番外編・貴女に接客業の特性が秘められているなら会員制高級クラブへ・親和性が高い業界からの移籍

番外編・貴女に接客業の特性が秘められているなら会員制高級クラブへ・親和性が高い業界からの移籍

貴女は銀座の会員制高級クラブなどの接客業が向いている「特性」が備わっているかも!?

あのホステスさんは、なぜ「ご活躍」され続けているのか。

もちろん、ご本人の努力や実力によるものであって、繊細さ、魅力、行動力なども関係してくるでしょう。

しかし、こうも思わずにはいられないのです。

もともと活躍するべく「特性」を持っていたのではないか?と。

そう考えるのなら、その女性はDNAによって既に「特性」を所持しており、ある女性は育った環境によってその「特性」を育まれ培っていた。

私たち銀座エージェントは、これらの「問い」に対する「解」に辿り着こうとしているのです。

ご活躍なさっているホステスさんの1人は
学生時代からの複数の友人が、それぞれ異なった銀座の某会員制高級クラブで働いており、今も仲が良く、仕事がとても楽しいと言うではありませんか。

ご活躍なさっているホステスさんの1人は
一流企業を辞めてまでクラブで働くことを切望され、その女性は、ご実家が水商売を営んでいたことに影響を受けたのか、いずれ自分が銀座で働くだろうと予感していたとのことです。

ご活躍なさっているホステスさんの1人は
働き始めた当初から接客業未経験とは思えないほどに、接客センスが抜群に優れており、天賦の才を思わずにはいられませんでした。

そのホステスさんは、お母様が銀座の某会員制高級クラブで働いていたと言うではありませんか。

夜の接客業へのきっかけは、育った環境や、そこで縁ができた人たちによって齎されたものなのでしょうか?

残念ながら、現段階においては確実な答えにはまだ至ってはおりません。

しかし、非常にマイノリティでありながら、ご本人の接客業の資質が、ご両親のDNAによって譲り受けたものであることを否定することにも至らなかったのです。

加えて、育った環境によって、ご本人の接客業の資質が大きく育てられるケースがあるだろうと確信に近い思いが沸き起こるのです。

なぜ接客業をするに至ったのか?

それは単に興味によるものでしょうか?

それとも、お金だけが理由でしょうか?

水商売に対して抵抗感を感じる人がいる一方で、全く抵抗感を感じない人もいます。

これは、DNAによるものでしょうか?それとも育った環境によるものでしょうか。

今回は、親和性の高い業界からの移籍 番外編として、血統や育った環境に着目してみました。

今回は、親和性の高い業界からの移籍 番外編として、血統や育った環境に着目してみました。

聞くところによりますと
先祖代々から「接客センス」の特性を持つ一族がいるとのこと。

この特性は、人を魅了することに長け、関わる人たちから可愛がられやすく、なぜなのか相手は警戒心を解きたくなるのだとか。これらの「特性」は、1つ相手の財布の紐を緩ませることに繋がりそうで、夜の接客業において非常に役立つ「特性」と言わねばなりません。

むろん、この「特性」はどの業界にも役立つものです。

この特性は、後天的に得た特性であるかもしれず、すなわち「育った環境によって得られた特性」

一方で、そもそも本来備わっている「特性」である場合があり、それは「血統として既に貴女のDNAに組み込まれている特性」

しかし、そもそも本来備わっている「特性」である場合があります。それは「血統として既に貴女のDNAに組み込まれている特性」

ところで、幼少期から思春期をどういった環境で育ったかによって「接客業を有利にする特性」を得る場合があることを、あながち否定できるものではありません。

  • あの子は、なぜか近所のオトナたちから、よくお小遣いを貰っているようだ
  • あの子は、初めて会った人には笑顔で愛想がよい
  • あの子は、自然と相手のことを尊重し、無意識に目上を立てている
  • あの子が、叱られているのを見たことがない
  • あの子が、泣いているととっても可愛い・・ほっとけない

などなど。

このような「特性」は、DNAによるものか、それとも育った環境によるものでしょうか。

美意識高めな女性
AGENT
好きなことをしているとき、人は最も輝き、実力を発揮しやすくなるのではないでしょうか。
「好き」ということだけで、その業界で活躍しやすい可能性を高くすることを誰が否定できるでしょうか?
AGENT
そして、その「好き」は親から譲り受けた「遺伝子(DNA)」によるものだとしたら?
ウインクしている女性
AGENT
もしくは、主に幼少期から思春期位までの環境だったり、出会った人々の影響によるものだとしたら?

