緊急時にも繁盛している銀座の会員制高級クラブの秘密を探る!

緊急時にも繁盛している銀座の会員制高級クラブの秘密を探る!
PR

緊急時であるのに、連日満員で賑わう会員制高級クラブが存在することをご存知ですか?

平時(非緊急時)のピーク時に来店する人数には満たないものの、月間売上げは優に億を超えるという。

そんな会員制高級クラブが存在しているのです。

銀座の会員制高級クラブ限らずですが、日本全国の各高級店舗は個性があり、それぞれ営業方針が異なっているものです。

銀座の会員制高級クラブも、オーナーや、オーナーママ等による営業方針は店舗独自の特色を形成します。

長年、名の通った名士とよばれる顧客を大切に引き継いできた会員制高級クラブG、会員制高級クラブM。

また、銀座に新たな旋風を起こした会員制高級クラブV、クラブMなど、それぞれ独自のカラーとなってお店の個性となっています。

そんな個性を持つカリスマママやカリスマオーナーには、太客(ふときゃく)とよばれる特別な顧客がいるのです。

貴女もそんな太客(ふときゃく)とよばれているお客様を目の当たりにしてみませんか?

自分でも意識せぬうちに戦略的に顧客を獲得していたというベテランホステスさんからの報告

自分でも意識せぬうちに戦略的に顧客を獲得していたというベテランホステスさんからの報告

いつ来るかわからない万一の緊急時に備え、緊急時にも動じない顧客だけを厳選し獲得していたベテランホステスさんは実在しています。

以下の3名のベテランホステスさんは、非常時、緊急時でも活躍している女性です。

※プライバシーの観点から内容は少し改変させていただいていますのでご了承ください。

3名のベテランホステスさんの声

ピンチに強い顧客が複数人いたことで、お店から絶大的に感謝されているというSさん
「お店の景気が良いとは言えない時期にお給料が最高金額を更新してしまいました。」と震え声のSさん。
普段はあまり来てくださらなかったお客様が、これみよがしと駆けつけてくださいました。こんなに頼りになるお客様だとは知りませんでした。


お店が忙しいときには全く顔を出してくれないお客様が複数人いたMさん
「お店がヒマでお席がたくさん空いてます」と連絡したら連日連夜にわたり来店してくださっているとのこと。
驚きを隠さないMさん。
ヒマなときにこそ顔を出してくださるお客様が一定数いるとのことです。


こんな時期にお客様に営業のLINEをするのは気が引けていたのですが、お店が大変ですし、自分もお店に出勤したいので筋肉もりもりのお客様にこんなメッセージを送ったのです。とYさん
「みんなビビッて銀座に来てくれません。そんな中わたしはお店にいます笑」とメッセージを送りました。
そしたら、こんな返事が「まかせろ」と。連日連夜にわたり来店してくださっています。とYさん。
働いている女の子の中には、お客さんに営業をしたら怒られたと言っていたので、どうしようか迷っていましたが正解でした。
言ってみるものですね。

お客様には、必ず心に響く言葉があり、心を動かされる言葉があるものです。
そして何よりも本音を隠さないことも大切なのだとか。
建前社会のこの世の中において、本音は貴重なメッセージでもあるのです。

貴女にとって、銀座の会員制高級クラブで働く上で今が最大のチャンスかもしれないのです。

貴女の前方に常にチャレンジできる道は開かれています。

5種類のお客様をご紹介

銀座の会員制高級クラブ・お客様を5種系統に分けて分析

上場企業、一流企業とよばれる会社の代表取締役、又は役員クラスのお客様

言わずもがな、会社を経営しているトップ層です。
こういう方々は大きな権限を持ち、カリスマ的なリーダーシップを発揮しています。
そのため、社員に対して秩序ある行動が求められているため、シビアかつ慎重さが求められる立場と言えるでしょう。
株主や世間体を気にかける必要があり、コンプライアンス保持、スキャンダル防止に長けています。

