銀座の高級クラブで働きたい男性(男性幹部候補・黒服)からよくある質問と回答

銀座の高級クラブで働きたい男性(男性幹部候補・黒服)からよくある質問と回答
目次
PR

Q&A

どうして男性スタッフは送迎がないのでしょうか?

一般的にホステスさんは送迎があったりしますが、銀座の会員制高級クラブはホステスさんへの送迎もほとんどありません
男性スタッフは、ほぼ皆無です。
その代わり、銀座で働くホステスさんは、アフターで終電で帰れなかった場合はタクシー(金額の低いタクシー)を使って 帰るのが一般的です。
男性スタッフも同様の手段で帰っている人を見かけます。
なお、稼ぎ頭であるホステスさんであれば、お店が一部の送迎費用を負担して店舗が大半です。
これはやはり実質的にホステスさんがいなくては、お客さんの来店が見込めないと考えられていることを考えれば当然と言 えそうです。
男性スタッフの送迎がない理由は多くありますが、その理由の中には、以下のようなことが発端となっている場合もあります。【過去に男女相乗りで送迎をした店舗もありましたが、双方がお酒(酔っている)が入っていることもあり、男女のトラブル に発展したり、男女関係の事故(風紀)に発展することもあったこともあるとか。】
こういった事故は、お店にとって生産性がないばかりか、人間関係が壊れてしまうこともあり不安視される要因となります
そのため、ほとんどの店舗は男性の送迎はありません。

自宅が近いほうが採用されやすい?

採用されやすくなることは確かです。
ただし、自宅が近いからといって、採用される決め手となるわけではありません。
あくまでも、家が近いことでしっかりと通えると判断されますし、自宅まで遠いと通勤時間が負担となる傾向だと考えられるからです
貴殿にとって負担になるかどうかを慮ってのお店側の配慮となります。
採用となっても後日に、「遠いので通うのが大変であり、やっぱり務めることが困難です」となることをお店側も望んでは いないからです。
やはり、なんといっても一番のネックとなるのが、帰宅手段です。
銀座の会員制高級クラブは、ホステスさんよりも早く帰ることはほぼできません。
特別な理由があってホステスさんよりも早く帰宅できることもありますが、ほとんどの場合は全てのホステスさんが帰った り、ホステスさんがアフターに行ったりした後に、ホステスさんが全員帰宅した後、それからお店のお片づけを済ました後 に、スタッフは帰ることができます。
そのため、ほんの少しだけ、終電に間に合わない時間帯となってしまうことがほとんです。
お店(特に高級店は)によっては、終電で帰れることもありますが、ほとんど期待はできないと思って間違いありません。また、中にはお店が終わったあとに、スタッフ同士のミーティングをすることもあります。
こういったミーティングをスルーし続けることは、出世を目的とする人には間違いなくオススメできません。
自宅が遠いと、始発で帰らないとならなかったり、万一タクシー等で帰ったとしても、タクシー代の負担は思っているよりも大きいと考えられるため、そもそも健全に仕事ができない可能性があると考えられてしまいます。
たとえば歩いて通える距離の、築地や、新橋、東銀座などにお住まいの人は、「家が近くて良いですね」と採用担当者の気 持ちも軽くなります。

お店によっては、ナイトワークの経験があまりない方が良い場合があると聞きましたが本当ですか?

銀座の会員制高級クラブに限ったことではありませんが、既に他店でお仕事の経験があって優秀な人であっても、既に長いことお店を支えてくれているスタッフがいた場合は、そういうスタッフを飛び越えて、後から入ったスタッフに上位の役職を与えるのをヨシとしないお店もあります。
ある程度経験を積んでいたり、それなりの役職で仕事をしているなら、移籍先のお店でもどうようの役職で働きたいはずだからです。
また、一からお仕事を教えて、お店の中で出世させてゆこうと考える店舗オーナーもいます。
もちろん、他店で実績を積み、移籍することで上位ポジション(上位役職・たとえば店長や専務取締役など)に就くこともあります。(ただし、こういった役職に就く場合は、固い信頼の上に成り立つことが求められます。)
銀座の高級クラブから銀座の高級クラブに移籍する場合などに多く見受けられます。
しかしキャバクラやニュークラブから銀座の高級クラブへの移籍などは、たとえキャバクラで店長の経験があったとしても、実績を買われることはほとんどありません。
同じナイトワーク業界だとしても、提供しているクオリティの質が大きく異なるからです。
人事を間違えると、お店の中で不協和音が生じたり、不安定な経営状態になったり、人の入れ替わりが激しくなってしまうなど、マイナスになることもあります。
こういったお店は間違いなく衰退してしまいます。
お店によって、人事についての考え方が大きく変わってきますので、貴殿のもっているプロフィールによっては、不向きの店舗もあるでしょう。

写真付きの履歴書はどうして必要ですか?

