夜の銀座・クラブで働く女性の為の講座・上巻

【PR】

これから銀座の高級クラブで働く貴女に

貴女が銀座高級クラブで働くことに、もしも興味を持っていたり、これからスタートする予定なら、この基礎講座となるものを贈ります。

AGENT
ときに辛口、ときには優しく貴女の今後の参考となれば幸いです。

検討編

これから、夜の銀座の接客業を働こうかな!
高級クラブで働いて、女を磨きたい!
貴女はいろんな動機があると思いますが、とにかく頑張りたいというならお役に立てる内容かもしれません。
水商売はコミュニケーションのお仕事で、ある女性にとって簡単で、ある女性にとっては難しいかもしれません。
仕事をしてみれば徐々に接客業の奥の深さがわかってくるはずです。
しかし、そこに学びがあり、成長のきっかけが含まれています。
貴女が夜のお仕事に興味を持った時点で既にスタートしているのです!

銀座で働くのに心構えは必要でしょうか?

はい。

どっちでもかまいません。
心構えなど必要ではございません。必要なのは一から学ぶ姿勢!
新しい環境で学ぶ姿勢です。

・どんなに貴女がダンスが得意でも
・どんなに貴女がプロの秘書でも
・どんなに貴女が会社経営者でも
・どんなに貴女が他業種で実績があっても

などなど
こういった経験から自信を持つのは良いこと。
しかしこういった実績を振りかざし、一生懸命貴女自身の箔をつけようとしても意味はありません。
あくまでも銀座の会員制高級クラブでのお仕事の成果が実績となります。
そして重要なのは成果(短期間の成果)を出すのではなく、継続した成果をあげることなのです。

銀座の高級クラブで働くことを検討中の貴女へ
銀座で働く動機は人それぞれです。
どうして銀座で働くのかを単なる銀座特有の街のイメージや噂などで決めていれば、面接に行ったときや、働き始めたときに思わぬギャップを感じるかもしれません。
思ったよりも厳しい世界だったと感じるはずです。
銀座を水商売のカテゴリー同様に考えていれば心に火傷をする可能性があります。銀座は貴女の人生の逃げ場所ではありません。
貴女が向上する場所です。貴女に向上心を必要とさせる場所は大概厳しい環境であるはずです。それが銀座です。
しかし甘い気持ちで銀座へ来て成功する少数の女性もいます!
貴女はその少数の1人かもしれません。
【PR】

ルックスは重要ですか?

はい。

重要です。
ですが決定的ではありません。

実はこの質問に答えることは簡単なことではありません。
ルックスを武器とせず成果をあげている女性の存在を見過ごすことができないからです。
ルックスに守られた女性の中には、自分を磨かず有頂天になっていたり、天狗になっていたり、胡坐(あぐら)をかいていたりするような女性も、少数存在しています。
こういった女性を見抜き、関わりを持ちたくないと考えるお客様が存在しています。
ルックスは全ての女性にとって平等ではありません。
向き合う相手によっては好き嫌い、タイプも存在します。

イザとなったら水商売があるさ!は通用するのか?
イザとなったら水商売がある!
ある人には正しい考え方かもしれません。しかし万人共通した考え方ではありません。しかし銀座の会員制高級クラブのお仕事を、単なるラクな接客業だと、勘違いしてしまっていたとすれば貴女の考え方は間違っています。貴女がもし働いている女性の誰よりも成績が悪かったとしましょう。お店側はそんな貴女を、お店で働く女性の誰よりも劣っていると判断しようとしてくるはずです。こういったことに貴女が劣っている事実を認めず、劣っていることに我慢のできる女性であればお店側は貴女のことを競争心のない女性だと判断するでしょう。少なからずもホステスさんを主軸とする経営組織は、競争する女性の存在があってこそ成り立つものです。

昼職メインですが大丈夫ですか?

はい。

大丈夫です!
とはいうものの、本当に昼職がメインなら、水商売はするものではありませんね。
水商売をした時点でメインではなくなります。
※おそらく本当にメインだと考えているのならメイン以外のお仕事をしません。
メインのお仕事以外をする時点で、大きな矛盾を抱えることになります。
夜のお仕事が未経験でOL等をしているほとんどの女性の方が「昼職を中心に考えているのであまり多くの仕事や成果を求めて来ないお店を紹介してほしい。」という声を多くもらっています。

しかし考えてみてください。
いかなる事情があるにせよ、昼職では頑張るけど夜のバイトは頑張りませんじゃ、○○○○の店員さんよりタチが悪いのではないでしょうか?
水商売の根本の仕事はお客様にモテること。
これは銀座の会員制高級クラブを含む夜のお仕事でも同様です。
そして、お昼のお仕事でも共通することなのではないでしょうか。
貴女自身の生き方が、果たしてそれで良いのかが疑問です。

銀座の高級クラブで働く!しかし間に合いますか?
銀座に訪れるお客様のほとんどが男性であることは周知の事実です。
男性がなぜ高額のお会計を支払うのかを知っていますか?
単にお酒を飲みたいだけではないことは知っていますか?
【PR】

女性であれば銀座で働けますか?

