銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの求人情報!新たなる誕生

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの求人情報!新たなる誕生
PR( ↑ 画像をクリック!)

満を持して銀座会員制高級クラブ・ルムッシュの誕生

「美しい」という言葉が最上ではないということを悟らせてくれる、そんな女性達が顕現する会員制高級クラブと言えば、「ルムッシュ」言いすぎでしょうか?

否。

2021年の初夏に誕生せし「ルムッシュ」は、新型コロナという暴風雨たる荒波、そんな中でさえ誇り高く、出航した会員制高級クラブである。

今だ若い、その「ルムッシュ」という会員制高級クラブは、銀座本来の会員制高級クラブに「かくあるべき大切な教え」を目指した会員制高級クラブなのです。

まさに今、銀座本来にあるべく「おもてなしのDNA」を所望せし、美麗と名高い女性達によって紡がれる物語の序章が、今始まったのです。

代表取締役のT社長は、銀座で5本の指に入ると言われる名高い会員制高級クラブで、幹部としての地位を10年以上勤め上げた猛者中の猛者。

そして、別格とも言うべき「美しさ」という言葉では言い尽くすことのできないほどの魅力を兼ね備えるママ。

この会員制高級クラブ・ルムッシュは、稀代の会員制高級クラブとして、名高い存在へと昇華する可能性を秘めている。

今回、「ルムッシュ」の可能性を、貴女に知っていいただきたいと願いご紹介させていただきます。

今宵、絢爛前夜のひとときか…誇り高き会員制高級クラブ「ルムッシュ」の熟成期間は、きっと今この瞬間(とき)なのでしょう。

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの店内内装と美しい絵画

黎明期ともいうべき、銀座の夜明けを担うクラブの1つか

一流の会員制高級クラブは生み出されるときよりも、経営し続けていくことが最も大変であり、困難が待ち受けていると伝えられています。

ひたすらブレずに、ひたすら前進し、ひたすら一途であることで、やがてそれが「1つの流れ」として極まったときに、一流として認められることになるでしょう。

クラブは、手づくりと言われ、きめ細かいサービスのそのどれもが簡素にできるものではありません。

取り扱うのものは、精密機械よりもさらに高精細とされる、「人様の心」であり、それはカタチとして認識できないものでありながら、繊細なその「心」の温度を読み解くことのできる賢人達が集う高級社交場と言いかえることができるのではないでしょうか。

[私たち銀座エージェントはその瞬間を目撃しました]

ホステスさんをお客様の席に采配する「メンバー」とよばれる業務は、通常は店長や次長などが行うのが大半でありながらも、まだ営業時間が始まるかどうかの19時すぎの来客にも快く応じ、代表取締役社長自らが采配するという極め細かな仕事っぷりは、まさにこれから「ルムッシュ」としての強固な土台を作る上で欠かすことのできないプロセスなのだと感じました。

やがて、くる発展期に訪れる、お店の移転時を見据えたものでありましょうか。

会員制高級クラブは、決して軽はずみや、思いつきのようなノリで創られるものにあらず

確固たる目的があり、お客様は元より「人との絆」を紡いでいくにふさわしい価値ある時間を過ごす場所として、その場所はあり続けなければならないのです。

まさに、それこそはロマン。

「あの場所がある」この信頼が担保となって、銀座にお越しになるお客様は、そこに安心し長年の如く羽をのばすために寛ぎに通われるのです。

これは、なにも銀座の繁華街に限ったことではありません。実際は多くのことに共通して言えることなのです。

想像されてはいかがでしょう?
明日「その場所」が意味のない空間になってしまえば?
もしかすれば、計画的になくなってしまったとしても。

消え去ってしまえば、今まで紡がれてきた想いや気持ちはどうなるのでしょうか?

これこそが、見えない資産であって、この想いこそがずっと、拠り所であって、もてなされていくのです。

それが、本来の銀座の会員制高級クラブとして「かくあるべき姿」であるはずなのです。

単に華やかなだけが、銀座の会員制高級クラブとして支えられてきた側面ではないと断言しておきましょう。

時代は、前に進み、変わっていくはずです。

しかし、変わらないものもあるのです。

そして、変えてはならないものもあるはずなのです。

満を持して誕生した会員制高級クラブ「ルムッシュ」

銀座エージェントは、熱い想いを、この「ルムッシュ」から感じているのです。

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの店内内装と調度品

銀座6丁目に旗揚げした「クラブルムッシュ」

6丁目に構えられている会員制高級クラブは、さほど多くはなく、代表的なクラブには「クラブ麻衣子」が有名です。
そして近年誕生した「クラブ予詩」があります。

そして「クラブ・ルムッシュ」があとに続きます。

6丁目は会員制高級クラブが、ひしめきあっている華やかな8丁目、7丁目と比較すれば、どちらかというと繁華街に見られるような煌びやかな華やかさはあまり感じられないエリアです。