ホステスさんと異なり、男性スタッフは厳格で形式的な手順を求められる傾向があります。
特に、男性幹部候補の場合は、形式的な手順を望まれることがほとんどで、面接で履歴書が必要ないと伝え聞いていたとしても、イザ面接時に履歴書を提出してみると案外喜ばれるものです。
プラスになることや、喜ばれることは、率先して行うのが良いでしょう。
また昨今では、履歴書もPCで作成することがスタンダードになりつつあるでしょうが、達筆の人であれば、手書きの履歴書は相手の心を響かせる好材料となる場合もあります。
特に、銀座の会員制高級クラブのオーナーや責任者、幹部スタッフの人は、まだまだ昭和世代の人も多く、履歴書に対する考え方は決して軽くはないでしょう。
平成生まれの人からしてみれば、古いと思われるかもしれませんが、新しい世の中は、その古さを材料にして築かれてきたことは否定できない事実でもあるのです。
誰が何を重んじるかは、新旧問わずに、知っておいて損はないでしょう。
ところで、接客業の基本は、貴殿自身が、相手の心にどう響いてゆくかも関係してきます。
つまり、自分の都合を優先にするのではなく、相手の都合を重要視してあげることも求められます。
これが相手に対する理解に繋がりますし、相手は理解されたことに快く思うかもしれません。
接客業は相手が、これなら喜んでくれるだろうなぁと先回りして、先読みして行動に移すことが求められる商売でもあります。相手の心を掴んでゆくことが本質と言えるでしょう。
さらに加えていうならば、わざわざ履歴書を作成した手間をかけてまで、来てくれたのだと思わせることもあります。
意気込みを買ってくれることもありますし、この意気込みを買ってくれたことで、通常のお給料金額よりも高いお給料からスタートできた幹部候補もいました。
こういった一つの行動が、「貴殿が新人さんだとしてもクラブで向いているだろう」と思わせることがあります。

スーツがありませんがなんとかなりませんか?

社会人になり、スーツくらい持っていないと難しいという解答となります。
むろん、スーツが必要のないお仕事もたくさんありますし、スーツを一切着ることのないカリスマ経営者もおられます。
ですが、いまだに富裕層、紳士が集まるパーティではドレスコードが定められ、スーツ着用が必須となっていることがほとんどです。
銀座の会員制高級クラブで働くことを視野に入れるのでしたら、貴殿はまずそこから理解されるべきです。
またスーツを着こなすことも大切な要素です。
つまりスーツが似合うことも、既におもてなしの一環と考えても差し支えはありません。
高級な社交場で、お客様をおもてなしをしてゆく上で、必要最低限の身だしなみができなければ礼を欠くことになるでしょう。
また、そういった身だしなみは、ホステスさん達もしっかりと見ています。
どんなに信頼したくても、清潔感のない男性はNG物件と見なされるでしょう。
自分の身丈に合ったダーク色スーツに、パリッとした白いシャツにネクタイ、もちろんベルトをしっかりとして、革靴を履いていらしてください。
貴殿が紳士であると思われれば、好感度は必ずアップするでしょう。

喫煙者でも大丈夫ですか?

喫煙者でも特に問題ありませんが、極度なヘビースモーカーだと仕事に差し支えが出るかもしれません。
仕事中に、タバコを吸いに休憩頻度が多いと問題視されると考えるからです。
銀座の会員制高級クラブで着られている上質な黒服・タキシード

何時に帰れますか?

一般的には1時~1時半あたりが平均的です。
2時くらいになるお店もありますし、0時半に帰れるお店もあります。

自転車で通っている人はいますか?

一定数の割合で自転車通勤しているスタッフもいます。
お店の近くに置かないことをオススメします。
また飲酒運転はもってのほかです。

終電で帰れますか?

帰れるお店もありますが、帰れないお店の方が多いことは確かです。
また、日によって終電で帰れることもありますし、そうでない日もあります。
確実に終電で帰れるお店はないと思って間違いありません。

始発で帰っているスタッフはいますか?