はい。

一部の女性に限り。
「女性であれば銀座で働くことができますか?」は「男性であればジャニー○事務所に入れますか?」といった質問によく似ています。

貴女が特定の男性と仲良くする判断材料を見つけるために、その男性を観察するよう、お店側も貴女を入店させるかどうかの、判断材料を見つけるために、貴女のことをよく観察しています。
誰もが銀座で働くことはできない・・・。

それが銀座の会員制高級クラブ業界全体のプライドに、なっているのではないでしょうか。
厳選されたお店。
厳選されたスタッフがいて厳選されたホステスがいる。

こういった厳しく選定される社会が、銀座の会員制高級クラブ業界全体の特徴でもあるのです。
成果(魅力を人気として体現できる女性)を出せる優れた人しか生き残れない…。

こういった銀座の姿勢が経済的に成功された著名人の心をくすぐるのではないでしょうか。
それこそが貴女が応援されるきっかけとなるのです。

一流の女性同士の水面下の競争の中からでしか生まれない一種の熱気が…キラキラと輝きを放っているはずです。

そもそも銀座高級クラブは女性達の主戦場である!?
女の魅力の定義は女性それぞれ。
この魅力は単にルックスなどでは決定されません。
人気で決定されます。この人気は来客数、同伴数、誘客数等で判断されます。
ちなみにアフターを100回こなしても、同伴1回の成果にはかないません。
貴女がどんなに素晴らしいルックスを所有していても、成果がでなければそのルックスはまがい物と判断されるかもしれません。ルックスが良ければ、当然成果も出せるはずだと考えられているのです。
AGENT
たとえば貴女がホストクラブの経営者だとしましょう。貴女好みのルックスの良いイケメンがいました。貴女は、そのホストにお給料も特別に割高に設定しています。その彼が3ヶ月間働いていますが、全く女性客に人気がありません。女性客と同伴もしてきません。貴女ならその彼(ホスト)をどう思いますか?

体型は重要ですか?

はい。

重要です。

人がなぜ太っているのか、太っていないのかを、判断できるのでしょうか?
それは道ゆく人々が比較対象としての原則で、平均値を常識として捉えるからです。
ですのでベース(基本)が太っている人々で社会が構成されていれば、きっと太っていることが自信の源になるでしょう。
というわけでスタイルは重要であり、その時代時代によって、求められるスタイルが違うといったところです。

貴女が銀座高級クラブで通用する通用しない?
貴女が銀座で成果をあげることができないとき。貴女がお店に貢献できないとき。こういったとき・・・
貴女自身が貴女が働いている店舗や銀座という街に居づらくなります。
誰もが自分の居場所やポジションを確立したいと考えています。
もしくは自分の役どころを確保したいと考えているのではないでしょうか。「貴女の代わりは誰もいない!」こう貴女自身が胸を張り自信を持てることで貴女は安心感を得るはずです。こうした安心感を得ることができなくなると・・・
次第に貴女は元気じゃなくなります。貴女は元気が出る環境へ移動したくなります。これが移籍・移店…そして職種や職業を変えようとする気持ちとなる根本的な正体です。
【PR】

銀座は稼げますか?

はい。

個人差はありますが人によってはかなり稼いでいます。
その人次第です。
ちょっとしたコツ、テクニックを活用して誘客や同伴に結び付けている女性も大勢います。
しかしそうした小さなコツや、テクニックも実践して検証し「なるほど」といった感覚を掴み磨きをかけている女性ばかりです。
実践は最初とても勇気のいることです。
ですが失敗を恐れてばかりいれば、いつまでたっても磨きをかけることも感覚を掴むこともできません。もちろんそういったコツやテクニックが元から備わっている女性もおられます。単に自身の魅力一筋で人気を獲得している女性も少数ですが存在しています。
しかしどういったポジションに立とうとも、乗り越えるべきことはあるのです。これをクリアすることで高収入を掴むことが可能となるのです。
銀座エージェントは貴女に高収入を提供致します!

印象編

銀座で夜のお仕事、会員制高級クラブで働くにあたり、貴女が自分の中の女性としての魅力が、周囲にどう伝わっているのかを知る手がかりになるかもしれません。

貴女が人見知りをする傾向が高いのか、もしくは人見知りをせずにコミュニケーションを取ることができるのか。

いずれにせよ貴女と向き合う人が、貴女をどう思うのかを知ることは、今後銀座で活躍するにあたり、重要なヒントとなり得るはずです。

相手が感じる第一印象は、人それぞれなものです。

当然顔のつくりを始め、表情にもタイプや好みもあります。

声や会話の仕方にも印象の特徴は含まれています。

どういった印象が好まれるのかを事前に知ることで、貴女の第一印象を向上させるきっかけとなるでしょう。

貴女が、銀座で活躍したい!
もしくは、私は銀座で活躍できるだろうか?

