銀座の会員制高級クラブとネット求人情報の親和性について考察!

銀座のクラブとネット求人情報の情報リテラシーについて

要約・どんな内容?何を伝えたいの?

銀座エージェントのスタッフとして、インターネット上の情報選別の重要性を強調しております。正確で信頼できる情報のみを提供し、クライアントが銀座の高級クラブ選定に際して正しい選択を行えるようサポートしています。情報リテラシーを高めることが、ミスリードする情報から保護し、最良のサービスを受けるための鍵となります。高級クラブの選定をサポートし、情報の質を保つことでクライアントに最適なサービスを提供している点を強調しています。

増え続ける情報の中から正解を読む!真の高級クラブゆえ秘められた安心感がある

インターネット黎明期とよばれる時代とよばれる1994年頃を境に、ネット環境は急速に整備され続け、2010年頃にはインターネット利用者は爆発的に増加していきました。その後インターネットを活用する手段はPCだけではなく、スマホにも拡がっていきインターネットはなくてはならない社会的インフラとなり、現在に至ります。

情報はますます増え続けるわけですから、私達はこの先増え続けた情報の中から、正しい情報を読み取り、間違った情報を選択しない眼力が必要でありましょう。すなわち、できるかぎり「情報リテラシー」を身につけることは必要であるというわけです。

情報リテラシーとは
情報と識字(リテラシー)を合わせた言葉で、情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のことである。「情報活用能力」や「情報活用力」とも表現する

引用:ウィキペディア

Wikipedia 情報リテラシー

私たちは何かしらそれぞれ得意分野をもっているのではないでしょうか。しかし一方で、苦手分野だったり、無知な分野があるはずで、自分の専門分野のことには詳しいけれど、専門外のことについては全く詳しくなかったりするのです。だからこそ、それぞれ各分野に専門家が存在しており、必要とされている理由なのです。

私たち銀座エージェントも、銀座の会員制高級クラブの選定に特化した専門家であるわけです。むろん、自分でいろいろと調べながら知識を吸収していく人がいるのも事実です。しかし現在、インターネット上には、真実か虚偽であるかがわからない情報(フェイスニュースなども含む)の他に

  • 専門家を装って運営されているウェブサイトや企業
  • インターネット上で見つかる文章をリライト(文章構成を改変)して、構築したウェブサイト
    (パクリサイトとも言われているようです)

なども多岐に渡って存在していると言われ、今後ますます「正しい情報を読み解く技術」が必要になるでしょう。たとえば、銀座のお店を例に挙げてみれば、クラブであれば、高級クラブもありますし、ミニクラブもあります、小規模のお店でもクラブと名乗って営業をしている場合もあります。

クラブと言われれば、何やら高級感を思わせてくれるのではないでしょうか。求人情報を見れば、クラブがズラリと並んでいますが、業界に詳しく、実際の営業内容を知る者から見てみれば、この店は違う、あの店は違うというように、ひと目でわかるものです。しかし、読む人達の目を引く「魅せる文章構成」というものは残念ながら存在しており、多くの業界で「魅せる文章構成」で求人がかけられています。ナイトワークも例外ではありません。

これがインターネット上であたりまえのように起こっている事実なのです。これが「新時代」のやり方でしょうか?

AGENT

AGENT

なんでもかんでも「新時代」だからといって肯定されるべきではないと考えます。インターネットの発達や、AIの学習機能で人の好む言葉が丸わかりになりました。するとどうでしょう。人が好む言葉で文章が構成されるわけです。その技術がインターネット広告に活かされているのはご周知の通りです。

水商売に限らずですが、求人サイトの大半が同じような内容の求人情報に、多少の特徴を散りばめながら終始一貫するわけで、結果的にとりとめのない情報ばかりが羅列することになります。このようなお店の中には、質の低いサービスや、来客人数が少なく、経営状況が逼迫しているお店があったと報告が挙がっています。しかもこういった報告は少なくはありません。

このような理由もあってか、銀座にある「真実の老舗会員制高級クラブ」という場所を、インターネット上では見つけにくい時代に差し掛かっているのかもしれません。なんでもかんでもひけらかすことを良しとしない、一流の老舗の会員制高級クラブは存在しますから、或る意味、インターネットと、銀座の会員制高級クラブとの親和性は決して高くはないと言えそうです。

