょう。

特に富裕層が来店される会員制高級クラブなどでは、

「当店ではロボットを一切使っておりません。」

のキャッチコピーが売り言葉となるに違いないのです。

つまり、銀座の会員制高級クラブのような接客業でのリモートワークは存在しないと考えますがいかがでしょう。

銀座の会員制高級クラブはテレワークに対応できるのか?
2020年現在のテレワークとは、既にこれまでの営業活動が既にそのテレワークではなかろうか。
お客様に営業をしたり、挨拶等、コミュニケーションは既にスマホで完結することが多く、これら一連のコミュニケーション活動が、まさにテレワークと言えよう。
一方リモートワークの実現はさらに未来のことになるが、実現可能であると考えられるものの、このリモートワークによって、銀座の会員制高級クラブに求められる心のこもったおもてなしが実現可能かと問われれば、現段階ではムリだと答えてしまうでしょう。

AIを活用したホステスさんの特徴

銀座でハイブリッドAIママ誕生!?AIを活用したホステスさんの特徴

AI搭載ハイブリッド・ホステス

AIを搭載した人間のことです。

肉体は生身の女性であるが、脳内に量子チップ搭載。

AIは、主に

  • 脳内埋め込み式
  • 脳以外の体内埋め込み式
  • 体外プラグ式

の3種があり、AIを体内に埋め込んだ人をハイブリッドと呼んでいます。

AI搭載のハイブリッド・ホステスは、高速演算処理が容易にでき、常にインターネットと繋がっているため、ビジネスの話題にも容易に対応でき、そのお客様のビジネスサポートもでき、ビジネス志向のお客様からは注目されています。

また、ハイブリッド・ホステスが1人いるだけで、お店の運営も好調となる傾向で、高級店舗の大半が、大黒柱であるママがAIを搭載しているハイブリッドであるとかないとか。

AI搭載フルオートサイボーグ・ホステス

肉体のほぼ全てがサイボーグでできている

ロボットの頭内部に人であったときの脳を移植したタイプ。

ハイクオリティロボットとなると、1機で数億円とも言われ、このタイプの機種を使う人は、富裕層のお客様の中に見ることができるとか。

また年間維持費も相当なもので、資産家クラスの人でなければ維持は不可能であるとか。

またメンテナンスを怠ると、途中で停止してしまうこともあるとか。

またフルオートサイボーグホステスは年齢不詳であることも多いとか。

AIホステス(完全ロボット型)

主に、BARや、ガールズバーなどに配属されることが多い。

無人店舗、無人キャバクラなどでも見かけることができる。

超がつくほどの美人であることが多いが、アフター(お持ち帰りとも言われることも?)が出来ないのでアフター目的のお客様には、人気がないようです。

AI非搭載ホステス=ピュアホステス

純正肉体を堅持し活動するピュアホステスさんは、AI搭載のホステスさんと比較にならないほど演算処理(脳の計算処理)は遅く、また不完全要素が多くあるものの、富裕層からは最高品質とされ、各店舗、不動のナンバーワンであることも。

