銀座高級クラブの出勤調整・2019年版

【PR】

誰もが恐れる出勤調整

出勤調整(しゅっきんちょうせい)とは平日夕刻に店舗スタッフが出勤確認の電話等でその出勤調整対象ホステスに来客予定を確認し予定がなければ出勤を控えてもらうというもの。(店舗によってはホステス全員に確認するとの報告も)こうした出勤調整は主に経済に影響が出やすい2月3月8月9月に決行されることが多く場合によっては年間を通して行われる店舗もあります。


出勤調整の対象に選ばれたホステスは当然月間のお給料の額が少なくなってしまうことになります。そうなるとホステスにとって内心穏やかではなくなることでしょう。
主な出勤調整対象者は以下の理由の可能性があります。

出勤調整される優先対象者説明
同伴成績が芳しくないと判断された可能性がある女性同伴ができなかったり、本人は全力で頑張っているのだが月間に1回や2回程度の成績しかあげることができず店の売上に貢献できていないと判断されたホステス。
営業内容に問題があると判断された可能性がある女性お客様からの反応がなく手ごたえが感じられないホステス。いわゆるお客様や売上者にもモテないと判断されたホステス。
欠勤しがちだと判断された可能性のある女性決められたシフトどうりに出勤ができなかったり遅刻しがちなホステス。
店への貢献度が低いと判断された可能性のある女性店舗側が求める働きっぷりができていないホステス。
日給の額が見合っていないと判断された可能性のある女性

お客様からの可愛がられなかったりお店の求める景色になっていないと判断されたホステス。
または入店当初に告知した来客数に見合わないホステス。


※主に入店当初にありがちな出勤調整です。

【PR】
銀座の高級クラブの出勤調整についての考察

その出勤調整はブラックかホワイトか!?

真実の出勤調整を知った今、
貴女が取るべき行動と決断とは!?

絶大なる人気を誇る銀座の一角に富裕層だけが訪れる会員制高級クラブがあります。

この会員制高級クラブで特別な富裕層達と知り合うことで生まれるチャンスは、まさに未知数。
そしてチャンスを活かせれば計り知れないほどの効果を生み出すことができるでしょう。

なにはともあれ、これらの大きな可能性に満ちた銀座エリアこそが、いま素敵な女性達から注目されているのです。

だからこそ、高級店限らずにおいてですが、ほとんどの店舗はホステスさんの在籍数が一杯である傾向にあります。

そういった中で
毎年、1年の後半にさしかかる時期は、出勤調整のことでご質問をされることも多くなります。

在籍数が一杯であるのに、年末に入る9月後半~11月前半あたりの約2ヶ月程度の期間に少し来客数が減る傾向である為です。

近年、この出勤調整が増加傾向にあることで、
銀座エージェントでは銀座エリアで出勤調整がスタンダード化する恐れを危惧せずにはいられません。

銀座エリアにある、会員制高級クラブで働くことを目指す女性が多くなれば、必然的に面接件数は多くなります。

つまり、採用基準は年々上昇傾向にあるのが実情なのです。

となれば、この採用基準を大きく上回る評価で採用されれば、入店後は安泰かもしれません。

ですが、採用基準をギリギリに入店をした場合は、出勤調整の対象者になる可能性は高いのです。

では今から銀座で働くことは不利なのでしょうか!?

移籍をするのはフリなのでしょうか!?

銀座エージェントは決して不利とは考えていません。

むしろ、現状を鑑みればこそ、こんな時期だからこそ貴女にとって有利であり、大きなチャンスと言えましょう。

なぜならいつでもチャンスは人が運んでくるからです。

そのチャンスの運び手は貴女でもあります、多くの人が集まればそれだけチャンスの運び手も集まるとみて間違いないでしょう。

そして、さらに加えて伝えたいのは
女性同士の魅力とおもてなしの競争は輝きを放っているということです。

この輝きこそも、富裕層が自然と集まってくるのは、
なるほど道理と言えましょう。

貴女は、今こそ自分の魅力を銀座のエリアで活用するべきなのです!