銀座の会員制高級クラブ限らず、各地域の繁華街でも、キャバクラやニュークラブなどでも始発で帰られるスタッフがいることは確かです。
一部の銀座の高級クラブでは、始発で帰るスタッフの比率が多い店舗もございます。
これは遠方にお住まいのスタッフに配慮して、始発の時間までお店を空けています。
ただし、当面は始発で帰ることはオススメできても、ゆくゆくは近場(中央区や港区など)に引越をされることを強くオススメ致します。
やはり仕事が終われば、はやめに帰宅をし、ゆっくり休まれる方が心身ともに健全だと考えるためです。

何歳くらいまで、ウェーター・ボーイの仕事はできますか?

一概に年齢だけで判断は出来ません。
また、総合的に判断されて決まる場合がほとんどです。
とはいえ一般的には、30代半ばあたりまでが大半です。
経験や、見た目なども関係する場合もあります。
店舗によっては40代でも可能な場合もありました。
先のことを考え将来的に出世したい場合は、20代でウェーターを極めておいた方が良いでしょう。
とはいえ、どの役職であっても、その場面場面においてウェーターをすることはあります。
どのような立場となろうとも基本を知っておくことが大切ですし、その基本を活用する場面が多々ございます。

すぐお店を辞めてしまうとよくないと聞きましたがなぜですか?

お店を転々とする人は、大成しない確率が高くなると言われていることは確かです。
もちろん出世を望む男性にとっては、移籍は1つの手段です。
ただし移籍を乱用しすぎると、いつしか「この人はどのお店も長続きしない」という印象(レッテル)がついてしまうこともあります。
これは決してプラスの印象と言えません。
実は1つのお店を極めることは、店舗オーナー等に大きく信頼される材料となります。
どんなに仕事ができても、信頼を獲得できず重要なポジションを与えられない人もいます。
むろん、仕事ができることは当然ではあるのですが、同様に信頼も大切なのです。
お店の舵取りを任せたいのに、不安要素が少しでもあれば、「本当にこの人にお店を任せてよいのだろうか?」と不安を生じさせます。
お店を沈没させてしまう想像をさせてはなりませんし、
そうなることをお店のオーナーは望んではいないでしょう。
まずは、石の上にも3年、5年、10年とそれぞれ節目を迎えながら、自分の方向性を見定めるべきです。
3年もかけていられない!というご意見も多くあるでしょう。
しかし、実際問題この世の中では、信頼が築かれるのには、月日(時間)という材料がエビデンス(証拠)として必要となるのです。
店舗オーナー等は、向上心ある人が出世を望む気持ちを知っていますし、また出世を望む本質も理解しています。つまり、人が人生を急ぎたいことを知っているのです。であれば辛抱強く忍耐が備わっているかどうかも見ていることでしょう。
銀座の会員制高級クラブで働く男性スタッフの小物・ベルト・万年筆

結婚している男性が高いポジションに抜擢されやすいというのは本当ですか?

実力が必要とされる世界ですので、なんとも言えません。
結婚をしたからといって出世が約束されているわけでもありません。
ですが結婚をしている男性が家庭を守ろうと必死になり、独身者よりも切磋琢磨したり、家庭を守る責任を感じながら日々真剣に働くだろうと考える経営者は一定数いるようです。
既婚者と独身者を比較したとき、独身者の方が責任が軽く、気楽であると考える人もいるようで、人によって意見はわかれるところです。
たとえば貴殿が偉大な経営者であるとき、会社で責任ある立場を任せるとき、もしくは自分の後継者に抜擢する際、どのような人を抜擢するでしょうか?
やはり意見はそれぞれわかれるところではあるでしょうが、守りたいものがあるとき、不屈な精神力、強靭な精神力で難局を乗り越えたお話は、歴史や伝記の中で見つけることができるでしょう。
貴殿も、参考にしてみてはいかがでしょうか?
もちろん独身者でも成功している人はたくさんいます。

スーツは支給されますか?

お店用の黒服(スーツ)を支給してくれる会員制高級クラブもあります。
また、蝶ネクタイやベストなどを支給してくれるお店もあります。
お店によって異なります。
※出勤時は自前のスーツです。

日払いはできますか?

