銀座のクラブで人脈形成!富裕層の趣味を攻略!

銀座のクラブで人脈形成!富裕層の趣味を攻略!

要約・どんな内容で何を伝えたいの?

この記事は、銀座の高級クラブで働くホステスにとって、どのようにして自分の魅力を富裕層の客層にアピールし、彼らとの関係を強化できるかについての戦略を提案しています。特に富裕層の客層が多様な趣味や興味を持っている点に着目し、共通の趣味を持つことの重要性を強調しています。

記事の中で、富裕層が通常参加するさまざまな活動や趣味—ゴルフ、高級旅行、アートコレクションなど—が紹介され、これらの趣味を理解し共有することが、ホステスと客との間の信頼関係を築き、より強固な人間関係を構築する助けになると述べています。共通の趣味が話題として機能し、ホステスが客の興味や情熱を引き出す手段となることで、顧客との距離を縮め、リピート率を高める可能性があることを示しています。

また、趣味を通じて得られる相互理解が人間関係を深めることを強調し、それがビジネスの成功に直結すると説明しています。趣味が共通していることで、ホステスと顧客は自然と親しみやすくなり、顧客のリクエストや同伴の機会が増える可能性があると指摘しています。

このように、ホステスはただ美しく振る舞うだけでなく、顧客の興味や趣味に真摯に関心を持ち、それについて知識を深めることで、高級クラブでの成功を確固たるものにする戦略を学ぶべきであると論じています。

貴女の魅力を補う「付加価値」

銀座のクラブで活躍するなら、貴女の魅力を補う「何か」を搭載する!その「何か」とは

銀座の会員制高級クラブには実にさまざまな富裕層が訪れています。最近では30代の富裕層もおられますが、銀座にお越しになられている富裕層は、平均して40代から60代までの富裕層が圧倒的に多いことがわかっています。銀座の会員制高級クラブには70代の富裕層も訪れていますが、近年はかなり少なくなりました。経済的に豊かな富裕層のお客様は、リッチな雰囲気を漂わせ、高額な飲食代金をいともたやすく支払います。

貴女はこのような富裕層のお客様を自分の顧客にしたくはありませんか?貴女にならそれは可能でしょう。しかし、経済的に豊かであるがゆえに、富裕層のお客様たちはさまざまなお店に足を運んでいます。

たとえば今日はAというクラブに行こう。今日は雨だからBというクラブに顔を出してあげようか。そういえばママから連絡が来てたっけ・・それなら今日はCというクラブに行こう。

たとえば、今日はAクラブ、雨の日はBクラブ、連絡があったらCクラブ、友人との待ち合わせはDクラブと、さまざまな会員制高級クラブに顔を出しています。

ライバルは貴女の近くにいるわけではなく、真のライバルは他店にいます。貴女が「競争なんて御免こうむりたい」と思っても、素晴らしいお客様一人を巡って他店のライバルと競争しているかもしれません。それでも貴女は勝利するでしょう。

共同戦線とは、共通の目的を追求するために、普段はライバル関係でも、原則的な主義や主張の相違を超えて協力し合うことです。皆が魅力を持っていますが、どう差をつけるでしょうか?それは、お客様との共通の趣味を持つことです。接客中にお客様の趣味の話になった場合、単に相槌を打つのではなく、一緒に感動したり、疑問を共有したり、笑ったりすることで、会話に花を咲かせることができます。

共通の「趣味」の力を侮ってはいけません。同じ故郷出身であることだけで親近感を覚えるように、趣味が合うことで親近感を深めることができます。富裕層の男性が持つ趣味への理解は、効果的な関係構築の鍵となるかもしれません。このような趣味への真摯な関心は、お客様との信頼関係を築く大きな一歩となるでしょう。

お客様と共通の趣味があることによるメリット

お客様と共通の趣味があることによるメリット

貴女は、相手との会話の中で共通の趣味が見つかったとき、心が和む経験はありませんか?自分の趣味が相手と同じだとわかると、両者はより心を開きやすくなります。これは人間関係の距離を縮めるだけでなく、ビジネス関係の質を向上させるのにも効果的です。つまり、銀座の会員制高級クラブも含め、夜の接客業では大きな相乗効果が期待できます。

お客様から見ても、貴女との共通の趣味は大きなプラスとなるでしょう。これによりリクエストの獲得や同伴の機会も増えるかもしれません。例えば、趣味が同じであることにより以下の利点が期待できます。

