2020年10月のお知らせ

来店客数大幅UP!Go Toトラベル& Go Toイートの効果を見定める!
PR

来店客数大幅UP!Go Toトラベル& Go Toイートの効果を見定める!

新型コロナウイルスの猛威によって、行動範囲を狭められた人類。

今回のGo Toイート&Go Toトラベルというエネルギーが加わり、ある特定の停滞していた業界の経済が再起動をはじめそうです。
※東京ではまだスタートしてはいませんが、既に道府県はスタートしています。

10月7日、
東京都の某企業の派遣スタッフとして働いているAさんは
大阪の人向けの「Go Toイート・プレミアムお食事券」のナビダイヤルを担当しており、Aさんによると、初回10万セットが当日完売とのことだったとか。

大阪のGo Toイート・プレミアムお食事券の2回目の販売数は30万セットと定められており、200万セットを5回に分けられて販売されるとのことです。

全て完売するだろうとのことで、凄いの一言に尽きますね。

Aさんいわく、オフィスでは電話が1日中ひっきりなしにかかっており、その日は約9,000件の電話対応ができなかったのだとか。

ちなみに、この某企業は約30名弱の派遣スタッフがいる中で、当日約1,500件程度のナビダイヤルをこなしとのことですから、Go Toイートキャンペーンの盛況振りがうかがえます。

しかもこれは大阪だけではなく、日本全国で販売されているのですから、国を挙げての大型キャンペーンと言っても過言ではありませんね。

こうしたGo Toキャンペーン絡みのナビダイヤルを引き受けている企業は、数百社は下らないはずで、大勢の雇用を生むことにも貢献していると言えるでしょう。

しかし、これらの派遣社員は主に会社通勤なのだとか。
数ヶ月前迄は、あんなにリモートワーク&テレワークを推進されていたのに、普通にみんなが会社通勤をしていることで、やはり全てがリモートワークとはいきませんね。

一方で、東京都では10月8日(木)時点は販売日程は決まっておりません。

きっと全国で一番最後にスタートするだろうと思われます。
※おそらく11月なのでは!?

ホステスさん
AGENT
2020年10月23日(金)から予約開始になりました!
10月23日から予約開始!もっとTokyo・GoToトラベル

出展:東京観光財団 https://motto-tokyo.jp/

そんな中で、大阪でこれほどの盛況ぶりなのですから、東京都及び首都圏全体だとすれば、更なる盛況振りが予想されます。

それに加えて、Go Toトラベルも始まれば、もう気分はお祭りモード!?

とはいえ、コロナで大打撃を受けた人々からしてみれば、お祭りモードには浸れないかもしれません。
それでも売上げが少しでも回復してくれれば、少しでも気持ちはラクになるのではないでしょうか?

銀座エージェントでも、以前特集ページでご紹介させていただきました

  • 銀座のレストラン
  • 銀座の高級寿司
銀座の有名高級寿司店まとめ15選

銀座の会員制高級クラブに訪れるお客様が通う高級寿司店銀座に財界著名人、大物政治家などが訪れる価値ある高級寿司屋があるのをご存知ですか?銀座という街は日本国内を始めとして世界各地から、魅力的とも言える最高級の食材が集まることで知られ[…]

銀座の高級鮨 高級寿司店 まとめ15選
銀座の一流高級レストランを厳選10店舗まとめ

銀座に食の名店あり!厳選した稀有な食材集まる銀座にて、一流とよばれるシェフ達が織り成す逸品銀座の街並みを彩る百貨店を始め一流ブランドショップなど、これらの店舗は銀座を旗艦店(フラグシップ店)や、本店としていることも多い。ま[…]

の閲覧回数が上昇していました。

Go Toイートが始まれば、銀座の飲食店にも多くの人々がお食事に訪れてほしいものです。

また、Go Toトラベルに関していえば、対象は国内旅行が中心となりそうですが、他国から訪れる観光客数の回復も待ち望まれています。

銀座の大手百貨店の化粧品販売店で働いているBさんは、

「はやく外国人観光客が戻ってきて欲しいと思っている人は多い」

と呟いていました。

JTBグランドツアー&サービスのウェブサイトに掲載されている最新情報によりますと

9月1日
カンボジア、マレーシア、ミャンマー、ラオスと日本の間で、企業の駐在員や技能実習生などの長期滞在者の往来が再開されることになりました。7月末のタイ、ベトナムと合わせて6ヵ国となります。ただし、入国後の2週間自主隔離は継続されます。