銀座の高級クラブの出勤調整についての考察

出勤調整となる考えられる要因の数々

実は出勤調整をされる理由はさまざまです。
そして出勤調整をされる理由は実は意図的に隠されていることもあるのです。

夕刻に

「今日の来店予定はありますか?来店予定がないのなら本日はお休みください。また明日から宜しくお願いします。」

こんな感じで連絡が来ることも…。

ショックを受けるホステスさんもおられます。

予定していた額からお給料金額の1日分が少なくなるわけですから。

ただし、前向きに考えてみれば、出勤調整をされる対象があるからこそ、新人さんの採用や、移籍を志す女性の採用枠が生まれるということも言えます。

ですから、これから働こうと考えられている女性からしてみれば、出勤調整は決して負の側面だけとは断言できません。

なぜなら、これらのお陰で求人の需要と人の流動性があるとも言えましょうから。

ただし、出勤調整を望まぬ女性からしてみれば、出勤調整は悪の要素として映るやもしれません。

貴女はこの出勤調整をどうお考えでしょうか?

出勤調整をされる上で、考えられる要因を挙げてみましたのでご覧ください。

【PR】

採用基準ギリギリの入店を果たしてしまった

一度採用してみてどんな接客をするのかを判断する…
という方針のお店もあります。

この方針にはメリットもあります。

少し向井理に似てる男性
AGENT
たとえば、あきらかに採用されにくい女性からしてみれば、一度は使ってみようよ。と判断されれば、自分の仕事っぷりを見てもらえるチャンス到来として映るでしょう。どうしてもそのお店で働きたい女性からしてみれば、メリットと言えるでしょう。

逆に、デメリットは

エージェント
AGENT
これから真剣に働こうと考え、気持ち新たに頑張ろうと張り切っていたが、数日間の接客姿勢を評価され出勤調整の対象となる場合もあったり、最悪解雇に近い宣告をされてしまうこともあることも。
こんな状況になってしまえば、内心穏やかではいられません。なによりもメンタル面にも影響が出そうです。
もう1つの視点
ギリギリの採用評価での入店をせずに、自分の身の丈に合ったお店で働くという考え方も頭の片隅においておくべきです。
例えば格付けSクラスの店舗にて採用(ギリギリ採用評価ということは知らされていません)をもらったとしましょう。
こういう状況下では、肩身狭く、失敗を恐れるばかりで、普段の自分らしい魅力が半減してしまう女性も多々見受けられます。
これでは、真の自信は獲得しにくく、次のステップアップの目的が見えてこないことが多いのです。

お試し採用や、一時的に在籍数が足りない状況を解決するための一時しのぎのために、人数調整のために採用されることを避けてゆくのが大切です。

真実を知ることは本当に大切なことなのです。

貴女は、貴女の可能性を信じられ、期待され採用されたと思っているかもしれません。

しかし本当でしょうか?

結果的に出勤調整となったことを捉えてみれば、現実問題はそう甘くはないのだなと痛感させられるでしょう。

当時採用基準を大きく満たし高級クラブに入店を果たしたが、その後にさらに魅力的な女性が多数入店してしまった

なんとも嫌~な話に思えるでしょうが、これは実際にアルアルのお話になります。

これはタイミングのお話になりますが、弱肉強食のこの世界において、とてもリアルなお話になります。

入店できたから安心!とはいきません。

新たなるライバルは、後日入ってくる女性であるかもしれないのです。

常に天狗になることを禁じて、自分の魅力磨きが日々必要となります。

【PR】

実は店舗の経営状況が悪化している

店舗の経営が悪化していることでやむを得ず、出勤調整をしているお店もあります。
そういう場合は大概、出勤調整をされる理由をお店にあることを悟られまいとすることもあります。
あたかもその女性に原因があるように伝えられる場合があるとか。
真相はいかに。

会社の資金が潤沢であれば出勤調整になりにくいかどうかにおいては、意見はわかれるところです。

時期や季節に柔軟に在籍数を管理することに長けたスタッフが不在

店舗の在籍数は年間を通して平均の在籍数が定められる傾向とはいえ、現状の来客数状況と照らし合わせられ、どの程度の出勤数が最適であるかの見込みを想定しています。
こういった想定に基づき採用人数は決めてゆくことになります。