私は銀座で、通用するのだろうか?

と思うとき、貴女と向き合う店舗スタッフ、ママ、同僚ホステス、お客様などに自分の魅力をどう評価され、貴女を誰よりも優先するのかどうかの行方が勝利の鍵となります。

可愛い(愛嬌)は重要ですか?

はい。

可愛ければ貴女は有利になります。
エコヒイキ(依怙贔屓)という言葉をご存知ですか?

意味は【自分の気に入った者だけを特別に可愛がったり肩を持つことです】当然エコヒイキをされない側の者は悔しがることとなります。
そして当然ですがエコヒイキされる者は喜びの感情を抱くこととなります。貴女が確実に成功されるコツは貴女が特別扱いされることです。
当然特別扱いされない女性はエコヒイキを悪だと考えるでしょう。
活躍し成功している女性は、確実にエコヒイキされています。
それは…誰よりも優先して指名を貰うことになり、多くの女性の同伴の誘いから貴女を優先に同伴してくれることとなるでしょう。
【優先されることがこの地上で最も重要なことです】
可愛さはそのエコヒイキされるスイッチの1つです。
可愛さには見た目などの他に性格や思想、個性なども含まれます。しかし印象は大概見た目から入るのが主となります。第一印象で可愛いと判断されれば極わずかなチャンスを掴むことにつながるかもしれません。しかしこの第一印象で勝敗は決まるわけではありません。

印象操作の向上について
貴女はなぜ化粧をするのですか?
貴女はなぜ美しく見えるお洋服をチョイスするのですか?貴女は周囲の存在に与えるイメージを大切にしています。印象操作とは自然のことです。どういった印象が貴女にとって有利に働くのか。こういったことを真剣に考えさせられる環境が銀座かもしれません。

今の私を受け入れてくれる環境は見つかりますか?

はい。

あります。
ただし貴女が店舗に希望するギャラをOKしてくれるかどうかは別です。

面接での評価は第一印象で決まることがほとんどですが決定的ではありません。たとえば会話の中で盛り上がり貴女の印象が良くなることもあるからです。会話が控えめな女性が自分の得意な話題になると盛り上がることがあるからです。加えて表情は現在の心境に左右されることが多く

・何かに落ち込んでいたり
・何かに焦りを感じていたり
・何か心配事があったり
・何かを不安に感じていたり
・何かを悲しんでいたり

すると表情に表れてしまう傾向が非常に高くなります。
特に元気がないのは貴女が仕事をするうえでお店側に不安を抱かせることになりかねません。「この女性はしっかりと働いてくれるのかな?」と疑問を抱かせることになります。
たとえば貴女が口下手で会話ができずにいる…しかし積極的な姿勢を持っているならOKです!しかし口下手だから会話ができないことを既にあきらめている…これはNGです!
向上心を持たない者に輝く資格は与えられません。
それは最高のステージ(店など)に立てないことを意味します。

貴女は、友人に過去に人気があったことを自慢されたらどう思いますか?
貴女が2週間前に指名(誘客や同伴など)を10組のお客様から獲得したとしましょう。大きくお店に貢献し賞賛されました。
しかしあれから不調続きで全く人気がありません。こういった状態になると貴女の実績は周囲から「偶然だった」「たまたまでしょ」「ラッキーだったよね」といった評価となるでしょう。
成功している女性は人気を獲得しているわけではございません。人気を獲得し続けているのです。その努力は美しい水鳥の如く水面下では大変な努力をされています。ただしこの努力を苦痛と感じることができずむしろ楽しくて仕方ないといった状態となっているのです。誇るのを優先していては向上は二の次となるでしょう。
【PR】

人見知りですが大丈夫ですか?

はい。

大丈夫です!
ただし人見知りは大きくわけて3パターンございまして場合によってはNGになる可能性も!

1,何を話していいかわからず様子を見ている状態
2,自分に自信がもてず話を切り出せない状態
3,既に対人恐怖症となっておりオドオドしてしまう状態

接客業とはお客様との会話が成立(意思の疎通)しなければ接客業とはいえません。銀座高級ナイトワークは接客業です。
貴女が接客業に向いているか向いていないかをしっかりと判断するべきです。

貴女だけの特別なスキルを取得。
たとえば相手を癒せるというスキル。
貴女が居れば周囲が和む…。お客様が気分良く過ごせる…こういった特別なスキルを持った女性が現に存在します。このスキルの取得方法は1つは天から与えられるもの。2つは経験の中で獲得するもの。貴女はどのようなスキルを手に入れたいですか?

よく声が小さいって言われますが関係ありますか?

