銀座の会員制高級クラブで働くのなら!素敵な表情の基礎をつくる表情の美学・顔つき編

銀座の会員制高級クラブで働くのなら!素敵な表情の基礎をつくる表情の美学・顔つき編

優れた投資家は、投資する相手の表情、顔つきを慎重に見定めるのだとか

実際にある話では

それまで目立たなかった人が、めきめきと実力を発揮し、目を見張るような頭角を現し自信に満ち溢れた顔つきになった。というのを聞いたことはありませんか?

それとも実際に目にしたこともあるのではないでしょうか。

それが、貴女自身のことであれば、友人知人からは驚きの目で

「貴女は変わったわね」「見違えたわね」などと思われているかもしれません。

貴女の身の回りにも、著しく「顔つき」が変わった人がいるのではないでしょうか。

このような人たちは、明らかに

「仕事でうまくいっていそう」

「活躍している」

「明らかにステージが変わった」

「出世したのだろう」

と思わせられるから不思議です。

人は「顔つき」「表情」からその人が置かれている立場や、コンディションを知ろうと試みてしまうわけです。

逆に、落ちぶれていそうな人の「顔つき」も、それとなく察知できるのではないでしょうか。

聡明な貴女だからこそ、この「顔つき」の重要性を今一度意識されてはいかがでしょうか。

この「顔つき」は人生を一変させる「縁(えにし)」を形成させる力があります。

そして素晴らしい「運」を引き寄せる装置にもなりえるのです。

銀座の会員制高級クラブで働くのなら!素敵な表情の基礎をつくる表情の美学・初心編
image
銀座の会員制高級クラブで働くのなら!素敵な表情の基礎をつくる表情の美学・初心編清らかな表情づくりは日常の心がけから既に始まっています既に貴女は、本章の「素敵な表情の基礎をつくる表情の美学・初……
優れた投資家は、投資する相手の表情、顔つきを慎重に見定めるのだとか

対人関係で有利となる「顔」を備える

「顔つき」は本人が歩んできた人生の中で、形成された、いわば作品と言えるのではないでしょうか。

また、それぞれのシーンやシチュエーションを想起させてくれる、顔にまつわる諺(ことわざ)は実に数多く存在し「顔」というものが、人生にとってとても重要であることがわかります。

なぜ、これほどまでに「顔」が重要なのでしょうか。

やはり「顔」こそが人とのコミュニケーションの入り口だからではないでしょうか。

たとえば「目は口ほどにものを言う」の諺(ことわざ)にある内容は、我々が日頃から実践していることではないでしょうか。

言葉を口に出さずとも、眼差しだけで楽しいのか、悲しいかがわかったり、おおよその気持ちを察してあげることができるのではないでしょうか。目には感情があり、人は古来からそのことを誰にも教わらずとも本能で知っているのです。

また、元気のないときは、口角が下がったりするなど、顔の表情は日常の感情と密接にリンクしています。

だからこそ何事にも「冷静さ」「不動の心」一種の悟りともいうべき考え方が求められるのかもしれません。

そしてだからこそ、「顔つき」が重要視されるのではないでしょうか。

以下は、数ある「顔」に関係する諺(ことわざ)の一部をご紹介致します。

顔が売れる(かおがうれる)

顔が売れる
(かおがうれる)

世間一般で、自分が携わっている業界や、自分が勤めている企業などさまざまな分野で、広く知れ渡り有名になるという意味です。

銀座の会員制高級クラブに限らず夜の接客業、販売系での接客でも、顔が売れることで存在感をアピールできましょう。

実際は顔が売れる理由は多岐に渡り、「あの人は実力がある」「あの人はこの分野では権威がある」「あの人は好感が持てる」「あの人なら信頼できる」「あの人は物知り」「あの人は性格がよい」「この分野ならあの人」「あの人は憎めない」「あの人に言えばなんとかなる」などなど。まだまだ挙げればキリがございません。

人気商売に限らず、日頃からの努力が周囲に広く認められることで「顔が売れていく」わけですね。

一方で、悪い意味で「顔が売れる」ということもあるそうで、そうはなりたくないものです。

顔を立てる(かおをたてる)