9月23日
全世界からの外国人の日本入国について3ヶ月以上の中長期滞在者(留学生や企業の駐在員等)にかぎって解禁すると発表されました。

9月30日
日本国政府は新規感染者の発生が抑えられている国や地域について、渡航情報のレベル引き下げ(レベル3からレベル2)を検討しているそうです。具体的な発表はまだされていませんが、報道によればオーストラリアやニュージーランド、ベトナムなどが候補に挙げられています。ただし、相手国が日本人の入国を認めるかどうかは別の問題です。また、多くの旅行会社は海外ツアーを販売するか否かの基準を危険情報のレベル1までとしているため、すぐには再開できないと考えられます。

10月5日
韓国とのビジネス往来を解禁する方針が示されました。直前のPCR検査での陰性証明書と日本での行動計画を提出することで、入国後の隔離なしで短期滞在の入国を認めるということです。

JTBグランドツアー&サービス
https://www.jtb-grandtours.jp/blog/cat/magazine/200623_magazine.html

日本中の人々が国内の観光旅行が活発になることで、相対的に他県や東京都へのビジネスマンの出張も多くなると見込まれます。

つまり観光客を目的とする旅行客や、ビジネスマンの出張が増えることで、各地域の繁華街にも足が運ばれることが期待できるはずです。

銀座の会員制高級クラブで働いているベテランホステスさん達の中には、地方のお客様も少なくないとか。

ビジネスマン達の仕事が終わった後の、ほんの束の間の癒しのひととき・・・そんな素敵な時間を銀座で過ごして欲しいと願います。

いま銀座の会員制高級クラブに、未だかつてないほどの怒涛の採用ラッシュが押し寄せようとしている!

いま銀座の会員制高級クラブに、未だかつてないほどの怒涛の採用ラッシュが押し寄せようとしている!

「怒涛の採用ラッシュが押し寄せようとしている?」

それもそのはず、現在銀座の会員制高級クラブのほとんどは、コロナ過以前よりも、大幅に在籍人数を少なくして営業をしているからで、つまり平常運転が始まれば間違いなくホステスさんが足りなくなるのです。

コロナ禍によって、通常営業時の3分の1の人数までホステスさんの人数を少なくしたお店もあるほどです。

銀座の会員制高級クラブには、過去に幾度となくピンチを体験してきたはずですが、ここまで極端に在籍人数を減らしたことは、過去に一度もなかったとのことです。

  • バブル崩壊
  • リーマンショック
  • 東日本大震災

この他にも、さまざまな景気に左右されそうな時期もありました。

しかし、どんな時にも、今以上にホステスさんの在籍人数を少なくしたことは、ただの一度だってなかったのです。

そんな中で、コロナ過が収束に近づくにつれ、繁華街に出向くことに躊躇わずにいられなかった紳士達が、各店舗に一斉に押し寄せてきたらどうなるでしょう?

たとえば、お越しになったお客様の1人が「久しぶりに乾杯」と数百万円もするロマネコンティをオーダーしてくださったとしましょう!

上質なボックス席に、ママ1人しかつくことができないほどに、ホステスさんの人数が少なくなっていれば、銀座の老舗の会員制一流有名高級クラブとしての、上質なおもてなしを疑われることになるでしょう!

きっと、心優しいお客様のことですから、理解はしてくださるはずなのです。

しかしながら、ホステスさんの人数があまりに少なすぎて、そもそもロマネコンティがオーダーされることはないでしょうし、他店へ出向いてしまうかもしれません。

このように、起こりえる機会損失は計り知れません。

なんというダメージでしょう!?

某会員制高級クラブのオーナーは、こういった事態を危惧しているほどなのです。

数ヶ月前と現在を比較すると、人々のコロナ禍に対する反応は一変!?

数ヶ月前と現在を比較すると、人々のコロナ禍に対する反応は一変!?

