2021年1月のお知らせ

1月7日に政府より緊急事態宣言が再発令!どうなる銀座!
PR

【重要】緊急事態宣言再発令に伴う当社対応について

いつも銀座エージェントををご活用いただき、誠にありがとうございます。

2021年1月7日(木)、日本政府から緊急事態宣言が発令されました。

これに伴い、銀座エージェントでは下記の通りサービス提供内容を変更させていただきます。

銀座の会員制高級店舗へのご応募、ご紹介

通常通りお申し込みいただけて、通常通りに銀座エリアの会員制高級クラブへのご紹介が可能です。

応募・お問い合わせ

通常通り受付を致しまして、応募フォーム、LINE、メール、電話、フリーダイヤルからのサポート、お問い合わせ、応募の受付を致します。

面接

随時面接は可能ですが、社会的情勢、政治的状況によって面接日の日程を調整させていただく場合がございます。

既に銀座エリアにいて、ご連絡をいただいた場合の面接対応

毎日(祝祭日をのぞいた月~金)銀座にスタッフがおりますので、即日に面談が可能です。
面談時に面接可能と判断した場合は面接を致します。

面接の時間

面談、面接の時間の変更をする場合がございます。
17時から営業開始とする店舗も複数あるため、銀座にお越しいただく時間を16時以前の時間帯をご提案させていただくこともございますのでご了承ください。

当日の体験入店

当日の銀座の会員制高級クラブの体験入店も店舗によっては可能になります。
店舗によっては、後日の日程を提案されることがございます。
また万一諸事情等の理由で早速の体験入店をご希望される女性については、取り急ぎの対応となるため、できるかぎり早めの時間帯、15時以前にはご連絡をくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

銀座以外のエリア

銀座以外のエリアで当社が定める基準値を満たした高級店をご紹介可能です。
当日の体験入店は、銀座エリアよりも比較的スムーズとなることがほとんどですので、お申し込み時にご希望等をお聞かせください。

今はお店を厳選せず「収入があれば良い」とお考えの場合

銀座エリア以外の東京都内及び、別エリアの高級店へのご紹介が可能です。一時的に他エリアの高級店で働いていただいてから時期を以って、銀座の会員制高級クラブで働くことが可能です。

その場合は、まず最初に銀座の会員制高級クラブ及び高級店舗へ当社スタッフと面接に向かい、結果次第を以って判断させていただきます。

・2021年1月29日修正

17時過ぎの銀座の並木通り

17時すぎの並木通り8丁目付近

追記・1月27日(水)の銀座

2021年1月27日

現在、多くの銀座の会員制高級クラブ及び、高級店舗は約17時~20時の営業時間に変更しながら時短営業をしています。

そのため、19時以降からは並木通りの人出はまばらとなっています。

また営業に関しては密を避けるためもあり、出勤人数を極力減らして営業をしていると言えば聞こえは良いかもしれませんが、実際は来客人数が少ないこともあって、比率を考えれば出勤人数が少なくなるのは当然かと言えます。

大手カフェチェーンで知られる有名店舗なんかは、18時頃には灯りは消えています。

閑散とした銀座の繁華街ですが、会員制高級クラブの店内に入ってみると、あいかわらず華やかな世界であることは変わりようがありません。

1月27日現在、銀座の繁華街で働く多くの人々から聞こえる声は「緊急事態宣言は延長になるだろうなあ」です。

それでも銀座の良さを知る人達によって、ささやかながら時短営業をしながら営業され続けてゆくことでしょう。

今回は、こういった状況下をものともせず、応募&お問い合わせをしてくださった女性達から、いただいたご質問で特に多かったものを掲載致しました。

今後、銀座の会員制高級クラブ及びナイトワークをすることを検討している女性の皆様に参考になれば幸いです。

17時過ぎの銀座の並木通り

2021年1月27日

17時すぎの並木通り8丁目付近

ホステスさん
AGENT
19時半くらいになると、人があまり歩いていませんね。

最終電車の時間が早まりましたが、どんな影響がありますか?

