2020年5月のお知らせ

会員制高級クラブのことで5月のお知らせ
PR

2020年6月の営業再開に向けて準備を開始

2020年5月29日の追加更新

銀座の各高級クラブの今後の営業について

営業再開に向けて方向性が定まりつつありますので、ご報告をさせていただきます。

5月25日(月)に、東京都の「休業要請」緩和のステップについて小池都知事から発表されました。

この発表内容と、現在の社会情勢を照らし合わせ、銀座の会員制高級クラブのほとんどの店舗は6月半ば頃の営業再開に向けて調整しはじめました。

既に、銀座以外の一部地域では、キャバクラやニュークラブ、ラウンジ等が徐々に営業を再開していていると聞き及んでいたりもしますが。

著名人や会社オーナー、社用族とよばれる接待で活用されるお客様の来店が多い高級クラブなどは、社会情勢に対してシビアな対応が求められます。
また来店されるお客様達も、営業が再開された後に慎重に行動してゆくことが想定されます。

来店の呼び水とされるには、日本政府及び、東京都等から正式に「休業要請」が解除されることはもちろんのこと、

「終息に向っている」ことが大々的にアナウンスされる必要があります。

現時点で、段階的に営業再開となっている業種が今後もどんどん増えてゆくだろうと見込まれる中で、銀座の会員制高級クラブの大半が、6月15日(月)~6月19日(金)の期間内から営業を再開することで調整し始めています。

営業再開を下記日程で調整か

6月15日(月)~6月19日(金)

銀座エージェントでは、再開日に対し度重なる変更を加えてまいりましたが、どうかご理解いただけますと幸いです。

今後は接客を伴う飲食店が、以前より優れたビジネスとして昇華する可能性があります。

今回、2~3ヶ月の期間内において、新型コロナウイルスの影響下で、接客を伴う飲食店も「営業自粛」、「休業要請」によって、多くの人々が仕事をすることができない状況になりました。

世界中の多くの人達が、働くことができないことで、お金の流れが鈍化してしまうことに不安を覚えたはずです。

銀座の繁華街も同様です。

こういった状況下になる前に、
自身の魅力を高め、日頃から向上心を持って接客業に邁進してきた女性と男性の中には、日本全国の繁華街から卒業して、銀座繁華街を求めやってきた人もいるでしょう。

そういう人達は、新型コロナウイルスが猛威を奮う前は、銀座に向うことが正解だと思ったはずです。

しかし今回、新型コロナウイルスで営業自粛となり、仕事ができなくなってしまった経験をした人の中には、それが不正解だと感じた人もいるのではないでしょうか。

  • 接客業を選んだためにこんなことになってしまった
  • 接客業なんてしなければよかった

など。

しかし、銀座の繁華街に限らず、またナイトワークに限らずですが、
多くの様々な業界で、仕事ができない人々がいるのを知ったとき、業種による正解、不正解の二極で、決して答えを出すことはできないのではないかと考えるのですがいかがでしょうか。

しかも、今回を機にクリエイターを目指す人達が増加し、本来のクリエイターの仕事そのものの仕事単価が低くなってしまったことを嘆いている人もいます。

つまり、その業界にて働く人が多くなれば、相対的に報酬は低くなります。

いずれにせよ、接客業に従事している人達は、今回のことを一つの試練であったと認識するべきでしょうか。

全てがリモートワーク、テレワークとはならない

そこでしか体験できないサービスを提供できる業種となる、会員制高級クラブとしての新たなジャンルわけが成されたというべきでしょうか。

ナイトワークという業種のカテゴリから新たなカテゴリへの転換期↓

関連記事

私達銀座エージェントがこの質問にして予想と見解を述べたいと思います。独自の見解として一部期待値含み楽観的な回答となっています。ご了承ください。どうなりますか水商売!?新型コロナウイルスの猛威奮う中、2020年4月6日政府によっ[…]

水商売の今後は?