また、採用人数に最適とされるバランスも存在しています。

たとえば、
在籍数40名のA店では

ヘルプ枠 8名
ベテラン枠 15名
売上者枠 12名
上位者枠 5名

などになります。
重ねて言いますがこれは、あくまでも1つの例でバランス比率になります。

万一、想定していた在籍数よりも多くなってしまったら、対応に追われることでしょう。

貴女がもし、在籍数を管理する立場の者であれば、多くなった在籍数に対してどう対応しますか?

銀座の高級クラブの出勤調整についての考察

経営方針による出勤調整

ホステスさん限らず、ホステスさん同士を競い合わせる職場環境の構築には、通常在籍数よりも多くなければなりません。
なぜなら、競い合わせられるということは、イコールふるいにかけられることと等しく、ふるいから落ちてしまうホステスさんもいるということ。
つまりは、それが、そのお店が成長する上で欠かすことの出来ないプロセスであると考えているお店もあるのです。

つねに、ホステスさん同士を競い合わせ、ふるいにかけることで成長してきた店舗があります。

貴女が働いているお店がそうかもしれません。

店舗側の季節的な処置

ニッパチとよばれる経済用語があります。
平均して2月と8月(近年は4月前後、10月前後との見方もあります)においては、年間の中で客足が遠のきやすい時期でもあります。

そんな最中で2月と8月のような時期をどう乗り越えるかがお店が繁盛してゆく上で重要となってきます。

この時期に、満遍なく順番に出勤調整をする店舗も存在しています。

ちなみに、高級店の中には、年間を通じ毎日が満員御礼というお店もあります。
貴女はそういう満員御礼のお店で働きたいですか?

それには賛否両論もありそうです。

満員御礼であることはたしかにメリットと言えそうですが、繁盛しているお店は、応募件数も膨大な数になります。

成績によって序列が定まる実力社会の銀座の高級クラブ社会において、順位が下であればあるほど、出勤調整の対象となるかもしれないのです。

【PR】

その女性が前日等に何らかの問題を起こした可能性がある?

新人時代の女性にありがちなお話。
たとえば、お客様に失礼な対応をしてしまった…。

空気を読まない自己判断とも思われる勝手な対応をしてしまった・・・。
良かれと思ってとった対応が、裏目に出てしまったり、お酒に酔って自分都合の態度が目立ったり。

実はこういったことが原因で、翌日に出勤調整になる場合もあります。

これらの出勤調整のほとんどが、当人にはわからないまま、ただただ出勤調整の現実に向き合うというもの。

原因が明らかになるのは稀で、ほとんどが不明のままとの声も。

出勤調整になった原因を前日の自分の行動にあるものと仮定したときに、明らかになることもあります。

認めたくない気持ちはわかりますが、
高級クラブで働く経験が浅い女性によく見られることでもあります。

【PR】

高額の給料なので、当然出勤調整があることの理解を得やすいと考えられている場合がある

女性の在籍数が1年中安定しない店舗もあります。

要因はさまざまです。

こういった店舗は、総じてお給料の基本ベースが高い傾向にもあります。

お給料が高いのに、短期間で自発的に退店する女性が多いのが特徴です。

貴女はこういったお店がどういうお店であるかわかりますか?

ちなみに、お給料が高いと、お給料分以上の利益貢献を求められらるのが経済社会です。
ですので、もし、数日働いてもらって、店舗の利益性が高くないと判断されれば、出勤調整になることも多々あります。

お給料が高いと、短期間で結果を求められる傾向にあることを知っておいていただけたらと思います。

退店を促す為を目的とした連続した出勤調整

既に末期の状況。
戦力外通知と言っても過言ではないのではないでしょうか。
たとえば1週間に2日、3日の出勤調整がかかるようであれば退店をしてほしいために出勤調整をおこなっていると見てまず間違いないでしょう。