顔を立てる
(かおをたてる)

相手の面目が立つように振舞ったり、名誉を保ったり傷つかないようにすること。相手が恥をかかないよう配慮することもいう。

「顔を立てる」は「相手に花を持たせる」の意味に似ています。

とかく、接客業に限らずではありますが、わざわざ相手の名誉を傷つけることはプラスにはなりません。たとえば、相手が自信をもって伝えたお話が、「そんなこと知っていますよ」となれば、相手の面子は丸つぶれです。
これは、同じ立場の間柄であれば許されるのかもしれません。
一方で、目上の人だったり、お立場がある人であれば、相手の顔を立てずに、わざわざ「そんなこと知ってますよ」と言い放つことはデメリットでしかありません。もしも知っていたとしても、ここは社交辞令の一環として「そうだったんですね。それは良い事を聞きましたよ」と持ち上げてはいかがでしょう。これが人間関係の潤滑剤の役目を果たすのです。

顔が利く(かおがきく)

顔が利く
(かおがきく)

権力などのような力を行使できたり、大きな影響を与えることのできる立場にあり、強力なコネやパイプなどを活用し便宜を図ることができること。

さまざまな業界で、このように「顔が利く」人がいるものです。夜の接客業でもこのような人は数多く存在しており、クラブオーナーやママなどをはじめとし、仕事のできるお姉さんなどは、顔が利くことを活かして、たとえばお客様のために便宜を図ったりするのだとか。とあるBARのマスターが芸能業界に顔が利くというのは聞いたことがあるのではないでしょうか。

たとえば、なかなか予約の取れないレストランの予約を取ったり、ある特定の場所でVIP扱いを受けるなど。接客業をしている中では、せっかくですから「顔が利く」立場となることを目指してみるのも悪くはありません。

このように「顔」は重要視され、「顔」は立場を表す鏡とも言えるかもしれません。

「顔つき」と「表情」は似て非なるもので、ベースとなる「顔つき」は「表情」の基礎。いわゆる「顔つき」は土台の役目を果たす

「顔つき」と「表情」は似て非なるもので、ベースとなる「顔つき」は「表情」の基礎。いわゆる「顔つき」は土台の役目を果たす

女性であれば、もともとの外見で美形とよばれる要素が、魅力要素をより一層引き立てることは間違いない事実でありましょう。

「可愛い人」「美人」「綺麗な人」が人を惹きつける理由となることは言うまでもありません。

これらの要素に、健やかで清らかな顔つきが備われば、さらなる魅力が顕現するのではないでしょうか。たとえば同じ「可愛い人」と「健やかで清らかな顔つきを備えた可愛い人」を比較してみれば、印象は僅かながら異なるのではないでしょうか。

この僅かな差を大物とよばれる傑物は見抜きます。

優れた顔つきを備えた女性は、「モテる」ということだけではなく、「敬意をもって尊重されながらモテる」という状況下を経験するのだとか。

これは、ナンバークラスのホステスさん、ヘルプの立場で大活躍しているホステスさんを数多く見てきた中で、わかったことでもあります。

ところで、「優れた顔つき」は、どの業界、どの業種であっても備えることができますが、与えられた仕事や課題を、中途半端な気持ちで取り組んでしまっては、「優れた顔つき」を備えるに至らないことがほとんどなのだとか。クリアするべき課題を前に目を背けてしまうことで、いつしか浮かない顔つきを備えてしまうということも。いわゆる「自信のない顔つき」が本人にとってスタンダードになってしまうわけです。

あれこれ気が散漫な状態で仕事に臨むよりは、一途な気持ちで集中しながら仕事に取り組むことが、自身の助けとなり得るのではないでしょうか。また、上を目指せば目指しただけ、多くの課題と向き合う機会に恵まれることは必然です。なぜなら上を目指したからほかなりません。

この課題、ときには難題とも言えましょう。

人によってはそんな課題になんて、遭遇したくなかったり、課題から逃げ出したくなるかもしれず、その課題とは多岐に渡りますが、「解決しなければならない問題」でありますから、忌み嫌われる厄介ごととして歓迎されないことは確かでありましょう。