貴女は、接客業を有利にする「特性」が備わっているかもしれません。

そして、その「特性」を活かすのは貴女次第なのです。

どの業界にも、一流を極めし者が存在する
その一流を極めし者は、次第に大物と呼ばれたり、豪傑、帝王、女帝など、さまざまな呼び名をもって敬称とし、畏怖をもって慕われ、人々から敬愛されるという。
カリスマ性を感じさせるは、同業界において走り続けた者のみ。
それは年輪のように実力と結果を刻み、巨木の如く見る者を安心させる。
接客業でも例外はなく、ある者は幼少期から接客に関しての自然と英才教育を受けていることもある。
これにより「人々を味方につける特性」や「人々に可愛がられ愛される特性」というのを備える者もある。
貴女がこれらの「特性」を備えていないと、なぜ言い切ることができましょうか?

既にご両親から譲り受けたDNAによる「接客業に有利な特性」

既にご両親から譲り受けたDNAによる「接客業に有利な特性」

こんな言葉は聞いたことはありませんか?

「血は争えない」

これは、父母の気質や性格の傾向などは、何かしらの形をもって子供に受け継がれるということの意味を含んだ言葉です。

親の性格や能力は、子供にも似たような性格や能力が見られることが多く、親を見れば子供がわかり、子を見れば親がわかるというのだとか。

だとすれば、もしも似ていると思わせられる部分を感じたのなら、親のDNAを受け継いでいることは否定しようがなく、認めなくてはならない要素と言えましょうか。

少し調べてみると、アスリート、政治家、創業一族など、生まれてくる子供に親の優秀な「特性」の一部がDNAによって受け継がれている場合が多いように見受けられます。

人を統率する素質が子に受け継がれたり、体力や筋力などを含め親のスポーツセンスが子に受け継がれることは珍しくはなく、貴女も親から受け継いでいる何かしらの特性があるのではないでしょうか。

お母様は貴女をみて

「私の若い頃にそっくりね」

と思っているかもしれませんよ?

なんにせよ

秀才は秀才を生みやすいとも言われ、しかしながら血統の関連性を確証を持って伝えるには非常に奥が深く難解。とはいえ、その「DNAの影響」を否定することはできないのです。

いま貴女に備わる優れた直観力、ビジネスセンス、営業センス、語学センス、ファッションセンスなどの数々が、ご両親のDNAによって受け継がれている影響が関係しているかもしれません。

このように、DNAというものを見てみると、一般的に水商売と言われるキャバクラなどをはじめとして、スナック、ラウンジ、会員制高級クラブ、はたまた他業種の接客業であれ、いずかれの接客業を極めた経験を持つご両親がいる場合においては貴女にも、その「極まれし接客センス」の特性が受け継がれているやもしれませぬ。

体型や体力などの他に、ルックス、魅力、声、人懐っこさ、性格、好みの傾向などの数々の特性を、ご両親から譲り受けたものであるかもしれません。

もしそうなら、貴女は脈々と受け継いできたDNAを、最大限活かせる立場にあるのです。

その「特性」を活かそうとするのならば、何らかの「接客業」かもしれません。

お母様が会員制高級クラブ等に限らず、割と長い期間において水商売経験があった

お母様が会員制高級クラブ等に限らず、割と長い期間において水商売経験があった

「実は母が地元でスナックを経営していまして」

「母がBARで働いています」

「母が銀座のクラブで働いていました」

と、何の抵抗もなく告白してくださった女性の大半から、夜の接客業に対しての偏見を見受けることができませんでした。

このような家庭に育った応募者様は、接客業に関してメリットとデメリットを既に理解していることが多く、お母様から、それとなく接客業に関する英才教育を施されていることも。