銀座の会員制高級クラブで働いているホステスさん
ホステスさん
同じ銀座なのに、たった1丁目違うだけで、感じられる雰囲気が変わってくるので「あれ?」となることがありますよ。

むろん、銀座自体は華やかではありますが。

違った角度で言えば、少し地味な場所と思われる人も。そんな場所に構えられたのであれば「隠れ家的要素の強い」会員制高級クラブであるとも言えるでしょう。

長年、銀座の繁華街をホームグランドにされている富裕層達にとっては、こういう「隠れ家的要素」の強い会員制高級クラブを好む人も少なくはないのだとか。

また、並木通り周辺の7丁目、8丁目にあるお店等は、新橋駅(銀座口)から近く、出勤時は、新橋駅から通うのが一般的でありますが、6丁目にある「ルムッシュ」であれば銀座駅からも近いので、利便性が良いと考える女性もいるのではないでしょうか。

ちなみに、クラブルムッシュは、以前の「クラブ予詩」があった場所で誕生しました。

現在の「クラブ予詩」は天井が高く広々とした空間を所有したビルに移転しております。

クラブルムッシュも、移転を視野に計画が練られていると聞き及んでおり、本格的にコロナが去る頃には、新たなる「ルムッシュ」の誕生に立ち会えるかもしれません。

ワクワクしますね!

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの店内内装とインテリア

店内はアットホームな雰囲気が漂う可愛らしい空間

一見シンプルさ漂う内装は、見る人が見れば、その空間が単にシンプルではないことがわかるというもので、実は日本の伝統的で和風建築の代表的な壁づくりの仕様なのです。

これらの伝統は主に京都で生まれ、古くからは茶室や、歴史的とされる建造物等に使用されてきた伝統的な工法で「ルムッシュ」の内装の壁は上品に仕上げられた土壁なのです。

淡いクリームホワイト色の壁は、どこか懐かしい雰囲気を漂わせる、非日常的とも思える内装空間は、新鮮なひとときを演出してくれています。

1歩店内に足を踏み入れると、隠れ家というか、まるで洞窟の中にいるかのように感じさせてくれるから不思議です。

ソファーも、フカフカすぎない程度に、柔らかすぎず、硬すぎずといった精細なバランスが際立ち、ついつい長居していることも忘れてしまいそうになるほど。

貴女もきっと、上等な座り心地に快適さを感じるはずです。

実は、銀座エージェントは、これまでにも会員制高級クラブをご紹介させていただくにあたって「ソファーはとっても大切な要素」であることを、たびたびお伝えさせていただいておりました。

なぜなら、ご来店されているお客様達がいっときでも、大切な、お身体を任せるのですから、職人達による繊細な技術によって設計されたソファーは欠かすことはできないと考えているからです。

少し向井理に似てる男性
AGENT
そう考えれば、長年ソファーを製作している職人さん達にもクローズアップされるときがくるのでは?と思います。

銀座エージェントのスタッフは、日々様々なお店に面接や打ち合わせで訪れることが多く、当然そこではソファーに座る機会を得ることになりますから、違いがわかるのです。

むろん、座り心地にに対しての感じ方には個人差もございます。

というわけですから、高級店に共通して言えることは「ソファーに抜かりはない」という点に尽きます。

むろん「そんなの当然だろう」という声も聞こえてきそうなものですが、これは非常に大切なことなのです。

ソファーには、当然ホステスさんも座ることになりますし、お客様達よりも断然ホステスさんの方がお店に長く居て、ソファーに座っている時間は長いのですから、まずはホステスさん達が居心地が良いと感じてくれる環境づくりは必須なのです。

数ある高級店にみられるように「ルムッシュ」も、ホステスさんが居心地の良さを感じてくださるような環境づくりを大切にしているというわけです。

店内の営業時の照明の明るさは、比較的明るめとなっていて、店内を飾る花々が活き活きと感じられます。

また「ルムッシュ」は比較的に小規模の店内空間でありながら、1席1席は大きめで、広々とゆったりと寛げる空間設計となっていますので、お客様からしてみれば、寛ぎやすいと感じてくれるでしょう。

PR( ↑ 画像をクリック!)