貴女に合っている、銀座で一流の会員制高級クラブの選定は、銀座エージェントにお任せください。

AGENT

AGENT

銀座エージェントは、銀座というエリアで面接、面会、体験入店に関するアドバイスの他に、入店後に必要とされる大切な注意喚起、智慧を含め、総合的なマネジメントサービスもご提供しており、ご活躍していただけますよう、ほど良い距離感でサポートさせていただいています。

リアル社会とインターネット社会の狭間で一流を堅持する銀座の会員制高級クラブ

リアル社会とインターネット社会の狭間で一流を堅持する銀座の会員制高級クラブ

どちらかというと秘匿性を重んじられることが常識とされる、銀座で由緒ある会員制高級クラブ。これは何も銀座の会員制高級クラブに限ったことではなく、飲食代金が高額である一部のお店、もしくは富裕層が訪れがちなお店の中には、当然であるとの認識を持たれています。お店によっては「秘匿性」について明確なルールを設けている場合もございます。

一方で、クラブと謳っていようとも、SNS等でお客様とのツーショットなどの画像が派手にアップされていることもあります。SNSを宣伝目的に活用しているお店は、どちらかというと、一部のお客様からミーハーで派手めな印象を持たれることが多いと聞いていますから、プライバシーを重んじるお客様たちからは、どちらかといえば敬遠される傾向であるのだとか。

ミーハーとは
日本語の俗語で、軽薄な、流行に左右されやすい世の中の風潮や人を意味する。流行や話題となった人物・事物の動静に、もともと興味がなかったにもかかわらず、にわかに熱中する者に対しての蔑称として用いられる。

引用:ウィキペディア

実際に、これまで老舗クラブとして営業していた某高級クラブと懇意にしていたお客様の中には、そのお店が派手な経営手法を選択しはじめたことに気がつき、なんとなく足が向かなくなってしまったのだとか。そのお客様からしてみれば、銀座のクラブが「完全会員制」と謳っているわけですから、何かしら違和感を感じたようです。

来客数減少によって売上に影響がでるとなれば、内心穏やかではいられないのが経営者です。
「インスタなどSNS等で、お客様との店内写真はほどほどにしてほしい・・・」と吐露してくださったオーナーも。

また夜の接客業を本業として働いているホステスさんと異なり、様々な事情によって夜の接客業をしていることを知られたくないホステスさんもおられるとのことで、「一緒に写真を撮ろう」との誘いに対して、断りにくかったり、ノリの良い応対ができなかったことでバツの悪い思いをすることもあるのだとか。

今後においては、これらのテーマは依然として平行線を辿ることになるでしょう。

貴女に合っている
銀座で一流の会員制高級クラブの選定は、銀座エージェントにお任せください。

インターネット上には出てこない「秘匿情報」

インターネット上には出てこない「秘匿情報」

銀座エージェントは、日頃から銀座に常駐しているわけで、面会、面接の中でさまざまな鮮度の高いナマの情報を聞く立場にあるせいか、多くの情報が自然と入ってきます。情報は多岐に及んでおります。

日々の活動の中で得られた貴重な体験談や、当社ウェブサイトをご覧くださっている方々への参考になればと、出来る限りの情報を掲載するよう心がけています。一方で、お仕事に役立ちそうな有用(有料級の情報など)な情報においては、パスワード付きの限定ページにて公開致しております。このように、全ての情報を一般公開しているわけではございません。また、得られた情報の中には、お店の状況や内情、印象から想定される経営状況、名誉に関わる特定された個人のお話なども含まれ、こういった内容も当然掲載してはおりません。

ゴシップ性の高い内容の掲載は?

また、銀座の会員制高級クラブの業界全体が、万が一にも誤解の目で見られることがあってはなりませんので、当ウェブサイトでは、出来る限りゴシップ性の高い情報の掲載も致しておりません。「暴露情報」や「裏情報」なども然りです。

求人に関連する情報は?