ところで、コロナ過の中、SNS等のツイートの中には「経済活動に必要のない娯楽産業(レジャー施設を含む)は不要」「夜の繁華街など不要」を見かけることができました。

カラオケ産業は大打撃を受け、接待を伴う飲食業も大打撃を受けていました。

娯楽産業大手のディズニーランドでは、夢の世界を演出する人々が、現実に引き戻されてしまったとのことで、本当に残念でなりません。

文春オンラインでの記事です。

社員や嘱託社員の冬のボーナス7割カットが報じられた、東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランド。
契約社員には説明会で、勤務の継続を希望する場合の収入は「半年で約22万円」などと厳しい条件を突きつけていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。 オリエンタルランドは、9月7日から1000人におよぶ契約社員を対象とした説明会を行った。集められたのは、パレードやショーで踊る「ダンサー」や、ミッキーなどに入る「キャラクター」を務める「出演者」と呼ばれる、いわゆる契約社員。千葉県浦安市にある本社の会議室で、契約社員が2、30人ずつ集められ、今後の処遇について説明を受けた。

文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/40403

コロナ過は、一部の人々から多くのものを奪っていきました。

つい先日までは「これからは外での活動は控え、自宅での仕事が主流になる」「食事はテイクアウトや出前が常識となり、お店に行って食事を楽しむことがなくなるだろう」

このような類のツイートも多く見かけることができましたし

ナイトワーク関連では、「オンラインキャバクラ」や「オンラインクラブ」「オンライン接待」などの新しい試みもされたようですが、蓋を開けてみればライブチャットとのこと。

これらは、斬新なアイデアではありましたが、決してキャバクラではなかったとの声も。

数ヶ月前、これからはウィズコロナの時代!と騒がれ収束が来ないかのように思わされる発言もありました。

ところがどうでしょう?

10月に入り、日本全国規模で人々がにわかに活気づいてきました。

PR

活気の理由はご存知Go Toキャンペーン!
Go Toイート&Go Toトラベルの発足があったからです。

Go Toイート&Go Toトラベルは、まるで日本中が軽いお祭り騒ぎのようにも感じられますが気のせいでしょうか?

このGo Toキャンペーンですが、日本の経済の建て直しのために必須だと考えます。

もちろん、ウイルス感染対策を疎かにしてはならない現実をしっかりと受け止め、日常から尽力することが求められるのは当然とした上で、Go Toイート&Go Toトラベルのキャンペーン発足はおおいに大歓迎であります。

日本国としての力強い意思を見事に行動に移していると言っても、過言ではないのではないでしょうか。

一方で他国では未だ大変な状況下にある地域もあるからです。
特に米国ニューヨークでは日本とは異なります。

10月1日、ニューヨーク在住ジャーナリストの安部かすみさんによると

パンデミックで閉店した数は?
実際に閉店した店も多い。パンデミック以前も空室率は決して低くなかったが、この6ヵ月で輪をかけて閉店、廃業跡地が目立つようになった。街を歩けば肌で感じることだ。
正確な現在の数字を把握するのは困難だが、ニューヨーク・タイムズ紙がYelpから収集したデータによると、3月1日から8月までに閉店したスモールビジネスは2800軒で、その3分の1にあたる数がレストランやバーなどの飲食店とされている。
また、飲食系ウェブマガジンのイーターによると、州内の63.6%のレストラン経営者が、何らかの救済援助を受けなければ4ヵ月以内に閉店する可能性が「高い」または「やや高い」と回答している。
ニューヨークの飲食業界は日本同様、非常に厳しい状況だ。

ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/abekasumi/20201001-00200400/

と語っています。
ニューヨークの状況は、日本とはかなり異なっておりますが、安心はできません。これは決して対岸の火事などではありませんね。

とはいえ、ワクチン開発については明るい兆しもあります。

10月6日のロイター通信社によりますと

新型コロナワクチン、年末までに準備の公算=WHO事務局長
[ジュネーブ 6日 ロイター]
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は6日、新型コロナウイルス感染症ワクチンが年末までに準備できる可能性があると述べた。
ただ詳細には踏み込まなかった。 テドロス事務局長は、2日間にわたって開かれたパンデミック(世界的流行)を巡る理事会後に「ワクチンが必要とされているが、年末までにワクチンが用意できると期待される。希望はある」と述べた。
WHOが共同代表を務める世界的な新型ウイルス感染症ワクチン配分計画「COVAX」の下で、現在9種類のワクチンの開発が進められている。

ロイター通信
https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2GX2OT

収束が期待されるとともに、安堵感漂わせてくれるテドロス事務局長の公式発言。

2020年年末に向けて本格的に、経済が活発になると考えられますがいかがでしょうか。

応募件数が日に日に増加!