でも掲載致しましたが

今回のことでリモートワーク、及びテレワークについて、深く考察してみました。

今回の新型コロナウイルスの影響によって、様々な業界、その業界で働く人達が「休業要請」「営業自粛」「外出自粛」を余儀なくされることになりました。

一方で、各業界の中にはテレワークや、リモートワークに対応できるかというとそうではないこともわかりました。

実際にそこで体験を要する体験型ビジネスは、テレワークやリモートワークに対応することが不可能だということです。

いわゆる、その場所でしか得ることのできないリアルな体感ができる体験型ビジネスは、どう頑張ってもテレワーク等を導入するには難しいのです。

テレワークや、リモートワークとは相性がわるいビジネスがあるのです。

以下のこれらがそうです。

  • ディスニーランド
  • 富士急ハイランド

これらは実際に行かないと、望んでいる体験ができません。

2020年から本格的に始まると言われている5Gによって、AR(拡張現実)、バーチャル業界が飛躍的に進歩すると言われています。

5Gとは
第5世代移動通信システムのことで「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」のシステムのことです。

5Gとは、たとえばその高速大容量の通信システムによって、バーチャルの世界で自分が自宅にいながら旅行気分を味わえるシステムかもしれません。

しかし一方で実際の体験には遠く及ばないかもしれません。

つまり、今回の新型コロナウイルスの猛威をきっかけとして、推進されるビジネスはありますが、変わらないビジネスもあると考えます。

たとえば、

高級鉄板料理店を例にあげてみましょう。

著名なシェフが巧みに炎を操り、豪快に焼き上げられる食材に魅入られ、赤ワインを片手に美味しい松坂牛を食すひとときを想像してみてください。

そして、そんなひとときを過ごす場合、多くの場合は素敵なパートナーが隣に居るものです。

これは、もはや体験型ビジネスと言えるのではないでしょうか?

そんな中で、こういった美味しそうに調理された食事が、現在流行のテイクアウトとなって、お弁当になるとはしても、料金が同じでは購入する側としては、やはり物足りなく感じられるのではないでしょうか。

これらは、もはやテレワーク、リモートワークとは無縁と言っても過言ではないでしょうか。

もしくは著名なシェフが料理をする動画を観ながら、高級なお弁当を食べるとき、本来そのお店で味わえるべき雰囲気を堪能できるでしょうか?

雰囲気は半減するはずです。

仮にカップル揃ってその動画を観ながら、お弁当を食べたとしても、少々その姿を想像するのは難しいのではないでしょうか。

つまり、その場所に出向かないとその雰囲気を味わえないということは、その場所でしか味わえない特別な体験なのです。

加えて言えば、その雰囲気を味わえるエリアも大切なのではないでしょうか?

銀座の一等地にあるお店で味わうのと、片田舎のおだやかなお店で味わうのとでは、感じられる雰囲気はガラッと変わってくると考えますがいかがでしょうか?

銀座の会員制高級クラブも、これに似ていると思いませんか?