日払いをできるよう話すことは可能ですが、実際は全くオススメできるものではありません。
日払いをする人をお金に困っている人だろうと思われることがあるからです。
お金に困るギリギリの状態まで、この人はなぜ働かなかったのか?と想像(疑問視)させてしまう場合もあります。
計画性がなく、お金にだらしない人を、銀座の高級クラブではヨシとはしてはおりません。
まっとうに社会人をしてこられたならば、多少の蓄えがあって然るべき当然と考えられているからです。
私たちは、貴殿がお金を稼ぐために働きに来られることは理解していますが、よっぽどの理由があり、それがお店側に納得されるのならば問題ありませんが、そもそも日々の生活をしてゆくお金さえないのなら、まずはその点を改善なさってから、面接にお越しいただくことをオススメ致します。

短期でアルバイトをしたいのですが

たま~に、繁盛時期のピンポイントで「アルバイトでもかまわないからウェーターができる男性はいませんか?」とオーダーをくださる店舗はございますが、近年は、そういう案件もかなり少なくなりました。
近年は、しっかり毎日働ける正社員が望まれています。
男性幹部候補ともなれば、アルバイトのような気楽な考え方では務まりません。

社会保険はありますでしょうか?

基本的にはございます。
ただし社会保険を与えられる人は、しっかりと認められてからになります。
一定期間の試用期間をすぎて社会保険が与えるお店もあります。
幹部になってから与えるお店もあります。
入社してすぐに与えるお店もあります。
お店によって異なります。

研修期間があるというのは本当でしょうか?

店舗によっては研修期間がございます。
特に、経験が浅い場合は研修期間を設定しているお店が多いです。
経験者等になりますと、研修期間免除となることが大半です。
研修期間は平均的に2~3ヶ月となります。
銀座の会員制高級クラブの幹部候補・黒服

男性でも身長、体重のバランスは重要ですか?

いろんな人がいますので、一概に決められたルールはございません。
長身でスラッとしていれば、好感度が高いことは確かです。
ですが、それはあくまでも高感度でして、決め手となる材料ではありません。
ただし、肥満だと判断されればマイナス点となることは間違いありません。
やはり標準体型であることが一番です。
※標準体型は御自身でお調べいただけるはずです。

金髪ですが仕事は可能ですか?

金髪だと働けません。
また金髪を黒髪に染める場合においても、洗髪によって金髪に戻ってしまうこともあるようです。
一旦短髪にしてみて、少し伸びてから面接にお越しいただくほうが良いでしょう。
※スキンヘッドの人はご遠慮いただいています。

上京して働きたいのですが

働くことはもちろん可能です。
まずは、確実に上京されることが前提であることが重要です。
現在、具体的に行動していますか?

・お部屋を探していますか?
・住むエリアは決まっていますか?
・初期費用などの資金は充分ですか?
・以前働いていた会社は退職予定ですか?もしくは退職していますか?

しっかりと気持ちが定まっていない場合は、
面接を経て、採用となっても、自分自身の気持ちがブレて「働くことを取り消す男性もいます」
こういったことを避けるために、ほとんどのお店では既に東京にお住まいの人に限ることが大半です。
重ねて伝えますが、一般的にはお住まいが明確になっていることが重要です。
なお、タイミング次第ではお店も探しながら、同時進行でお部屋も探せる人もいます。
銀座エージェントはお部屋もご紹介可能ですので、是非ご相談ください。

キャバクラの経験が長いのですが高級クラブで働けますか?

キャバクラの経験が長いことで、経験豊富と考えられ、積極的に採用したいと判断される場合もあれば、キャバクラの経験が長いことで、キャバクラに染まりすぎていると判断され、採用されない場合もあります。
高級クラブで働くのなら、クラブで働いた経験があった方が安心されます。
ただしケースバイケースです。
ご本人の評判が悪かったり、お店を転々としている人なんかだと採用を見合わせられることも。
キャバクラの経験が長く、既に30代半ばをすぎている場合はムリに高級クラブに転職をせず、同じキャバクラやニュークラブの業界でキャリアを活かすのが良いでしょう。
つまり、30代半ばという年齢帯は方向性を定めるギリギリの時期でもあるのです。

イケメンではないと働けませんか?