絆の強化が期待されます

お客様と同じ興味を共有することで、心の距離は確実に縮まります。たとえば、貴女とお客様がゴルフが好きな場合、お互いの経験やアドバイスを交換することができるでしょう。趣味を通じた交流は、信頼ベースの接客へと進化することがあります。

人間関係が広がることが期待されます

共通の趣味や興味を持つことで、お客様の友人や知人、仕事関係の人たち、またはビジネスパートナーを通じて新たな人脈が形成されることもあります。普段は決して知り合えない人々と容易に接点を持つことができるのは、銀座などの会員制高級クラブで働く醍醐味の一つです。新しい人間関係のネットワークを築くチャンスが広がります。

AGENT谷口

AGENT谷口

友人のような関係になったときに、この関係を友達営業(ともえい)というホステスさんもいます。

富裕層の趣味&興味(一部)の傾向

富裕層の趣味&興味(一部)の傾向

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層がどのような「趣味」を持っているかを、幾つか挙げてみました。

さしずめ、これらの趣味は、平均して40歳代から60歳代の富裕層(男性)の中でも特に人気のある趣味になりますが、趣味や興味は各人の価値観や生活環境、経験に基づくものであり、個々の「趣味」はそれぞれ異なるものであることはご承知おき願います。趣味は、各人が豊かな時間を過ごすことに役立ち、人生を充実させるものです。

また「趣味」によって新たな人間関係が生まれることもありますし、もちろん人間関係が円滑に継続する役目を果たすことに繋がることも。共通の「趣味」によって、当人同士が心を開きやすくなることは確かで、価値観の共有、情報などを得るための手段として活用されています。特にゴルフなどがそれに該当するでしょう。また、富裕層が選ぶ趣味の中には、一般的にサラリーマン等が趣味にしたくてもできない金銭的な事情もあり、高価な嗜好性が関連してくる「趣味」は、そのスケールの大きさに驚かされるかもしれません。

ですが、富裕層達からしてみれば、これは普通のことなのでありましょう。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ ゴルフ

ゴルフ

ゴルフはビジネス関係の人たちの間でもよく行われるスポーツです。
ゴルフと言えば富裕層の間では特に人気があります。高級ゴルフクラブの会員権を持ち、国内外の名門コースでのプレーを楽しむ富裕層は実に多く、アメリカ元大統領のトランプ元大統領と、故安倍晋三元首相のゴルフシーンは記憶に新しいところですね。たとえば大手企業の創業一族が某金融系財閥会長等とのゴルフというシーンも決して珍しくはありません。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ リッチな旅行

リッチな旅行

富裕層は高級リゾート地でのリラクゼーション、歴史的な場所で文化的な体験など幅広く楽しんでいます。プライベートジェットを利用した国外への移動や、世界の高級ホテルや高級ヴィラでの滞在も。プライベートヴィラでの長期休暇、プライベートビーチなどを所有していたりと驚かされます。
また特定の体験が実現できる旅行(アフリカなどのサファリ、カリブ海や、透視度100mを誇るメキシコでのダイビング、秘境や極地探検)なども人気です。富裕層の中にはPADIやNAUIなどのライセンスを保持しているのだとか。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 希少性の高い高級ワインの収集

希少性の高い高級ワインの収集

年代物のグランクリュのボルドー、希少なヴィンテージワインの収集は、投資としての側面も持ちます。近年ワインやシャンパンの高騰は最たるものであります。たとえばある資産家は地下に巨大なワインセラーを持ち、希少性の高い数百万円にものぼるワインを何百、何千と数十年以上も保管しており、ときには財界の大物を招いてテイスティング会を主催することもあるのだとか。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 希少価値の高いアートの収集、骨董品の収集

希少価値の高いアートの収集、骨董品の収集

絵画や彫刻、現代アートのコレクションは、富裕層の間では高いステータス性を示す上で貴重なアイテムとして扱われることが多いのは確かです。大手オークションやギャラリーでの購入を通じて、コレクションを増やしていくのだとか。投資価値、資産としての側面もありますが、実際にはそのアートに魅入られている富裕層は多いようです。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 高級車のコレクション

高級車のコレクション

高級車やクラシックカーのコレクションは、男性富裕層の中でも特に人気の趣味になります。特定のブランドやモデルにこだわりを持ち、ドライブイベントやカーショーに参加することも。希少性の高い高級クラッシックカーの購入、所有者限定のコレクションや展示会への参加などで盛り上がることも。世界に数台しか生産されていないハイエンドのスポーツカーや、近年では高級電気自動車の購入なども。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 富裕層の趣味 セイリング、ヨット、クルーザー

