今まで銀座の会員制高級クラブで 働くことをオススメしてきた理由

今まで銀座の会員制高級クラブで 働くことをオススメしてきた理由
PR( ↑ 画像をクリック!)

なぜ富裕層達に「銀座の会員制高級クラブ」が選ばれてきたのか

そもそも、銀座は

江戸時代に「銀貨幣鋳造所」(銀貨を製造)を作っていた場所のことを「銀座」と言いました。

に由来します。

明治2年(西暦1869年)は幕府の崩壊によって、明治政府が、造幣局の設立に伴い接収し、銀座を廃止。

「銀座」という地名は現在では名残りであったとしても、人々の記憶には残るところであり、ふさわしい名称だったのです。

「銀座」という地名が、歴史の中で「銀座は特別な街」であるという認識が定着したのは間違いありませんし、「銀座」というエリアが、なんとも優雅な雰囲気を感じさせてくれるのがその証拠です。

「銀座」という言葉そのものを聞くだけで、なんともリッチな雰囲気を感じさせてくれるから不思議です。

銀座の歴史

江戸時代・徳川幕府の直轄事業・銀貨を製造をしていた銀座 銀座のクラブの歴史を語るなら・・・江戸時代からの銀座のお話に遡らせていただきましょう。江戸時代に「銀貨幣鋳造所」(銀貨を製造)を作っていた場所のことを「銀座」と言いま[…]

銀座シックスの正面玄関

そもそも、「銀貨幣鋳造所」は、どこにでも建設されるような種類のものではありませんから、最初から特別な場所として選び抜かれた場所だったのかもしれません。

そして近年では、優雅な印象をもつ銀座は決して地名だけにとどまらないのです。

銀座には世界を代表する高級ブランドショップがあります

なぜなら、世界を代表する一流ブランドショップの数々が、ここ銀座を本店、旗艦店として集結しているからです。

「銀座」は、これらのブランドイメージの向上にもしっかりと貢献していることになります。

超がつくほどの百貨店も然りで、わざわざ足を運んでくださるお客様が来店してくださるにふさわしいサービスを、受けることができるでしょうし「さすがは銀座に構えるだけある」と納得させてくれるのです。

お客様の中には、同じ商品を購入するにも、たとえどのエリアで販売されていたとしても、「購入するのなら銀座!」と強いこだわりを持っている人も少なくないのだとか。

それでは、なぜ「購入するのなら銀座」なのでしょう?

それは、その商品が

  • 正当な方法で
  • 正式な手続きを踏んで
  • 入念にチェックを受けて
  • 資本力が豊富な企業によって
  • 健全とされる企業によって
  • 人気がある

という印象(イメージ)が強く

そして

  • 本物の志向の商品
  • ブランド力がある、又は今後においてブランド性の向上を期待できるもの

つまり

  • まがい物ではなく
  • 偽物ではない

という確信に近い気持ちにさせてくれるからではないでしょうか。

「銀座は安心」そう確信させてくれる材料が揃っているからと思わせてくれるのが銀座なのです。

だからといって、銀座以外の地域がそうではないというわけではありませんのであしからずに願います。

銀座が特別なだけなのです。

だからこそ、大企業はこぞって、このイメージを有効活用したいと考えるのではないでしょうか。

これは、イメージの良い芸能人をCMに起用するのと同様でしょう。

そして、この銀座のイメージは長年、守られてきました。

それは、銀座という都市を発展させるためのこれまでの都市開発の経緯と、今の銀座を見れば明らかです。

  • 美しく清潔感を保たれた都市設計
  • ビル、テナントも銀座という街にふさわしい外観が大半
  • 老舗の企業も多い
  • 知名度があり、商品価値が高く高価格帯の商品を扱うブランドショップが実に多い

加えて、土地価格の水準も高いうえ、いまだに上昇中とのことですから驚かされます。

お目当ての空き物件(テナント)が空くのを待っている企業も少なくはありませんし、銀座の中心エリアの一角にある、銀座の会員制高級クラブですから、富裕層に見逃されるはずはないと考えますがいかがでしょう。

銀座の会員制高級クラブの魅力は「ママ」の計り知れない力量の数々にあり

銀座の会員制高級クラブの魅力は「ママ」の計り知れない力量の数々にあり

たとえばショッピングをするときなど、社長不在や店長や責任者不在のお店をどう思うでしょうか?

ゆったりと寛ぎに来店したお店で、頼れる人がいなければ心許ないとは思いませんか?