イケメンの定義が人それぞれ異なりますので、回答しにくい質問ではありますが、もし貴殿が自分自身のことをイケメンではないと思っているのなら、決してそんなことはありませんのでご安心ください。
むしろ、昨今ではイケメンすぎても警戒されてしまうケースもございます。
イケメンの中には、過度に自信を持っていたり、横柄だったり、平気でホステスさんに口説きをおこなう人もいるそうです
こういうケースでは、ホステスさんからお店の上層部に苦情が入り、採用担当者の責任が問われる場合もございます。
イケメンが多くの人に高感度高い印象を与えることは事実です。
既に、美しい女性への対面に免疫(いちいち美しい女性に魅了されない)をもっていることが大切です。
つまり、美しい女性に対して自然な態度ができることが重要です。
これは、そのように演技が出来ることなのではなく、既に女性の魅力にいちいち反応せず慣れていることが最も必要なのです。
もし、そうでなければ、美しい女性ばかりが存在している職場では働くことはできないでしょう。
銀座の会員制高級クラブは、貴殿が美しい女性を見て、貴殿が楽しむための職場ではありません。
あくまでも、紳士富裕層達が寛ぐ空間です。

お酒が苦手でも働けますか?

お酒は飲むことはありませんので、働くことが可能です。
銀座の会員制高級クラブで働く店舗オーナー・店長

サラリーマンから転職を考えていますが可能でしょうか?

可能です。
一からヤル気があって、やるからには途中で投げ出さないのでほしいものです。
決して甘くはないと思います。
むろん、年齢を重ねすぎていれば難しいですし、フレッシュさがなければ年齢が若くてもやはり難しいでしょう
ネックなのはお給料です。
長年働いてきたサラリーマン時代のお給料は、サラリーマン時代で仕事が認められ昇給を重ね
てきたことで、今までのお給料の金額となったはずです。
それなのに一旦リセットして初心者からのお給料となることに耐えられるでしょうか?
サラリーマン時代の月給50万円を望みたくても。一から働くのであれば叶わぬ願いとなるのですから。
お給料は平均して30万円前後からスタートとなります。
まずは、お給料がダウンしてしまうことを乗り越えられるかどうかにかかっています。
そう考えると思ってたよりもハードルは高くなりそうですね。

年齢が40才になり、営業職の経験が豊富です。ナイトワークは未経験ですがお給料は45万円いただきたいのですが可能ですか?

可能ではないと考えます。
営業職の経験は、必ず仕事(銀座の会員制高級クラブでのお仕事にも)で活きることができましょう。
しかし、その経験は転職時のスタートお給料に反映されることはないでしょう。
あくまでも、務めてから実績を重ね昇給へと到ります。
つまり、その営業職での経験をどう活かすかによっては、同期のライバル達を追い抜き昇給を早めることに繋がるというわけです。

昇給(出世)の仕方を教えてください

一つ言えることは、昇給は上層部(ママを含むこともあります)によって、多数の総合的な視点から得られたお店の貢献度と、実績と信頼に基づいて定められます。つまり、マルチな才能を求められ、活かせた場合に昇給できるチャンスを掴むでしょう。
また、多くの場合一瞬一度の成果は尊重はされず、成果を継続できて初めて尊重され認められます。
また成果を出せる環境は、お店があってのものです。
つまり実質1人きりで成果を成し遂げることは不可能です。
なぜなら、お店を支えてくださるスタッフや、お客様に最前線でオモテナシというサービスを提供しているホステスさん達の存在あってのものだからです。そしてお店を創設したオーナーや創設者がいなければその場所は存在できなかったのですから。
こういった理解の有無も昇給をさせるにふさわしいかどうかに関係してくるでしょう。
昇給の具体的な方法は多岐に渡ります。

・複数のホステスさんに信頼をされている
・勤怠状況
・勤務期間及び勤務年数
・お人柄
・複数のホステスさんを担当できるほどの実力を所有
・スタッフ達からの信望が厚い
・機転があり、店内のことを熟知できるレベルに達する
・メンバーを任せられるレベルに達する
・IQ
・オーナーやママからの信頼

その他に、様々ありますが、ここでは記しません。
いずれにせよ、これらの項目を満たす総合的な評価を得られれば、いよいよ昇給へと到るでしょう。
と、同時に役職も与えられるでしょう。
むろん、忍耐が試される仕事でもあります。
むしろ、忍耐があるかどうかを見る店舗オーナーもいるほどです。
貴殿が、経営者になったとき、どのような視点でスタッフを見るでしょうか?
そして、どのようなスタッフを獲得したいと思うでしょうか?
これらを常に考察してください。なぜならそれこそが、貴殿が昇給する為の最大のヒントを見つける手がかりとなるからです。