めんどうな厄介ごとは、御免被りたいはずです。

しかし、この「課題」というのは、実はデメリットばかりではございません。

クリアすれば、一回りも二回りも本人が成長する上で大きな助けとなると聞き及んでいるからです。

課題をクリアしたことで備わった自信と、うまく行っているときに自然に滲み出てくる自信とは、実際には少々異なる種類のものです。

課題をクリアしたことで備わる自信には「顔つき」にある種の「凄み」が加わります。

これは、人によっては「圧倒される雰囲気」「逆らえそうにない雰囲気」と言う者もあります。

厳密に言えば、このような雰囲気は「顔つき」だけではなく、体全体から溢れてくるものではありますが、「顔つき」にも如実に現れます。

ちなみに、うまくいっているときの表情は「輝き」を放っていることは確かでありますが、何かもの足りないと銀座エージェントは考えます。

なぜなら、うまくいっていないときに大きく調子を崩してしまうことが大半だからです。

これが、いわゆる継続できない最大の理由の1つなのです。

働き始めて数ヵ月後、美人さんに兼ね備わった「重み」「箔」がついた表情

働き始めて数ヵ月後、美人さんに兼ね備わった「重み」「箔」がついた表情

「自信のありそうな顔つき」「充実してそうな顔つき」「順調そうな顔つき」

これらのどれもが、厳密に言えば、「表情」とは異なるものであり、「顔つき」は顔そのものであり、ベースとなる顔と言っても過言ではありません。

少し向井理に似てる男性
AGENT
ちなみに、顔の骨格やカタチなどはDNA絡みの物理的なベースと言えそうです。

「顔つき」は、相手にその人の人間性や人格などを空想させ、おおよその定義を確立しようとするから不思議です。

そして、それは漂わせる雰囲気に直結していたり、二次想起を誘発致します。

たとえば

  • この人は立派な人だろう
  • この人は仕事ができるだろう
  • この人は只者ではなさそうだ
  • この人は聡明な人だ
  • この人は流石はナンバーワンというだけあって、威厳が漂っている

などなど、これ以外にも数多く挙げられるでしょう。

人は「顔つき」からなんらかの情報を察知しようと試みる生き物であり、

たとえば

  • この人を信用できそうかどうか
  • この人に仕事を任せてもよさそうかどうか
  • 自分へ敵対心が向けられているかどうか
  • 相手の精神状況が良好かどうか

などなど、「顔つき」から何らかの判断材料を集めるべく試みるのです。

むろん、この「顔つき」は、過去の人生経験から蓄積してきた情報によって左右されることもしばしばあり、「先入観」はこれにあたり、この手のタイプは「たぶん意地悪なタイプだろう」とか「仕事はちゃんとやってくれそうだな」とか判断材料となるのです。

先入観が多大な影響を及ぼすことがあり、各人それぞれ感じる人物像は異なるわけです。

kao
AGENT
そういえば、奈良の大仏や、仏像、神仏の像などの顔を見て怪しいなとか、疑う人は滅多にいないのではないでしょうか。

このように、「顔つき」は、「表情」と同様、大切なもので

銀座の会員制高級クラブで働くのなら!素敵な表情の基礎をつくる表情の美学・初心編

では、「原初の顔つき」として補足説明させていただいております。

高級クラブで働くにふさわしい「洗練」された顔つきに加えて、輝きを放つ素敵な表情

高級クラブで働くにふさわしい「洗練」された顔つきに加えて、輝きを放つ素敵な表情

「洗練された顔つき」とはいったい何なのか。

正直なところ説明することはとても難しく、抽象的に思われることでしょう。

しかし「洗練された顔つき」というのは各人それぞれの定義があり、共通してそうな内容を1つ挙げるとするならば、たとえば女性であれば「慈愛に満ち溢れ温かそうな人」ではないでしょうか。

ご活躍されている芸能人などを見てみると、デビュー当時とデビュー後数年経過した後を比較してみると、明らかに「顔つき」が洗練されていることがわかります。

デビュー当時、どちらかというと「あどけない顔つき」だった女優さんなどが、さまざまな経験を積む中で、一層「洗練された顔つき」に変貌を遂げていたりするのです。

変貌を遂げた女優さん達はなぜ「洗練された顔つき」となっていったのでしょう?