名だたる会員制高級クラブのママは不在ということはほぼありません。

来店した際には「必ずママが迎えてくれる」という安心感が信頼に繋がっていると言ってくれたお客様もいます。

銀座の会員制高級クラブの「ママ」は太陽のような陽気を放つ存在であると言えば言い過ぎでしょうか?
決して言い過ぎではないはずです。

お店の象徴とも言えるべき温かい存在感があるのです。

洞察力に優れ、先を見通す先見の明を持ち合わせている「ママ」もいます。

実際そういうママの助言を必要としている企業家もいるほどです。

これらの企業家は、ママからの助言を公にすることはありません。

つまり、ときと場合により銀座の会員制高級クラブの「ママ」の中にはフィクサー的な立場にある人もいるのです。

フィクサー(英: fixer)とは
政治・行政や企業の営利活動における意思決定の際に、正規の手続きを経ずに決定に対して影響を与える手段・人脈を持つ人物を指す。

出典:ウィキペディア

こういったママの中には、政治や経済に知見を持ち、自ら実業家であるという場合もあれば、オーナーとなって実業家を育成していることもあります。

加えて言えば、「ママ」としての魅力は表面上だけで、推し量れるものではないことも多々あります。

また、スタッフの育成もお店にとって大切な要素ですから、営業センスに抜かりがないことは言うまでもないでしょう。

大ママともなれば、自らの後継者を育てているのはともかく、こともあろうか育てられている本人さえも、育てられていることに気づいていないこともあるのだといいます。

もし貴女がベテランホステスさんであれば、この先後継者と選ばれる可能性はゼロと言い切れるでしょうか?

エリートとよぶにふさわしい豪華富裕層によって銀座の繁華街が支えられている事実

メディア等の印象では、魅力的で素晴らしい印象で定着していた大物も、週刊誌などに不祥事をすっぱ抜かれて、世間の人々をガッカリさせることもあります。

世の中には、最悪な性格の一面を隠し、素敵な「お人柄」を演じている人も実際はいるのです。

本物とされる真実の「本人のお人柄」を知る術は、なかなかに難しいことがほとんどです。

その「お人柄」はお客様だけにとどまらず、働いているホステスさんやスタッフにも同様なのです。

だからこそ、銀座は銀座村と言われるだけあって、違和感として周囲に映るおかしな行動を取る人に対して寛容ではない一面があります。

非ジェントルマン的な行動が、あまりにも不審な点として感じれば、いつの間にやら風の噂となって銀座を駆け回ることも実際にはあるのです。

そんな銀座という街ですから、お客様にジェントルマン的な資質と行動を求められる所以でもありましょう。

そして、本来そのジェントルマン的な行動を「美」として捉える女性によって、こういったお客様(ジェントルマン)こそも多くの人に親しまれ、慕われ、人気を獲得することに繋がっていったのです。

こういったジェントルマンは、そこに存在しているだけで「癒しの雰囲気」を感じさせ、不思議なオーラーとなって人々を魅了し続けます。

そんな中で、その価値を知るママをはじめ、ホステスさんやスタッフも、そういったジェントルマンを心から認め大切にするのです。大胆に例えるなら、まるで生ける国宝のように。

ちなみにそのジェントルマンの価値に、気がつくことのできる力量を持ち合わせたホステスさん達を、銀座の会員制高級クラブに待ち望まれているのは言うまでもないはずです。

銀座の会員制高級クラブの高額な飲食代金は、魅力的な人の真心ともいうべき「おもてなし」という付加価値があってこそ実現される金額であり、その金額を払うにふさわしい価値が伴うからこその高額な飲食代金なのです。

そんなわけで、銀座の会員制高級クラブにお越しくださっている人は「お客様=ジェントルマン」という理想体であり、同様に働いているホステスさんやスタッフも相対するように理想の人物が待ち望まれているのです。

アフターコロナでは、この基準がさらにアップグレードされることになります。

銀座の会員制高級クラブで働く中枢ポジションで実力を兼ね備えたホステスさんやスタッフは、その人を見る目が高度に養われていることがほとんどです。

つまり環境が人を成長させると言っても過言ではないはずで、これは銀座の会員制高級クラブで働くメリットのうち、魅力の1つと言えるでしょうし、その成長を促しているのが豪華富裕層の支えがあってのことなのです。

銀座という街がフィルター的な役割を担ってきた!?

銀座という街がフィルター的な役割を担ってきた!?

誰にもバレなければ「何をしてもいいだろう」と考える傾向の人からどう自分を守りますか?

「わからなければよいだろう」
「バレなければよいだろう」

こんな考え方を持つ人が、その人自身を転落させてゆく可能性を生み出していることが多々あるのです。

イザそれがバレたとき、どうなるでしょうか?

大変なことになると思いませんか?