あくまでもお母様の観点でありましょうが、同じ血をわけた子供が、どこで躓(つまづ)きやすいかをなんとなくわかるのでしょうか。あらかじめ何度も何度も念を押して、失敗を回避する方法を教えこんでいることもあるのだとか。

想定外のピンチに対しても、お母様から的確なアドバイスをくれたり、母子という関係を超え、個々の女性同士として、ざっくばらんに仕事や男女関係などのことでも気軽に相談をすることもあるとのこと。

特に、夜の接客業は顧客のほとんどが男性でありますから、たとえば、好感を持ってもよい男性、そうでない男性を見極めることのできる視点には細心の注意を払うよう、注意喚起をされた場合もあるのだとか。

お母様が若い頃に、たとえばキャバクラやクラブなどで上位成績者であり、長い期間ナンバークラスとしてお店に貢献してきた場合、独自の哲学を構築しているケースもあって、その智慧を娘のために使いたいと思うのは、母という立場において必然かもしれません。

このように、お母様なりに娘の助けとなるように、娘の成功を願い、娘の安全を願い、正しい成長の方向へ導くための手助けをしているというわけでありましょう。

余談ですが、お母様がお酒が強い場合、娘さんもお酒が強いようです。

一方で、残念ながら、お母様の酒癖や男癖の悪さが目立った家庭に育った場合、嫌悪感からか夜の接客業に対して大きな抵抗感を持ってしまう傾向は高そうです。

そもそも、そういう家庭に育った人は夜の接客業を選ばないのでしょうが、何らかの理由で夜の接客業をやらざるを得ない人もいるとかいないとか。

なんにせよ、もしも貴女が誕生する以前に、お母様が夜の接客業でご活躍されていたご経験の持ち主であるなら、DNAによって、接客業に有利となる「特性」が貴女に備わっているかもしれませんね。

お母様の他に、実のお姉様も接客業が大の得意!会員制クラブなどで人気を博している

お母様の他に、実のお姉様も接客業が大の得意!会員制クラブなどで人気を博している

やはり「血は争えない」

もしも、お姉様が、夜の接客業でいつも羽振りがいいのなら、貴女にもその「特性」が備わっているかもしれません。

たとえば、実のお姉様が水商売関連の仕事をしていることで、貴女は間接的に水商売の楽しさや、大変さなどを知る立場にあることも。

とはいえ、お姉様が男性遍歴がわるく、品行方正に欠けているのなら、そんなお姉様に嫌悪してしまうことも。もしそうなら夜の接客業に対して好感を持つことはできないでしょう。

一方で、妹を大切に思ってくれるような、まるで天使のようなお姉様であるなら、水商売に好感をいだき親近感を持つのではないでしょうか。

もし、水商売をしていなくても、イザというときの選択肢にリストアップしているかもしれません。

また、そんなお姉様がいつしか結婚し、幸せな家庭を築いている光景を見たのなら、水商売というものに対してネガティブな偏見を持つことはないかもしれません。

お姉様が成績上位者であって、お母様も接客業を極めたご経験の持ち主であるなら、お姉様の成功は、お母様のDNAによる影響を無視はできないでしょう。

もし、そうであれば、貴女にも、その「特性」は備わっているかもしれません。

育った環境によって「接客業に有利な特性」が得られた

育った環境によって「接客業に有利な特性」が得られた

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

「人は育った環境によってつくられる」

幼少期の環境は特に重要だと言われており、どのような家庭環境だったのか、どのような地域だったのか、またどのような人たちに囲まれながら育ったのかによって、人格などが形成され、性格などにも関係してくるとのことです。

貴女はどのような環境で育ったでしょうか?