遠方エリアから通っている女性には影響がありそうです。
JR東日本では、 1月20日(水)から首都圏11線区の終電時間を、最大でも約30分程度を繰り上げました。
ちなみに山手線では最大でも28分程度の繰り上げになります。
銀座で働いているホステスさんの中で、日頃から新橋駅や銀座駅の最終電車で帰っている一部のホステスさんには影響がありそうです。
特に遠方エリアから通っていらっしゃるホステスさんにとっては好まれる状況ではないと言えるでしょう。
さらに言えばダブルワークで銀座のエリアで働いているホステスさんだと、現在では確実に終電で帰れる店舗は数限られており、今後働く上でお店の選択肢は減りそうです。
一方で、本業として働いているホステスさんや、ベテランホステスさんはそもそも終電で帰ることは考えていないこともあったり、自宅が近いという理由でさほど影響はないでしょう。
19時過ぎの銀座の並木通り

2021年1月27日

19時すぎの並木通り8丁目付近

少し向井理に似てる男性
AGENT
19時をすぎると路面にあるお食事屋さんの灯りが消えてゆくのをみて、寂しく感じます。

緊急事態宣言解除後の営業時間はどうなりますか?

営業時間は元の20時~12時 or 20時~1時の営業時間に戻るでしょう。
現在17時~20時の時間帯で営業をしている店舗がある中で、それよりもさらに早い15時や16時から営業をしている会員制高級クラブもあります。
こういった店舗が今後もこの時間帯で営業を継続するのかと問われれば、ほとんどの店舗がNOと答えるでしょう。
やはり、ほとんどのビジネスマンは仕事が終わるのが夕刻すぎ。
仕事が終われば食事がはじまり、一息ついて会員制高級クラブへ。
時間にしておよそ20時~22時がスタート。
同伴出勤をする場合だともっと早いですが、流石に17時にお店にインは早すぎると思いませんか?
コロナ禍以降もビジネスマン達の時間の流れは不変であると考えます。
ですので、20時~22時に限らずですが、20時~ラスト。この時間帯に営業をしていないというのは業界関係者はもとより、普段から銀座の会員制高級クラブを活用している人達からしてみれば、普通では考えられないのではないでしょうか。
 某クラブ幹部は、何の前ぶれもなく突然来店してくださるお客様の存在もあながち見逃せないのだとか。こういったお客様の存在がある限り、お店を休むわけにはいかないだと語ってくれました。
 また、2020年の一回目の緊急事態宣言の解除後のときは、一旦減少した来客人数が、皆の努力によってある一定水準回復した体験もしており「今回も辛抱強く耐えて、またお客様に戻ってきてもらえるよう頑張る」と言ってくれたホステスさんもいました。
 つまり、解除後は営業時間は緩やかに戻り、元の20時~0時、20時~1時の営業時間に移行してゆくでしょう。
ですので今後もこの時間帯に働くことのできる女性が求められるでしょう。
ちなみに今現在、夕刻の早い時間帯から出勤しているホステスさんのほとんどが本業として働いている女性なので、この時間帯でも柔軟に対応できたのだとか。
19時過ぎの銀座の並木通り

2021年1月27日

19時すぎの見番通り(けんばんどおり)クラブナナエ前

緊急事態宣言が延長された場合は採用されにくいですか?
採用されにくい女性と、採用されやすい女性にわかれます。
つまり、採用される女性は、ほぼどんなときであっても採用されます。
これまでに銀座エージェントが数回にわたって伝えてまいりましたが、緊急事態宣言下では採用基準が極限まで高まるとはいえ、募集がストップするわけではありません。
ですので、もし仮に緊急事態宣言が延長されたとしても、継続して募集は行われます。
こういった状況下であっても、お店のカラーやタイプに合っている女性であれば間違いなく採用されます。
店舗によっては極短期間において募集をストップする場合もございますが、決して長くはありません。
 銀座エージェントは様々な点で、どういう女性がどの会員制高級クラブで採用されやすいかを把握しています。
また募集のタイミングも大切で、アプローチ方法と調整にコツを要します。
銀座の会員制高級クラブの面接をお任せください。
新型コロナウイルスの情報・首相官邸より