センスの良さがひときわ光る内装の会員制高級クラブ

会員制高級クラブといえば、金きらりんで豪華絢爛な内装というイメージもお持ちの人も多いはず。

しかし、富裕層の中には、そういう内装を「粋なセンス」と感じさせるには遠く及ばないと言う人もいるとか。

職人の技術の粋を集めた内装に目を見張るほどの感動を覚えるという声も。

「ルムッシュ」はそんな会員制高級クラブの1店舗として数えることができるはずです。

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの店内ホール

クラブ「ルムッシュ」のホステスさんのお給料は?

新人さんであれば日給30000円前後からのスタートになることが大半ですが、ベテランホステスさんの場合でお客様をお呼び可能であれば40000円以上はあたりまえの金額に。

いずれにせよ、接客業への適正は元より、能力や魅力に見合ったお給料を提示されるされることでしょう。

採用基準は?

「ルムッシュ」の採用基準は決して低くはありません。

だからこそ、試されるような採用のされ方は、ほとんどないでしょう。

つまり、採用されれば、しっかりとじっくりと、日々の仕事を楽しみながら働くことができる確率が非常に高いということをお伝えしておきたいと思います。

というのも、近年では「まずは採用してダメなら、数週間後にカットする」というような採用戦略をもつお店は少なくはないからです。

むろん、こういった要素は、各業界、各業種に当然あって、ビジネス的観点で言えば採用戦略として正しいのかもしれません。

採用する側は合理的かもしれませんが、採用される側の立場からしてみれば決して合理的とは言えません。

ですので、会員制高級クラブで働くのにチャレンジしたい女性からしてみれば一向に構わないのかもしれませんが、上記のような採用戦略を望まぬ女性からしてみれば、不利益であると感じるはずです。

一方で「クラブ・ルムッシュ」は、採用基準を厳格にすることで「採用したのならしっかりと育てていく」という情熱が伝わってくるかのようです。

そんな「ルムッシュ」で貴女は、接客センスと稀有な魅力を備えるに至るかもしれません。

なんにせよ、接客業を目指すのなら、類稀なセンスをお持ちで即戦力とされる人物、それが貴女だったとしても、接客業の基礎は必ずどこかのお店で身に付けなければなりません。

土台は必ず必要なのです。

そして、その目的が大きければなおさら、土台はしっかりとしていなければなりません。

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュの明るめの店内

アットホームな会員制高級クラブで働くことは新人さんにとってはメリットだらけ?

銀座エージェントは、これまでに新人時代をどういうタイプの会員制高級クラブで働けばよいのかをたびたびご説明させていただきました。

その観点でお話をさせていただくとすれば、アットホームな会員制高級クラブならではの、特に新人さんにとって良点ともいうべき要素が凝縮しているということをお伝えさせていただきます。

もちろんベテランのホステスさんにも最高の環境ということをお伝えしておきますが、一気にお客様が来店するタイミング次第では、お席(ボックス席)が足りない状態が生じることも。

解決策としては、すぐ隣に提携しているBARがありますので、そういった場所でウェイティングをしてもらうことでフォロー体制は万全です。※詳しくは、お問い合わせいただければと思います。

話は戻ります。

「ルムッシュ」のような会員制高級クラブに見受けられる特徴の1つは、お店が広すぎないので、スタッフ達の目やサービスが隅々まで届きやすいという点が、新人さんを始めとするホステスさんにとって大きなメリットになる場合が多々あります。

具体的には、スタッフとホステスさん達の意思疎通がおこないやすく、会員制高級クラブとしての本来の「おもてなし」等を含むサービスの質をきめ細かい視点で臨め、些細なことも、たとえばアイコンタクトなどで連携が容易になりやすいばかりか、業務上で重要なことも相互理解を深め、各個人が今努めるべき仕事内容を把握しやすい点が挙げられましょう。

つまり、仕事が覚えやすい環境であると言え、日々の一連の仕事の流れが呑み込みやすく、必然的にスタッフにも話しやすい距離感を感じやすいアットホームさがあり、仕事中に生じた小さな疑問等にも躊躇せずに質問しやすい点も見逃せない利点です。

新人時代は、なにかと右も左もわからない状況を経験することも多いと聞き及んでいるので、他のホステスさんの動きを見て、参考にしやすいのです。

特に、新人時代において、慌(あわただ)しくてスタッフとの距離感(心の距離)が遠く感じると、なかなか疑問点を聞く機会を得れないことも多く、結果的に後手に回り仕事を覚えるのが遅くなったりします。

銀座の会員制高級クラブで働いているホステスさん
AGENT
「小さなことだから」と言って聞くタイミングを掴めず、聞きそびれ、放っておくことが習慣になってしまえば、いつしかwかあらないことだらけのまま、前進し、イザ答えを要求されたときに正しい解答がわからず、落ち込んでしまうんです。