個人差はあるでしょう。
しかし…周囲やお客様に聞きずらいと判断されるのはどうかと思います。

声が小さいことで女性的という印象を与えることができるのは事実です。しかしそれは1対1の空間にいるとき。
多人数が集まる空間の中でもし貴女の声が聞き取れない状態であれば何かと支障をきたすでしょう。
適度な声量というものはあきらかに存在します。
2人きりのか細い声はむしろ女性らしさをPRすることに成功するでしょう。しかしあきらかにお店の中では「この子は元気がない」「積極性がない」と判断される可能性を高めるでしょう。
意思伝達能力は声量にも関係してきます。こういった要素も接客業には必要です。

美容整形で美しくなった!しかし肝心の中身(性格)が・・・!
美容整形で新しい本当の自分を手に入れることを成功した女性を幾人も見てきました。
真実の自分を取り戻したことで大きな自信を手に入れた…はずなのに中身が当時のコンプレックスを抱いた状態の方もおられます。
わかりやすく言うとモテるルックスなのに行動は過去の不人気状態のまま。こうしたチグハグな行動を取るとお客様をはじめ周囲や身近な男性を混乱させることとなります。
いつしか貴女が掴みどころのないミステリアスな女性のイメージを植えつけることとなります。こういった外側(ルックス)と内側(性格や習慣による個性)の完全一致をさせる軌道修正等も銀座エージェントでは緻密な論理で指導しています。貴女が自身を過大評価をしているのか。もしくは過小評価しているのか。あきらかにルックスのイケていない女性が美人の振る舞いをして、あきらかにルックスの良い女性が不人気な言動を取っている。お望みであれば貴女が現在どういった傾向にあるのかを正確に判定致します。

痩せてから入店した方がいいですか?

答えようがありません。

現時点でわかっているのは、
そういう女性の方はほとんどが痩せませんでした。
やはり人に指摘されたぐらいでは自分の体型は気にはしても、具体的な改善活動の直接的な動機にはなり得ないのかもしれません。

あきらかに平均よりも圧倒的に体重増なのに面接の相談を来られる女性の方はほとんどが今の自分に満足している女性でした。
もちろん「痩せたい」「痩せないといけない」「痩せようと思っています」「いまダイエットしています」と言うものの、今の自分をまるごと愛し、受け入れてくれる店舗や、人を求める傾向にありました。貴女が今の自分に引け目を感じている時点で貴女は勝てません。
本当に自信があれば逆ナン(逆ナンパ=女性から男性に声をかけて食事などを誘うアクション)できるくらいテンションが充実しています。
こうした勢いは接客業に必要な要素の1つです。女性の肉体は貴女の真実のお洋服です。このお洋服は貴女の向上心でのみ、魅力的になってゆくものだということを知るべきです。女性の強気な姿勢は、大概周囲の女性よりも勝っている!
と決して自意識過剰ではなく真実の確信からやってくるものです。この自信を所有している女性を銀座の会員制高級クラブなどでは求めています。。

相手に合わせてばかりの、あいづちばかりでは疲れてしまいます。
会話の中で相手に良い印象を与える女性の方もおられます。
貴女がお客様の会話をしっかりと聞きほれることでお客様は貴女とフィーリングが良いと感じるかもしれません。
しかし貴女はどうでしょう?
会話内容に興味を持てず単に首を縦に振るあいづちばかりの接客姿勢では肝心の貴女自身がそのお客様との接客に嫌気がさしてしまいます。
貴女が好印象を取り付けることばかりに力を入れていれば貴女は徐々に接客業に魅力を感じなくなるでしょう。会話を理解することができず単に笑顔ばかりを振りまくだけでは長続きのしない人間関係で終わる接客業となるでしょう。

会話編

銀座で夜のお仕事・会員制高級クラブで働くからといって、経済知識を存分に盛り込んだお話をする必要はありません。

確かにお客様の得意分野や仕事に携わるお話で、会話を盛り上げることができれば貴女との相性の良さを感じてくれるはずです。

しかし本当に大切なのは会話の中から感じ取られるフィーリングです。

貴女が、銀座の接客はどういった会話が良いのか?

もしくは、私はお客様の前で話ができるのだろうか?

私は銀座で通用するのだろうか?

と思うとき、貴女の根底には、会話で盛り上がることよりも、この会話によって、お客様の心をどう掴めるのかを重視しているはずです。

何を話せばいいですか?

基本的にはなんでも大丈夫です。
もちろん下品な会話はやめたほうがいいのは言うまでもないですよね?

自信がなければ相手が話すことを中心に会話を盛り上げてゆく。
結局のところ、何を話せばいいのか?
という質問は非常にナンセンスです。

なぜなら会話は貴女が思っている以上に重要ではないからです。
もちろん会話によってコミュニケーションは成立するのですが、相手が気に入る会話を先回りして準備しておく必要はありません。
会話は貴女の対応力を試されます。

だからといって相手は貴女に対して試験をしているわけではありません。お客様は会話から貴女がどういう人柄なのか、どういう性格なのか、を知る判断材料となることが多く、お客様の会話の内容に対するニュアンスがどういうものなのかを楽しんだり、自分の会話に楽しんでいるのかなどを判断する重要な手がかりも会話の中から見つけています。

