ナイトワーク VS パパ活【P活】 徹底比較 高級VIPサロンの活用の考察

【PR】

昨今、注目を集めている「パパ活」の活用を考察

昨今メディアでも知れ渡ることになったブーム「パパ活」
貴女はパパ活を有効活用できているだろうか?

ちなみに、ドカタ中心の生活を送っていると、いつの間にかに自分の本当の目的を忘れてしまうのでご注意ください。

近年、「パパ活」という名称で認知度が上がっているこの「パパ活」ですが、実は名前が変わっただけで、インターネットが普及する前から、その仕組みはありました。

つまり、そう珍しいものでも、真新しいものではなかったのです。

現在は、メディアなどで認知度があがったおかげか、クリーンなイメージが一般的になりつつありますがよく巷で言われていた「出会い系」というものが「アプリ化」され、便利になったというわけです。

この「パパ活」は「パパ活系アプリ」となって普及することによって、大変便利になった感があります。

それはなんと言っても、リアルタイムで通知がされることでしょう。

リアルタイムで通知がされることで、迅速に相手のオファーに気がつくことができ、取りこぼしがないといったことに繋がります。

常に、画面を見続けなくてもすみますし、
更新ボタンを押しリロードしなくても自動的に通知がくるのは本当に便利です。
これはなんといってもアプリの進化のおかげです。

そしてなんと言っても近年の進化した特徴といえば、今までは、どちらかというと女性会員には登録時に甘かったのに対し、昨今は女性の会員登録を多少厳しめにしているといった点です。

以前は会員登録時に未成年かどうかの確認が要でしたが、昨今はしっかりと身分証明が必要となってきている傾向です。

これは、以前は女性会員がなんとなく有利であったのが、昨今、少し逆転現象が起こってきているということでしょうか。どちらかというとパパ活アプリは、肉食系女性によって持てはやされているような傾向と言っても過言ではないのではないでしょうか。

一部の「パパ活」系アプリは女性会員もお金を払わなければ、機能制限がかかるものもあるとのことで、以前は、どちらかというと男性が女性にアタックする傾向でしたが、今は女性が男性にアプローチしている感が強いと思います。これらを総合的に見ると、出会い系では女性が有利という状況はなくなりつつあるかもしれません。

昨今、出会い系は男女平等となったとも言えそうです。

ナイトワークとパパ活を比較考察(主観)

以下の比較表は、あくまでも銀座エージェントが長年リサーチをしてきた主観になります。正しい正しくないの判断についてはご容赦願います。

項目 ナイトワーク
主に高級店
パパ活
VIPサロン2019年版
優良顧客比率 全体の約80% 全体の約20%
顧客の行儀良さ

★★★★☆

お客様は店内や人の目(周囲の目)があることで、適度の緊張感が生まれ、自分の態度や言葉などに責任を持つため、言葉や態度を選ぶ必要がある環境。そのため上品な対応を心がける必要がある。または、もともと上品である。2人だけの世界が形成されにくく、お店が職場ということもあり、仕事上がきっかけという建前が形成されやすい。こういった建前によって女性側は戦略的に有利なポジションを築きやすい。
つまり「仕事です」と言い切ることができる。

★★☆☆☆

男性会員も、女性会員も2人だけの世界を作ることが比較的簡単であるため、わずらわしい第三者の目が届きにくく、2人の意思疎通が優先されやすいのをメリットと取るかデメリットととるか。
2人が合う前提が、どのような綺麗ごとを言ってはみても「男女の出会い」に終始する点がビジネス等に発展しにくいのをメリットと取るかデメリットと取るか。その上品さが持続しにくい傾向にあるとの声も。
TVや雑誌で見かける顧客クラスの来訪率、または登録率

★★★★☆

たとえば、ネット上を調べればわかるが、銀座の某高級クラブYに大物政治家来店、クラブFに、有名俳優来店、クラブLに有名実業家Sさん来店、など書かれてもイメージが崩れないのがナイトワーク、特に夜の銀座の高級店に来店でもイメージがわるくならないのが夜の高級店のよいところ。いわゆるお忍びで来店とされていて、週刊誌に写真を取られていても大きなイメージダウンにならないのが良いところか。ある一定のレベル以上の大物になってしまうと、パパ活アプリや、交際クラブに登録すること自体が致命的になると考える傾向。政治家のスキャンダルに発展しやすい材料になるとの声も。

★☆☆☆☆

パパ活のイメージが匿名前提の「出会い系」であることで、いまいちメディアで有名な企業社長、上場企業社長などの男性会員は皆無であること。大物達からしてみれば、自分の名前で登録をしていることを知られたくないという心裡が前面に出やすく、本当にメジャーな人達の男性会員登録に至っていないのが実情。また万一登録をしていても「登録をしています」と声をあげる人がいないのが実情。実際はサラリーマン層、及び知名度のない企業経営者等も多いとか。なんにせよ匿名でできるのがメリット。知名度のあるエリート層は極度に少ないがいないわけではないとも聞く。