ふとしたタイミングで、オーナーやママ、採用担当者からピンポイントでの求人要望があります。詳しくお伝えできないので、たとえばのお話にしますが「〇〇のある人はいないかしら」「〇〇ぽい人でも大丈夫だよ」「〇〇が高ければ〇〇でも可能性はあるよ」などといった、要望を得られるケースが多くあります。これらはインターネット上には出てこない要望ということになります。仮にインターネットに出てきても、誰かがその希望を叶えた後かもしれません。その誰かとは、銀座エージェントのエージェントであるかもしれません。

他にもまだまだございまして、そういうわけですから、このように極一部の特定の人を対象とする求人関連の情報は、掲載するわけにもまいりません。ですから、面会が必要になってきます。なぜなら面会で、貴女がその極少数の特定の人であるかもしれないからです。そうであるなら、貴女は破格の待遇を受けることができるでしょう。

ところで、人は得られた情報の中から、自らの方向性を決定していると言っても過言ではないのではないでしょうか。ですのでインターネットは有用ではあるのです。しかし万能でもありません。とりわけ、正しい情報かどうかを大きく問われるこの時代において、もしも貴女に情報リテラシーが備わっていなければ「間違った選択」を誘発する情報を信頼してしまうかもしれないからです。特に貴女が専門外の分野にチャレンジするのならなおさらでありましょう。ですから専門分野に長けた者達である「銀座エージェント」をご信頼いただけますれば幸いです。

リアルの接客業、特に高級店で働くというのなら、日頃から銀座で活動している高級店に特化した専門家と、お話を進めることは有益であり利に叶っていると考えます。

リアルの接客業では、お客様のプライバシーが守られて当然という考え方は根強い。銀座の会員制高級クラブであればなおのこと?

銀座の高級クラブでのお客様のプライバシー保護

リアルの接客業では、お客様のプライバシーが守られて当然という考え方は根強い。銀座の会員制高級クラブであればなおのこと?

気兼ねなく安心して寛げる…。気兼ねなく安心して楽しめる…。気兼ねなく安心できる人たちと食事ができる、お酒が飲める…。これこそは日本の文化であり、原点ではないでしょうか。しかしインターネットの発展(SNSなども)によって、記念写真等であるならともかく、各人の都合によって「イイね」や「フォロワー」を稼ぐための材料とするのには、さまざまな意見はありましょう。

とりわけ、銀座の会員制高級クラブに限らずではあると思うのですが、そこで働くホステスさんやスタッフさん達は、たとえば、そのお客様が有名であることを当然わかってはいても、「キャーキャー」とミーハーな対応をしないことがほとんどです。もちろん何かしら適切な場面があれば「実はファンなんです」に類する言葉を使うこともありましょうが、どのお立場のお客様に対しても、出来る限り普段通りに接するというのがほとんどです。

なにせ、お客様がミーハーな対応を望まれることは稀だからです。お客様がご来店される目的はチヤホヤされることでも、握手やサイン会をするためにお越しになっているわけではありません。

完全にお客様のプライベートであるわけです。自分が、その芸能人に対してファンであって、たとえ心の中では小躍りしたがっていたとしても、出来る限りクールな対応に務めていることが、お客様へ居心地の良さを与えることに繋がることを知っているからです。だからこそ飲食代金が高額であるという意味合いも含まれていると言えば、納得がいくのではないでしょうか。

むろん、このような約束事が書面にて交わされているわけではないにせよ、銀座という一等地で富裕層に、ご贔屓していただくクラブとしての生業を営む以上、このようなことは長年常識として了解されてまいりました。このような理由から、一部の銀座のクラブを除き、老舗一流会員制高級クラブは秘匿性を重んじる傾向の高い業種であり、銀座エージェントはインターネット上に掲載しない有益な情報を数多く取り揃えてございます。

今話題のChatGPT(チャットGPT)VS銀座の会員制高級クラブ

今話題の
ChatGPT(チャットGPT)
VS
銀座の会員制高級クラブ

現在、ChatGPT(チャットGPT)は真新しいシステム、サービスとして注目を集めているのはご存知でしょうか?このChatGPT(チャットGPT)は、質問をすると、さまざまな解答を、まるで対話をしているかのように、文章にして答えてくれるサービスというもの。その文章は、あたかも人が考えたような自然な文章であるのだとか。