貴女が単に相槌(あいづち)をうっていれば、会話がつまらなかったのか?自分自身に興味がなかったのか?思いやりがない子なのか?正直な子なのか?などお客様はさまざまな思いをはせることになります。

貴女がどんなに会話を盛り上げたとしても、この子はしっかりと仕事(営業)をする子なのだな。とお客様に判断されれば、逆に貴女の女としても魅力は低いと印象持たれるかもしれません。そこが会話の難しい点であり接客業の妙です。

会話の意図や会話の内容構成全体も楽しむ。
相手との会話の中で、あきらかに相手が喋りたがっている場合もありますし、君はどう思う?
と会話のキャッチボールを求めてくる場合もあります。
もしくは会話の構成を貴女に委ねてくる場合もあります。
会話が始まった前半に、こういったことを読み取り、判断してゆくことも会話の楽しさかもしれません。
【PR】

どんな話題がいいのでしょう?

話題はさまざまです。
貴女が楽しいと思ったこと。

ときには貴女が悲しいと思ったことも話題となります。

《ヒントは貴女がどう感じたのか。》
話題は日頃の流行している話題の中からでもいいですし、本日のニュースでもかまいません。自分の体験談でもいいですし、友達との話題でも大丈夫です。

お客様を良く観察して

1、体が大きければスポーツの話題や
2、ビジネスマンらしければ経済の話題でもかまいません。

大事なのは直感で話題を提供できる感性です。
それはもはや憶測だっていいのです。「わたしはこう思った!だからこの話題で楽しめると思った!でも違った!

じゃあ2人が楽しめる話はなんだろう?」
という会話の共同作業をもっと楽しむつもりでおこなってみれば会話が重要なのではなく2人が楽しむ為のコミュニケーションそのものが重要だってことがわかるはずです。

そもそも会話がかみ合うかどうか。
相手が貴女に感想を求めている場合もあります。
大概会話が噛み合わないと思う瞬間って
1、自分の話に対して相手がどう思ったのか感想を示してくれなかった。
2、あいづちを打って賛同してもらいたい時に賛同の態度を示してくれなかった。
3、もっと自分の意見を伝えたく話したいのに話をさせてくれなかった。
4、自分の会話そのものを否定された。
こういった場合は大概会話が噛み合わないと思う瞬間です。
こういったことがないようにする為には相手の会話を理解するところから始めなければいけません。

会話が苦手ですが働けますか?

相手の会話が理解でき、その会話に対して感想を述べることが出来るなら働くことが出来ると思います。

相手の会話が理解できないなら、会話によるコミュニケーション、もしくは、夜のお仕事を含む仕事全般で働くことは、不可能だと思います。

会話は意思の伝達手段です。
そして話題は、その相手を知る手がかりとなる入り口になるようなものです。会話が苦手だと思っている人は、人とのコミュニケーションそのものを避けたいと感じている要素があるかもしれませんね。
こういった要素をお持ちの方は、夜のお仕事、会話を必要とする接客業そのものに携わることが、不可能な場合があります。

会話に意識をしすぎて本質的なことを忘れてしまう。
相手が気に入る話はいったいなんなのか?
を追求しだすとキリがありません。
相手も貴女との会話を楽しみたくて気にしている場合もあります。
大切なのは会話を通じて生み出され、感じることのできるフィーリングです。もちろん第一印象で、貴女を魅力的に感じられない場合もあります。
そういった場合は、相手は貴女に心地よいフィーリングを求めていない場合もあります。そういった要素を見抜くことはできないことが多々ありますが、それはあきらめなくてはなりません。会話でのフィーリングで第一印象を挽回できることもあるからです。

経済のことに詳しくありませんが大丈夫ですか?

大丈夫な場合もありますし、
大丈夫ではない場合もあります。

ただし基本的にホステスは経済の専門家ではないので問題ありません。
経済的に豊かな方々が出入りする銀座の会員制高級クラブ。

大口投資家、会社経営者、企業オーナー、政治家、会計士など日本の経済事情の中心に存在し活躍されている方々も銀座には多く来られています。
こういった方々との会話は多岐にわたり、趣味などのプライベートなことから、仕事や、経済的に専門的な話題にのぼります。

専門的な会話が、貴女についていけなかったとしても、大概お客様は不満に思うことはないはずです。なぜなら難しいことを話していることはわかっているからです。

しかし、一生懸命に話についてこようとし、話を聞いて理解しようとする姿勢に、お客さんは胸を打たれたりするのです。

しかし、誰もが知っていると思われること。
例えば「今の日本の総理大臣の名前は?」とか日経平均が低い高いなど一般的に知っているであろう教養知識に、答えれない場合は、貴女の私生活を疑われることになる可能性があります。

銀座高級クラブで働くのなら、多少の一般知識は知っておいて損はないはずです。

こういった場合はお客様から評価されるというよりは、働いている同僚ホステス等に見下されることがあると聞きます。

インテリジェンス性の重要性。
貴女の意見がお客様にとって必要な場合がある。
会話の中でお客様が貴女に感想を求めてくるシーンが多々あるはずです。こういった場合は貴女の読解力、理解力が試されます。
もし貴女が相手の話を適当に聞いていれば、「この子は適当な子」だと判断することとなるでしょう。
銀座のお客様は指名する女性に対しても最低限のインテリジェンスを求めてくる場合がほとんどです。頭の良い女性を味方につけておきたいと感じているお客様は少なくありません。

周りの会話についてゆくにはどうすればいいですか?