出展:首相官邸

追記・1月13日(水)の銀座 

2021年1月14日

1月7日にふたたび緊急事態宣言が発令されました。

大半の銀座の会員制高級クラブは

1月12日から

  1. 通常通りの営業
  2. 時間帯を短縮して営業
  3. 16時から20時迄営業
  4. 15時から20時迄営業

など、各店舗様々な対応をしています。

まさか、営業開始時刻を夕刻にするとは思いもよらなかった人も多かったのではないでしょうか。

つまり、力強く営業を継続する意思があることがわかります。

そして1月のこんな最中にもリニューアルオープンする会員制高級クラブもあります。

もし貴女が、銀座の会員制高級クラブで働くことを検討されている場合は、現状では各店舗等の状況を見ながらのご紹介となりますが、お店が営業している以上、輝ける新人さんの存在が必須となりますゆえ、ご応募いただければと思います。

銀座で営業を継続する大半の会員制高級クラブのほとんどが

  1. 既に予約が入っていた
  2. あらかじめ営業をしての結果が1月の来店予定となっていた
  3. 休みにできない事情があった
  4. その他

また、こういった緊急事態宣言の状況下においては、お金が余裕があり、働く必要がないお場合は、ご応募は見合わせられるのも選択肢の1つです。

そんな中でも貴女がどうしても、生活のためを前提として

  • お金を稼ぎたい
  • 高度な接客業で働きたい
  • 銀座の会員制高級クラブで働きたい

というのなら

是非とも銀座エージェントにお任せください。

夕刻の銀座

夕刻の銀座

コロナ禍によって、今後は夕刻から営業開始となりそうな流れになる!?

2021年1月14日

銀座の会員制高級クラブは、これまでに富裕層達や、企業関係者達から都心の一等地にある憩いの寛ぎの空間として重宝され続けてきました。

そんな会員制高級クラブも、コロナ禍の猛威によって、このまま衰退してゆくのですか?
と問われれば、どうやらそうはならないようです。

つまり、熱狂的な「銀座の接客業が好き」な人達によって、銀座の会員制高級クラブの接客業は守られてゆくだろうと判断できるのです。

なぜなら、夕刻15時や16時にお客様を来店させる営業力は並々ならぬものだと言わざるをえないからです。

しかし、緊急事態宣言の再発令以降、夕刻から営業を開始し始めている会員制高級クラブは、いずれの店舗も試験的ということで、緊急事態宣言が明ければ、通常どおりの営業時間に戻ることが濃厚だと考えられています。

この試験的な営業時間で、多くの集客数の導入に成功した場合は、引き続き夕刻から営業を始めることになるかもしれません。

とはいえ、本格的にコロナ禍が終焉を迎えたときは、夕刻から営業をするメリットはあまりないようにも思えます。

ひとまず、夕刻から営業開始となる場合のメリット、デメリットを考察してみました。

女性の場合

デメリット –
17時、18時頃に会社が終わる人にとっては、夕刻の時間に間に合わずダブルワークには向かなくなってしまいそうです。

メリット –
営業が早く終わる為、比較的、終電時間が早い遠方エリアにお住まいの女性であっても確実に終電で帰れるようになりそうです

お客様の場合

デメリット –
企業に勤めているとなにかと夕刻の時間帯は慌しいようで、時間的に余裕のある立場でなければなかなか落ち着かない時間帯であり夕刻の来店オファーに応えられないことがある