気軽・気楽さ

★★☆☆☆

仕事として活動するのが前提であるので、それぞれのお店のルールがあって然るべき当然であり、先輩ホステスさんや、ママの発言、経営者の意向などにしっかりと耳をかたむけ、最低限の緊張感の中で仕事をしてゆく必要がある。ある一定の責任感を持ち仕事をしてゆくため気軽な気持ちでおこなえる活動とは言えないでしょう。

★★★★★

さまざまな建前と前提があるにせよ、雇用された仕事ではないため、気軽で気楽な活動に終始する傾向です。
最低限の常識があれば成り立つでしょう。そのため、責任感はほぼ皆無でしょう。

匿名で活動しているお客様

銀座の高級店
10%

高級店
20%

その他
30%

高級店であればあるほど、社会的立場がある人の来店。これらの人は匿名で行動をしていると、「何かやましいことをしているのですか?」と問われることとなり不利な立場を形成してしまうことに。社会的に立場にある方、公になっているかたは、ほとんど公共の場で匿名が使えない。つまり、これらの方が羽を伸ばせるための場所は、銀座の繁華街を含め高級クラブなどになるのであろうか・・・。これからも検証してゆきたい・・・

90%~100%

登録している大半が社会的立場がない人との声も。実名で堂々とするとは無縁ともいえます。

時間の有効活用性

★★☆☆☆

定められた時間に出勤が必要
ただし、その夜の時間を有効活用したいと考えているならメリットと言えるでしょう。

★★★★★

自分の好きな時間に活動できるのが最大のメリット。

安定収入

★★★★☆

定められた日数の出勤をすることで定められたお給料の金額を手にできる。
それに加え、ノルマ達成や売上げを意識している女性についてはやや、金額の上下はあるものの、お店(会社)に雇用されるため安定していると言えるのではないでしょうか。

★☆☆☆☆

一部の熱心な女性にとっては安定収入と言えそうです。ただし、男性会員と出会うに至る前提の時間が多少はあるものの、肝心要である、その人の情報が掴みにくかったり、また当人による情報操作によって正確な情報を把握しにくく、金銭の授受が当人同士で行われるということもあるため、やや安定感に欠けるのではないでしょうか。
ドタキャンが多いとの声も。
期待していた収入目標に辿り着かなかったり、待ち合わせの段階で収入ゼロになったりと、約束が守られないこともあるとか。

素晴らしい支援者の獲得

80%の確率

仕事を通じて人柄を知ってもらい、人間性を高く評価してもらえる可能性がある。同じ店舗内での接客の仕事をしている姿を見せることもあったり、接待での仕事を認められることもあるからです。

5%の確率

終始プライベートの一環で時間が経過してゆくため、仕事といった真剣さは皆無。またプライベートの目的との相互一致の会話に経過しやすく、金銭で成り立つギブ&テイクの結果に。本物の支援者にはなりにくいと言えるでしょう。

 

必要とされる教養指数

★★★★☆

特に銀座の高級店に勤めるとなると一般常識から、接客に関するスキルを含む人間性全般の教養を求められるでしょう。

★☆☆☆☆

仕事ではないので人間性や教養は特に求められることはないでしょう。ただし成果に結び付けたいのなら最低限の教養は身につけておいて損はありません。
また、人間性についても多くの支持を得たい場合は、あらゆる意味で必須ともいうべき点も。

必要とされるルックス

★★★★★

最低限のルックスは必須とされながらも、高額なお給料を獲得している女性が高いルックスの持ち主かというと決してそうとも言えないのがナイトワークの代表的なあるあるのお話です。
※スタイルはかなり重要視される傾向にはなります。

★★★★★

写真などで左右される場合がほとんどです。
近年一部のVIPサロンでは写真なしで登録も可能ですが、かなりの高水準のルックスを必須とされる傾向です。

接客スキル

★★★★☆

かなり身につきます。
また指導も受けられるので比較的正しい接客スキルの取得に期待ができます。

★☆☆☆☆

独自に成長を重ねてゆく機会に恵まれますが、 指導を受けられず、自己判断にて事を運ぶことが多いということもあり、正しい接客スキルが磨かれない可能性が高いでしょう。

女子力磨かれ指数

★★★★★

お手本となる女性がいたり。ママ等、スタッフなどの適切な指導と、温かい人間関係の構築によって、女性的な魅力が磨かれる環境となります。お洋服や化粧などのアップデートもされますが、成績による女性同士の序列は、自信、自尊心を与え、向上心を育みやすくする傾向下にあります。