周囲との協調性が大事。
一対一の会話ばかりが接客ではない。

複数のお客様と複数のホステス達との会話は難しいと思う女性が多いと聞いていますが実際は難しくありません。

まず、周囲を確認しましょう。
上座(かみざ)に座っているお客様は誰なのか。
わからなければ事前にスタッフに聞くと良いでしょう。

そしてその席の担当となっている係りの女性は誰なのか。
ほとんどが席に着く前にスタッフが教えてくれるはずです。
そのお客様達が常連であれば、いつものお得意の話題に入れなくて当然です。なぜなら身内の会話となる場合が多いからです。
こんな場合も会話をしっかりと聞き相槌を打ちながら貴女が会話に参加しているどうかをPRすることも大切です。
そういった姿勢をお客様や同僚のホステスさん達、そしてママやスタッフはしっかりと見ています。しっかりと会話に参加する姿勢も会話の一部なのです。

【PR】

心理編

銀座の夜のお仕事、銀座の会員制高級クラブで働くに限らず、人と人のコミュニケーションは、どの分野でも変わりはありません。

ときには感情と感情がぶつかり対立する場合もありますし、ときには感情と感情の相互理解の中から生まれる、心地良い安堵感を体験することもあります。

こういった人と人の間に生じる心理を、事前に知っておくことで、そういった場面で貴女の中で何が起こっているのかを、把握する重要な手がかりとなるかもしれません。

貴女が「銀座の人間関係や人付き合いはどうすれば良いのだろう」
もしくは、「私はお客様やお店の同僚ホステス・お姉さん達と上手にやっていけるのだろうか?」と思うとき、貴女の根底にはお店(職場)でうまくやっていきたい!

みんなと仲良くたっていきたい!と切と願っているはずです。

なぜなら貴女が心地良く働きたいからでしょう。

派閥はありませんか?

そもそも派閥というのは大企業などの会長派や、社長派なるものを指しています。夜のお仕事においては、仲の良いもの同士が、団子(だんご)のようにかたまっているといったところでしょうか。

結局のところ夜のお仕事に限らず、どんな組織も競争の原理によって売上向上、サービス向上を目指しています。いわゆる競い合わせて、高めあうといったところです。

当然競争率が高ければ難関となりますし、それに総じて報酬は高くなることとなります。
なぜならより良いサービスの提供によって、顧客の支払うお会計は高くなりますし、当然顧客は高額なお会計の提示にも納得するからです。話は若干それましたが、一番貴女自身が気になっているのは、貴女がお店の中で仲間はずれにされたり、ギスギスした関係に巻き込まれたり、尊厳を傷つけられないかどうかではないでしょうか。

むろんお店との相性もあります。しかし多くの場合、銀座では気にすることなく働けるので心配する必要はありません。理由は多岐にわたりますが、一番の理由はそんなことをしているヒマはないからです。

人が抱く警戒心は太古より変わらないもの
もし貴女が大切な10人のお客さんを抱えていたら、どんな心配事が生じると思いますか?
人は大概、何かを奪われるのではないかという、警戒心を抱くものです。ですので当然、安心感を欲しがるわけです。
まず安心感を与えることも、仕事の一部なのだということを理解するべきです。客席でお客さんと仲良さそうに話していても、貴女が入店したばかりであれば警戒心を抱きやすい女性から見れば、貴女に対して不安感や警戒心を抱くかもしれません。
※貴女に追い抜かれてしまうかも・・といった警戒心です。
こういった警戒心を解きほぐすためには、時間と日頃の行いによる信用が必要になることが多いのです。

ママに気を使わないといけないですか?

人はコミュニケーションの中で、相手に対して適度に気を使うものです。

目上の方、重要なポジションを任せられている方に対する基本的な挨拶や、尊厳を傷つけない丁寧な会話はとても重要です。

こういったことによって信頼関係が築かれ、ママが貴女との関係を心地良く感じれば、ママとの距離は温かく、近くなるはずです。距離感はとても大切です。近すぎればむさ苦しく思うこともあるでしょうし、遠すぎれば何者かわからず得体の知れない不安感を抱くこととなります。

コミュニケーションとは一長一短であり、その事実を受け入れることで、相互理解のコミュニケーションが始まってゆくのです。これはどんな人とのコミュニケーションにも共通して言えることでしょう。相手がママとて例外ではありません。もちろん誰にでも好き嫌いがあります。