これだけ出勤調整をされても、まだお店に居続けるホステスさんはなかなかお目にはかかれません。

合理的に考えてみれば即刻退店するべきでしょうし、決断は早いほうが良いのではないでしょうか。

銀座の高級クラブの出勤調整についての考察

高級クラブの出勤調整についての解決方法についてのご提案

1つ確かなことは自分のレベルに合ったお店を選ぶことは前提として、自分の魅力を最大限活かせる職場環境を選べることが大事だということです。

そのためには広い視野が必要になる場合がほとんどです。

もちろん、自分の判断で良店を選べることは多々あります。
これはもしかすればラッキーと言わねばなりません。
ラッキーな女性に否定のしようもありません。

しかも、それらのラッキーな女性は良店と謳われている有名店に入店できる魅力を兼ね備えているかもしれません。
これは実力とも言えるでしょう。

ところで実際はどうでしょう?
本人が考える仕事へのスタンスや、ノルマに対する考え方も人それぞれです。
そもそもナイトワークに対する仕事のあり方もそれぞれであるばかりか、
本気で仕事をして良いものか迷っている最中にあることも。
ダブルワークを両立してゆけるかが、その本人にとって最大のテーマである場合も。
実はシャンパンが好きだけど、一方赤ワインに対して抵抗感を持っているかもしれません。

誰もが認める美人さんなのに、だからと言って実際は少し臆病な側面を持っているかもしれませんし、派閥があるかどうかの心配もあるかもしれません。
ドラマのような先入観があり、疑問を多く持っている女性もいます。

理想と現実がかけ離れていることもあります。

みんながみんな教えてくれる心温かいお店を想像している女性もいるでしょう。

しかし、全てを満たしてくれる高級クラブがどこかを知っていますか?

これらを考慮してみれば、
最適とされるお店を選択してゆくことがいかに重要であるかが理解できるはずです。

なぜなら、有名店であればあるほど、厳しいノルマを設定される場合があるからです。
ところが、有名店であればあるほど、ノルマをゼロに設定される場合もあるのです。

ここで疑問が生じますか?
ですが事実なのです。

選択してゆく高級クラブがあり、
銀座エージェントが提案してゆく高級クラブ。
そして、それらの高級クラブに、どのようにアプローチをしてゆくかが鍵となります。

貴女は膨大な数の店舗の中から、これらをどう識別し判断して、自分の最適と思える店舗を選んでゆけますか?

適切な礼儀作法が身についていなかったり、人間関係が苦手な場合もあります。
ところが自分では人間関係が得意だと思っていたのに、お客様からしてみれば決して得意ではないことを指摘されることもあるのです。

では、どう指摘されるのか?
それは、人気の獲得に繋がらないことで自ずと知る羽目になります。
つまり、無言という名の無いカタチで指摘されることになるのです。

これらを知らぬまま過ごすことで貴女は大損を経験するのです。
お店との相性いかんによっては、自信を持たせてくれないお店もあったり、逆に大きな自信をつけさせてくれるお店があったり。

低レベルの自信を持たせてくれた大恩あるお店のお陰で、将来その自信がなんら役に立たないことに後々気がついたり。

後でショックを受けても取り返しがつかないことも。
若さは返ってこないのですから。

適切とされる自分に合うお店を選ぶことの重要性を是非知っていただきたいと思います。

銀座エージェントにお任せください。

高額のお給料でも出勤調整がされて仕事を休まなければならなければ収入が少なくなる

出勤調整を回避するには

出勤調整の対象となったホステスさんは内心穏やかではありません。なにせ当日の稼ぎがなくなり月間で予定としていた額面が目減りしてしまうばかりか強烈なプレッシャーと危機感を抱くホステスさんも少なくはありません。仕事に対する全体的なやる気自体を失ってしまう方も・・・。

どうしてこのような出勤調整が行われるのでしょうか?