メリット –
営業終了時刻が深夜帯でなければ、帰るのも早そうで健康には?良いかもしれません。

いずれにせよ、この先どんな結果が待っているのか、かなり気になります。

夕刻から営業を開始するにあたって、
業界関係者の声を聞いてみました。

「夕刻の早い時間からお客様を導入できる店舗は限られているだろう。よっぽどの根強いファンを多く会員制高級クラブであれば、それらのお客様は時間等に縛られず来店が可能だろう。しかしそうでなければビジネスとしては成り立たたないのではないだろうか。」

銀座の状況

接客業を本業にしている女性に今回の緊急事態宣言再発令のことを聞いてみました。

2021年1月14日

今回ふたたび「緊急事態宣言」が発令されましたが・・・そんな中、お店が休みになるとか、お金の問題などさまざまな不安があると思いますが、心境をお聞かせください。
貯金でなんとか。
昨年1回目の「緊急事態宣言」以降からママや店長から「イザというときのために、貯金をしておくように」と何度も言われていたので、今回は準備万端です。

もしお店が休みになった場合は、休暇だと割り切って家でのんびり過ごします。
思えばコロナ前は、長期休暇をほとんどとったことがなかったので、今回の緊急事態宣言でお店が休みなったら「休暇を取りなさい」という声だと思って快く受け入れようと思っています。
ですが、お店は休みではありませんでした。

思ってたよりも、大半の会員制高級クラブが営業をするとのことで、あまり心配はしていません。
2月から罰則(法改正によって)がつくということですが、1月はまだ大丈夫だというのを聞きました。ですのでほとんどのお店が営業をすると聞きましたが実際はどうなんでしょうか?
お店は協力金を貰っても、大切なのはホステスさんなので、休むわけにはいかないとのことで、正直助かります。

休みになったらなったで、そのときに考えます。
依然、著名な投資家のお客様が言っていた言葉を最近良く思い出すんです。
「何事も長くは続かない。楽しいことも辛いこともずっとは続かない」
この言葉がずっと頭から離れなくて、今回のこともきっと長くは続かないのだろうと思っています。
ニュースでは、コロナ禍がこれからずっと続くような言われ方もありますが、私はそうは思ってません。
ですので、今後どのような結果になるのか見届けたいと思います。

銀座の会員制高級クラブのホステスさん!マスクの似合う美女

今後の銀座の会員制高級クラブの対応として現時点で検討段階にあるもの

2021年1月8日

1月6日(水)より営業を始めた一部の高級店舗も見られた銀座の繁華街。

1月7日(木)、緊急事態発令直後とあって、各店舗等が今後どのように対応してゆくかを検討しはじめた状況にあります。

対応については店舗によってわかれるところです。

現時点では未だ、方向性が定まらない店舗が多い中、検討している内容の過程の情報が銀座エージェントに集まってきております。

どのような結果となるかは、定かではありませんことご理解ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

現時点で検討されている営業方針は、以下の内容になります。

  • 営業時間を17時~20時に変更?

そもそも約20年前の銀座の会員制高級クラブでは営業開始時刻が18時の店舗が多かったでした。それから徐々に18時半、19時と営業時間が変更し現在の営業開始時刻20時に移ってゆきました。

その頃は終電時間で帰れることがほとんどあたりまえであった時代でもありました。

ですので、営業時間の開始時刻を17時に変更するという検討内容は、原点回帰と言えそうです。

  • 普段から定期的に「重要な仕事上の接待」の場として活用されており、かつ特別な理由の場合に限り営業?

1日、1組~数組を限定で特別に営業をおこなう、もしくは貸しきるというもの。

  • 期間限定で酒の提供をストップ?

ソフトドリンクにとどめて夕刻から営業。

  • 「お1人様」限定の来店に限り営業?

団体様はもとより、複数人数の来店を制限し、お1人様での来店に制限をして営業をしてゆくというもの。

  • 「数ヶ月前から既に予約をされていた顧客」等に限りその日だけ貸切営業?