つまりインターネット上では体験することのできない、限定サービスのさらに上の限定サービスとなり得るのです。

これまでに、インターネットサービスと、リアルサービスの綱引きは行われてまいりました。

そしてこれからもそれは続きます。

テレワークを選ばず銀座の会員制高級クラブで働くホステスさん

銀座の並木通りにある賃料の高いテナントについて

銀座エリアの高級商用ビルのテナント賃料は高額であることはご存知かと思います。

これらの賃料を下げれば、ビルオーナーが大変なことになります。

また、テナントを借りる人がいなくなってもビルオーナーは大変なことになります。

今回の状況下の中、国土交通省はこのような事態を重く見ていないはずはないと予想します。

つまり、このような状況を打破すべく、不動産政策を考えるはずだと考えます。

世界情勢、日本経済を照らし合わせ、今後の経済のありかたを深く考察してみたときに、高額賃料のテナントの存在を死守するのではないかと考えられます。

つまり、ビルオーナーが不利益となるような不動産政策はなかなかに考えられないという結論です。

※一部の新築マンション等の平均価格は昨今ジリジリと下がっているようですが、東京オリンピック開催に向けて上がっている地域もあります。

ところで
これらの結論が見出された理由は以下になります。

  • 現在、高額な家賃相場でありながら、首都圏家賃相場が下がりにくい状況

今回の新型コロナウイルスの状況下で、経済状況が大変な状況になっていたとしても、家賃相場が下がるというニュースは皆無。

つまり家賃相場は今後も下がらず、現在の家賃相場が維持されてゆくのではないかと予測。

例えば、首都圏限らずのお話になります。

30億円で購入されたビルがあるとしましょう。
これらのビルは、多くの場合ビルオーナーは銀行からの借り入れによってビルを購入していることがほとんどです。

つまり、ビルオーナーの大半は家賃収入の金額の大半を毎月、銀行に利息を含めた返済額を支払っています。

ですから、この家賃を下げてしまうと、家賃収入が少なくなってしまい、銀行に支払うべき利息を含めた返済額に満たなくなってしまう可能性が出てきます。

これでは、そのオーナーはそのビルを購入した意味がなくなってしまうばかりか、そのオーナーは借金だけをかかえてしまうことになるかもしれません。

家賃相場が下がり、家賃収入が少なくなっても、銀行からの借入額と毎月の返済額も同時に少なくなるわけではありません。

ですので、ビルオーナーを守るためには、この家賃相場が下がらないように維持する必要があります。

不動産会社からしてみれば、ビルオーナーとはビルを購入するお客様でした。

ビルオーナーは、多い家賃収入が期待できるからこそビルを購入しています。

ですので、家賃が下がってしまえば、そのビルを購入したことに後悔してしまいます。

もうおわかりですよね?

ビルオーナーは当時もマンション販売会社から提示された家賃収入金額よりも下がってしまえば、「どうなっているんだ」「当時に言っていた金額と違うだろ」となってしまいます。

こういう状況になることを、不動産に詳しい有識者達も黙認しているわけではないと考えます。

2020年5月29日現在では、既にテナントを解約する企業が増加中とのことです。

今後、リアル店舗を優遇するような政策の実施が考えられます。

つまり、銀座の繁華街にあるビルにとって顧客は、テナントを借りている人達なのです。いわゆるキャバクラや、バー、会員制高級クラブのオーナー達です。

もうおわかりですよね?

PR

テレワーク及びリモートワークを推進しすぎによる起こる弊害

全てのテナントがリモートワーク、テレワークに移行できたとすれば、世界各地でインターネットサービスが充実することになります。

そうなると、単純に考えてみれば、お客様はわざわざ店舗に出向く必要がなくなります。

つまり店舗が必要なくなります。

そして経営者としては、高額な家賃を支払ってまで都心のブランドエリアにテナントを借りる必要がなくなります。

そうなれば、ビジネスの性質上、そう簡単ではないにしろ、わざわざ東京でビジネスをする必要がなくなるかもしれません。

ところで、高額なビルを所有するビルオーナーは、高額な家賃収入があって成り立つものです。

利益があるからこそ、ビルは購入されます。

ビルのテナントを借りる人がいなくなれば、家賃収入に期待できないのでビルは売れなくなるでしょう。

そこで考えられるのは

今後、銀座エリアにあるような高額賃料のテナントは

  • 高額な家賃のテナントに見合った売上げをつくることのできるビジネス
  • 高額な家賃のテナントを借りることで成り立つビジネス
  • そこでしか体験することのできない限定ビジネス

こういったビジネスを展開する企業が借りることになるのではないでしょうか。

銀座の会員制高級クラブは既にこれをクリアしていませんか?

話は少しそれましたが、今後東京都心に限らずですが、ビルオーナー達にとって、プラスになるような材料が出てくるはずです。

そうでなければ、多くのビルに空きテナントが増えてしまうからです。

PR

まとめ

銀座の中心地にある銀座並木通り。

この一角に有名とされる会員制高級クラブがあります。

これらの会員制高級クラブを含め多くのテナント賃料は高額です。
つまり、これらの高額な家賃を支払ってきた過去からの積み重ねによって、銀座の繁華街にある不動産が繁栄してきたことにもクローズアップされるべきかと思いました。

今後もそうあるべきだと銀座エージェントは考えます。

そう考えると、銀座の会員制高級クラブは今回の状況を乗り越え、さらに優れたビジネスとして成立させる可能性を秘めています。

それは、そこでしか体験できない限定ビジネスとして周知されるのではないかと考えるからです。

そういった限定ビジネスが、高額な飲食代金を支払ってでもお客様が訪れる理由の1つなのです。

そして働く人達の報酬が高額である理由の一つとなります。

銀座の会員制高級クラブは単なるナイトワークのカテゴリにあらず。

今回を機に、新たなるカテゴリとして再定義されるきっかけとなったと言っても過言ではないと、銀座エージェントは考えます。

PR

銀座会員制高級クラブ・6月からの営業再開に向けて

皆様いかがおすごしでしょうか?