応募件数が日に日に増加!

接客業が大好きな女性が、しびれを切らして応募が殺到!?

少し向井理に似てる男性
AGENT
何にしびれを切らしているかというと、「お願いだから接客業に復帰させて!」という心の叫びなのだとか

と言うのは大袈裟ですが、日に日に応募件数増加の傾向なのです。

応募してくださった人の中には、内心では「もう少し様子を見よう」という女性もおられます。

また、接客業界の状況などを知るために、【銀座エージェント公式LINEにご登録される女性もおられます。

やはり、政府が主導するGo Toキャンペーンの推進によって、これまでコロナ禍の潮流の1つであった行動制限が、少しずつ緩和されはじめ、国民全体に行動範囲の拡大に向けて大きく前進しはじめたのではと考えます。

この流れは、さらに人々の生活に浸透してゆくはずです。

しかしながら第2波、第3波を引き起こさぬよう、引き続き感染拡大の防止に努めなければならないのは言うまでもありません。

さらに言えば、毎年冬時期に流行する「インフルエンザ・ウイルス」も軽視することはできません。

これらの不安要素はありますが、銀座エージェントは人類の勝利を確信しています。

多くの店舗が積極的に採用する方向に舵を切りはじめた理由

多くの店舗が積極的に採用する方向に舵を切りはじめた理由

多くの店舗が積極的に採用する方向に舵を切りはじめた理由として、一つ確かなことは、「年末の来店客数増加が期待」されていることが主な理由です。

  • コロナ過によって、ナイトワークを離脱したホステスさん
  • コロナ過によって、来客人数が大幅に減少し、それに伴い出勤人数を制限した

上記の理由で著しく体力を奪われた、多くの銀座の会員制高級クラブ。

これは、なにも銀座の会員制高級クラブに限ったことではないでしょうが、ここ数ヶ月間はホステスさんの在籍人数が少なかったため、年末に訪れるであろう繁忙期に備えるために、積極的に採用してホステスさんを増やしたいのです。

もう1つは、様々なサービスや業種に共通して言えることですが、新商品のラインナップが必要不可欠だという点です。

さしずめ銀座の会員制高級クラブの場合なら、ニューフェイスの登場が必要不可欠であると言えるでしょう。

ちなみに

アパレル業界なら新しいデザインのお洋服だと言えますし

iPhoneなら新機種、iPhone12(2020年)の発売

ということになるでしょう!

つまり、新しい何かが必要なのです。

これが採用人数を増やしてゆかなくてはならない理由なのです。

PR

2020年はコロナ過で大打撃を受けた企業が圧倒的に多い中で、事業が好調な企業もあります。

コロナ過以前よりも業績が向上している企業があります。

それらの企業で働く社員には、ボーナスが支給されるのではないでしょうか?

こういった事業に好調な業種に関わっている人達は、ひとときのロイヤルタイムを過ごしに銀座に訪れるかもしれません。

もちろん日本全国、どの地域にもそういうエリアはあるはずです。

しかし、その中でも銀座というエリアが最も高級感溢れているだろうと銀座エージェントは確信しているのです。

銀座で極上のお酒を飲みながら、価値ある時間を過ごしに訪れる富裕層は一定数存在しています。

これらの人々が銀座の繁華街に、時を同じくして、偶然に大勢で押し寄せてくればどうなるでしょう?

コロナ過を乗り越えるために、少人数で経営していたお店は、ひとたまりもありません。

なぜなら、せっかく来店してくださったお客様がいるのに、ホステスさんが少ないという理由で、帰ってもらうことになりかねないのですから。

せっかくコロナ過の中で、尽力しながら営業してきたことが、全て水泡に帰してしまうのです。

そんなことは、ママや店舗オーナーが望んでいるはずがありません。

さらに言えば、GoToキャンペーンの成功で、

「久しぶりに繁華街に遊びに行こう」

と考える紳士は多くなると考えられています。

PR

ところでどうして、世界中の各地域でコロナ過と騒がれている中、日本ではGo Toイート&Go ToトラベルのようなGo Toキャンペーンを発足させる必要があったのでしょうか?