貴女は、やましいことが大衆にバレて没落した人が少なくないのは知っているはずです。

実際、やましい行動を取りやすい街と、やましい行動を取りにくい街があるのです。

銀座という街は「やましい行動を取りにくい街」かもしれないのです。

銀座エージェントは、安全な場所として「銀座」が選ばれるという「銀座安全神話説」は未だ健在だと考えるから、貴女に自信を持って銀座をオススメしています。

たとえばこれからの貴女の未来において、あくる日すれ違った人が超がつくほどのエリートである場合があるのが銀座という街であり、そのエリートは銀座の会員制高級クラブで寛いだ後かもしれないのです。

そんなエリート達が寛ぎにやってくる銀座の会員制高級クラブですから、そのお店で働くホステスさん達もそのエリート達と会話をする過程でどんどん知見に富み、優れた洞察力を培い始めてゆくのは時間の問題かもしれません。

それは、ときに直感というインスピレーションが知らせてくれることもあるでしょう。

つまり、女性が持つ、女性としての優れた第六感(シックスセンス)さえも磨かれてゆくのではないでしょうか。

第六感(だいろっかん、sixth sense)とは
基本的に、五感以外のもので五感を超えるものを指しており[1]、理屈では説明しがたい、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのこと。一般にはヒトの視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感以外の感知能力をいう。ヒト以外の動物にみられる視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感以外の感知能力(微弱な電場などの感知能力)を表現することもある。

出典:ウィキペディア

これが、今後の人生において、人を見る目を養わせ、その人が自分自身に幸せを齎してくれる人かどうかを判断できることに繋がるのではと考えます。

こういった女性達が増えること、すなわち自然な流れで、銀座を守るフィルター的な役割を担うことになるのではと考えます。

信頼される人柄とはどういう人であるのかを知ることができてよかった! Sさんの感想

信頼される人柄とはどういう人であるのかを知ることができてよかった

私には銀座の会員制高級クラブという水が合っていました。
銀座の新人ホステスさん
S.Sさん

水商売というのを、お客さんから指名を貰うのが仕事であることを信じていました。
10代の頃からキャバクラで働いていた私は、具体的に言えば、擬似恋愛を仕事にして稼ぐのが水商売だと、先輩に教わっていたからというのもあって、実際そういう仕事の方法で成績が良かった人は多かったように思います。
私もお姉さん達の仕事を見習って頑張ってきました。
しかし、25才になった私は、そういう擬似恋愛でお客さんに指名を貰うことに、疑問を感じはじめていました。
それは、人を騙していることに後ろめたい気持ちを感じていたからです。
たしかに、来るお客さんに「夢を見せてあげる仕事」と言えば、聞こえは良いのかもしれませんが、どうしても自分の中で不純なことをしているようで、気が咎めていたからです。
お客さんに好意を持たれて嫌な気はしません。
それが指名に繋がるのであれば、それはなおさらで、それがお給料に反映する。
でも、そういうお客さんの好意を逆手にとって、ムリに高額なシャンパンを入れてもらったり、同伴からラストまでずっと延長させ続けたりと、自分も好意があることを装って、お客さんの気持ちを弄ぶ仕事のやり方には、正直辟易していたからです。
それは、ある人からしてみれば、正しい仕事のやり方なのかもしれません。
ですが、私にとっては正しくはありませんでした。
私は26才でいったんそのキャバクラを辞めるとともに完全に水商売を卒業しました。
しかし約6年間水商売をしてきた私は、OLさんのお給料では、正直足りませんでした。
1年たっても、そのOLさんのお給料程度の月収に慣れることができなかった私は、水商売に戻ることにしました。
ただし、キャバクラでやラウンジではなく、銀座の会員制高級クラブで働くことにしました。
銀座の会員制高級クラブは、キャバクラとは全く異なる世界でした。
クラブでは、色恋の話で盛り上がるような擬似恋愛のような営業方法とは異なるものでした。
そのクラブの営業に慣れるまでは、ちょっと大変でしたが、結果的に「人間性」「性格」「人柄」のような人の根底にある部分が洗練されたような実感を感じました。
働くうちにママやお姉さん達を信頼し、関われたことに安心感がありました。
私は、自分自身が人に対して深く信頼し安心できたことで、いつしか私自身が相手から信頼されるような人になりたいと思うようになったのです。
そういえば、信頼されないような人は、不思議といつの間にかお店からいなくなっていました。
つまり、私が働いている銀座の会員制高級クラブでは、信頼されるような「人柄」のある人達が働いているというわけです。
そして、来店されるお客様もそういう信頼できる人達です。
結果的に、こういったことが銀座の会員制高級クラブのクオリティを高めることに繋がり、だからこそ素敵なお客様の来店に繋がっているのだと確信せずにはいられないのです。
私も、ゆくゆくは後輩達に信頼されるように努め、そして私を信頼してくれた後輩たちも、やはり信頼されるような「人間力」を磨き、その好循環が続いてほしいと願うのです。