★★★☆☆

独自性が強調されますが、多くの人達に見られるという意識を持たぬ状態で成長を続けてしまうと、デメリットがあることも。

客層平均年齢

銀座高級クラブ
平均50才代~

六本木高級クラブ
平均40才代~

歌舞伎町高級店
平均35才代~

平均38才代~
ホステスor女性会員
平均年齢
平均27才前後

平均23才前後

大学生有利市場とも言われています。

昼職との両立指数

50%

ダブルワークによる睡眠不足は健康状態の悪化に繋がることも。健康管理に長け、肉体的にも精神的にもタフさが要求されそうです。

90%

ほぼ100%とも言えそうですが、一部の女性に限り、アプリの通知にすぐに反応しなければ、せっかくの男性会員からのメッセージを見逃してしまうため、本業に支障が出ている女性もいるとの報告も。

モラル指数

★★★★☆

★☆☆☆☆

モラルにはついては人それぞれの考えがありそうです。
お金を得る上で恥じない行動であるのかどうかは、人によって意見はわかれるところです。
パパ活等で、営業に自信をつけ、ワンランク、ツーランク上の自分を目指し、仕事として活かしたいなら銀座エージェントにお任せください。

長年、銀座、六本木の高級店、高級クラブのホステスさん達をリクルートしてきた中で、このような「パパ活」系アプリ、またはVIP高級サロン等の出会い系の道に進む女性は一定数存在してきました。

したがってこれらのような「P活は」決して今新しく始まったわけではありません。ですが、女性の性格や、タイプによって、この「パパ活」との相性が合わない女性も一定数存在します。

できますれば、これらのような「パパ活」「VIP高級サロン(交際クラブ)」などを卒業して、「こういうのは私に合ってない」と判断し、仕事として活動してゆくことをオススメします。

もちろんこれらのようなことに興味がないというのも良いかと思いますが、人それぞれの自由な時代において決めてゆくのは貴女次第です。

昨今、注目を集めている「パパ活」は真のエリート層獲得のために使えるのか?

実際に使えないこともありませんが、

実益を追求し過ぎてしまう女性にとっては、男性顧客の賞味期限は相当短くなり、次の男性顧客を獲得するために探し続けないと行けない状況に追い込まれるとの声も。

あまりにも追求しすぎて「銭ゲバ」化した女性もいるとのことです。

自身を商品化することに、あまりにもこだわりすぎれば、いつしか貴女本来の女性としての透明感は失われ、カラカラに乾き魅力からかけ離れてしまうことに繋がるかもしれませんのでどうか、ご注意なさっていただきたいと思います。

ちなみに、上手に人脈化し、銀座や六本木の高級店で遊ぶことに興味のある人を見抜くことによって、スムーズに自分の目的を達成できる女性もいます。

一部の学生さんの中には、パパ活を本業化している女性もおり、収入は100万円を超える女性もいるとのことです。

※100万円の方法を伝授する選任のスタッフがいます。
※また、安全なVIPサロンのご紹介に関しては(数少ないですが)青山、六本木、銀座にございます。ご紹介が可能ですのでお問い合わせください。

しかし、実際にその収入に至るまでの経緯自体が、正しいのかどうかは本人のモラルに委ねられています。

2時間の食事会は大いに流行ったものの

2012年~2017年頃に、高級VIPサロンを上手に活用して人脈形成に繋げてゆくといったことを推薦していた時期があります。

食事会で形成できたエリート男性陣を、今現在勤めている今働いているキャバクラやニュークラブ、銀座の高級店へ来てもらうよう活かすといった趣向のものでした。

2時間程度の食事会のみを活用するといったものです。

その女性にもよりますが
お客様判断で10000円~最大50000円の謝礼・タクシー代でした。

食事会ということを称して、2時間程度を食事等の時間の共有を果たすことで、謝礼をいただけるといったもの。

ただし多数のエリート男性陣のカラーやタイプに添った女性に限られる点はなかなかに満たしにくい欠点でもあります。

つまり、エリート男性陣は特別性を感じさせる女性、または特別性を演出できる女性でなければ、貴重な2時間と貴重な謝礼を渡すのは大きくないにしても損失であるだろうと考え、結果、VIPサロン側にクレームが入れることに。もしくはエリート男性陣は次回の食事会を見合わせることに繋がる恐れがあることです。

なんと言ってもエリート男性陣いわく、お金を使うのはいいが、時間の損失は痛い。とのことでVIP会員サロン側も相手の好みなどの調整はなかなか難しかったはずです。

そうこうしているうちに、2時間の食事会は普及したものの、逆に普及しすぎてしまった為に、謝礼の相場は下がり、そしていつしか、当時は高かったエリート男性陣、女性陣のクオリティともに低下し、純粋な2時間の食事会は激減していったのです。

こういったこともあり、銀座エージェントでは、2時間の食事会を、女性の皆様に紹介するメリットがないと判断し紹介をし一時中断した経緯があります。

紹介するエリート男性の質が一般化し、特別な男性会員が減少してしまったのです。

これらの一環でわかったことは、こういった高級VIPサロンを有効活用して、しっかりとした人脈を形成できた女性ほんの一握りにとどまり、活用できなかった女性陣の共通点が見えてきました。

その共通点は、実益を追求しすぎて戦略的になりすぎたというものです。

詳しくはここでは書くことができません。