ChatGPTとは
米新興OpenAIが公開した自然な文章を生成する人工知能(AI)。2022年の公開以降、質問に答えて自然な言葉で文章を生成できることで注目されています。

この、ChatGPT(チャットGPT)なるもの、最先端のAIを駆使し、現在のインターネット上でアクセスできる情報の中から、最適とされる情報を文章にして解答してくれるという優れものなのだとか。我々が、普段インターネットで検索をして、情報収集をする手間を省いてくれるというありがたいシステムであるというわけですね。しかし、それゆえChatGPTを禁止にしている企業もあります。また、一見高度なシステムに思えながら、その生成された文章内容のソース(ニュースや情報の発信源、原典、引用元)が不明であったり、著作権の問題もあるのだとか。

この ChatGPT(チャットGPT)ですが、銀座エージェントとの違いをわかりやすくお伝え致します。その違いとは・・・

情報面

当ウェブサイトで見れば、銀座エージェントは日頃から、足を使い、キーとなる人物達とコミュニケーションの中で、まさに「人力作業」「マンパワー」を駆使しながら、リアル情報を収集し、日頃のレポートや考察を記事にまとめ、作成し仕事に活かしている一方で、ChatGPT(チャットGPT)は、「AIとよばれるシステム」で、インターネット上の記事情報を収集し文章を作成している点になります。つまり情報の入手方法が全く異なります。

ChatGPT(チャットGPT)は正確な情報なの?

ChatGPT(チャットGPT)は正確な情報なの?

インターネット上にある記事の中から、独自のアルゴリズムによって情報をまとめあげるという点においては、優秀ではないでしょうか。ただし、そもそもインターネットにある記事自体が誤った情報だったり、フェイクニュースの類の記事を、フェイクかどうかの判断がつかないまま、誤った内容の文章を作成する場合も現段階では多いようですね。

ですので、現時点ではChatGPT(チャットGPT)のサービスは、ご本人の問いかけに対して、無難な解答をインターネット上から探すことは得意でありましょうが、実際に現実で起こっている情報の中から情報収集するわけではないので、あたりさわりのない回答に終始するのではないでしょうか。また、質問内容次第では、インターネット上に公開されている誰かの経験や体験談を、あたかも自分が体験したかのように文章を作成するわけですから、その文章を商用利用するとなれば、そのうち議論されることになりそうですね。

これだけ多くのウェブサイトがインターネット上に存在したことで、誕生したChatGPT。
せっかく誕生したわけですから、正しい方向での発展を願うばかりです。いずれ全知全能の神という存在になるのでしょうか。

ChatGPT(チャットGPT)は正確な情報なの?

インターネットを覘いてみると、同じような情報や文章を目にしたことはありませんか?
上位表示された記事を、コピペしてリライト(コピペして構成し直す手法)して作成した記事を掲載したウェブサイトも多く見受けられるのだとか。それなら、果たしてインターネット上には、オリジナルの記事を作成した有益となる真実のウェブサイトがどれだけあるでしょうか?
真実の情報を掲載し、新しい発見を論理的視野で文章にして発信しているウェブサイトがどれだけあるのでしょうか?
ツイッターなどで流れてくるツイートには、正しいニュース記事の他に、意図的にフェイクニュースを流している存在があると聞いています。このように、インターネット上を賑やかしている情報達は、正しいものだけとは限らないのが現状ではないでしょうか?これらの情報の中から、ChatGPT(チャットGPT)は文章を組み立てるというのです。
そして、文章を大量生産したい存在は、ChatGPT(チャットGPT)を記事生成のために使うのでしょうか?
インターネット上の記事を集めて文書にしてくれるというのですから、リライト(コピペして構成し直す手法)する人達からは商用利用される機会が増えそうですね。
既に某国では、論文を作成するのに学生さんから人気なのだとか。
便利な世の中を築くために生み出されたはずのテクノロジーではありますが、これが正しい使い方としてスタンダードになっていくのでしょうか。貴女はどう思われますでしょうか?