→景気に左右されにくいですが、社会情勢には影響されるのではないでしょうか

一般企業の社用族とよばれるお客様

企業から接待交際費を認められている立場にある特別なエリート層。
これらの人達は過去に大きな営業での成功実績等がある場合が多いです。
オーナーや上司から接待交際費を経費として認められる権限を有している場合が大半です。
健全な会社の成長に貢献し、主に取引先のキーマンとなる人を見抜き、人海戦術にて成績を収めることに長けているタイプでもあるとか。

→会社の業績に左右されやすく、社会情勢にも影響されやすいのではないでしょうか。

企業創業者、企業オーナー(株式公開していない中小企業規模の100%個人オーナー企業を所有するお客様)又は大株主とよばれる特別なお客様

上場せずに、事業規模を拡大してきた会社だったり、自ら経営には携わらずに実質オーナー、会社を所有しているものの経営権を持たない立場にある場合の人も含まれます。
こういう立場にある人は、自由奔放さを大切にしていることが多いとか。
枠組にとらわれたくないと考える人も多く、自由に行動し、常に自由にライフスケジュールを確保している人に多いとか。
複数の会社を支配下におき、隠れた資産家でもあることが多いようです。

→気になれば行動せずにはいられない人が多く、そのために自由に行動できる時間を確保することに長けている。
キャッシュフローが順調であれば、社会情勢に影響されずに行動できる傾向です。

職種ジャンルを問わない億万長者又は資産家のお客様

数億~数百億の遺産を相続した資産家だったり、大物が身元引受人であり明確に身元を明かさなくても良いとされる人物。
これらの富裕層の中には、旧財閥系の御曹司だったり、有名実業家のご子息だったりすることも。
あくる日、金額無制限のクレジットカード一枚持ってふらっとやってくるようなお客様であることも。

→独自の思考リズムを尊重している為、身元を公にしていない人である場合は、景気や社会情勢に何ら影響されずに行動できる傾向だとか。

FXや株式、資産運用等で急速に資産形成を成功させた比較的若手の億万長者のお客様

税金対策の一環として小規模の法人を経営していることが多いものの、億万長者であることが多い。
会社名でステータス性は判断しにくいことが多いが、直感型ビジネスに長けたポテンシャル高いエリートが含まれていることもあります。

収入の増減波があることが多く、利益確定時に大金を払いに銀座の会員制高級クラブへの来店頻度が上昇するとの声も。
これらの中には、資産運用を成功させる人がいる。
見極めは困難。

→自己の利益確定し続けることさえできれば、景気や社会情勢に影響されずに行動できる。

PR

解説

1&2は社会情勢や、景気の動向に左右されやすい業種でありそれに伴い来店頻度は偏ります。
しかし景気が上向いたり、事業が大きく成功し始めると安定した来店頻度を誇ります。
派手な飲み方(連日連夜の高級シャンパン、高級ワイン)はしない傾向であるものの、企業名は確固たるブランド性があり、こういった企業のトップ層の来店は会員制高級クラブとしての品格を底上げしてくれると考えるのが銀座のクラブとして一般的常識とか。

3&4は派手な飲み方をする傾向にあるお客様が多いとの声も。本業がどんな事業をしているかは店舗オーナーにしか明かされていない場合もあるとか。

また多大な負債を抱えながら銀座の会員制高級クラブで派手に飲んでいるお客様もいるとの情報も。
上昇気流に乗った若手エリートもおり、どんな仕事をしているかを知ることができればチャンス。

5は若手の投資家、デイトレーダーは収入に安定性が欠けるとの情報もあります。又、特定の馴染みのお店をつくらず、様々なお店に足を運ぶ傾向であることも多いとか。

なぜ、銀座の会員制高級クラブでの高額飲食代金の接待費の領収書を落とせるのかご存知ですか?