定期的にスケジュールをたてて予約をされ、かつ「短時間での来店でも」という理由に限り、来店に応じたいというもの。

  • 当日の予約状況に応じて店舗責任者の最終判断の元、20時以前に営業?

基本的にお休み期間とするものの、ホステスさんの生活を支える為の収入面については一定の理解が必要と考え、予約に応じて営業をするかどうかを検討してゆきたいというもの。

  • 緊急事態宣言期間内の営業休止?

1ヶ月間の様子をみて、休業するということ。

  • 閉店?

コロナ禍が長期化することを視野に閉店。

上記に挙げられた項目については、現時点あくまでも検討段階のものであり、各店舗対応方法及び方向性は全く異なることがあります。
現時点では一切定まったものではございませんことをご了承下さい。

2021年!シャンパンでお祝いするはずが!?

今回の緊急事態宣言再発令を受け関係各者の声

2021年1月8日

空調設備に高額投資されたとのことですが?
昨年、数百万の空調設備、ICU(集中治療室)等でも採用される基準値の機械を設置工事をしたが、こうなると、せっかくかけたお金もさほど意味がなかったように感じるけど、何か役に立っていると思いたいね。
1月に新規オープンする予定と聞いていましたが大変ですよね?
いやいや、そう悲観したことでもなくってね。
逆に、もしホステスさん達が仕事ができなくて困っているのなら、当店で積極的に高額日給で採用したいと思ってるんだよ。
だから私は今回のことを楽観的に考えているんだよ。
緊急事態宣言きちゃいましたね?
きちゃったね。
まあ、でも収まるまでは、なんとかやってゆくしかないんじゃない。
銀座の会員制高級クラブのホステスさん!可愛いマスク

これまで行われてきた銀座の会員制高級クラブの新型コロナ感染拡大を防止するための取り組み

2021年1月8日

銀座の会員制高級クラブの中には、

コロナ禍の中、主だった対策として

  1. 時短営業
  2. 来店人数の制限
  3. ボックス席とボックス席の間に距離を取る
  4. フェイスマスク着用
  5. マスク着用
  6. 空調設備の設計見直しによる工事費の投資
  7. 検温をはじめとした健康管理の徹底

等を既におこなっておりました。

そのため、高額な家賃である都心で、制限をかけた来客人数の売上げでは利益ができにくく、前年度比の半分、もしくは3分の1に落ち込んでいる店舗もあるのだとか。

緊急事態宣言の再発令によって深刻なダメージを受ける高級店舗は多いのは間違いありませんが、人命第一でありますので、致し方ありません。

「耐えることも仕事に含まれている」のだと思い、強い気持ちを持つしかありませんね。

銀座の会員制高級クラブのホステスさん!マスク美女

銀座エージェント、スタッフから一言

2021年1月8日

年始早々に、緊急事態宣言が再発令されました。

銀座のほとんどの各店舗関係者からしてみれば、想定内ということで、さほど動揺は見られませんでした。

これが銀座繁華街に流れている今の空気です。

緊急事態宣言がひとたび行われれば、国内の経済活動は冷え込んでしまうことは明白です。

これは昨年1度目の緊急事態宣言で学んだことでもあります。

今回も、きっとかなり冷え込んでしまうのでしょうし、もし「緊急事態宣言」が長期化すれば、今以上に大ダメージを受けることは確かでしょう。

そしてそれは、多くの業界にも連鎖してゆくのです。

感染者の拡大を食い止める方法として、人の接触を削減することで一定の効果があるにせよ、根本的な解決に繋がる保証がない現時点においては、どういった選択も手探り感は否めません。

もはや神頼みともいうべき、奇跡的に解決してゆく希望観しか残されてはいないのでしょうか。

悩ましいところです。

一刻も早く、終息することを願います。