貴女がもし感情的で、自分の言いたいことばかり押し付けるのなら、ママではなくても貴女から、周囲の心は離れてしまうでしょう。まずは貴女がママを好きになること。これが気を使う前におこなうことです。

そして好きになる前におこなうことは、好きになれる要素をさがすことです。そんな姿勢のときに、貴女のママを見る目はとても輝いているはずです。当然ママは貴女のそれを感じることでしょう。

この心理がわかりますか?しかしこれはかなり綺麗事な理論だと感じるはずです。しかし貴女の方から行動を起こすことは、大きな意味があることに変わりはありません。

AGENT
人間関係のルールを知る
人間関係の中で筋道や人間関係の交通ルールといったものがあります。
銀座は人間関係のルールが重んじられる傾向の強い高級繁華街です。
 
誰かのお客様なのに、そのお客さ樣に裏でコソコソ根回していることが発覚すれば、貴女のことを嫌な奴だと判断されるでしょう。
 
表面上では平穏を装いつつも、裏では悪口ばかり叩いていることが発覚すれば貴女のことを嫌な奴だと判断されるでしょう。
 
貴女の方から可愛がってほしいそぶりを見せ、近づいたにも関わらずイザ可愛がってもらい満足すれば、手の平を返したり、裏切ったりすれば 貴女のことを嫌な奴だと判断されるでしょう。
 
AGENT
こういったことが貴女の人柄となって蓄積されます。当然こういった人柄は周囲に歓迎されることはありません。人間関係のルールとは、相手を思いやることが基本だということを理解するべきです。
 
AGENT
自分勝手で感謝することなく、相手のことを考えない姿勢では、お店のスタッフも愛想を尽かして心が離れてしまいます。そうなれば貴女の大事な局面で、協力は得られないかもしれません。
活躍している銀座のスタッフや、ホステスさんからそういった声を聞くことも少なくありません。
 
AGENT
だからといって誰かの為にばかり働いていれば、貴女が貴女自身の発展を鈍くするかもしれません。
だからこそしっかりと人間関係のルールを守りつつ、大義名分を盾に貴女が発展してゆく方法があります。
【PR】

歌舞伎町では優しくしてくれたのに銀座ではなぜ優しくされないのですか?

土地柄というのも理由の1つですが、自分に合う合わない、向き不向きもあります。

どのように見られているのかを、ネガティブに考えるのはお勧め致しません。
過去のことばかり(例えば先入観など)にこだわって今現在を大切にしないのは愚の骨頂。
過去と今一瞬はどちらが大切ですか?

正しい決断を下せる貴女ならご存知なはずです。
過去に囚われず新しい人間関係、そして信頼関係を築けるよう、プライドばかりを守るためのものじゃなく、相互理解を前提とした、関係作りを心がけるべきでしょう。優しくしてくれない!
と決めつけてはいませんか?
再度貴女がなぜ銀座に移ってきたのかを考えてみてください。※銀座の夜のお仕事をすることを検討している方も考えてみてください。

まずは日々健全な考え方・精神状況を心がけるべきでしょう。食事・睡眠・休息の中から活気は生まれます。どんよりネガティブな考え方では、良いものは決して生まれません。

貴女がもし不規則な生活習慣であるならば、まずは歌舞伎町で働いていたときの生活習慣を見直し、改めることも良いかもしれません。いずれにせよ、銀座という新しい場所に来たのなら、歌舞伎町と比べるのではなくフレッシュな姿勢で、取り組まれることをお奨めします。

公平・不公平の心理はヒイキ・エコヒイキに通づる
ほとんどの誰もが、自分のことを最優先にしてほしいと願っているはずです。要は自分のことを特別扱いしてほしいと感じているのです。
この特別扱いをあからさまに示してほしいのか、コッソリ示してほしいのかは人それぞれです。優先扱いしてくれないことで苛立ち「不公平だ!」と泣き叫ぶ方もいます。
逆に結果を出し、頑張っているのに、特別扱いをしてくれなければ、やはり「不公平だ!」とやる気を失う方もいます。ヒイキ、エコヒイキはそんな単純な心理から生まれるものだということを、理解するべきです。ヒイキ(特別扱い)を獲得するための方法があります。

お客様が外で会いたいようでお店に来てくれませんがどうすればいいですか?

状況によって答えは複数です。

多くの場合は貴女自身が望まぬ誘いなはずです。
しかしお客様とて、来店し貴女の得点稼ぎの材料として扱われることは不服と考えています。

貴女が、そのお客様に来店をさせようと躍起になり望めば、望むほど相手も外で会おうと望んできます。
もしくは誘うことで、貴女が喜ぶのではないかと、勘違いしているお客様もいるでしょう。