むろん、SNS等に慣れ親しんでいる人からしてみれば、今回のGo Toキャンペーンが、決して賛成意見だけではないことはお分かりかと思います。

ある一定数の反対意見があるのです。

それでも、このGo Toキャンペーンを断行するのには、どうしても経済の建て直しをする上で、欠かせないプロセスなのだろうと考えます。

自粛によって行動範囲が狭められた人々の、身体と思考を新たに切り替えさせるため、「全国の人々よ、相変わらず感染拡大防止を徹底しながらも、さあみんな広く動こう」という号令なのではと思わずにはいられません。

しかもそれは、日本国政府のお墨付きと言っても過言ではないのです!

そして2021年には東京オリンピックの開催も控えています。

新たなる女性を採用し、煌くニューフェイスという新しい旋風は、来店されているお客様に「お店は元気に営業していますよ」という確固たるメッセージに繋がるはずです。

こういったお店の慎ましやかな努力は、来店されているお客様の心に響くと思いませんか?

「苦しいときを乗り越え、続けてゆく・・・さすが老舗とよばれるクラブと言われるだけありますね」

と、思う人もいるのではないでしょうか。

なんにせよ、これから年末に向けて「大勢のお客様が帰ってくる!」そう確信すればこそ、そのための準備として素敵な女性を心から待ち望んでいるのです。

貴女が素敵な女性であるかもしれないのです。

銀座の会員制高級クラブのことなら、銀座エージェントにお任せください。

年末は大繁盛店続出!つまり貴女は今から収入増の準備ができるのです!

年末は大繁盛店続出!つまり貴女は今から収入増の準備ができるのです!

某高級クラブの代表取締役社長いわく

「このままのペースでいけば、まず間違いなくホステスさんの人数が足りなくなります。11月中旬あたりから繁忙期に入る可能性が濃厚であるため、今のうちから(10月8日現在)積極的にホステスさんを採用してゆきたい」

とのことです。

現在、銀座の会員制高級クラブへ訪れるお客様が緩やかに増加しているとのことです。

そして、この時期には絶対にお越しになれないだろうと思えていた、某有名企業の創業社長が、お店にフラッと訪れたというのです。

絶対に来店されないであろうと思えていた立場にある人が、お店のことや、お店で働いている人のことを気にかけていただき、サプライズで訪れてくださったというのです。

担当していたホステスさんは、思わず目頭が熱くなったそうです。

稼げるうちに稼ぐ!Go Toトラベルを満喫するために!

稼げるうちに稼ぐ!Go Toトラベルを満喫するために!

依然としてナイトワークが、高収入であることは間違いようのない事実です。

そして高収入なのだから、稼げるうちに働いておくのがベストなのでは?

なぜなら稼げる時期、稼げる年齢帯は極めて限られているのだからです。

Go To キャンペーン

このキャンペーンの相乗効果によって、接客を伴う飲食店もコロナ過以前の活気を取り戻すチャンスとなりそうです!

なぜなら、銀座でお食事をして「はい解散!」とは、ちょっと考えにくいからです。

「この後、一杯どうですか?」

「久しぶりにどうですか?」

「気になっているお店があるので、いってみませんか?」

「そろそろ銀座へ」

となるのが目に浮かぶのです。

いずれにせよ、銀座の会員制高級クラブだけに限ったことではありませんが、今回のキャンペーンによってコロナ収束に向けて、今まで停滞していた接待を伴う飲食店にも、一筋の光明が差し込んできたと言えるのではないでしょうか?

このGo To キャンペーンの成功と、世界的ワクチンの普及によって、相乗効果が期待でき、各業界全体が奇跡のV時回復を実現してほしいと、願わずにはいられません。

そこに貴女の魅力が加わり、より一層銀座という街が輝くことにもなるはずです。

銀座の会員制高級クラブのことなら、銀座エージェントにお任せください。