なぜ、銀座の会員制高級クラブでの高額飲食代金の接待費の領収書を落とせるのか

銀座の会員制高級クラブは、会員制であるがゆえに、多くの場合プライベートが厳守されており安心できる空間づくりに抜かりはありません。

※ホステスさんはお客様のプライベート保持を徹底しています。

銀座の会員制高級クラブは、やはり銀座という立地にあること自体が、もはや特別性を語る必要がないことはご存知かと思います。

飲食代金自体が、高額な金額が設定されていることで、まず一般サラリーマンが気軽に飲みにいくことができないのではないでしょうか。

また、高額な飲食代金だからこそ、それに比例するかのように働くホステスさんのお給料は高額であることがほとんどです。

この高額なお給料1ヶ月分が、一般OLさんのお給料の半年分になることも。
ママクラスになるとOLさんの1年分のお給料金額に相当することもあります。

ですので、ホステスさんのお仕事に夢があると考える女性もいるでしょう。

こういった高額なお給料だからこそ、近年応募者数は増加し採用倍率は上昇傾向となっています。

つまり働くためには低い採用率に合格した女性である必要があるのです。

だからこそ、銀座の会員制高級クラブには厳選された女性が揃っていると言われているのです。

初めて銀座の会員制高級クラブに訪れたお客様いわく、「芸能界でも通用するような女性が働いていると聞いていたが当時は半信半疑でした。しかし実際に連れられて行ってみると、それは本当の話だったことがわかりました。店内をおそるおそる見渡してみると有名な企業の会長さんが人気芸能人と一緒にしっぽり飲んでいるのを見て恐縮な思いでした。さすがは銀座の一流クラブとだけ言われるだけある」とか。

ところで、こういった接待を伴いお酒を提供している銀座の会員制高級クラブは、一見遊び要素のあるプライベートなものだと思われるのではないでしょうか?

そう思われても仕方はありませんが、実は銀座の会員制高級クラブの本質は決してそれだけではありません。

数多くの著名人や、実業家と仕事を通じてではなく、プライベート上で知り合うこともできるのです。

まさに人脈の宝庫ですね。

さらに、超がつくほどの常連客ともなると、オーナーママに仕事上のアドバイスを求めることもあるそうです。

たとえばこんな話も。
ママがA社長とB社長の仲を取りもったことで、2人は大きなビジネスチャンスに恵まれ、ビジネスパートナーになったとか。
2人が出会ったことで企画されたビジネスは数百億円規模のビジネスに発展しました。

こんな大きなビジネスチャンスに恵まれる可能性ある銀座の会員制高級クラブで、数万円、数十万円の飲食代金をケチる必要はあるでしょうか?と考えるお客様が大半です。

チャンスに恵まれている資産家は、日頃のルーティンの一貫として銀座の会員制高級クラブに寛ぎに来ていることもあるというのです。

そういう要素があるからこそ、高額な接待費である領収書も経費として認められる理由の1つとなっていると、某有名企業の経理担当者が言っていました。

太客(ふときゃく)とよばれる豪遊系紳士を顧客に持つスーパーホステスE

太客(ふときゃく)とよばれる豪遊系紳士を顧客に持つスーパーホステスE

銀座の会員制高級クラブに籍を持つベテランホステスさんのEさんは、祖父から「経済による景気や、社会情勢に影響されない男が最終的に勝つ」と言われ続けるも、銀座の会員制高級クラブとしてのステータス性を支える本質の1つが「来店客がエリートでありステータス性のある企業に勤めている人」ということもよく理解していたようです。