6月からの営業再開が濃厚となってまいりました。
仕事ができることに期待をしながらも、再開後にお客様が積極的に来店されるのはまだまだ先になるだろうという声が大多数あります。

そんな中で、銀座の高級繁華街がどのように復興を遂げてゆくのかを見届けてゆきたいと銀座エージェントは思いながら6月の営業再開に向けて「5月のお知らせ」をしてゆきたいと思います。

業界関係者の声は様々なですが

  • 実際再開してみないとわからない
  • なってしまったものはしょうがない
  • ワクチン完成までは客足は鈍るだろう
  • 9月くらいまでかかると思うよ
  • 客足は徐々にもどってくる

との声が。

これらが正解かはわかりません。
しかしかなり的を得た答えだと思います。

共通して言えることは大手各高級クラブ等は銀座の繁華街から撤退しようとは考えてはいないことです。

良いときもあり、悪いときもあり。

どちらの状況も受け入れるという姿勢ということでしょうか。

また、実際は6月初旬から再開は難しいという見方をしているオーナーもいます。

  • 本当に再開できるのは6月後半あたりになりそう
  • 再開後にクラスターが発生してはいけないからしばらくは様子を見ないとならないと思うよ
  • 社会情勢的にはまだまだすぐ再開とはなりそうではないね
  • お店を開けることはできるけど、どうかな
  • 会社経営に携わっていない富裕層次第になると思います

との声も。

銀座の繁華街が置かれている状況は依然として厳しい。

しかしながら、このような状況下においても、お問い合わせ・応募が銀座エージェントにあります。

確実な内容のお話ができる段階になりましたら随時お知らせをしてゆきますので、もうしばらくお待ちいただければと思います。

会員制高級クラブのことで5月のお知らせ

今後は、優先して仕事に復帰できるホステスさんとそうでないホステスさんに分かれそうです

こういう状況下においても、売上げをつくれるホステスさんはいるものです。

既に、営業再開となれば来店をしますと仰ってくれているお客様もいます。
と言うホステスさんも。

お客様の来店を促進できるホステスさんが優先的に仕事に復帰するという流れにはなってゆくのではと思います。

しかし、新型コロナウイルスのワクチンがない状況下で、様々な意見があります。

  • 本当にお客様に営業をすることが良いものなのか
  • クラスターは起こらないのか
  • 終息はしたのか
  • 第2波はこないのか
  • 高齢のお客様に対する対応

不安要素が完全に消えたわけではないので、全てが手探りではあります。

ところで、冒頭に戻ります。
営業を再開したということで、お客様を来店させることのできるベテランホステスさんが優先的に働くことができる傾向であると記しましたが、実際は少し異なります。

というのも、銀座の会員制高級クラブでは、お客様の係り(お客様を呼び売上げをつくれるホステスさん)としておもてなしをするホステスさんの役割と、ヘルプ(係りが呼んだお客様の席につき接客をする)として、おもてなしをするホステスさんの役割がわかれているからです。

つまり、お客様を呼び売上げをあげてゆくホステスさんだけが現場へ出勤できたとしても、ヘルプの仕事ができるホステスさん不在では、お客様へ提供するサービスと完結しにくいのです。

合理的にみれば、売上げをつくれるベテランホステスさんだけが出勤する方が、お店としては、実際の人件費が抑えられる状況ではあります。

しかし、銀座の会員制高級クラブが提供する真のサービスは、合理的に成り立つものではありません。

ですので、ヘルプの仕事がしっかりとできるホステスさんも優先的に仕事に復帰できるでしょう。

会員制高級クラブのことで5月のお知らせ

銀座で働くホステス人口が激減することのメリットとデメリット

既にほとんどの業界関係者が口を揃えて言うのが、銀座のホステスさん人口が減少するというもの。

銀座のナイトワークを引退しようと決めた人。
もしくは迷っている人。
さまざまです。

  • これから接客業は難しいのでは?
  • 資格を取ろうと思っています
  • お店が営業を再開してから考えます
  • お客さんの来店状況次第

というホステスさんからの声が挙がっています。

第二次世界大戦後、日本が経済復興を遂げ始めるとともに、銀座だけに限らず日本各地の主要な繁華街が発展してまいりました。

しかし、現在新型コロナウイルスの影響によって、企業の業績悪化や倒産によって起こる失業者の増加は、今後も繁華街に打撃を与えるのではないでしょうか。

また、社会情勢や景気に左右されないとされる富裕層達を顧客に持つ会員制高級クラブは、新型コロナウイルスが招いた行動制限によって、磐石な経済力があるのにその豊富なお金を会員制高級クラブで使えないというのは、各店舗オーナー等からしてみれば非常にもどかしい事態なのではないでしょうか。

そういう人達は社会的立場があることがほとんどで、数千人規模の社員のトップである場合もあります。こういう方々は世間の目がありおいそれと冒険はできない立場となります。

こういった顧客達から支持されることで大きく発展してきた銀座で一流とされる有名な高級クラブは、現時点で本領発揮することができません。

出勤する人数を縮小しながら、日々の営業を細々と続け、新型コロナウイルスの影響が過ぎ去るのを、じっと待つしかないのでしょうか?