セイリング、ヨット、クルーザー

海を楽しむためのヨットやセーリングは、リラクゼーションと冒険の両方を兼ね備えた趣味と言われています。専用のプライベートヨットや高級クルーザーを所有したり、海外の美しい港や高級リゾート地を巡るのが一般的。レガッタ(ヨットの競技会)への参加も。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 音楽鑑賞、楽器の収集

音楽鑑賞、楽器の収集

ハイエンドオーディオ機器を用いての音楽鑑賞や、海外の有名なオペラハウス、コンサートホールでのライブ鑑賞が人気。自身で楽器を演奏するという趣味も。音楽フェスやコンサートへの参加。
高級な席での鑑賞や特別な招待イベントへの出席もステータス性が高く人気です。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 投資

投資

投資は多岐に渡ります。
アート、ワインなども含まれ、株や不動産、さらにはスタートアップ企業へのエンジェル投資、暗号資産の取引なども。資産を増やすための活動も富裕層にとっては趣味として行われることが多いのだとか。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ ガーデニング

ガーデニング

大きな敷地を持つ邸宅でのガーデニングや、季節ごとの花や樹木の手入れを楽しんだり、自宅の庭園の手入れや和風庭園の造成なども。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 一流レストラン、老舗料亭の訪問

一流レストラン、老舗料亭の訪問

高級レストランや伝統的な日本料理店への訪問。
日本国内は元より各国の高級レストランなどでの体験が、舌を肥えさせていることは言うに及ばずでありましょう。世界各国の高級食材を使用した料理を自らがおこなったり、プライベートシェフとの共同調理なども。大半の富裕層が美食家であり、食材や調理法にもかなり詳しかったりします。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 読書、文学

読書、文学

大半の富裕層は教養を深め、高度な哲学を身につけるための材料の1つとして伝統的な書籍を選びます。歴史書や経済関連の本、専門書、文学作品など幅広いジャンルに精通しています。
プラトン、マルティン・ハイデッガー、カール・マルクス、フリードリヒ・マイスター、その他など。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 健康、ウェルネス

健康、ウェルネス

高級スパや温泉、瞑想やヨガなど、身体と精神の健康を保つための活動。
リトリート施設でのリラクゼーションやトリートメントなども。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 自家用ジェット航空機の所有、操縦

自家用ジェット航空機の所有、操縦

プライベートジェットや小型機を所有し、自ら操縦することもあるそうです。

自家用ジェット機を所有している富裕層のおおよその年収は?

自家用ジェット機自体の、機体購入費用(超軽量ジェットなら8億円~15億円ほど)のみならず、機体の維持費(点検費)、機体を保管する格納料、パイロットや乗員の給与、移動に関する燃料費、保険料などのランニングコストがかかります。所有者は、最低でも数十億円以上の資産を持つ個人や企業に限られてくるでしょう。
これらの富裕層の詳しい平均年収を知ることは困難ですが、少なく見積もってもおおむね年収は10億円前後はありそうです。※自家用とは会社所有ではなく、あくまでも個人所有を指しています。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ シガー(葉巻)

シガー(葉巻)

高級シガーのコレクションと鑑賞は、実は多くの富裕層の間で人気があります。
特定のブランドや産地のシガーを選び、特別なシガールームや専用のハミドールで保管し、大切な友人や同僚と共に味わう。たとえば大切な人の来賓の際に接待などでもてなす(おもてなし)際にも重要なアイテムとして扱われています。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 写真撮影

写真撮影

高価な一眼レフカメラやドローンを使用して、風景やポートレート、動物などの写真撮影を楽しまれています。中にはプロの写真家としても活動し、自らの展示会を開催することもあるのだとか。
バードウォッチングなど、アフリカのサファリなど旅行先での風景写真やポートレート撮影も。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 高級時計のコレクション

高級時計のコレクション

ロレックスや、ブレゲ、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ウブロなどの高級時計ブランドの収集。時計の歴史や技術的な側面にも興味を持ち、国内外の時計フェアやオークションに参加することも。特に世界3大複雑機構と言われる トゥールビヨン、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダーなどに魅せられる富裕層は実に多く、童心に返ったかのように夢中になるのだとか。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 馬主、競馬