さあなぜでしょう。

貴女がそのお客様を、自分のお店での評価を高める手段として、来店させようとしている時点で、貴女はそのお客様をとても必要としています。

勘のするどいお客様か、勘違いしやすいお客様は、自分が貴女に必要とされていると考えるようになります。
そうなると単純に交換条件を吹っかけてくるようになります。

これらの望まぬ誘いを、回避するための手段は、そのお客様に執着しないことです。
このテクニックは、貴女がそのお客様から無関心にされてもいいというある種の覚悟が必要となります。
(そんなに難しいことではありません)言い方を変えれば「強気になってそのお客様を切りなさい」といったところでしょうか。
しかし実際にはそう強気にはなれないことも多いので、接客時は丁寧に対応はしつつ、平行して貴女にとって有望と思われるお客様との出会いのチャンスを探すことになります。

貴女が夜のお仕事を始めた当初はこれで良いのです。
なぜなら嫌なことを我慢していると、仕事に対するやる気が無くなり、貴女自身のポテンシャルは著しく低下してしまうからです。
こうなっては元も子もありません。

貴女が魅力的ではない表情をぶらさげることになるからです。ゆっくりと貴女が仕事に慣れてきたときに、癖のあるお客様や望まぬ誘いを行使してくるお客様に対して、有効な手段を探し始めることになるでしょう。

ママと思いやりのお話

ママは人気者という側面もありますが指導者という側面もあります。
お店の舵取りを任せられているママもいますし、お店にとって重要なお客様の対応を任せられているママもいます。そして肝心要のママとしての役割は、なんといってもお店の売上の大半をまかなうといったところでしょうか。これらの責任感のモチベーションを維持するためには、生半可なものではありません。
なぜなら一時的に維持することは誰にでも?
可能ですが、維持し続けることは努力と困難を伴うことが多いからです。一見華やかに見える社交場での一輪の華としての裏側は、多くのプレッシャーに囲まれています。貴女には貴女の考え方がありましょう。
しかしママにはママの考え方がありましょう。こうやって相手の立場を考えることから始めたとき、相手に対する思いやりを覚えることにつながるでしょう。それは貴女に温かさが生まれる瞬間かもしれません。

お店の中で疎外感を感じます。気のせいでしょうか?

状況によって答えは複数です。

気のせいの場合もありえます。

しかし多くの場合は、貴女自身がお店に貢献できていないという引け目から生じていることが多いのです。

貴女がお店で単に出勤しているだけで、来客数(誘客)に貢献できていなかったり、同伴できていなかったりと、なにかと感謝されにくい状況であったり、お店に貢献できている度合いが少ない場合、貴女が自らお店に対して、引け目を感じるようになります。

こうなると周囲のみんながどんなに貴女を暖かく迎え入れようとも、貴女にとって非常に居心地の悪い空間になってしまいます。
こうなると「良いお店なのですが辞めます」「働き易いのですが辞めます」といった矛盾した流れでの退店理由となってしまいます。

その組織に居る以上、貴女の個性を存分に発揮され、魅力的に輝くことが重要な仕事となってくるのです。もちろん自分のすごし易い環境を作るために、努力も必要となる場合もあるでしょう。

例えば蜂は、蜂の巣を作るために、各方面から材料を運んできます。その蜂達が努力をしているかどうかは不明ですが、誰もが居心地の良い環境を手に入れたいと考えています。
蜂さえも。多くの場合、貴女にとって既に居心地の良い環境があるのではなく、貴女にとって居心地の良い環境を、貴女自身が作らなければならないことが多いのです。

100人中100人に好かれることはある意味自分を無くすことに・・・
みんなと仲良くいたい。争いごとを持ち込みたくない!
と望むこと自体が悪いわけではありません。
しかしこの資本主義社会全体が競争で成り立っている以上、夜のお仕事も同様に競争の渦中にあります。
競争とは読んで字の如し「競い争う」といいます。
では何のために競い争うのか・・・それは各々が、より良い生活を手に入れるためです。
より良い生活をしてゆく為には、現実問題お金は欠かせません。
ではどんなふうに欠かせないかというと、お金が小額よりも、高額な方が良いということです。
高額のお給料を手に入れたければ、それだけ競争率は高くなります。
貴女が成績を上げれば上げるほど、貴女のことを良く思わない人も出てきましょう。
しかしそれで良いのです。
なぜなら同じ比率で貴女を支持する人も現れるからです。
本当です。
こういったことをまだ体験できていない貴女にとっては、とても理解し難く感じるかもしれません。
要はこういうことです。「妬み」があるということです。
しかし妬み自体が悪の考え方ではありません。
しかし、貴女は自分から産まれる妬む感情の発動を拒否することもできます。どんなに素晴らしいお店、事務所、会社に入社、入店、所属をしてもある意味とても残念ではございますが、100人中100人が、貴女のことを好きになることはほとんどないということを理解するべきです。
(ほぼありえません)もし貴女が個性を出し切れていなければ、貴女は相手に不愉快な気持ちを抱かせないかもしれませんが、本当の貴女の魅力を伝えることはできないでしょう。
反対にもし貴女が個性を出し切れていれば、貴女は相手に不愉快な気持ちを抱かせることもあるかもしれませんが、本当の魅力を伝えることができているはずです。
【PR】