経済界を支えている一流企業創業一家や、旧財閥系統を組む大手企業、政治家等の来店は店内を華やかな雰囲気で彩ります。

銀座の会員制高級クラブが、一流の社交場として名高いのが、著名人、有名人、実業家などの来店というのが主な理由の1つです。

成功した者が踏み入れることができる華やかな空間とも言えるでしょう。

Eさんは、銀座の会員制高級クラブにふさわしい顧客がどういった要素を持つ者であるかをよく理解していました。

ですので、そういった要素もできるだけクリアしつつ、より景気や、社会情勢をものともしない、できるだけ逞しいお客様を中心に営業熱をいれたと言います。

Eさんは自分なりに様々な項目を設定して、クリアしたお客様を中心に熱心に自分の顧客にしていったそうです。

2015年あたりから

・台風のときに営業をかけても来る人か

・甘えたときに来る人か

・ワガママを言ったときに来る人か

・距離を置いたときに来る人か

・体力(お酒に強い)のある人か

・我が道をゆくタイプか

・人(部下や友人等)をお店に呼び出せる人か

・会社が株主のものではなく、自分の所有している会社かどうか

・自己中心的な人かどうか

・人脈が多い人かどうか

これらを自分なりに参考にして、熱心に自分のお客様とするかどうかを判断していったそうです。

PR

太客(ふときゃく)かどうかを見極めるために先見の明を発揮したベテランホステスR

Rさんが働く某会員制高級クラブの営業が再開したのは2020年6月某日。その当日に、そのお客様は我一番に駆けつけてくれたという。

新型コロナで世間がその後の動向を気にかけている中、我一番で来店してくださったお客様のTさん。

なにものにも恐れず、勇気を示すことがビジネスが成功する秘訣と説くお客様Tは、この日を待ってたと言わんばかりに来店してくれたとか。

「とても嬉しかった」と思いを語ってくれたベテランホステスRさん。

Rさんは、数年前、連日のように来店してくださっていた大手一流企業と言われていた会社のトップY社長が、ある日の突然の経営破綻によって音沙汰が全くなくなったことが、Rさんにとってトラウマとなったという。

一流企業でも、100%安心できるものではないと悟ったとのことです。

真のエリート層はなにものにも影響されない、強い立場を築いている人だと想定。たとえば、経営破綻があろうとも、翌日に平気で飲みにこれるようなツワモノが理想。

こういったお客様を顧客とするならば、【私は絶対に銀座で生き残れるはずだ】

そう考え方を改め、今に到るそうです。

緊急時にも繁盛している銀座の会員制高級クラブの秘密を探る

緊急時、非常時に繁盛している高級店舗は、必ず太いお客様が来ているものである

お得意様、常連客、太客(ふときゃく)

総称は様々にせよ、全ては共通する意味合いがありますが、太客(ふときゃく)は資金力が半端ないそうです。

太客(ふときゃく)とは、つまり驚くほどの高額の飲食代金を、余裕で支払っていただけるお客様であります。

夜の街と言われる繁華街においては、あるときは接客を伴う飲食店、あるときは水商売、又あるときはナイトワーク、ナイトクラブ等、様々な言われ方があるにせよ、全ては同じでありながら銀座の会員制高級クラブはどこか特別です。