その理由の1つに入店当初の高額な日給設定があげられます。

実はお店の利益に貢献できる可能性が低いのに高い日給で入店するのです。
例えば貴女がどんなに自身のルックス面を誇っても成績をあげられなければお店側に「見掛け倒しだった」と判断されることになるでしょう。


お店で成績をあげるのにはしっかりとした営業の賜物があります。
美しいルックスはお店にとって必要です。しかし成績があげられなければそのルックスは偽モノだったと判断されてしまいます。

そうなると当然出勤調整対象者となる可能性が高くなります。

出勤調整をあげるには成績を向上させるしかありません。

しっかりと成績をあげているのに出勤調整をする店舗もあります。

出勤調整の対象者はなにも、成績がわるい女性だけではない場合もあります。
一流店には、ホステス全員が順番に回ってくるシステムを取り入れている場合もあります。

逆にお休みが欲しいホステスさんにとってはありがたいシステムかもしれません。

銀座エージェントではご相談に来られる女性に入念なヒアリングと会話の実力を含めた営業ポテンシャルを細かく分析したうえで貴女にとって最適な店舗を選定しそもそも最初から出勤調整対象者にならないよう予防致します。

出勤調整の理由は貴女なのか・・・出勤調整の理由はお店なのか・・

貴女が出勤調整をされたら

出勤調整がおこなわれるとネガティブに反応をしがちですが実はこれまでの統計からすると決してネガティブなものばかりではありません。

ポジティブに捉える要素もあるのです。それは出勤調整は店舗側の貴女に対する教育の一環の場合もあるということです。

昨今の日本経済が実は厳しいという現実を教える上で実際に体験してもらう・・・甘いばかりでは生き残れないという現実を知ることでさらに真剣に取り組む必要があるのだと理解してほしい。そんな思いも含まれているかもしれません。組織の中に所属するということは貴女本人1人の力で運営されるわけではありません。1人1人の協力的な経済活動で成り立っていることを知る機会かもしれません。

また悔しさをバネにできるといった考え方もあるのではないでしょうか。出勤調整をされてヘラヘラしていたり何も感じることが出来ないのであればそもそも高級店へは勤めない方が良いかもしれません。


とはいえ貴女が出勤調整対象者になることはお奨め致しません。
出勤調整がなくのびのびと働ける環境を提案することも銀座エージェントの役目です。

【PR】
毎年の出勤調整の増減・2007年~2015年
出勤調整の増減・2016年~2019年

出勤調整の相談は増加しています

出勤調整に関する相談件数は2007年からのカウントになりますが確実に増加しています。リーマンショックや震災の影響もありました。営業力のない高額保証をうたう店舗は軒並み閉店に追いやられたことにも要因はありました。店舗側は営業力の高い女性の獲得に躍起になっています。また高額保証に飛びつく女性も増加しています。

この高額保証はあくまでも入店数を増やすためのものである傾向が非常に高くその女性本来の実力以上の給料の場合も珍しくありません。当然実力がないと判断されれば出勤調整、早上げ、あげく解雇となる場合もあるようです。

結局のところ年間を通じてお店探しに明け暮れている女性の方も少なくはありません。お店で働くことを優先とするのか、お店を探すことを優先としているのかをわからなくなってしまっている女性の方も少なくないでしょう。
今この時代だからこそ安心して働いてゆける店舗の存在が求められています。

【PR】

ひどい出勤調整もあるようです

あからさまに出勤調整をかけて働いている女性のやる気を削ぎ落としてしまうような店舗の報告も寄せられています。

店舗は日々の売上を求めており利益を必要としています。利益がなければ働いている女性へお給料をきちんと出せないかもしれません。そうならないように店舗は日々の人件費には慎重です。
これを悪質な出勤調整と言えるでしょうか?それとも仕方ないと言うでしょうか?

しかしそもそもお店の経営が悪化しているにもかかわらず高額の日給で女性を入店させているのなら大きな問題かもしれません。
働く女性にも計画があり確実なお給料が予定を立てるのに必要です。

とはいえ働いている姿勢を見てみないとわからないといった店舗の言い分もあることでしょう。貴女が現在どういった状況にあるのか。
入念にヒアリングをして貴女の方向性に対する確実なアドバイスを差し上げたいと考えています。