これらを踏まえて考えてみると、比較的アットホームなお店は、基本中の基本を学びやすく実は多くのことを時短しやすいのです。

そして、それが会員制高級クラブであればなおさらなのです。

加えて言えば、間近で、ママやベテランホステスさんとのお客様の些細なやりとりや所作、社長とお客様のやり取りなどの光景が、飛び込んできやすく、お店との一体感を感じられるはずです。

お店との一体感は、仕事への充実感にも関連してきますので、実は意外と重要だったりするのですよ。

メリットはまだあります。

スタッフがすぐ近くにいることで、あってはならないことではありますが、万一の失敗にもリカバリーやフォローがしやすかったりするのは、もしも貴女が仕事を呑み込めていない時期であれば非常に安心できる要素だと思いませんか?

つまり、安心材料が増えるという点は、既にメリットの1つなのです。

たとえば、炭酸水でハイボールを作る際に、誤って天然水で作ってしまったことに気が付かなくても、スタッフが気づいてくれる可能性は高くなったりします。

貴女はきっと、こういう失敗を「ほんの些細なこと」だと小さなことだと思うかもしれませんね。
しかし、こういったことを忘れずに続けてきたことで、銀座の会員制高級クラブのサービスの一環として高いクオリティとして認められてきた側面は、否定しようのない事実だったりするのです。

もし貴女がお客様であればどう感じるでしょうか?

銀座エージェント・スタッフ
AGENT
たとえば毎回、貴女の専用グラスを間違えられたら?

これは既に「真心」であって気配りに通じ、ゆえに「おもてなし」の一環であると思いませんか?

経験を積んで、いつしかさまざまなことが応用できるようになれば、一人前です。

ただし、誤解があってはなりませんのでお伝えしておきますが、アットホームな会員制高級クラブが、初心者向けのお店だというわけではありませんのであしからずに願います。

というわけで新人時代に「ルムッシュ」のような会員制高級クラブで働く機会を得られたのなら、誠にラッキーなことだと申し上げておきたいのです。

重ねてお伝えしていますが、採用基準が非常に高いことも「ルムッシュ」の特徴の1つなのですから。

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュのメインホール

ルムッシュの、お客様の層は?

超有名会員制高級クラブに訪れている富裕層が主な客層になります。

また社用族と言われるような有名企業にお勤めの役員さん、著名人、弁護士、会計士などの士業とよばれる方々、オーナー社長、ベンチャー企業の社長から、投資家、企業エリート役員と、幅広いお客様の層で、ご来店されている人たちは錚々たる顔ぶれです。

さらに、こういったお客様の中には、緊急時、不況時、逆境時とて、己のペースを乱さずに、日々のルーティンを大切にされている人も多いと聞き及んでおります。

つまり、声を大にできず謹んでお伝えさせていただくとすれば、コロナ禍の中、日本全国にある繁華街の躍動を支えたのはこういうお客様達の存在あってのことかもしれません。

なんにせよ、絶世とも言われる美麗の実力派の若きママの存在あって、そして代表取締役のT社長のこれまで培ってきた経験と、人脈によって磐石な運営が約束されていることは、間違いありません。
(※2021年現在 あやのママは20代です)

銀座の会員制高級クラブ・ルムッシュのカウンター

ルムッシュとは

ムッシュ(フランス語: Monsieur)は

中世フランス語において閣下を意味する言葉で、現在は爵位など高い位を持たなくても、全ての男性への敬称として親しまれています。

英語におけるミスター(mister)や場合によってはサー(sir)と同じ意味とされ、ムッシューと表記されることもあります。

また、ムッシュは英語における ミスター(mister)とは違い、ファーストネームの前に付けることもできます。
(例:Monsieur Jeanやムッシュ岸田)など。

名前を知らない相手には単独で使えますが、地位の高い人に対して呼びかける際は名前を知っていても姓または名を呼ばず単に ムッシュ(Monsieur)と呼ぶのが一般的です。

さらに ル(le)は男性名詞につく定冠詞で英語でいうtheと同様です。

ウィキペディア(Wikipedia)より要約

つまり、お越しくださっているお客様が最上位であって、おもてなしをしたくなるような、そんな主役達が訪れるお店が、銀座の会員制高級クラブ「ルムッシュ」なのです。

貴女は近い未来「ルムッシュ」で働いているかもしれません。

銀座の会員制高級クラブ「ルムッシュ」のことなら銀座エージェントにお任せください。