そこまでに至る過程の中で「切磋琢磨」があったことは容易に想像できるのではないでしょうか。

つまり、その過程で、どうしても自分を磨く必要があって、それを実践できたと言えるのではないでしょうか。

ある人は「幾度に渡って何かを乗り越えてきた経験」という。

毎日が順風満帆で、平穏無事に人生を謳歌している人がいるでしょうか。

もしかすれば、そういう人は存在しているのかもしれません。

しかし、上を目指している過程であれば、逆風にさらされることもあり、自分の思ったとおりに行かず、上には上の存在があり、人生の暴風という時期を過ごすこともありましょう。

これは、一見して大袈裟な物言いに思われるかもしれません。

ですが、これらを乗り越えてきた人の「顔つき」が洗練されていることは確かです。

貴女に何をお伝えしたいのか。

それは、チャンスを掴むことは大切でありますけれど、しかし、それ以上に「幾度に渡って難題を乗り越えてきた経験」も貴女を一層逞しくするということ。

この経験が「洗練された顔つき」を形成する上で大切であると考えるのです。

kao
AGENT
難題とは、決して大変な状況を乗り越えて・・というようなものだけではなく、自分自身が目指したことを一直線に歩み続けるというのも含まれています。また日頃発生する小さなことを1つ1つ丁寧にクリアしていくことも含まれています。つまり与えられた課題に対し放っておかずに真摯に取り組むということを指しています。
素敵な「顔つき」を維持できる根源は「人間性?」

素敵な「顔つき」を維持できる根源は「人間性?」

どんなに素敵そうに見える人でも、性格が悪かったり、ときおり意地悪そうな表情を見せたりすることもあるのだとか。

むろんパーフェクトな人なんていやしません。

人それぞれ気分がありますし、どうしても不快と思える出来事に遭遇したときに、「ニコニコ」としていられないでしょうし。もちろん、お客様から不快なことを言われれば、接客中にあからさまに嫌そうな表情を出来ないことは確かです。

では、不快な気持を隠して、素敵な表情を作っているということが、果たして良くないことなのでしょうか。

答えは「これも接客業をする上で問われる課題の1つです」

とはいえ、銀座に限らずですが、大半の会員制高級クラブでは、お客様から不快な思いを与えられることは極稀でありましょう。

ただし、自分の思い通りにならないことはありましょう。

たとえば「同伴に繋がらなかったり」「日々のLINEでのやり取りが結果に結び付かなかったり」「理不尽と思える対応をされた」「実にならないアフターばっかり」ということもあるかもしれません。

このような場面で不快な気持ちをいだいてしまうかもしれません。

しかし、そういう場面で不快な気持ちをいだいてしまうという考え方にこそ、克服すべき課題点はあるのではないでしょうか。

日頃から最善を尽くす接客業を心がけていれば、当然結果に繋がってくるという考え方は蔓延しています。

ですが、実際は何をやってもダメなときはあるのです。

相手に誠意が必ず伝わるわけではありません。情熱を持ってしても相手が心を変えないこともございます。

これらを知り、やがて「努力」という自己満足から抜け出す頃、結果に繋がる過程にある、貴女の表情は、どこか凜としていて、穏やかかつ和やかで、思わず「ありがとう」と思えてしまう美しい表情を見せているのではないでしょうか。それは一種の悟りに近いものかもしれません。

お客様は毎日お店に足を運べるわけではありません。

時間というリソースは限られています。

そのお客様がどこに足を運びたくなるのか。

貴女がお客様の立場であれば、どこでなら足を運んでも良いと感じるでしょうか。

もともとポーカーフェイスが得意な人は接客業の素質あり!?

もともとポーカーフェイスが得意な人は接客業の素質あり!?

たしかにポーカーフェイスが得意な人は、接客業の素質ありとして一理ありましょう。

しかし、感情を出さないことが得意というだけで、根本的に「優れた顔つき」を形成するには至りません。

つまり、「優れた顔つき」の形成は、貴女自身の中身を鍛えること他ならないのです。

それは、場数を踏んできた猛者と言い換えることができましょう。

TOP

GINZA AGENT