2020年6月の売上げが1億を超えました。

緊急時のこの時期にである。
※1店舗です。

高額な高級ワイン、高級シャンパンが飛ぶように抜かれる(売れる)というのですから驚きです。

まさに別世界。

1人でプライベートで来店されるお客様が、まるで今この時期にお店を華やかにしようという意気込みなのか、非緊急時の平時よりもお金を使ってくださるとのこと。

つまり、お店が大変な時期であることを熟知したうえで、粋な配慮でありましょう。

まさに、こういう苦しい時期こそ、お店に行ってあげねばならないと感じているということでしょうか。

だからといって、来店していないお客様がいけないわけではありません。

普段から銀座の会員制高級クラブに足を運んでいた人達は、様々な社会情勢に適合してゆかねばならない立場にある人が多い事実があります。

つまり、お店に行きたくても行けないという状況。

しかしながら、こうして来店してくださるお客様の存在がなければ、一流高級クラブといえども閉店という憂き目に遭うのは避けられないことではないでしょうか。

全ては、お客様の存在なくしてお店の存在はありません。

一方、お客様からこんな声も、「こんなときだから行かないとならない」と。

あるKさんというお客様は銀座エージェント代表にこんな一言を発しました。

Kさん
「Y子、出勤しているんだって?」

銀座エージェント幹部
「出勤しているようですが、行くんですか?」

Kさん
「Y子が出勤しているのなら行かんとならんだろう」

Kさん
「Y子に今日行くと伝えておいてくれ」

銀座エージェント幹部
「わかりました」

これは、実際にあったやりとりです。

ここで、わかることは、銀座の会員制高級クラブ限らずですが、お店が大変なときこそ、顔を出してあげようという考え方をするお客様が一定数いることは間違いありません。

そういったお客様が誰なのかをしっかりと見極めることができれば、貴女はお客様に困ることは絶対にないでしょう。

貴女を応援してくださる真実のファンがどれだけいますか?

貴女を応援してくださる真実のファンがどれだけいますか?

仕事の延長線で商談が絡む接待。

接待という言葉を嫌うお客様もいるとのことですが、これらは人間関係を円滑にしてくれることはまず間違いないでしょう。

話もはずみ、「これから行きつけの銀座のクラブに行きましょうか」という流れになります。

一見自然な流れですが、この自然な流れになるまでに相当の時間がかけられていたりもするのです。

お客様はお店を良く見ているもので、かなり細かく観察しています。そのお客様が納得できる要素を限りなくクリアし、お店を信頼しるに到ります。そうやってやがて馴染みのお店になってゆくものです。

たとえば、お店のインテリアがどんなに素敵でも、働いている人がしっかりしていなければ、そのお店に二度と行くことはないでしょう。

大事な仕事上の延長線上で、ビジネスパートナーとひとときを寛ぐのに、粗相をするお店に連れてゆけば、大切なビジネスパートナーと不仲になるかもしれません。

ですので、ビジネス上に築かれた人をお店に連れてゆくということは、そのお店に対して相当な信頼がなければなりません。

むろん素敵な女性であることも大切です。

それは、貴女かもしれません。

やはり魅力的な人達がいなければ始まらない。
これはどの業種にもあてはまるセオリーではないでしょうか。
それは否定のできない事実でありましょう。

ところで、もし貴女が銀座の会員制高級クラブで働くのなら、目的の1つに、「貴女のファンをつくる」というのを加えてみてはいかがでしょう?

銀座の会員制高級クラブに限らずですが、確固たるファンを持つホステスさん、キャストさんは、非常時だろうがいつだろうが休むことなく仕事をしています。

いや、休まされることなくお店から、「是非出勤をしてほしい」と言われる立場を築けているのです。

そのためには、貴女の営業力を正しい方向に使用する必要があるのです。

貴女にどんなに類稀な営業力があっても、正しい顧客が誰なのかを見極めることが出来なければ、イザというときに、力になってくれないお客様ばかりが残されるかもしれないのです。

接客業は合理的であってはならないと教えを説く人もいるようです。

しかし、真実は「合理的であることを見抜かれてはならない」です。

優先順位は常に変化し、高度な思考を求められます。

たとえば貴女が、仕事に慣れてきた頃に、こんな場面に遭遇するかもしれません。

貴女は15:00同時刻にお客様Aさん、お客様Bさんから同伴出勤のお誘いがありました。

その場合、お客様Aさんと同伴出勤をするのか、お客様Bさんと同伴出勤をするのか選択に迫られるはずです。

そんなとき、イザというときに力になってくださるお客様を選ぶのではないでしょうか?人によって選ぶ基準は様々です。

この正しい判断による選択が、未来の貴女を助けます。

貴女とて、常に選ばれる立場です。
であれば、貴女とて選ぶ立場に直面したときに、正しい選択をするべきでしょう!