華やかな銀座の並木通りはどうなるのでしょうか。

こういった状況下でも、接客業を本業として仕事をしてきたベテランホステスさん達は6月の営業再開を心待ちにしているとのことです。

ホステスさんが減少することで起こると考えられるメリットとデメリット

考えられるデメリット
全体的に銀座繁華街で働くホステスさんが減少することで、繁華街全体の華やかさは失われてしまうと考えられます。
そのため、店舗が1日の来店数が減少することで比例して売上げも減少します。売り上げが減少すれば即戦力となりにくい新人さんの採用は減少傾向となるでしょう。


考えられるメリット
これまでの傾向として見られるのは、ホステスさんの応募件数が減少すると、「多少お給料が高くても採用しよう」という流れになることがほとんどでした。
つまり、高い魅力を保持した女性のお給料相場は2019年よりも上昇すると見ています。

銀座の会員制高級クラブのことで5月のお知らせ

今後予想されるホステスさんの採用基準について

営業再開当初は、さまざまな会員制高級クラブで出勤人数を縮小しての営業をしてゆくだろうとの味方が濃厚です。

つまり出勤したくても出勤できないホステスさんも多くなるでしょう。

たとえば

2019年10月以前に採用されたAさんは
2020年6月以降には採用されない可能性があります。

また

2019年10月以前に日給32,000円で採用されたBさんは
2020年6月以降には、日給27,000円で採用される可能性があります。

つまり、採用基準はより高く厳しくなり、
日給は低く見積もられる傾向となるでしょう。

一方、
これまで以上に、より魅力高い女性の採用に力をいれるはずです

つまり

2019年10月以前に日給35,000円で採用されたCさんは
2020年6月以降には、日給40,000円で採用される傾向となるでしょう。

これまで以上に
個人の魅力が、さらに鮮明化しクローズアップされることになるのではないでしょうか。

また、高い魅力を保有した女性も、新型コロナウイルスの影響下によって、接客業を避けたいと判断する女性も一定数いるでしょう。

そういった女性の中で、店舗として採用したいと判断されれば相対的に日給は上昇するのではないかと判断できます。

また、こういった不安要素を改善できるべく、対策している店舗は賞賛されることは間違いなく、こういった店舗が注目されるようになるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスのワクチンが開発されれば、以前のような採用基準に戻ってくるのではないかと考えます。

PR

自粛中に体重増加してしまった女性も今からダイエットを始めましょう!

現在新型コロナウイルスの対策の一環として不要な外出自粛をされていると思います。この外出自粛は運動不足やストレスに繋がることも。

曜日感覚の薄れから繋がる不規則な時間感覚。

深夜帯の食事などは、体重増加に繋がるようです。

また、普段自宅でお酒を飲む習慣がなかった人も、今回のような外出自粛期間を機会にお酒を飲むようになった人もいるとのことです。

酒類の売上げが好調とのことです。

また普段は外食ばかりだった人も、家で料理をする人が増加したとか。
その場合、料理を多く作ってしまったり、最近ではホットケーキを作る人が多いとのことで、小麦粉の売上げも好調なのだとか。

何かと外出自粛期間は、食べ過ぎてしまう傾向であるようです。

油断をするとすぐに体重増加に繋がってしまうでしょう。

体調管理や、ボディラインの維持は常に必要になると思いませんか?

心配だという人は、これから積極的に運動を始め、食事コントロールをしてゆくことをオススメ致します。

ダイエットについて

銀座の高級クラブで魅力を発揮しているホステスさんの痩身・知識20項目 昨今、SNS (Social Networking Service=ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及に伴い、画像の修正加工技術も著しく発展しまし[…]

銀座の高級クラブで魅力を発揮している女性へダイエットに関する20の質問・まとめ