馬主、競馬

競走馬の所有やブリーダーとしての活動。
競馬の大きなイベントや海外の競馬場を訪れることも。馬との絆を深めるための馬のトレーニングやケアにも熱心で厩舎にもたびたび訪れるのだとか。

銀座の会員制高級クラブにご来店されている富裕層の趣味の1つ 慈善活動、寄付

慈善活動、寄付

富裕層の中には、社会への貢献を目的とした慈善活動に力を入れている方が実に多く、特定のテーマや地域に焦点を当てて基金を設立したり、チャリティイベントを主催したりするのだとか。
また図書館や博物館、美術館の訪問や寄付活動も。

この他にも、たとえばキャンプ、釣りやアウトドア活動、馬術、フランスなどの有名ワイナリーへの訪問、テニスなどのスポーツ、スキーなどのウィンタースポーツ、ファッション、 ハイブランドの服飾アイテムの収集、ロードバイクやマウンテンバイクでのサイクリング、著名人などになると各地域への講演活動なども趣味の一環という人も。挙げればきりがなく人の趣味は無限大です。近年ではソシャゲが趣味という富裕層も。

趣味というのは多岐に渡りますが、もしも貴女がその同じ趣味、同じ興味の対象があるのなら、会話に花が咲きやすくなることは間違いないでしょう。

富裕層を特別視させる趣味は存在する!?

富裕層を特別視させる趣味は存在する!?

たとえば、育ちの良さそうなお嬢様が、その家柄かしきたりか、茶道や華道(いけばな)を習っていることが多いのだとか。この習い事を「趣味」と呼ぶかはおいておきますが。また乗馬や、書道の有段者、合気道や柔道の有段者も富裕層からみて、特別な存在に映ってしまうことが多いようです。

特に茶道や華道は、上品なイメージを与えることができるのだとか。

理由としては、茶道は日本の伝統的な文化として世界的にも知られており、茶の世界を中心として礼儀や作法が織りなす芸術であります。茶道は簡素な茶室で、茶碗に入れられた粉末状の抹茶に適度な温度の湯を加え、茶器である竹製の茶せんでかき混ぜる「お茶を点てる(たてる)」だけではなく、その根底にある精神性や哲学、さらには空間や茶器、衣装、その全てが茶の世界を形成し伝統となっているものです。

また、華道(いけばな)は、日本の伝統的な花の生け花の芸術です。花や植物の素材に詳しく、その素材を芸術的に使用して自然の美しさと、当人の感性を融合させ表現する文化です。文化、伝統、芸術に触れる日常を過ごされているせいか、冷静さがあり気持ちが穏やかであり、和やかな雰囲気を持っていることが多く、非常に魅力的なお人柄なのだとか。

茶道、華道は繊細な感性を求められ、清らかな精神性が養われます。美意識、観念などが洗練され、それが人間性へとカタチ作られていくものです。ちなみに茶道、華道に加えて香道があり、これらは三道と呼ばれている日本を代表する伝統文化です。その他にも「一目置かれる趣味」は存在致しますが、今挙げた茶道、華道などは「趣味」というレベルを遥か超えて、まさに「一芸」とも言えるかもしれません。

このほかにも、精神性を養ってくれるものもあるはずですが、貴女に何をお伝えしたいのかというと、外面(そとづら)のみが魅力にあらずであり、実際において精神性は最も重視される部分です。

このほかにも、精神性を養ってくれる「趣味」はありましょう。とりわけ外面(そとづら)のみが人の魅力にあらずであり、実際のところ精神性は最も重視されるでしょう。高められた精神性は得も言われぬ魅力として、貴女という存在を高めてくれるというわけです。ハードルは高いかもしれませんが「趣味」の一環として取り入れられてはいかがでしょうか。

一芸、習い事は身を助ける? 

一芸とは、特定の技術や能力を極めた証とも言えましょう
中には多才の方々もおられることでしょう。しかし一芸を極めることは、その情熱とそこに達した人として多くの人々を魅了する力を有していると言えるのではないでしょうか。それは多くの人々の心を掴む魅力なのです。
何かに特化した一芸を極めることで、その領域で華々しく輝き、それは才能であり、高い専門性と経験豊富な熟練者として、人々はその才能を認めざるを得ないはずです。貴女がその1人かもしれません。
趣味が高じて「一芸」となるのなら、そこには専門性が備わり、右に出る者がいないというのなら、もはや権威性さえ風格として帯び始めるのではないでしょうか。

TOP