どの情報が正しい情報であるかの選択力を鍛える必要性

どの情報が正しい情報であるかの選択力を鍛える必要性

情報が多くなればなるほど、本物の情報との出逢いは貴重な体験となるのではないでしょうか。そして、一番最初に本物の情報を提供している存在は、必要不可欠の存在でありましょう。私たち銀座エージェントは、そうあるべきであると考え、これからもコツコツと地道な活動を続け、お役に立てる情報を発信し続けていく所存です。

今回掲載させていただきました「銀座の会員制高級クラブとネット求人情報の親和性について考察!」というのを題材にさせていただいた理由は、今後の未来において、ますます正しい情報を選別するハードルそのものが高くなると判断し、各人達が持つ「情報リテラシー」の意識を向上していただきたかったことによるものです。

「寮」について

銀座エージェントに応募をいただく際に、寄せられるご希望内容の中には、いまだに「寮希望」「寮があるお店」がございます。しかし、実際「寮のあるお店は」はご提案することが叶いません。加えて、銀座の高級店で「寮を完備しているお店」はございません。応募者様に詳しく聞いてみると、どうやら某求人情報には「寮完備」と掲載されているようです。その求人情報に魅せられ問い合わせをする人もいるのだとか。

つまり、これらは「釣り情報」「釣り案件」と言われている手法と言えそうです。いま貴女にとって最も必要な情報とは「真実を基準とした情報」です。

さりとて、ここ数年銀座の高級店で「寮」に住むことのできた女性を聞いたことがございませんが、「寮あります」というキーワードが決して嘘とも言い切れません。

なぜだと思いますか?

それは、場合によっては「うちが初期費用を立て替えてでも寮を借りてあげることもありますよ」というケースもなきにしもあらずだからです。これは、ちょっとした言い逃れにも聞こえますが、真意がわからない以上「嘘」であるとも断定することができません。つまり、お目にかなえば「寮に住ませてあげますよ」という論理なのです。

ですが、実際は「寮」たるお部屋の準備はないことがほとんどです。いや皆無でしょう。正しくは、「お部屋を借りてあげよう」というわけです。ですが「寮」というキーワードが未だに根強く使われている理由は、ただ単純に「寮」という言葉がメジャーであるからではないでしょうか。ちなみに「寮」のある仕事の1つには、工場勤務などが挙げられましょうか。

銀座のクラブの中には、築地、新橋、八丁堀など、お店側からどうしても働いてほしいと要望された女性にはオフレコで「寮」ということにして、お店側がお部屋を借りるケースもございました。

2010年頃までは「寮完備」のキャバクラなどのお店はたくさんありました。
六本木の大半の会員制高級クラブも「寮」が完備されていました。歌舞伎町にもありました。
特に、六本木の会員制高級クラブの大半の寮は、六本木通りの六本木駅徒歩5分や、赤坂に近い場所で六本木まで徒歩15分など、歩いて通える距離でしたので、一切の交通費がかからないというわけで、当時は恵まれた環境で働くことができたのは確かです。銀座のクラブの中には、築地、新橋、八丁堀など、お店側からどうしても働いてほしいと要望された女性にはオフレコで「寮」ということにして、お店側がお部屋を借りるケースもございました。ただし、寮とは言ってみても、決してタダなどではなくお家賃は10万円前後かかりましたが…。

AGENT

AGENT

地方では無料というのが多かったと聞いていますが、都心はきっちりお家賃がかかることが大半でした。

月間の家賃が無料という女性も六本木や歌舞伎町で見られましたが、その条件として「お店を休むことができない」「ある程度の指名本数はキープ」「ガンガン働かされる」といったハードなものだったのだとか。最大マックスに稼ぎたい女性からしてみれば最高の環境だったに違いありませんね。余談ですが、このようなハードさに耐えられなかったキャストさんは、すぐにお店を辞めてしまったのだとか。実際、夜逃げなどもかなり多かったと聞き及んでおり、「出勤確認」の連絡が取れないので、スタッフが「寮」に様子を見に行くと、もぬけの殻ということも。なんにせよ、冒頭でお伝えしましたとおり2010年の以降からは、ほとんどのお店が寮制度のシステムを廃止してしまいました。やはり2011年の震災の影響が大きかったということでしょうか。

TOP