たとえば、貴女が非常に明るく社交的であった場合は、閉塞感のない、明るくのびのびとできる環境で育ったのかもしれません。

もしくは、家庭環境があまり良くなかったことで、逆に学校で明るく楽しく過ごせたということもあるかもしれません。「人懐っこさ」という特性が、こういった反作用によって備えられるケースもございます。

たとえば、実家が深夜の時間帯にスナックを営んでおり、学生の貴女がお母様のお仕事を手伝うといったことがある場合、やはり育った環境による影響が全く無いとは言い切れないでしょう。

また、学生になってから、自分と近しい友人がキャバクラなどでアルバイトをしているのを見て、なんとなく興味を持ったという場合もあるでしょう。

このように、環境によって、出会う情報、持つ興味などが異なるものなのではないでしょうか。

たとえば、ご両親が政治の世界で仕事をしていれば、政治の世界に興味を持つかもしれません。けれどご両親を毛嫌いしてしまっていたなら、政治の世界にも嫌悪感を持ってしまうかもしれません。

このように、環境は貴女の考え方や、世界観に何かしらの影響を与えているものなのです。

貴女のお母様が、現役時代において、接客業を極めてきた過去を持つというのなら、貴女はお母様の背を見て、接客業が素晴らしい可能性を秘めている側面を感じながら育ったかもしれません。

一方で、接客業がダメな世界として見ている場合は、異なった世界で活きることを望むことでしょう。

貴女は育った環境からどのような影響を受けたでしょうか?
その影響がどういったものであるかによって、接客業に有利な「特性」が備わっているかもしれません。

幼少期からの友達が銀座の会員制高級クラブで働いている

幼少期からの友達が銀座の会員制高級クラブで働いている

都心ではなかなかお目にかかる機会もありませんが、地方では、多少の年齢を誤魔化しながらスナックやキャバクラで働いていたという話も珍しくはないのだとか。

学校で、比較的仲の良い生徒仲間から「いいアルバイトあるよ」という一言で、水商売を始めたという女性もおられました。

仲の良く、好感のある人がスナックなどでアルバイトをしていることで、なんら抵抗なく働き始めたということも。

このように、その環境をつくった登場人物達によって影響を受けたケースは多いようです。

また、何らかの事情によって、20才以前の十代のうちから就職していた女性の多くが、頑張り屋さんであることを確認できています。仕事の覚えが早く、仕事で見返したい!という強い想いが忍耐力を備えさせ、数年後20代前半と思えないほどの人間力を身に付けていた女性もおりました。

余談になりますが、せっかく「接客業に有利な特性」を持っていても、忍耐力がなかったことで、何をやっても続かないとう人もおり、「忍耐力」を兼ね備えた女性は、銀座の会員制高級クラブのような接客業に限らず、どの業界でも非常に役立つ「特性」を持っていることになります。

お父様がスナックやラウンジなど、または接客関連の事業を営んでいた

お父様がスナックやラウンジなど、または接客関連の事業を営んでいた

幼少期から「水商売」「接客業」などの環境に慣れ親しんできたことで、自然と接客業の特性が備わっていることも!?

ご実家がスナックやラウンジ、キャバクラ、はたまたクラブなどを営んでいる。

少々レアなケースになりますが、これまでに全くなかったわけではございません。

お店の形態は多岐に渡っており、カラオケメインのスナックもあれば、カウンターバーも。

このようなお店を営んでいるご両親から誕生した女性の中には、密かに幼少期から、お店のお手伝いをしていることが少なくなかったのだとか。

そのため、水商売に対して抵抗感がないことも。

一方で、自分と同じ道を歩んで欲しくないというご両親の切実な思いからか、ご両親から水商売のデメリットなどをたくさん聞かされたという女性もおりました。

学生時代になると親の仕事や経営に興味を持ち「いつか自分の店を持ちたいと思った」と語ってくださった女性もおりました。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで銀座エージェントが担当してきた応募者様の中には、まるで水商売をするために生まれてきたと言わんばかりの「類稀な魅力」「才覚と嗅覚」「目上の人から可愛がられる」等の特性を確認できることがありました。

また、学生の頃に友達が水商売をしていたことで、むしろ夜の接客業をしてみたかったと語ってくれた女性もおりました。友達が楽しそうに働いていたことで、「水商売は楽しいものだ」という「特性」を得たと言えるのではないでしょうか。

貴女は既に、銀座の会員制高級クラブで活躍できる「特性」をお持ちかもしれません。

そしてその「特性」はお母様から譲り受けたものであるかもしれません。

その「特性」が活かせる環境の1つが「銀座」という街にあるかもしれません。

銀座の会員制高級クラブのことは銀座エージェントにお任せください。

TOP