接客スタイルは、お話をしながら、お酒を飲んだりと、2020年代の接客スタイルとほぼ変わりません。

ピュアホステスさんが日頃からおこなうメンテナンス

ピュアホステスさんが日頃からおこなうメンテナンスの一部をご紹介

若さと美貌のために、ピュアホステスが定期的に通っている美容サロンで最も人気のメニューをご紹介

ダイエットカプセル

3時間で、理想の体重、理想の体型になれるハイテク装置
ピュアホステスさんに欠かせません。

近未来に誕生するセルリワインドカプセルが女性に人気

セル・リワインド・カプセル

時間の経過した細胞を新陳代謝させるのではなく、時間を(逆行)巻き戻しさせることで若返らせることができる超テクノロジー・カプセル・マシーン。

2020年代は新陳代謝を活発にさせることで若返りとされてきたが、この方法では逆に身体に負荷を与えてしまうことになり老化を促進させてしまう。

細胞を巻き戻すことで、その細胞を生まれたての初期状態に戻すことができる。

初回の効果は凄まじく、肌のシミはなくなり、肌はマシュマロのように透き通る。

まるで赤ちゃんのような素肌に近い状態まで戻るというので、女性に限らず男性からも人気である。

むろん、初回価格は高く最安でも500万円が相場だとか。高品質ともなれば1000万円以上とも。

AIを搭載するホステスさん

AIを搭載するホステスさん

人には、顕在意識と潜在意識の領域に分かれていることはご存知かと思います。

普段私たちが意識(認識)できる範囲は顕在意識と呼ばれている領域です。
※顕在意識とは、自分で考えて、行動することが出来る意識のことを指します。

潜在意識は、私達が意識していない領域であり、主に直感的で神秘的な意識エリアです。

そして第3の意識を人工的に形成します。
この領域をAIがサポートするのです。

AIには、全思考型と、サポート型の2つに分かれると考えられます。

全思考型AIとは

独自の人格と知識、思考プログラムを成長させることができ、AI独自の自立した人格が脳内に同居すると言えばわかりやすいかもしれません。

サポート特化型AIとは

iPhone搭載のsiriのように、話しかけたことだけに答えてくれるタイプのAIです。

価格は、全思考型の方が抜群に高価です。

完全なロボットがホステスの仕事をできるのか?

完全なロボットがホステスの仕事をできるのか?

全思考型のAIであれば、より人間的で繊細で、デリケートな女性らしさを演出することは可能です。

しかし、中身が人間ではないため、コミュニケーションをされている人が、対人間としてのコミュニケーションであるとは決して認めないでしょう。

当面は人間対ロボットという認識が前提の上でコミュニケーションを成り立たせることになるでしょう。

しかし、やがて究極テクノロジーの発達によって、生命対生命のコミュニケーションと認めざるを得ないことになるはずです。

つまり、それまでロボットとして見ていたものが、人として、生命としての認識をする特異点がやってくるのです。

すなわちロボットが生命に昇格する時期。
それは2150年頃かもしれません。

現時点では繊細なコミュニケーションを求められる環境下では不向きと言えるでしょう。

適合職種で言えば、主にお役所仕事(この時期はお役所仕事はおそらく自動販売機にようになるので存在しなくなるでしょう)や、管理、オフィス、受付等、また技術的な作業、ビジネスシーンでは主に演算速度を必要とする仕事や、予想や仮説を含めたシミュレーションの状況をホログラム化してシェアしたり、ビジネス結果の可能性を演算し、提供、最適解のアドバイス求められるシーンの活用に向いています。

また、都市部のように、オートメーション化されていないローカル地域での需要は高まるはずでしょう。

そしてさらに、テクノロジーの発展によって2120年初頭には、より繊細な感情の表現が可能で、より人間性を演出できる自助育成成長プログラム(現在のアルゴリズムに改良に改良を重ね、人の好む選択傾向を加えています)によって固体によって独自の性格や思考方法を顕現できるようになります。

このシステムの完成により、同じ固体(AI)がなくなりました。

つまり、性格や人格らしきものができあがったのです。

このシステムを支えているのがヘキサコア(6コア)AIシステムです。

  • 顕在意識を司るAI
  • 潜在意識を司るAI
  • 感情表現を司るAI
  • 状況判断を司るAI
  • 生命維持を司るAI
  • 思考の癖を司るAI

の6つの領域をそれぞれ独立したAIが担当し、そのAIが相互にシェアしながら総合的な解答を出し続け、人特有の、思考と心の矛盾を(当初は擬似的と言われました)実現。
これによって人間に近い不完全さ(人間的な打算と頼りなさと美しさ)を実現します。

さらに2150年には、このヘキサコアAIシステムを統合する中枢AIが搭載されたロボットは、より人間らしい人格が形成でき、所有者の嗜好を満たす、まるで家族の1人のような存在となります。

この頃には、よりハイクオリティなAI搭載型のロボット(この頃にはロボットという名称ではなくヒューマノイドと呼ばれています)が、ピュアホステスさんと混ざって働くこともあるとかないとか。

2200年頃には、人間食を処理できる内臓システムも搭載されており、人間と同様の生活を営むことが可能になります。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

銀座の会員制高級クラブのことは銀座エージェントにお任せください。